動画制作・動画マーケティング専門メディア「VIDEO SQUARE(ビデオスクエア)」

動画制作・動画マーケティングに関するノウハウや事例などを紹介するニュースメディア

YouTubeのマーケティング活用法が丸わかり!効果を高めるポイントは

YouTube

動画配信などを行うウェブサイトのYouTubeは若者を中心に利用者が増えています。企業の情報発信としてもYouTubeを活用しようという動きが進んでいます。YouTubeの大きなメリットは、利用者数が多いうえに、無料で利用できるという点です。YouTubeをうまく利用することができれば、強力なマーケティングツールにもなります。この記事では、YouTubeをマーケティングに活用するためのポイントや活用方法について具体例を見ながら説明していきます。

YouTubeの特徴

YouTubeの特徴は大きく分けて4つあります。

1つ目に、利用者数が多いことです。年々利用者の数も増え、若い人を中心に家や外出先ではテレビではなくYouTubeを見ている人も多いです。総務省が発表した「平成29年 情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」の結果、ソーシャルメディア(SNS)の利用率に関しては、メッセージのやり取りや無料通話などが人気のLINEが全体の75.8%とトップとなっている一方で、YouTubeはLINEに肩を並べる勢いの72.2%で2位につけています。ほかのSNSに目を移しても、Facebookが31.9%、Twitterが31.1%ということを考慮すると、YouTubeがどれだけ世間に浸透しているかがうかがえます。

2つ目は、利用している視聴者の年齢や性別、住所、嗜好などで細かく広告のターゲティングができる点です。YouTubeの機能として、自分が投稿した動画に関して、どのような人がどれだけの時間見ているのかなど細かく分析することが可能です。

3つ目に、ウェブマーケティングと連携しやすい点です。YouTubeを見てみると、自社の商品の使い方や有効な活用方法などを紹介している動画が多数あります。ウェブを活用して、自社商品の認知度や興味関心の度合いを知るのにもYouTubeは適しています。

4つ目に、SEO効果を期待できる点です。動画の内容や、サムネイル、動画の概要欄など、よりわかりやすく最適なコンテンツだと判断されれば、SEOの結果として上位表示を目指すことも可能になります。たくさん動画が再生されるためには、動画の内容だけではなく、それ以外の部分も重要になるということを覚えておきましょう。

YouTubeを効果的に活用するためのポイント

ここからは、実際にYouTubeを活用する際のポイントについて説明します。このポイントを押さえて、YouTubeを効果的に活用しましょう。

検索エンジンに表示させる

動画に限らずブログでも同様のことがいえますが、より多くの人に届けようと考えると、検索した結果、自分の動画やブログが上位に表示されることが理想です。つまり、YouTubeにもGoogleと同様に検索エンジン機能が備わっているので、検索された際にどれだけ上位に表示されるかで、視聴回数が大きく違ってきます。

そのため、動画のタイトルや概要欄に検索されるキーワードを入れ込む工夫が必要になります。動画とは別の細部にもこだわることで、動画の再生数アップにもつなげることができます。まずは、検索エンジンで上位表示させることが重要になることを覚えておきましょう。

YouTubeチャンネルを作る

YouTubeチャンネルを作ると、自社の紹介を入れたり、自社サイトへのリンクを貼ったりすることができます。これらの方法により、自社のウェブサイトとは別の入り口から利用者を獲得することができる可能性が広がります。つまり、この点においてもYouTubeはビジネスに効果的に活用することが可能です。

そして、実際に動画の投稿を始めると、視聴者にチャンネル登録をしてもらうことも必要になります。視聴者にチャンネル登録をしてもらうことで、視聴者との関係性を高められます。このチャンネル登録者数が、チャンネルの発信力の大きさを示す指標にもなるため、チャンネル登録者数を増やせるような工夫が重要です。そして、チャンネル登録を通して、視聴者に自社のファンになってもらうことが、動画の視聴回数が増えることにも繋がります。

ウェブサイトに誘導する

先ほども少し触れましたが、YouTubeのチャンネルを開設すると、ページに自社の紹介をすることができます。そのページや毎回更新する動画の概要欄にリンクを埋め込むことができるので、自社サイトやランディングページに誘導するなど、マーケティングのツールとしても活用することができます。そのためには、動画を多くのユーザーに見てもらうことが重要になるので、動画のコンテンツもリンクを思わずクリックしたくなるような内容を心がけましょう。

