動画制作・動画マーケティング専門メディア VIDEO SQUARE『ビデオ スクエア』

動画制作・動画マーケティングに関するノウハウや事例などを紹介するニュースメディア

SNSの特性をふまえて使い分けよう!動画を活用したマーケティングのコツ

SNSの特性をふまえて使い分けよう!動画を活用したマーケティングのコツ

スマートフォンで動画視聴が容易にできるようになった現在、主要SNSも続々と動画機能を強化しています。そのため、動画を使ったSNSマーケティングは企業にとって不可欠なものといえるでしょう。この記事では、SNSを活用した動画マーケティングについて解説します。SNSを利用することで期待できる効果や、マーケティングの際の注意点を見ていきましょう。

SNSの動画マーケティングで期待できる効果

SNSの動画マーケティングは効果的とはいうものの、どのような効果があるのかがわからなければ制作にふみ出すのは難しいかもしれません。ここでは、SNSで動画マーケティングをする際に期待できる効果について説明していきます。

企業や商品の認知度がアップする

従来は欲しい商品やサービスの情報を探すために、GoogleやYahoo!などの検索エンジンを利用するのが主流でした。しかし、SNSの普及によって、SNSで情報収集するユーザーが年々増えてきています。そして、SNSを活用することで企業や商品の認知度アップが見込みやすく、有用な手段として台頭してきたのです。SNSの場合はユーザーが企業のアカウントをフォローしなくても、広告枠で自然と目に触れる機会も作ることができます。

ブランディングが効果的に行える

SNSは企業のブランディングを効果的かつ低コストで行える可能性が高いという特徴があります。自社がどのような企業で、他にはどのような商品やサービスがあるのかなども積極的に伝え、企業イメージを戦略的に高めていきましょう。

ロイヤリティ向上が期待できる

SNSはユーザーと企業の距離が近く、双方向のコミュニケーションがしやすいことが特徴の一つです。今までは企業に対してメッセージを送ることは困難でしたが、SNSを使えば簡単に企業とやりとりをすることができるようになりました。そのため、SNSはファン作りに効果的で、企業に対する信頼度、顧客ロイヤリティを高めることが期待できます。

動画を活用できる主なSNSの特性

続いて、主なSNSの特性について見ていきましょう。SNSとっても、それぞれ特徴は大きく異なります。SNSごとに効果的なマーケティングは異なるので、各々の特性を知ることは大切です。今回は3つの主要SNSと、その他にも知っておきたい注目のSNSについて説明していきます。

Facebook(フェイスブック)

スマホを囲む人SNSの最大手であるFacebookは実名による登録が基本のため、オフラインでの人間関係に近いつながりが特徴です。つまり、Facebookでのマーケティングが成功すれば、信頼の置ける口コミとして広まっていく可能性が高いのです。Facebookの動画は動画再生時間が30〜60秒のものが多くなっています。比較的短い動画はブランドストーリーを伝えるような使い方に向いているでしょう。

Twitter(ツイッター)

拡散

TwitterはFacebookとは違い、基本的に匿名でつながるのが特徴です。面白いと思った投稿や気になる投稿をフォローすることでつながっており、有名人なども気軽にフォローできます。Twitterでの投稿に適した動画の再生時間は10〜15秒程度と短いものが多く、簡潔で印象的な動画が向いています。また、ハッシュタグを付けた独自の拡散方法で企画連動型のキャンペーンや話題性のあるキーワードが拡散されやすい傾向にあります。

Instagram(インスタグラム)

instagramのイメージ

InstagramもTwitterと同様に興味や関心でつながるSNSですTwitterが短い文章に特化しているのに対し、Instagramは画像に特化している点が大きく異なります。画像という視覚的な素材を中心としていることから、動画もおしゃれでビジュアルセンスの高いものが評価されやすい傾向にあります。また、消える動画の「Instagram Stories(インスタグラム ストーリーズ)」も高い人気を誇っているので注目です。これは24時間以内に投稿が消えるのが特徴で、通常のタイムラインとは別に動画や写真の投稿が行えます。アーカイブ設定もできるので、利便性の高い機能といえるでしょう。

