動画制作・動画マーケティング専門メディア「VIDEO SQUARE(ビデオスクエア)」

動画制作・動画マーケティングに関するノウハウや事例などを紹介するニュースメディア

通販で動画を活用するメリットや制作においてのポイントとは?

通販

インターネットを介したEC市場が拡大し、より多くの方が通販を利用したショッピングを楽しんでいます。商品を購入する際に通販を利用する人が増えている背景のひとつには、商品の情報をしっかりと把握したうえで購入したいという意識があります。通販において動画を活用して商品の魅力を伝える手法は大きなメリットがあります。この記事では、通販で動画を活用するメリットや事例を紹介します。

通販で動画を活用することの必要性

経済産業省が2019年5月に発表した電子商取引に関する市場調査によると、EC市場は安定的な規模拡大が見られます。また、すべての商取引に対するECの割合であるEC化率も上がっていることから、今後においても通販を利用する人が多くなっていくことが想定されています。その一方で、リアルな店舗での購入とは異なり通販は実際に手にとって商品を吟味することができないため、購入においては顧客が不安を抱きやすい環境にあります。通販においては、いかに商品情報を的確に提供するかが売上のキーポイントになります。動画でわかりやすく商品の魅力を伝えることは、この顧客のニーズに合致するため、積極的に活用することで通販売上につなげることができます。

通販向け動画の種類

では、どのような動画が通販において相性が良いのでしょうか。ここでは、通販で使われている動画の種類について紹介します。

ハウツー動画

リアル店舗でのウインドウショッピングでは、目的を決めて来店することもあれば、特に目的を決めずに気になったものを手に取るというパターンもあります。通販では、あらかじめ目的を持って商品を探しているケースが多いです。そのため、実際にどのように使うのかといったハウツー動画で購入の後押しをすることができます。ハウツー動画では、具体的な商品の利用方法を紹介するので、画像を見ただけではわからない使い方やサイズ感を、映像を通して知ることができます。また、説明書のみだと理解するのに時間がかかることもありますが、動画であればポイントをまとめて伝えることができます。

商品の特徴・機能紹介動画

通販での購入では、複数の商品を比べて購入することが多いです。そのため、商品の機能や特徴を紹介する動画が効果的です。商品の機能や特徴を文字情報で表現すると長文となってしまったり、特徴を表す言葉が他の商品と似た表現になってしまい、独自の特徴を表現できなかったりします。商品の機能や特徴は、購入の決め手になる情報となるため、できるだけ簡潔にはっきりと伝えることが大切です。そのため、動画を使った表現は他商品と差別化するうえでも効果が見込めるといえます。

「お客様の声」動画

通販では、商品に対しての口コミを参考にして商品の選定をする人が多く、口コミがきっかけとなり、人気が出ることも少なくありません。「お客様の声」として実際に商品を使用したユーザーに出演してもらい感想を述べてもらうことで、購入検討者に商品をより印象づけることができます。実際にどのような経緯で購入したかというところから、実際に使ってみてどのように感じたかまで、商品の特徴に合わせたり、購入検討者が気にしているところにスポットを当てたりと様々な見せ方があります。企業担当者の文章のみの訴求と比較したとき、実際の利用者の声は、購入を検討している人により商品の魅力が伝わるかもしれません。

通販で動画を活用するメリット

さまざまな動画の種類を紹介しましたが、このような動画はどのようにして視聴者の心をつかむのでしょうか。ここでは、通販で動画を活用するメリットを紹介します。

信頼度アップにつながる

通販では、実際に購入したいと考えている商品を手に取って確認することができないため、本当に自分のイメージしているものであるのか、サイズ感はどうなのかといった不安をいただきやすくなります。そこで、動画であれば、視覚的に商品を見せることができるため、実際の商品のサイズ感や雰囲気などは、画面にでてくる人やものとの比較でイメージしやすくなり、視聴者は商品に対する不明点や不安点を部分的にでも解消することができます。また店主や開発者などが出演して商品をアピールすると、より一層の信頼度アップにつなげることができます。

商品の特徴などをわかりやすく伝えられる

通販で失敗したと感じるのは、実際に商品が届いたときに、思い描いていたイメージとギャップがあった場合です。このようなズレが起きないようにするためには、できるだけ的確に商品の特徴を伝えることが重要です。動画では商品の特徴をわかりやすく伝えられるため、購入前と購入後のギャップを埋めることができます。例えば、アパレル商品の場合は、実際にそのアパレルを着用しているモデルの映像を紹介することで、視聴者はで着用イメージをより具体的にもつことができます。インテリア商品の場合であれば、サイズ感や色味が画像のみの場合と比較するとより商品のイメージを視聴者がもちやすくなります。

