動画制作・動画マーケティング専門メディア VIDEO SQUARE『ビデオ スクエア』

動画制作・動画マーケティングに関するノウハウや事例などを紹介するニュースメディア

バイラル動画の特徴とは?企業にもたらす影響と事例をご紹介

バイラル動画の特徴とは?企業にもたらす影響と事例をご紹介

バイラル動画やバズ動画をマーケティングで使ってみたいけど、どのように制作すればいいのかわからずに悩んでいる方もいるのではないでしょうか。この記事では、バイラル動画の特徴や企業にもたらす影響、バイラル動画の事例などを詳しく知ることができます。バイラル動画やバズ動画は制作・配信・露出の結果であって、最初からバイラル動画というものを作ることはできません。バイラル動画の特徴を知り、サービスを選ぶことが必要です。

バイラル動画の特徴

バイラル動画の大きな特徴として、動画自体にインパクトがあるという点が挙げられます。また、動画の企画内容や見せ方に独自性があり、思わずシェアしたくなり、結果的に「バズる」という特徴もあります。

バイラル動画とは何か

そもそもバイラル動画のバイラルという言葉は「ウイルス性」という意味で、口コミやSNSのシェア機能によってウイルスのようにコンテンツが伝わっていくことを表します。このバイラルと動画を組み合わせることで、動画広告がウイルスのように人から人へ伝染して爆発的に拡散されることを示します。さらにSNSの普及により、その流れは加速しました。口コミで広がりやすくなっており、例えばSNSのツイッターやインスタグラム、さらにブログなどはバイラル現象を起こしやすいといわれています。そして、このバイラル現象のことを「バズる」と呼び、バイラル動画は「バズ動画」とも呼ばれています。

インパクトがある

加えて、バイラル動画の特徴として、動画そのものにインパクトがあります。中でも、内容が凝っていたり、しっかりオチがあったりするなど、企画内容が面白いものはバイラルを起こしやすいです。その要素に加えて、内容がわかりやすく、すぐ覚えられるようなインパクトのあるものは、より一層バイラルを起こしやすいといわれています。ユーザー自身も、動画であれば電車の待ち時間や昼食後といったすきま時間に視聴しやすいとのことから、インパクトのある動画がバイラルを起こす可能性が高まります。

シェアしたくなる

バイラル動画を作るためのコツの中で、動画を見たユーザーがシェアしたくなるという要素も大部分を占めます。思わず、友達に教えたくなり、シェアしたくなる動画が連鎖して多くの人を巻き込みながらバイラルを起こします。

バイラル動画が増えた背景

そもそもバイラル動画やバズ動画が増えた背景には、SNSの流行やメッセージを伝えやすいということがあります。その背景についてさらに詳しく見ていきます。

SNSで発信しやすい

動画の拡散には、SNSの流行というキーワードは外せません。現在のSNS利用者はネットユーザーの7割といわれています。今では、若い人だけでなく、40代から50代の年齢層にもSNSの利用者は増えています。それらの年代を超えた交流もできるSNSは、ユーザー同士が共有し合うことが目的であるため、幅広い年代へのバイラルにつながっています。

メッセージを伝えやすい

バイラル動画の強みは、動画を見たユーザーに対してメッセージを伝えやすい点です。その理由として、テキストよりも動画のほうがメッセージがより伝わりやすいことがあります。そして、その動画を見たユーザーが拡散し、それが連鎖することで、幅広い層に向けてメッセージを伝えやすくなります。動画を使うことで、言語の壁を超えたユニバーサルなメッセージを配信することも可能となりました。さらに動画広告は、SNSで拡散する可能性が高いので、メディアCMに比べて手軽に宣伝が行えるというメリットもあります。

バイラル動画が企業にもたらす影響

バイラル動画やバズ動画が企業にもたらす影響として、認知度が上がる、効率的に宣伝できる、購買意欲につながるということが挙げられます。これらについて説明します。

認知度が上がる

バイラル動画が企業にもたらすメリットの一つに認知度の向上があります。そもそもバイラル動画は、認知度アップを目的に動画制作を行っている企業が多いので、認知度アップは欠かせない要素です。バイラル動画を使って認知度向上を図ることで、企業も商品やサービスについて認識してもらえるほか、自社のウェブサイトやSNSで発信することによって多くの人に知ってもらうことができるというメリットもあります。

効率的に宣伝できる

バイラル動画は、他の動画と比べて効率的に宣伝できることに優れています。その理由として、ユーザーがSNSを起点に広めてくれるため、アピールがしやすくなることや、友人がシェアしてくれれば、マスメディア(テレビ・新聞など)を普段からあまり観ていない層にも届けられるようになることがあります。加えて、バイラルに成功すれば、動画の宣伝費費用を抑えることにもつながります。

購買意欲につながる

これまでの消費者意識として、消費者は受け身で警戒心があるため、企業から紹介された商品はなかなか手を出しにくいという背景がありました。しかし、商品の価値や評価など、動画を見た人がその良さをSNSで発信し、それが口コミで広がることにより、商品への不信感がなくなり、購買意欲を起こしやすくなります。つまり、友人がSNSで呟くことで商品に興味を持つ可能性が高まるという流れです。

バイラル動画の制作を依頼する上での注意点

では、実際にバイラル動画の制作を依頼するうえでの注意点を説明していきます。注意すべきことは大きく分けて2つです。1つは、知識や技術を必要とすること。もう1つは、時間や費用がかかることです。

求めているものと会社の実績を照らし合わせる

まず動画制作で必要なことは、動画制作を依頼しようと考えている企業が、自分たちはどのような動画を作って欲しくて、依頼する動画制作会社は、過去にどのような動画を制作してきたか、その実績を照らし合わせることが必要です。そのためには、動画の制作依頼を検討している会社がどのような制作実績があるか調べておくことが大切です。そして、会社の特徴や強みを知ったうえで、自分たちの希望や目的とマッチするかを検討しましょう。自分たちの作りたいものと近い事例の動画を見ることで、イメージを固めることができます。

優先順位は何なのか検討する

動画の制作依頼をする際に、自分たちは何を最優先にするのか、その優先順位を決める必要があります。例えば、コストを抑えた制作がしたいのか、短い期間がしたいのかなどの優先順位を先に決めることが大切です。そして、動画制作を依頼した後でトラブルにならないためにも、自分たちの希望通りに進めてもらうことができるのか相談してみる必要もあります。さらに、依頼してからは任せっぱなしにするのではなく、細かくスケジュールも確認しておきましょう。

Crevoのバイラル動画

それでは、動画制作サービスを提供するCrevo(クレボ)がこれまで制作したバイラル動画の事例を一つ紹介します。

音楽を利用して会社名の宣伝につなげている動画

出典:Crevo制作実績

求人情報サイト「働くナビ!」の動画広告です。オリジナルソングを制作し、ミュージックビデオ風に歌詞付きでサービスを紹介しています。そして、「働くナビ!」という会社名をサビに乗せて繰り返すことで、会社名の認知度アップを狙っています。

バイラル動画の特徴を踏まえて企業にメリットのある動画を作ろう

これまで説明してきたように、バイラル動画やバズ動画の特徴や企業にもたらす影響を理解すれば、企業にとって効果的な動画を制作することができます。その方法をしっかりと理解することで、動画の力を最大限に活かすことができます。皆さんも一度、バイラル動画の制作の依頼を検討してみてはいかがでしょうか。

Crevoの関連サービス

Twitter広告の動画制作・映像制作

関連記事