プロモーション動画制作・映像制作

ビジネスの成功のためには、新たな切り口でのマーケティングやブランディングは欠かせません。
それを実現するためのツールとして主流となっているのが「企業プロモーション動画」です。
「自社のWebサイト」や「TwitterやTiktokなどのSNS媒体」など、現代において企業プロモーション動画は多くの利用シーンがあります。
あらゆる場面で活用できる「汎用性の高さ」と「訴求力の高さ」から、プロモーション動画を制作する企業が増えています。

Crevoの企業プロモーション・PR動画の特徴

  • 形のないサービスを動画で可視化し、魅力を分かりやすくアピール

    商品・サービスの魅力を視聴者にはっきりと伝えられる

    Crevoが提供する企業プロモーション動画は、商品・サービスの魅力をはっきり伝えられることが特徴です。魅力を伝えるにはターゲット層の選定や「とくに伝えたいこと」を明確にし、最適な表現方法を選ぶ必要があります。
    Crevoではどこよりも丁寧で綿密なヒアリングで、上記項目を言語化していきます。
    これまでの多種多様な実績を活かし、幅広い要望に対し柔軟な対応が可能です。

  • 具体的な利用シーンを見せることで、サービスに親近感を持ってもらう

    ストーリー性のある動画構成でターゲットにアプローチが可能

    ただ商品の特徴や魅力を伝えるだけでは、購入につながることはありません。心を動かされることで、初めてユーザーは商品を購入します。
    視聴者の心を動かし、購入につなげるためには「ストーリー性」が必要不可欠です。具体的なストーリーがあることで、視聴者が思う利用イメージがより具体的になります。
    Crevoは最新の技術と創造性を駆使し、商品やサービスに最適なストーリーを考案するため、ターゲットユーザーに対し、より効果的なアプローチが可能になります。

  • 動画・映像の活用用途に合わせた最適な企画をご提案

    「共感」や「信頼」を得られるシナリオで企業のブランドイメージを向上

    企業のプロモーション動画には「共感」と「信頼」の要素が必須です。
    これらの要素を短い動画の中にいかにうまく盛り込むかが、プロモーション動画にとって重要です。
    Crevoはこれまで、企業プロモーション動画はもちろん、無形商材の紹介、イベント告知など、多種多様なジャンルの動画制作を手掛けてきました。ノウハウを最大限に活かし、貴社のブランドイメージ向上につながる動画を提案します。

企業プロモーション・PR動画の制作実績作

企業プロモーション・PR動画の利用シーン

  • 文字だけで説明しにくい<br>マニュアル動画を自社サイトに掲載

    【商品・サービス紹介】複雑な機能や仕組みの無形商材でもわかりやすく表現が可能

    商品・サービス紹介の用途で活用されることが多いです。ITシステム関連のサービスをはじめとした無形商材(形がなく手に取って見ることができないサービス)を紹介する手段としても活用されています。無形商材は「モノ」が存在しないため、画像とテキストだけで伝えようとしても、お客様は利用イメージが湧きにくいですが、動画を活用することで、イメージしやすくなります。サービスを実際に使っている様子を表現することで、お客様にとっても疑似体験が可能になります。

  • 社員・アルバイトの<br>教育ツールとして利用

    【会社紹介】企業の理念や提供価値など抽象的な表現を動画に落とし込み訴求できる

    企業プロモーション・PR動画は、「会社紹介」の用途でも大きな効果をもたらします。「理念」「仕事内容」「実績」「ビジョン」などの、画像とテキストのみではなかなか伝えることが難しい情報は、プロモーション動画を活用することで分かりやすく伝わります。動画を活用することで抽象的な内容でも、確実に訴求が可能です。

  • ユーザーサポートツールとして<br>動画を有効活用

    【採用活動】動画による訴求力が高いことで企業の認知拡大に期待ができる

    現代では「採用活動」の用途でも、プロモーション動画を活用する企業が増えています。採用活動でプロモーション動画を用いると、企業概要などの情報が短時間で訴求力高く伝えられるため、イメージアップにもつながります。図やアニメーションを用いた企業紹介や、実際の社員にインタビューを行う形式など、企業の特徴に合わせたプロモーション動画によって、さらなる認知拡大やブランディングにつなげることが可能です。

- 動画に関するご相談はこちら -

企業プロモーション・PR動画のメリット

制作実績

視覚と聴覚の両方に訴えかけられる

動画は「視覚」と「聴覚」の双方に訴求できるため、画像やテキストに比べ、短時間で多くの情報をアピールできます。
画像とテキストの場合、「文章を読んで理解する手間」が必要です。
理解していくフェースで、読み手の独自の解釈が混じってしまうこともあり、正確に伝えるのは困難といわれています。
動画は見ているだけで、より多くの情報を短い時間で正確に受け取ることができるため、企業のプロモーションの用途として考えても、メリットは大きいです。

SNSで拡散されやすい

動画は画像とテキストに比べて、視聴者の印象に残りやすいという特性があります。
ユーザーに強いインパクトを残すことができれば、爆発的に拡散される「バズ」が発生する可能性があります。
拡散されることで、ユーザーからの興味がさらに促され、企業の認知度を大きく拡大させることも可能です。
Crevoでは、ユーザーが思わず拡散したくなるような、インパクトの強い動画に仕上げることも得意としていますのでぜひご相談ください。

色々な用途に活用できる

一度プロモーション動画を作ってしまえば、さまざまな場面で何度でも自由に利用できます。たとえば、Webサイトやメディアへの掲載やSNSでの配信、展示会・説明会での放映など、ひとつの動画は、あらゆる場面で汎用的に利用できます。

企業プロモーション・PR動画を制作する際のポイント

制作実績

ターゲット・動画制作の目的を明確にする

企業プロモーション動画の制作においては「ターゲット・目的を明確にすること」がもっとも重要なポイントといえます。
ターゲットや目的によって、動画の表現方法や仕上がりが大きく異なってくるためです。
これらがあやふやで不明確では「誰に何を伝えたいかわからない動画」になりかねません。
動画を制作する際は、最低限、以下の項目を明確に言語化することが重要になります。
・どの性別・年代の
・どこに住んでいる方で
・どんな仕事をしている人に
・動画で何を感じてほしいのか
・どのように行動してほしいのか
動画の制作に取り掛かる前に、まずは目的を具体的に決めることが第一です。

共感が得られるストーリー・シナリオを作りこむ

「商品やサービスをストーリー仕立てで紹介できること」は、動画における大きなメリットでもあります。
ユーザーは、サービスの特徴や魅力だけでは購入を決断せず、心が動くことで初めて商品を信頼します。
人の心を動かし共感を得るためには、ストーリーやシナリオ作りにこだわるのは必須です。

動画冒頭5秒でユーザーを惹きつける内容にする

現代のユーザーや視聴者はとくに、「待つ」ことをとことん嫌います。
たとえばSNSやYouTubeなどのユーザーは、冒頭5秒で「自分に必要な動画か否か」を判断します。
不要と判断すれば即座にスキップされるため、冒頭5秒でいかにインパクトを残せるかが動画の成否を大きく分けます。
「結論ファースト」の精神で冒頭5秒にすべてを盛り込むことで、視聴者に強いインパクトを与えることが重要です。

幅広い表現を活用した動画制作・映像制作


コンセプトや課題に合わせて、最適な表現を採用します。

動画制作・映像制作をご検討の方
まずはお気軽にご相談ください!

Crevo 050-1742-3575 (受付時間/平日10:00~19:00)