動画制作・動画マーケティング専門メディア「VIDEO SQUARE(ビデオスクエア)」

動画制作・動画マーケティングに関するノウハウや事例などを紹介するニュースメディア

ウェブサイトにもっと動画を取り入れよう!具体的な活用方法をご紹介

ウェブサイト掲載動画のワンシーン

インターネットの通信環境は日を追うごとに整ってきており、5G時代が一般的になる日ももうすぐです。5G時代が到来すると、ウェブサイトに動画を掲載してもストレスなく見られるようになるので、動画マーケティングにとっても大きなチャンスであるといえるでしょう。ウェブサイトで動画を利用する手法にはさまざまなものがあるので、それぞれをきちんと理解することが大切です。そこでこの記事では、ウェブサイトをより効果的なものにするためにはどのような動画活用法があるのかを紹介していきます。

ウェブサイトでの動画活用法と効果

ウェブサイトで動画を活用する手法は複数あるため、どれが良いのかわからないという人も多いのではないでしょうか。ここでは、高い効果が期待される3つの方法について詳しく説明していきます。

メインイメージとしての動画活用

ユーザーが最初にアクセスするウェブサイトのトップページなどのランディングページでは、メインイメージとして動画を活用することができます。その際の活用方法と効果について見ていきましょう。

活用方法

ウェブサイトのメインイメージとして動画を使用する際は、ファーストビューに大きく表示するのがおすすめです。ファーストビューとは、ユーザーが最初に目に触れる部分のことです。できるだけ画面いっぱいに動画を配置することでインパクトの強いページにもなります。活用法としては「ブランドイメージを伝える」「世界観を伝える」など具体的なサービス内容の細々とした説明動画よりもコンセプトやイメージ重視の動画を活用するのがポイントとなります。大きな画面の動画は臨場感やダイナミズムを伝えるのに適しているので、これらの効果も狙えるようなものを制作するのがコツです。

効果

ウェブサイトにはいわゆる「3秒ルール」と呼ばれるものがあります。これは、サイトを訪れたユーザーは3秒見ただけで引き続き滞在するか離脱するかを決めてしまうことが多いためです。したがって、ファーストビューとなるメインイメージに動画を活用すると、ユーザーの興味を引くことに成功し、離脱率を下げる効果を期待できます。「3Vの法則」と呼ばれるものもあり、こちらは言語情報「Verbal」、聴覚情報「Vocal」、視覚情報「Visual」の3つを表しています。この中で最も人の記憶に作用するのが視覚情報で、全体の55%を占めるとされているため、動画制作の際はとりわけビジュアル面に気を使うことも重要なポイントです。再生してもらえるようにサムネイルも魅力的なものにすることが求められます。

コンテンツとしての動画活用

続いて、動画の内容についても見ていきましょう。ここでは、コンテンツとしての動画の活用方法とその効果について説明していきます。

活用方法

コンテンツとして動画を使用する際は「商品・サービスの紹介」「上手な使い方」「メンテナンス法」「ユーザーインタビュー」などの活用法が考えられます。どれを選ぶかは、まず視聴者に動画を通じてどのような行動をとってもらいたいかを明確にすることがポイントとなります。資料請求や認知度拡大が目的なら商品の紹介動画になりますし、商品を購入してほしい場合はハウツー動画やユーザーの感想を述べた動画なども効果的でしょう。あるいは、ウェブページの内容に関連して視聴者がもっと知りたいと思われることにスポットを当てたコンテンツの動画も、ページの質を上げるために役立ちます。

効果

コンテンツとして動画を活用すると、商品の良さを感性と理性の両面からユーザーに印象付けられるので、購買意欲を高めるのに効果的となります。映像は文章や画像よりも情報量が多いため、短時間で効率的に魅力をアピールするのに優れています。また、ウェブサイトに動画を掲載すれば、営業先で営業ツールとしても使えるといったメリットもあるでしょう。動画のクオリティが高ければ、それを掲載している自社サイトのクオリティも上げられるので、営業先に好印象を与えられる可能性も高くなります。

