動画制作・動画マーケティング専門メディア「VIDEO SQUARE(ビデオスクエア)」

動画制作・動画マーケティングに関するノウハウや事例などを紹介するニュースメディア

商品説明で動画を活用するメリットは?利用シーンや制作のポイントも解説

リセッシュ消臭ストロングの利用シーン

自社商品を説明するシーンでは、動画を活用する方法があります。動画は映像と音声の2つの側面から視聴者に訴求できるため、高い効果が期待できます。しかし、単に商品説明動画を作れば良いというわけではなく、きちんとポイントを押さえなければなりません。この記事では、商品説明で動画を活用するメリットや、参考動画の実例を紹介していきます。

商品説明の動画の種類

商品説明動画にはいくつかの種類があります。ここでは、代表的な2つのタイプについて紹介していきます。

使い方の説明動画(ハウツー動画・マニュアル動画)

使い方の説明動画では、商品の具体的な使用や利用の方法を伝えられるメリットがあります。動画内で実際に利用しているシーンを具体的に盛り込んだ「ハウツー動画」を活用することで、視聴者は商品を使うイメージがわきやすくなります。また、使い方の先にある「楽しい」「快適」といった感情も表現することで、視聴者の共感を得ることもできるでしょう。

また、実際に購入した視聴者向けに細かな使い方を説明した「マニュアル動画」も商品・サービスの理解促進をするうえで重要です。マニュアル冊子だと、分厚く読むことが億劫になるデメリットがある部分を動画だとピンポイントに手順を確認することができ、視聴者のストレスを軽減することができます。

仕様・性能の説明紹介動画

動画は基本的に、商品の仕様や性能について具体的に説明しやすいのが特徴です。音や動きを使うことで、性能などを言葉に置き換えなくても容易に伝えることができます。また、商品の強みやポイントを強調して伝えるなど、見せ方を工夫できるのもメリットです。

商品説明の動画の利用シーン

商品説明の動画には、どのような利用シーンが考えられるでしょうか。ここでは、4つのパターンについて説明していきます。

イベント・商談での商品説明で利用する

イベントや商談では、限られた時間で商品をアピールする必要があり、効率よく正確に説明することが求められます。そのような場合でも、動画を活用することで効率良く商品の魅力を伝えることができます。また、商品によっては実物をイベント会場に持ち込めないケースもあり、その場合には相手が商品をイメージしにくい可能性も高くなるでしょう。動画には営業ツールとしての役割もあるので、こうした時に活用すれば、相手に具体的な商品のイメージを持ってもらうことができます。

店頭で動画を配信する

店頭でデジタルサイネージを利用して、動画を配信することも可能です。店頭で動画を流すことで、すでに商品への関心がある程度高い視聴者の興味をさらに引くことができます。動画では使用シーンも紹介できるので、パッケージだけでは伝えきれない商品の魅力を、動画を通して訴求できるのがメリットです。

SNSでのプロモーションで利用する

動画をSNSプロモーション用に使うことで、爆発的に拡散される可能性もあります。SNSでの拡散はユーザーが行うため、低コストで効果の大きい宣伝が期待できるでしょう。動画をSNSに投稿する際は、商品の世界観とマッチしたSNSを利用することも重要です。たとえば、若い女性向けの商品であればInstagramのユーザー層と合致し、中年男性向けであればFacebookがマッチするでしょう。SNSでプロモーションをする場合の注意点に、セールス色の強い見せ方は好まれない点が挙げられます。商品説明動画の場合もストーリー性を重視するなど工夫が求められます。

ウェブサイトにて背景動画として利用する

ウェブサイトの背景動画として動画を掲載することで、商品の世界観を存分に表現することができます。また、サイトの背景に動画を持ってくることで、印象深くインパクトのあるページを作ることも可能です。サイズや配置などを工夫すれば、デザイン性に優れ、かつ訴求力の高いサイトができるでしょう。

商品説明において動画を活用するメリット

商品説明動画のメリットには具体的に何があるのでしょうか。ここでは、動画を活用する2つの代表的なメリットを紹介していきます。

商品の購入につながりやすい

動画を活用することで、パンフレットや説明書だけでは伝えきれない商品の魅力を発信できます。映像は受動的に情報を手に入れられる手段なので、視聴者にとってストレスが少ないのが特徴です。さらに、実際に商品を使ったイメージを持ちやすく、疑似体験がしやすいのも特筆すべき点といえるでしょう。動画は視聴者の感情を動かし、商品の購入へと誘導する効果的なツールなのです。

不安や疑問の解消につながる

商品に対して「本当に使えるものなのか?」「役に立つのか?」といった疑問や不安を抱える人もいます。動画で事前に使い方を説明したり、よくある質問特集FAQのような内容を発信したりすることで、購入前の不安や疑問の解消につなげることができます。

