動画制作・動画マーケティング専門メディア VIDEO SQUARE『ビデオ スクエア』

動画制作・動画マーケティングに関するノウハウや事例などを紹介するニュースメディア

YouTubeで動画を上位表示させたい!知っておきたいSEOのポイント

YouTubeで動画を上位表示させたい!知っておきたいSEOのポイント

YouTube(ユーチューブ)で動画マーケティングをする際、通常のウェブサイトのSEOと同じく、動画を上位に表示させるための動画SEOの対策をすることが重要です。この記事では、制作した動画をYouTube上で上位表示させるために必要な、SEOのポイントと活用方法について紹介していきます。

動画SEOとは

動画SEOとは、動画の検索順位を上位に表示させるための手法を指します。動画SEOは「Video Search Engine Optimization」の頭文字を取って、「VSEO」とも呼ばれることもあります。YouTubeやGoogleなどで動画を検索すると、自分たちの作品が上にこなかったという経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか。検索ワードと動画の内容が合致していたとしても、YouTubeやGoogleなどでは動画の中身までは把握できません。そのため、タイトルや動画の説明文といったテキスト情報が検索順位を決める重要なSEO対策となるのです。ウェブサイトやブログなどのSEOとは違い、動画の場合は中身によるSEO対策はできない点をまずは押さえておきましょう。

動画SEOのポイント

動画SEOにはいくつかの重要なポイントがあります。ポイントを無視して対策をしても、大きな効果は期待できません。ここでは、動画SEOに必要不可欠なポイントを3つに絞り、それぞれの効果的な制作の仕方について説明していきます。

タイトル

動画のタイトルは非常に重要な役割を持ちます。動画の場合、タイトルはその動画の内容を簡潔かつ端的に表すものが好ましいです。そのため、YouTubeが動画の内容を判断するにあたって、タイトルは重要な項目といえます。タイトル作成のポイントは、動画の内容と関連したものにするという点です。例えば、インパクトのあるタイトルで目立とうとしても、視聴者が検索するワードと動画の内容があっていなければ視聴には至らず、効果は期待できないでしょう。動画マーケティングでは、単に再生回数を増やすことだけではなく、可能な限り最後まで動画を視聴してもらい、サービスや商品の購入に結びつけることも大切です。

説明文

タイトルだけではなく、YouTubeは動画の説明文からも内容を把握するため、説明文の内容が検索順位に影響します。説明文で気をつけるポイントは、動画の内容やタイトルと矛盾しないよう注意することです。あらかじめいくつかのキーワードを決めておき、それをうまくタイトルにも説明文にも利用すると、より動画SEO対策としては有効になります。また、どうしても文字数の関係上タイトルに入れることができなかったワードを、説明文に含めることも可能です。

タグ

タグもまたYouTubeでの動画SEO対策で重要な役割を果たしますが、タグを使用することでは動画を検索結果の上位に上げることはできません。YouTubeにおけるタグとは、どのカテゴリーに属している動画なのかをYouTubeに知らせるための機能となっています。つまり、タグを活用すれば、同じカテゴリーにある動画の関連動画として表示されやすくなるのです。タグを入れる際のポイントは、3〜5個くらいまでにワードを厳選することです。あまりにも多くタグを入れすぎてしまうと、「タグスパム」というスパム状態と認識されるおそれがあります。

YouTubeに評価される動画はどのようなものか

検索順位で上位に表示させるためには、そのプラットフォームの特徴をよく理解する必要があります。YouTubeに評価されるのは、どのような動画なのでしょうか。この段階では4つのポイントを解説していきます。

チャンネルのカスタムURL

YouTubeには、チャンネルオリジナルのURLである「カスタムURL」というものがあります。これを取得していると、YouTubeで評価されることを覚えておくと良いでしょう。カスタムURLは誰でもすぐに取得できるわけではありません。チャンネルを作成してから30日以上や、100名以上のチャンネル登録者がいること、チャンネルアイコンをアップロードしていること、といった要件を満たす必要があります。カスタムURLはチャンネル開設後すぐに取得できるわけではありませんが、投稿を繰り返していれば、決して取得が難しいというわけではないこともあわせて覚えておきましょう。

