動画広告の動画制作・映像制作

ウェブプロモーション効果が見込め、様々な媒体に掲載できる動画広告向け動画・映像を制作します!
能動的な前のめり視聴と呼ばれる動画広告は視聴者が途中でスキップできるため、
最後まで飽きずに視聴されるための工夫が必要です。
また、配信ターゲットを絞った費用対効果の高いプロモーションが可能です。

- 動画に関するご相談はこちら -

Crevoの動画広告向け動画の特徴とメリット

  • 数多くの動画・映像制作の実績を活かした、幅広い映像表現が可能

    数多くの動画・映像制作の実績を活かした、幅広い映像表現が可能

    アニメーション動画、実写動画、実写とアニメーションを組み合わせた動画など、ご要望に合わせた表現方法で動画制作・映像制作ができるのはCrevoの大きな強みです。洗練されたイメージの企業ブランディング動画からコミカルなYouTube広告向け動画までイメージに合うイラストやテイストで用途を考慮した動画・映像を制作することができます。最後まで視聴していただけるストーリーをご提案します。

  • スマートフォンでの視聴を考慮した動画制作

    スマートフォンでの視聴を考慮した動画制作

    5Gの到来が近づき、スマートフォンでの動画視聴も一般的になってきました。スマートフォンでの視聴を想定した動画を制作する場合、視聴者の目線が画面中央に集まりやすくなるため、Crevoでは、アニメーションで人物やキャラクターを活用する場合、表情はなるべく視線が入りやすい位置で見せるようにしています。また、スマートフォンユーザーにとっての見やすさを重視し、横長ではなく縦長動画や正方形動画での制作も可能です。

  • 情報量が多く、印象に残りやすい

    情報量が多く、印象に残りやすい

    ウェブサイトに静止画のバナー広告を掲載した場合と比べて動画は動きがあり、視界に入りやすく印象に残りやすい傾向にあります。また、バナーの場合は訴求できる情報量が限られている一方で、動画の場合は短い尺でも伝えられる情報量が多くなります。言葉では伝わりづらい商品・サービスでも、利用シーンやを独自の差別化ポイントをテンポよく紹介することで、魅力を視覚的にわかりやすく伝えることができます。

動画広告向け動画の制作実績

動画広告向け動画の利用シーン

  • 新商品・新サービスの名称を繰り返し、<br>視聴者の記憶に残す

    新商品・新サービスの名称を繰り返し、
    視聴者の記憶に残す

    新商品や新サービスのリリースに合わせてウェブCMを制作することで、認知度アップにつなげることができます。新商品名や新サービス名を動画の中で何度も見せて視覚的に訴求したり、ナレーションで繰り返して聴覚的に訴求したりすることで、ユーザーの記憶に残り、商品・サービスの購入につなげることができます。

  • 思わずシェアしたくなる動画で<br>認知度アップ

    思わずシェアしたくなる動画で
    認知度アップ

    テレビCMと異なり、ウェブCMの場合はYouTubeなどのSNSを通して動画をシェアすることができます。共感を呼ぶ動画や面白いユニークな動画などは話題になりやすく、個人間でもシェアされやすい傾向にあります。二次拡散でシェアされる動画は、コストをかけずにプロモーションを行うことができるうえに認知度のアップも期待できます。

  • 言葉だけでは伝わりづらい<br>サービス内容を海外ユーザーに訴求

    言葉だけでは伝わりづらい
    サービス内容を海外ユーザーに訴求

    Crevoでは、海外クリエイターにも動画制作を依頼することができ、配信先の文化に合ったストーリーで制作することができます。言葉だけでは伝わりづらいサービス内容も、現地の言葉で伝えることで、海外の視聴者により親近感をもってもらいやすく、サービスの購入や導入にもつなげやすくなります。

- 動画に関するご相談はこちら -

動画制作・映像制作をご検討の方
まずはお気軽にご相談ください!

Crevo 03-5784-2901 (受付時間/平日10:00~19:00)