商品説明の動画事例

商品説明動画の事例を見ていきましょう。動画制作サービスのCrevo(クレボ)の制作実績を5つ紹介していきます。

業務用消臭ストロングシリーズ

出典:Crevo制作実績

「業務用消臭ストロングシリーズ」の消臭効果と活用場面をテーマにした本動画は、消費者の理解促進を高めることを目的としています。現場の具体的な状況や悩みを例に取り上げ、商品の働きや効果などをわかりやすく説明しています。ストーリーは問題を解決していく構成で、リアリティがあるのが特徴です。アニメーションやゆっくりとしたナレーションを使って、全体的に柔らかく表現されています。

シャープペンシル「オレンズ」

出典:Crevo制作実績

Instagram広告用に作られたこちらの動画は、媒体の特徴に合わせた事例といえます。SNSのフォロワー数が多い人気高校生モデルの莉子さんをキャストに迎え、Instagramのカラフルでポップな世界観にあわせて制作されています。「#莉子の1日」というタイトルで「オレンズ」を使う日常を紹介し、本SNSのストーリーに流れても自然なプロモーション動画となっています。

スキンケア美容家電「LUNA mini2」

出典:Crevo制作実績

店内のデジタルサイネージ用のプロモーションとして作られた本動画は、商品の使い方をステップごとに紹介しています。実写映像をメインにしながら、アニメーションで補足することで商品の魅力をわかりやすく訴求しているのが特徴です。店内では音が出せないこともある可能性を加味し、本動画ではナレーションを一切カットしてテロップのみで情報を伝えており、動画を利用する状況をふまえて制作されています。

子供向けプログラミング教育サービス「embot」

出典:Crevo制作実績

ウェブサイトの背景動画としての活用を想定した本動画では、「embot」を体験する3人の子どもたちにスポットを当てています。どのような形でダンボールやタブレットの操作がプログラミングの学習につながるのか視覚的に紹介しながら、子どもたちの表情にもカメラを向けています。単に商品を見せるだけではなく、共感を呼ぶよう考えられた構成は視聴者にとって大いに参考になるでしょう。

マルイのラクチンきれいパンツ

出典:Crevo制作実績

「マルイのラクチンきれいパンツ」の商品紹介動画では、「すべての人にぴったりのサイズを。」というコンセプトを表現するために、体型の異なる3人の女性をキャスティングしています。サイズ展開や商品ラインアップの豊富さを間接的に紹介し、宣伝臭を極力抑えているのが秀逸です。特に、アパレルの場合は、映像を使うと着用イメージがわきやすいので、高い訴求力が期待できます。

制作会社に商品説明の動画制作を依頼するときのポイント

ここでは、制作会社に商品説明の動画制作を依頼するときのポイントについて見ていきましょう。

商品動画の活用目的を明確にしておく

商品動画は、SNSでのプロモーションや商談、店頭での配信などさまざまなシーンで利用できます。また、利用シーンによっても最適な動画の時間やサイズも異なるので、事前に商品動画の活用目的を明確にしておく必要があります。たとえば、スマートフォンで見ることが多いSNS用か店内用かでは、構成や見せ方は大きく異なるでしょう。

効果音やストーリーなど演出にもこだわる

動画で使い方や特徴を淡々と説明するだけでは、商品の魅力を伝えることは難しいでしょう。効果音やストーリーなど演出にもこだわることで、商品の世界観を表現しやすくなります。また、展示会においてもBGMを活用することでより動画の存在に気づいてもらいやすく、ほかとの差別化を図れる効果も期待できます。

長期的な視点で動画制作を依頼する

動画の配信は1度だけでなく、定期的に行うことで顧客の満足度向上につなげられるようになります。継続的な動画配信の内容には、購入後のフォロー動画やリピーター向けの新しい情報が適しています。シリーズ商品がある場合は、関連付けたシリーズ動画を制作することもおすすめです。

動画で魅力的な商品説明を

商品説明において動画を活用することで、より視聴者に商品の魅力を伝えられるようになります。構成や利用する環境を考えて作ることで、効果の出る動画が手に入れられるでしょう。動画制作サービスのCrevoでも、商品説明の動画制作を数多く手がけおり実績が豊富です。動画制作サービス選びには信頼が欠かせない要素なので、実績の豊富なCrevoに相談してみてはいかがでしょうか。

動画制作サービスのCrevo

Crevoのプロデューサー
VIDEO SQUAREを運営するCrevo(クレボ)では、数多くの動画制作・映像制作にたずさわっています。国内外約5,000名のクリエイターネットワークを活かし、ご依頼ごとに最適な専属チームを作ります。また、はじめての動画制作でも安心のサポート体制が整っています。動画制作・映像制作ご検討の方はぜひお問い合わせください!

Crevoで動画制作・映像制作がしたくなったら…

・無料相談・お見積りはこちら

・資料ダウンロードはこちら

Crevoの関連サービス

商品説明・紹介の動画制作・映像制作

関連記事