コメントやお気に入りの数が多い

コメント数やお気に入りの数、評価の数、チャンネル登録数などもYouTubeでの評価対象になります。これらの数が多い動画は、すなわち「たくさんの人に支持されている」ことを意味します。YouTubeはより多くの人に動画を見てもらうことを目的としているので、視聴者からのリアクションが多い動画は上位表示されやすいのです。コメント数や評価数などを多く得るためには、必然的にチャンネル登録者数を増やすことが近道でしょう。チャンネル登録者を獲得するためには、より魅力的な動画コンテンツの制作が求められます。

総再生時間

実はYouTubeでは再生回数よりも、総再生時間で動画を評価しています。つまり、一人の人が機械的に何十回もブラウザの更新をクリックして再生数を上げたとしても、YouTube上では評価につながらないのです。再生回数と総再生時間の大きな違いは、後者は動画をきちんと見る必要があるという点です。総再生時間の多い動画がすなわち視聴者から支持されている動画となり、YouTubeではそういった動画が高評価につながる仕組みとなっています。

視聴者維持率

視聴者維持率も、YouTubeから高評価を得るためには重要なポイントです。視聴者維持率とは動画が視聴者の注目をどの程度維持できたかを示す指標であり、YouTubeは視聴者維持率レポートを公表しています。レポートには、チャンネル内の全動画の平均視聴時間や総再生時間が上位の動画、特定の動画における視聴者維持率データといったものが掲載されています。このレポートをチェックするには、アカウントにログインして「クリエイターツール」を選択した後に、 「アナリティクス」から特定の動画の視聴者維持率を確認することも可能です。

YouTubeで上位表示させるための方法

ここでは、具体的にYouTubeで動画を上位表示させるための方法について主なものを3つ紹介し、詳しく説明していきます。

キーワード設定

YouTube内の数ある動画の中から上位で表示させるためには、ウェブサイトのSEOと同じく、キーワードの設定が重要な役割を担います。ポイントは、動画の内容をきちんと踏まえたうえでキーワードを決定することです。まずは視聴ターゲットを想定して絞り込み、そのターゲットが検索する可能性のあるキーワードを設定します。関連ワードの中から最適なキーワードを見つけるためには、誰にどのようなシーンで見てもらいたいかを想定することがポイントです。

動画情報の設定

動画に関する情報の設定も、YouTubeで上位表示させるために大切です。重要なワードをタイトルに入れたうえで、可能な限りタイトルの前半に持ってくるように設定します。YouTubeの仕様では、32文字を超えた部分に関しては途中で切れてしまい、すべてを読むことができません。タイトルや説明文ではキーワードを入れ込みながらも、ターゲットひきつける内容にすることがポイントです。

アナリティクスでの解析

投稿したものがどの程度見られているのかを解析することは、マーケティング戦略を練るうえでは必要です。ウェブサイトのアクセス解析では「Google Analytics(グーグルアナリティクス)」が一般的に使用されますが、それと同じように、YouTubeにも「アナリティクス機能」があります。アナリティクス機能では、「視聴者維持率」「視聴者層」「トラフィックソース」といった、マーケティングにおいて役立つデータが獲得できます。これらの情報を参考にしながら戦略を改善すれば、おのずと上位表示につなげられるでしょう。

動画SEOに精通した制作会社に相談しよう

動画を上位表示させるためには、通常のウェブサイトとは違ったノウハウが必要となります。「SEO対策はどれも同じ」とは考えず、プラットフォームごとに柔軟に対応することが重要です。数あるYouTube動画の中で少しでも目立つためにも、適切な動画SEO対策をしていきましょう。

動画制作におすすめのCrevo

Crevoメンバー

VIDEO SQUAREを運営するCrevo(クレボ)では、数多くの動画制作・映像制作にたずさわっています。国内外約5,000名のクリエイターネットワークを活かし、ご依頼ごとに最適な専属チームを作ります。また、はじめての動画制作でも安心のサポート体制が整っています。動画制作・映像制作ご検討の方はぜひお問い合わせください!

Crevoの関連サービス

YouTube(True View)広告の動画制作・映像制作

関連記事