SEO対策にもつながる

動画はSEO対策としても効果を期待することができます。ウェブサイトに関連性の高い動画を掲載することで、そのページは、より良質なコンテンツをもつことになります。良質なページは、上位に表示されやすくなりますので、SEO対策につながるのです。YouTubeチャンネルなどの場合は、掲載している動画に自社サイトへのリンクをはることで自社ECサイトへの流入数アップにもつなげることができます。

通販においての動画の活用事例

実際にはどのような通販での動画事例があるのでしょうか。ここでは、動画制作サービスの Crevo(クレボ)の制作実績から動画の活用事例をご紹介します。

マルイのラクチンきれいパンツ

商品紹介動画として、マルイの「ラクチンきれいパンツ」の動画を紹介します。

出典:Crevo制作実績

ラクチンきれいパンツは「すべての人にぴったりのサイズを。」というコンセプトを体現するために、体型の異なる3人の女性をモデルとしてキャスティングしています。これによってサイズ展開や商品ラインアップの豊富さを訴求しています。

ECサイト紹介動画「ニューバランス公式オンラインストア」

本動画は、ECサイト「ニューバランス公式オンラインストア」の魅力を訴求しています。

出典:Crevo制作実績

店頭販売もしている「ニューバランス」をあえて公式オンラインストアで購入する便利さやメリットを紹介しています。また、パステルを基調とした優しいテイストで描くことで、幅広い世代の視聴者に親近感をもってもらえるような見せ方にしています。

制作会社に通販向け動画の制作を依頼するときのポイント

ここでは、制作会社に通販向け動画の制作を依頼するときのポイントを紹介します。どのように依頼するかによって動画の仕上がりも変わってきます。

ターゲットのニーズを把握する

通販向け動画において、最初に考えなければならないのは、どんな動画の視聴者を想定するかという部分です。そしてターゲットである視聴者がどんなことを求めているかを的確に把握し、それに合わせてストーリーを組み立てていきます。例えば、商品の使い方を知りたい視聴者が多いのか、それとも特徴をメインに知りたいのかによって動画のストーリーが変わってきます。紹介する商品によってもニーズは異なることが一般的です。それらのニーズを把握し、マッチしたストーリーを展開していく必要があります。

商品の強みの洗い出しを行う

動画を制作するときには、前もって紹介する商品の強みを洗い出してみると、何をアピールしたいかが整理ができ、ポイントを押さえた良い動画につながりやすくなります。商品の強みを盛り込んだアピールは、購入につながりやすく、商品の特徴もわかりやすくなります。例えば、「低価格」をアピールしたいのであればそれを強調し、「新機能」をアピールしたいのであれば、機能を明確に表現します。それぞれ中心となるコンテンツを決めて、動画の内容に盛り込むことが重要なポイントになります。

継続的に動画を配信する意識を持っておく

視聴者によっては、商品購入後リピーターになる可能性があります。動画においては、単発の動画発信ではなく、継続的に動画で情報を発信することも検討してみましょう。継続的な動画配信は、顧客との長期的な関係づくりにもつながりますので、制作をする段階で考慮しておく必要があります。

通販向け動画を制作し自社のサイトに掲載しよう

通販では動画は有効なコンテンツといえます。動画を活用することで商品の特徴や魅力をわかりやすく伝えることができます。動画制作サービスのCrevoでも、通販向け動画の制作を手がけています。経験のあるCrevoでの動画制作を、ぜひ検討してみてはいかがでしょう。

動画制作サービスのCrevo

Crevoのプロデューサー
VIDEO SQUAREを運営するCrevo(クレボ)では、数多くの動画制作・映像制作にたずさわっています。国内外約5,000名のクリエイターネットワークを活かし、ご依頼ごとに最適な専属チームを作ります。また、はじめての動画制作でも安心のサポート体制が整っています。動画制作・映像制作ご検討の方はぜひお問い合わせください!

Crevoで動画制作・映像制作がしたくなったら…

・無料相談・お見積りはこちら

・資料ダウンロードはこちら

Crevoの関連サービス

商品説明・紹介の動画制作・映像制作

 関連記事

動画を視聴しながら商品を購入できる!動画コマースのメリットとデメリット

関連記事