動画制作・動画マーケティング専門メディア VIDEO SQUARE『ビデオ スクエア』

動画制作・動画マーケティングに関するノウハウや事例などを紹介するニュースメディア

お客様の知りたいに答えよう!知っておきたいHow-To動画制作のメリット

お客様の知りたいに答えよう!知っておきたいHow-To動画制作のメリット

複雑な内容もわかりやすく伝えられるHow-To(ハウツー)動画は、分厚いマニュアルが必要なくなるほど多くの情報量を持っています。文章で読むだけでは、なかなか理解が進まないということは珍しくありません。このため、How-To動画を制作する企業は増えています。この記事では、How-To動画を制作するメリットや、制作する際のコツについて紹介します。

How-To動画を制作するメリット

ここでは、How-To動画を制作する上での代表的な3つのメリットを紹介していきます。

わかりやすく伝えられる

まず、第一に挙げられるメリットは、多くの情報を短時間でわかりやすく伝えられる点です。たとえば、複雑な操作方法を言葉と写真で説明しようとすると、紙媒体の場合には多くのページが必要となります。また、読む人の理解力も考慮しなければならないため、場合によってはどんどん文字数が増えてしまうケースもあるのです。ページ数が多くなると、心理的に読もうという意欲が失われる懸念も出てくるでしょう。How-To動画であれば、短い時間の間で多くの情報を伝えられるメリットがあります。また、紙のマニュアル書では表現しづらい細かなニュアンスまでわかりやすく伝えられるので、How-To動画は有用なツールといえます。

見込み客の不安要素を減らせる

How-To動画の2つ目のメリットに、消費者の不安を軽減させられることが挙げられます。消費者は初めて目にするものに対し不安を抱きがちです。気になる商品をみつけて購入したいと思っても、「ちゃんと使いこなせるだろうか」という不安を感じることは少なくありません。How-To動画で「操作の簡単さ」や「メンテナンスの容易さ」を視覚と聴覚に訴えかけながら説明すれば、見込み客の不安要素を減らすことができます。優れたHow-To動画には何回も訪れたくなる魅力があります。購入見込み時点から購入後まで、誰からも魅力的に感じられる動画を制作することが重要です。

購入意欲を高める

動画でどんなに商品が魅力的かをうたっても、消費者が商品やサービスの「買った後の姿」や「使っている時の姿」をイメージできなければ、購入まで結び付くことは難しいといえます。裏を返せば、購入後の姿をよりリアルに想像させることができたなら、消費者の手が自然と商品に伸びていくでしょう。購入までのハードルを下げ、さらに購入後のチュートリアルとしても活用できるHow-To動画は、まさに一挙両得な効果が期待できるものなのです。

How-To動画制作のコツ

How-To動画は商品およびサービスを紹介するツールとして期待できますが、How-To動画の形を取っていればどのようなものでも効果が期待できるわけではありません。制作する際には押さえるべきコツをしっかり意識する必要があるのです。この段落では、How-To動画をより効果的にする代表的なポイントを4つ紹介していきます。

消費者の目線に立つ

視聴者にポイントを伝える上で重要なことは、前提知識がない視聴者であってもわかりやすく表現することです。企業目線でHow-To動画を制作すると、しばしば「こんなことは知っていて当然」となりがちです。その結果、専門用語が多用されるわかりにくい動画になる可能性があります。効果的なHow-To動画にするためには、徹底的に消費者目線に立つことが重要です。消費者はどのような情報を知りたいと考えているのかを洗い出し、How-To動画を見るだけでほとんどの消費者が混乱なく商品やサービスを使えるレベルにまで質を高めることがポイントです。

わかりやすさを心がける

How-To動画を作成するうえでの肝は、何よりも「わかりやすい」ものにするということです。How-To動画にもドラマチックな演出を付けたくなるかもしれません。しかし、How-To動画においては芸術性を高めることよりも、アニメーションやテロップなどを使って理解を促す工夫をすることが重要です。誰でも簡単に理解できるようなわかりやすさを追求することがHow-To動画のポイントです。また、テロップなどの言葉選びに関しては、高い年齢層をターゲットにしている商品であったとしても、中学生が読んでわかるレベルの内容だと多くの人から理解される確率が上がります。

テーマの違う内容を1本の動画に詰め込まない

せっかく動画を制作するのだから1本の動画にいろいろと詰め込みたいと考えるかもしれません。しかし、テーマの違う内容を入れてしまうと、結果的に何が言いたいのかがわかりにくいHow-To動画になってしまう恐れがあります。「組み立て方」編や「メンテナンス法」編のようにテーマ別に絞り、必要であればテーマごとに複数の動画に分けてみましょう。そうすれば1本1本のHow-To動画が差別化され、消費者がどの動画を見れば問題が解決するのかがわかりやすくなります。

動画をみつけてもらいやすくする

ユーザーのフォローを増やしたり販売促進を行なったりするためには、制作したHow-To動画をみつけてもらいやすくする工夫も重要です。また、動画から購入につながるケースもあります。自社ウェブサイトでの配信はもちろんのこと、YouTubeやSNSなどにも投稿して、How-To動画の存在をできるだけ多くの人に知ってもらうきっかけを増やしましょう。YouTubeやSNSでは、シェアされることでより多くの人の目に留まりやすくなります。

How-To動画の活用事例

優れたHow-To動画の条件を知ったとしても、具体的なイメージがないと制作するのは難しいこともあります。そこで、この段落では映像制作プラットフォームCrevo(クレボ)で制作したHow-To動画の事例を紹介していきます。

クラウド人事労務ソフト「SmartHR」チュートリアル動画

出典:Crevo制作実績

クラウド人事労務ソフト「SmartHR」のチュートリアル動画は、効果的にテロップを使っている代表的な例です。こちらのHow-To動画にはナレーションが入っておらず、吹き出しが代わりに使われており、実写とアニメーションが組み合わせた訴求を行なっています。吹き出しによる親しみやすい表現手法が、サービスの流れや利用者の気持ちを適切に伝えているといえるでしょう。また、サービスの説明だけではなく、実際に使っているシーンを盛り込むことでも、サービスの実際の使用イメージを高めることに成功しています。

経費精算システム「マネーフォワードクラウド経費」サービス紹介動画

出典:Crevo制作実績

経費精算システム「マネーフォワードクラウド経費」では、実写とアニメーションを織り交ぜています。それぞれのステップごとに特徴をシンプルにまとめており、またサービスの説明も簡潔にまとまっているため、徹底的に消費者目線で制作されたことがわかります。「シンプルイズザベスト」という言葉があり、この動画はまさにシンプルさの持つ魅力を最大限に引き出しているといえるでしょう。

「ステンレス製結束バンドの専用工具」使用方法説明動画

典:Crevo制作実績

「ステンレス製結束バンドの専用工具」のHow-To動画では、実際の使用方法を説明する動画として優れた特徴を持っています。こちらの動画では音を極力なくすことで、画面に集中させる手法が取られています。また、製品を間違えた使い方で使用してしまった場合の対処法もわかりやすく説明しているのも特徴です。このため、消費者に安心感を与えることにも成功しています。

How-To動画で顧客満足度を向上させよう

How-To動画の基礎は、顧客目線でわかりやすく作ることです。販売促進などの効果につながるHow-To動画を制作するなら、制作実績が豊富なプロに頼むのがおすすめです。CrevoではHow-To動画も数多く手がけております。人の目に留まるHow-To動画を手に入れて、顧客満足度の上昇や売り上げ向上につなげていきましょう。

Crevoの関連サービス

マニュアル・How-Toの動画制作・映像制作

 

関連記事