商品紹介動画制作

商品の魅力が伝わる商品説明・商品紹介動画・映像を制作します!
店頭でデジタルサイネージを使った販促活動、YouTubeなどのSNSを使ったPR、自社サイト掲載向けのブランディング動画等
オフラインでもオンラインでも幅広く活用の場面があります。

- 動画に関するご相談はこちら -

Crevoの商品説明・商品紹介動画の特徴とメリット

  • 商品の魅力が伝わるストーリーをご提案

    商品の魅力が伝わるストーリーをご提案

    動画は、文字や静止画の画像だけでは伝わりづらい商品の説明を得意としています。商品の効果をインフォグラフィックや数字をおりまぜて、視覚的に一目でわかるように説明したり、利用前後の変化をアニメーションのキャラクターやキャストの表情を通して再現したりするなど、商品の魅力が伝わるストーリーをご提案します。Crevoでは、幅広い商材の商品紹介動画の制作実績があります。

  • 商品のブランディングを考慮した世界観を作る

    商品のブランディングを考慮した世界観を作る

    商品サイトや他のプロモーションと世界観を合わせた動画を制作します。Crevoでは、2,000社10,000件の動画制作実績を活かして、「洗練された革新的なイメージの動画」「お洒落で可愛いイメージの映像」等々、ご希望のテイストやイメージの再現を得意とするクリエイターのアサインが可能となります。商品の良さを最大限に引き立てるターゲットに合わせたブランディングをご提案します。

  • 動画・映像の活用目的に合わせた見せ方をご提案

    動画・映像の活用目的に合わせた見せ方をご提案

    商品紹介動画の場合、幅広い活用目的があります。「商品の購入促進を目的としたYouTube動画を作りたい」「商品の使い方に関するよくある質問を動画でまとめて営業ツールとして活用したい」「商品の理解促進を目的に商品の利用シーンを紹介した動画を自社サイトに掲載したい」等々、動画を通して視聴者にどのような状態になってほしいか視聴者側の目線も大事にしながら、Crevoは動画・映像の最適な見せ方をご提案します。

商品説明・商品紹介動画の制作実績

商品説明・商品紹介動画の利用シーン

  • 店頭のデジタルサイネージで<br>商品の魅力をプロモーション

    店頭のデジタルサイネージで
    商品の魅力をプロモーション

    店頭のデジタルサイネージで商品の魅力や利用シーンの動画を流すことで、商品のパッケージだけでは気づけない商品の魅力を訴求することができます。実際の利用シーンを紹介することで、視聴者の購入意欲をかきたてたり、購入にあたっての懸念点を払拭したりすることで、購入への最後のひと押しとなります。

  • IRや展示会などの<br>イベントで差別化

    IRや展示会などの
    イベントで差別化

    IRや展示会での商品説明時にも活用できます。IR動画としては、商品紹介のシーンを盛り込むことで事業への理解促進につなげることができます。また、多くの企業が出展する展示会では、似た商品が多い中でパンフレットやプレゼンテーションでは伝えきれない商品の魅力を訴求することで他社と差別化することができます。

  • 取り扱い方法の動画を掲載し、 <br>分かりやすく説明

    取り扱い方法の動画を掲載し、
    分かりやすく説明

    取り扱い方法をまとめたマニュアル要素も含めた商品紹介動画を自社サイトに掲載することで、視聴者は不明点を解消することができます。視聴者はマニュアルを読みこむ手間が省け、顧客満足度のアップにつなげることができます。また、企業側もユーザーからの問い合わせを減らすことができ、動画がユーザーサポートの役割を果たします。

- 動画に関するご相談はこちら -

商品説明・商品紹介動画のメリット

商品説明・商品紹介動画のメリット

購買行動・利用意欲の向上

商品説明・商品紹介動画では、よくある悩みや使ったときの効果など、さまざまな内容を組み合わせて自由にストーリーの構成ができます。
購買行動・利用意欲を高めるストーリーを作成して、購入見込み客に興味・理解・納得・判断・購入という思考の流れを促せます。断片的に情報を発信するよりも、購入までの意思決定がスムーズになりやすいことが特徴です。
また、人が商品を便利そうに使っている様子を映すことで、自分も使ってみたいという気持ちを湧かせられます。人が商品を簡単に使いこなす姿を映せば、自分でも使えそうに思ってもらえるでしょう。
動画の終盤で「今だけ〇〇円」などお得情報を発信することで、「試してみようかな」という気持ちを後押しすることも可能です。

不安や疑問の解消

商品を購入する前に、使い方やデザインなど購入の意思決定をするまで、さまざまな不安や疑問が生じます。
たとえば、説明をテキストで読んでも使い方がわからなかったり、商品画像だけでは見えない部分があります。
商品説明・商品紹介動画であれば、商品の装着方法を映像で説明したり、360°の視点から見た目を紹介したりできるため消費者の不安や疑問を取り除く訴求が可能です。
表現の幅が広がるので、文章や画像だけで宣伝するよりも、消費者の購買意欲を高めることにつなげられます。