動画広告を出稿する

自社で動画を配信するだけではなく、YouTubeの動画広告に出稿することも選択肢に挙げられます。YouTubeの動画広告の特徴として、スキップされたり途中までしか見られなかったりした場合は課金されない仕組みがあります。また、年齢や性別、嗜好などで細かくターゲティングできるなどのメリットがあります。そのため、テレビや新聞など大人数向けのメディアとは少し違う、より細かくターゲットを絞った広告が可能になります。つまり、費用対効果の高い広告出稿が可能となります。

YouTubeの効果的な活用方法

YouTubeの投稿については、新商品が登場するたびに告知のための動画を制作するのも効果的ですが、そのほかにも使い方はさまざまです。ここからは、YouTubeの効果的な活用法について説明していきます。

キャンペーン連動

新商品の発売だけではなく、各シーズンや時期に合わせて行っているキャンペーンでもYouTubeの投稿は効果を期待できます。また、YouTube以外の媒体との連動させることにより、ほかの媒体では説明しきれなかったキャンペーンの内容などを動画で補うことができます。

たとえば、文字だけでは伝わりづらいキャンペーンへの応募方法などを動画で詳しく解説したり、景品についての説明や使い方なども補足で説明したりすることが可能です。キャンペーンと連動し、ほかの媒体と情報を補完し合えるような動画を制作することで売り上げや集客アップに繋がりやすくなります。

ユーザー参加

自社でコンテストなどを開催して、ユーザーに自社の商品やサービスに関連する動画を投稿してもらえるような企画にすれば、話題にもなりやすく、視聴者との関係性も高められます。たとえば、自社商品がゲームアプリであれば、そのゲームアプリで期間を絞って上位5人に入った人は賞金をプレゼントなども良いでしょう。参加方法は、ゲームをしている様子をYouTubeに公開することを条件にすることで、実際にゲームをプレイしているユーザーの様子を配信できますし、利用者の声もしっかりと届けることもできるので、効果は大きくなることが期待できます。

また、その動画の評価が高くなればなるほど、ほかのSNSで拡散される可能性も高くなり、思わぬバイラル効果も期待できます。ユーザーにも参加してもらい、企業とユーザーという相互方向だけではなく、ユーザー同士の口コミの連鎖で自社商品のPRにつなげていくことも可能です。

ノウハウ提供

YouTube投稿において、プロならではのノウハウや情報系の動画も高評価が多くなる傾向があります。このような動画は視聴者にとって非常に有益な情報になるので、視聴される可能性が大きく高まります。

たとえば、ゲームアプリを開発した人が、実際に自分が開発したゲームで遊ぶという動画です。時には開発時の苦労話を交えたり、こだわりのポイントなどを紹介したりすれば、視聴者も自分がプレイしたいと思ってもらえる可能性も高まりますし、すでにプレイしている人にとっても有益で興味を持ってもらえる内容になります。そして、YouTubeチャンネルを制作してシリーズ化すれば、視聴者のファン化も期待できます。

SEOも意識してYouTubeを活用しよう

実際に、これからYouTubeチャンネルを開設して動画投稿を始めようと考えている企業の担当者としては、自社で制作するか、制作会社に依頼するのかも悩むことでしょう。しかし、YouTubeで視聴者の興味を引きつけ、売り上げや集客につながる動画を本気で制作したいなら、経験が豊富なプロに依頼するのがおすすめです。動画制作サービスのCrevo(クレボ)では、YouTube動画の制作実績がたくさんあります。YouTubeで掲載するうえで必要となる動画制作はぜひCrevoにご相談ください。

動画制作におすすめのCrevo

CrevoのプロデューサーVIDEO SQUAREを運営するCrevo(クレボ)では、数多くの動画制作・映像制作にたずさわっています。国内外約5,000名のクリエイターネットワークを活かし、ご依頼ごとに最適な専属チームを作ります。また、はじめての動画制作でも安心のサポート体制が整っています。動画制作・映像制作ご検討の方はぜひお問い合わせください!

Crevoの関連サービス

YouTube(True View)広告の動画制作・映像制作

関連記事