背景としての動画活用

ウェブサイトの背景として動画を使用するアイデアにも注目していきましょう。ここでは、背景動画の活用方法と効果について詳しく説明していきます。

活用方法

背景として動画を使用する際は「商品やサービスの使用イメージを伝える」という活用法があります。これは、メインにするほどでもないものの、さりげなくアピールしたい場合に有効な手法です。同様に「店舗や施設の雰囲気を伝える」「コンテンツに付加価値を与える」などの活用法でも、控えめでありつつもユーザーの目を引きたいときに使えます。画像よりも訴求力が高い動画を背景に活用すると、ユーザーを3秒以上ウェブサイトに滞在させることがより容易になるでしょう。

効果

背景に動画を使用することで、コンテンツとしてアピールしなくても、商品の使用イメージやお店の雰囲気をさり気なく伝えることが可能となります。ユーザーの中には、あからさまな広告を嫌う人もいるかもしれません。宣伝広告にポジティブなイメージを持ってもらうためにも、宣伝臭を極力抑えたさりげなさが、逆にマーケティングにおいては効果的なこともあるのです。

動画を活用しているウェブサイトの事例

動画を上手に活用すればウェブサイトのクオリティは上がりますが、うまく利用できなければ逆効果になる可能性もあります。そこでここでは、動画の活用が最適に行われているウェブサイトの事例を紹介していきます。

メインイメージとしての動画活用「Flic360Make」

出典:Crevo制作実績

動画制作サービスのCrevo(クレボ)の手がけたアニメーション動画の事例を見ていきましょう。VRクリエイターツール「Flic360Make」の世界観を表現した本動画は、テンポのよいアニメーションとそれに合うBGMが、360度を映す世界のワクワク感を表現しています。こちらは1分ほどの短い動画であるものの、ストーリー性のある構成が特徴的です。動画の前半では商品の魅力が、後半では商品の詳しい説明や活用法が解説されており、最後まで視聴してもらえるように工夫がなされています。ウェブサイトへの掲載では、本動画がトップページのヘッダーの位置に配置されています。これは、パソコンでもスマートフォンでもファーストビューに来る位置であり、動画を適切にサイトに掲載した好例といえるでしょう。

コンテンツとしての動画活用「メチャカリ」

出典:Crevo制作実績

「メチャカリ」のよくある質問に対する答えとして作られた本動画コンテンツも、Crevo制作実績のひとつです。こちらもアニメーションをペースとしており、25秒という短時間でサービスの魅力と質問への回答を織り交ぜた優れた1本です。本動画が掲載されているメチャカリのウェブページでは、シンプルに「すべて新品ですか?」という質問と本動画、数行のテキストによる回答の3つの要素で構成されています。わかりやすく無駄のないウェブページとして、ページの価値を高めています。

背景としての動画活用「embot」

出典:Crevo制作実績

「embot」の動画もCrevoの制作実績です。体験する3人の子どもたちにスポットをあてており、サービスの持つワクワク感を子どもたちの表情を通して生き生きと描いています。また、実際に子ども達が遊んでいる姿を盛り込むことで、購入後の具体的なイメージをさせやすくする見せ方になっています。

ウェブサイトでの活用をふまえて動画を制作しよう

ウェブサイト用の動画は、活用法やサイトデザインのトーンなどによっても内容を変えることが求められる繊細なものです。ただ作って掲載すれば良いというものではないので、ウェブサイト用動画を制作する場合は、実績と知識が豊富なプロに頼むことも視野に入れましょう。動画制作サービスのCrevoでも、多くのウェブ掲載向け動画を手がけている実績があります。ウェブサイトをトータルコーディネートして、より訴求力の高いマーケティングを具体化していきましょう。

動画制作におすすめのCrevo

CrevoのプロデューサーVIDEO SQUAREを運営するCrevo(クレボ)では、数多くの動画制作・映像制作にたずさわっています。国内外約5,000名のクリエイターネットワークを活かし、ご依頼ごとに最適な専属チームを作ります。また、はじめての動画制作でも安心のサポート体制が整っています。動画制作・映像制作ご検討の方はぜひお問い合わせください!

 Crevoの関連サービス

アニメーション動画制作・映像制作

実写動画制作・映像制作

関連記事