商品のビジュアル化が可能

商品説明・商品紹介動画であれば、実物からは得られない情報をビジュアル化することが可能です。たとえば、商品を透かして内側を見せたり、従来品との性能比較をグラフで視覚化したりできます。
また、実在していない商品を目に見える形で紹介することもできます。たとえば、スマホアプリやゲームソフトなどがよい例でしょう。
消費者の使用イメージが付くような映像を発信することで、ゲームやアプリへの意欲が高まる宣伝ができます。キャラクターやアイテムを3DCGで作成し、映像にする手段もあります。

商品説明・商品紹介動画を活用できるプラットフォーム

商品説明・商品紹介動画を活用できるプラットフォーム

SNS

「商品を認知してもらいたい」「興味のあるユーザーをWebサイトにつなげたい」などの課題を持たれている場合、TwitterやTikTok、FacebookなどのSNS媒体に商品説明・紹介動画を活用することがおすすめです。
広告配信をSNS媒体では出稿することができるため、年齢や住んでいる地域・興味・関心などの属性にてターゲットを限定し配信ができます。
SNSの媒体ごとでも特徴や仕様が異なるため、あらかじめ動画を制作をする際は、どのSNS媒体に活用するのか明確に決める必要があります。
たとえば、Twitterであれば、1回の投稿で、140文字以内の文章と画像を挿入し発信することができます。Twitterには「リツイート」と呼ばれる機能があり、さまざまなユーザーに情報を拡散できる特徴があります。

また、TikTokでは、YouTubeの動画と違い、60秒以内の尺が短い動画が投稿できます。動画はリズム良く視聴でき、10代の女性ユーザーの利用率が高いのが特徴です。

制作された商品説明・商品紹介動画のターゲットに合うユーザーへのアプローチができるため、狙った層に動画を訴求できることが特徴です。
企業向けのFacebookを活用した商品紹介の記事もありますので、ぜひ御覧ください。

YouTube

YouTubeでの商品説明・商品紹介動画もおすすめです。
SNS媒体と同様に自社がかかえるチャンネルだけでなく広告として商品説明・商品紹介動画を出稿することができます。施策によって異なりますが、広告からWebサイトに流入される消費者が少ない場合は、あくまでブランディングや認知を向上させる目的で出稿することも一つの手段です。
下記、関連記事でYouTubeでの商品紹介の成功事例をはじめ、効果的な施策のコツについて解説をしています。

プレスリリース・営業ツール

新商品を周知するためのプレスリリースに、商品説明・商品紹介動画を組み込む方法があります。
プレスリリースは、商品情報の要点を文章と画像で一目で把握してもらうのに役立ちます。ただ、文章や画像だけではわかりづらい部分もあるので、商品説明・商品紹介動画を挿入して読者の理解度を補完すると親切です。
そのほか営業で利用するタブレットやパソコンなどでも商品説明・商品紹介動画を活用できます。新規の取引先で、顧客のニーズを満たせると感じたとき、スムーズに商品説明・商品紹介のプロセスに進めます。

商品説明・紹介動画を成功させるコツ

商品説明・紹介動画を成功させるコツ

動画の目的を明確にする

視聴者に効果的な動画を訴求するためには、達成したい目的を明確にすることが重要です。
たとえば、商品に興味を持ってもらいたいのであれば、ブランディング動画やティザー動画、セール告知動画などが適しています。購入に迷っている方を後押ししたいのであれば、お客様の声や導入事例を紹介する動画が最適です。
このように目的を決めることで、動画を通して伝えたいことが明確になるため、購入前の見込み客に最適なアプローチを可能にします。
動画の目的を明確にして商品説明・紹介動画の制作を検討することをおすすめします。

どんなユーザーに向けて発信する動画なのか決定する

前述した「目的を明確にする」ことと同様にターゲットの設定を明確にすることが重要です。
仮に商品説明・紹介動画のクオリティを高く制作しても視聴者に「関係ない動画」だと思われてしまえば、動画を制作した目的を達成することができません。
「商品を購入してもらいたいユーザー」はどんな方なのかを明確にすることで動画の宣伝効果を最大限に発揮ができます。
設定内容としては、年齢や居住エリア、仕事、年収、ライフスタイル、趣味などがあげられます。人物像を細かく設定することで、動画に必要のない情報や盛り込むべき情報を的確に判断しやすくなります。
どのようなユーザーに発信する動画なのかを事前に明確にすることが必要です。

競合他社との差別化や自社の強みを切り口にする

競合他社と自社の差別化になる強みを明確にすることで、商品説明・紹介動画のプロモーションを効果的に行うことができます。
「自社の強みはなにか」「消費者から求められていることはなにか」など自社の強みを見返すことで、競合他社ではできない切り口をみつけることにつながります。
強みを商品説明・紹介動画にを活かすことで、自社ならではのオリジナリティのある動画を制作することが可能です。

幅広い表現を活用した動画制作・映像制作


コンセプトや課題に合わせて、最適な表現を採用します。

動画制作・映像制作をご検討の方
まずはお気軽にご相談ください!

Crevo 050-1742-3575 (受付時間/平日10:00~19:00)