その他のSNS

上に挙げたSNS御三家ともいえるSNS以外にも、注目しておきたいものもあります。その一つが2018年の流行語大賞にもノミネートされた爆発的な人気だを博しているTikTok(ティックトック)です。TikTokで投稿される動画は15秒程度と大変短く、加工をしやすいという特徴があり、アジア圏を中心に高い人気を誇っています。言葉を用いず音楽に乗せて動きをつけるため、言葉の壁がないのも利点の一つです。

SNSを活用した動画マーケティングを行う上でのポイント

SNSを活用した動画マーケティングを行ううえで、どのような点に気をつければ良いのでしょうか。単純にSNSに動画を投稿しても、マーケティングが成功するわけではありません。ここでは、SNSでマーケティングをする際のポイントについて説明していきます。

SNSの特性をふまえて活用する

前述のように、SNSにはそれぞれユーザーや動画の視聴のされ方に特性があります。SNSごとに狙うべきターゲットや伝える内容を明確にし、加えてSNSの特性をふまえながら活用することが重要です。たとえばInstagramであれば、ビジュアルセンスの高い動画を掲載するなど、動画のコンテンツと同時に質も重要となります。Instagramにはスタイリッシュでハイセンスな個人による動画もたくさん投稿されています。その中で注目されるためには、動画のクオリティには細心の注意を払うことがポイントです。

SNSの拡散力を意識して動画を制作する

SNSユーザーの多くは、流行に大変敏感なのが特徴です。タイムリーな動画や話題性のある動画であれば、自然と広まっていくことが期待できるでしょう。SNSの良さはその拡散性にあります。月間での利用者はFacebookでおよそ20億人、Twitterでおよそ3.5億人、Instagramでおよそ8億人とわれています。(YouTube総研調べ)拡散力を意識した動画制作が、マーケティングを成功に導くポイントになるのです。

SNS用動画の事例紹介

それでは、SNSを意識した動画の例を見ていきましょう。今回は動画制作サービスのCrevo(クレボ)が制作した2つの事例を紹介していきます。

結婚相手紹介サービス「楽天オーネット」広告用動画

27歳編 

29歳編

33歳編

出典:Crevo制作実績

結婚相手紹介サービス「楽天オーネット」の広告用動画です。27歳編、29歳編、33歳編と細かな年齢に応じて訴求方法を変えています。どのアニメーションを使った30秒程度の短い動画で、伝えたいことを簡潔にまとめているのが特徴です。動画の冒頭にインパクトある表現を持ってきて、後半で楽天オーネットのサービスについて説明しています。冒頭の数秒が勝負のSNSだからこその構成といえるでしょう。

「モスバーガーのネット注文」SNS用プロモーション動画

出典:Crevo制作実績

モスバーガーのネット注文のSNS用プロモーション動画です。主なターゲット層である学生やおひとり様の社会人をモデルに起用することで、ユーザーにより親しみを持ってもらえるような工夫がなされています。また、それぞれの登場人物がなぜネット注文をするのかの理由も語っているので、視聴者の共感をより得られやすい見せ方になっています。

SNSでの動画の質にもこだわろう

SNSによる動画マーケティングの成功を握るカギは、動画の質にあります。クオリティが低いと、企業イメージまでも損なう恐れがあります。このことを理解し、プラスの効果が期待できる動画を制作していきましょう。Crevoでは多くのSNS向け動画の制作に携わってきたので、ぜひ一度ご相談ください。動画のマーケティング効果を最大限活用し、ビジネスを有利に進めていきましょう。

Crevoの関連サービス

Facebook広告の動画制作・映像制作

Twitter広告の動画制作・映像制作

ウェブCMの動画制作・映像制作

関連記事