動画制作の企画の重要性や考えるポイントをご紹介

動画制作の企画の重要性や考えるポイントをご紹介

動画制作において、メッセージを伝えるうえで企画はとても重要な役割を担います。しかし、どのような点に注意して企画すれば良いのか、悩む人も多いのではないでしょうか。そこで、企画段階で考えるべき動画制作のポイントを紹介します。

動画制作における企画の重要性

動画制作における企画とは「目的や目標を達成するための手段を考えること」と言えます。企画をよく練ることで、ユーザーに対してより印象に残る動画を作ることができるようになります。しかし、いくら企画を練りこんだとしても、伝えたい情報を盛り込みすぎたり、ターゲットを意識せず制作してしまったりすると、伝達力が乏しい動画になってしまうので注意が必要です。企画の際には動画を制作する目的やターゲットを意識した構成になるよう工夫することが大切です。

動画制作の企画で考えるべき5つのポイント

動画制作において、企画段階で考えるべきポイントにはどのようなものがあるのでしょうか。ここではポイントを5つに絞って解説していきます。

目的

動画を作る目的を明確にすることは、企画を練るうえで最も重要な点です。目的と言っても、単に「多くの人に見てもらえるもの」など抽象的なものではなく、できるだけ具体的なものを設定することが大切です。目的の例としては「企業ブランドイメージを向上させる」「サービスの認知度を上げる」「キャンペーンを知ってもらう」などがあります。また、さらに踏み込んで「商品を買ってもらう」ところまでを意識することで、動画の方向性がより明確となるでしょう。

背景

動画制作に至るまでの背景も明確にしておきましょう。商品の認知向上を目的とする動画なら、これまでの施策にどのような課題があり、なぜほかの手法でなく動画を用いるのかといった点を整理しておくことが大切です。動画制作に至るまでには、ウェブサイトやチラシなどを制作してきた過去があるかもしれません。テキストだけでは伝えきれない部分が明確になれば、動画で何を重視すべきかがわかりやすくなり、企画を考えるときにも方向がブレにくくなります。

ターゲット

動画を見てもらいたいターゲットを具体的にイメージしペルソナを設定することでも、強いメッセージ性のある動画を制作できるようになります。ターゲット像を考える際には、ほぼ無限に観点があるといっても過言ではありません。しかし、その中には、いくつかの外してはならない重要な点もあるので押さえておきましょう。まず「年齢」と「性別」は、動画の方向性を絞り込むためにとても重要な要素です。ここを見誤ると見てもらいたいユーザーに動画が届きにくくなります。

また、ペルソナの「関心」や「悩み」にはどのようなものがあるのかを考えることも大切です。関心や悩みはサービスおよび製品の需要につながります。ペルソナの「職業」「住んでいる場所」も考えておくと、より具体的なアプローチができます。さらに「家族構成」を考慮することも大切です。たとえば、高齢者向けのサービスに関心があるのは必ずしも高齢者本人だけとは限りません。その子ども世代がサービスを知ることで利用につながるケースも多いです。最後に、スマートフォンやPCなどの使用状況も動画を作成する際には重要となります。スマートフォンは画面が小さく、長時間の視聴には向かない性質があります。また、容量の問題もあるので、スマートフォンかPCかは、実は大きな問題となるのです。

動画の用途

動画はどこに掲載されるかで、ターゲットに届きやすいかどうかが決まります。掲載先としては、自社ウェブサイトやテレビCM、Facebookなどの公式SNS、GoogleやSNSの動画広告などがあるでしょう。制作した動画をどこに掲載すると効果が高いのかをよく考えることで、ベストな掲載先が絞られます。また、掲載先によって適した動画の演出や長さ、編集、出演者の調整といったものも可能となります。

動画の雰囲気

ターゲットが共感できる内容や好感を持ちそうな演出など、ペルソナが興味を惹くような雰囲気の動画を意識することも企画段階で行いましょう。具体的なイメージがあるなら、写真やイメージ画像を企画書に用いると、企画側と制作側で認識のズレを減らすことができます。実例として、丸井社の「ラクチンシリーズ」を見てみましょう。

出典:Crevo制作実績

3人の個性が異なる女性を登場させることで、幅広いターゲットに親近感を持ってもらえるような工夫がされています。

用途別で見る動画制作の企画を成功に導くコツ

どのような動画を制作するかによって、企画において気を付けたいポイントは異なります。この段落では、制作する動画の種類別にポイントを解説していきます。

会社紹介

会社紹介の動画は、営業やイベント、ウェブサイトに掲載するなど幅広く活用できるのが特徴です。企画のポイントとしては、自社の商品やサービスの強みを紹介したり、他社と違う魅力を訴求したりする点が挙げられるでしょう。グラフなどを利用すれば、自社サービスの優位性がわかりやすくなります。ただし、同じ動画を何年も使い続けることは会社のイメージダウンにつながるおそれがあるため、2年~3年ごとに動画を最新のものに変えることを前提にするのがおすすめです。

HIROKEN社の動画は、自社紹介にグラフを効果的に用いている好例です。

出典:Crevo制作実績

サービスの内容だけではなく会社の歴史にも触れることで、親しみやすさを演出しています。

採用サイト

採用サイトに使用する動画を制作する場合は、自社サービスを紹介する動画とは企画ポイントが大きく異なります。求職者や学生がどのような職場で働きたいと思っているかを把握して、魅力的に映るポイントを絞ってアピールすることが大切です。具体的には、職場の雰囲気や仕事内容の理解につなげるために、社員の一日に密着するという内容も有効でしょう。また、入社後先輩や上司になり得る人のインタビューを行い、部署の雰囲気や出世イメージを伝えることも表現手段のひとつです。さらに、会社の良いところだけではなくできるだけ課題がまだ残るところも包み隠さず伝えることで、入社後のギャップを減らすことが期待できます。

テレビCM

ユーザーを惹きつけるCMを企画するポイントとして、気をつけたいこととは何でしょうか。情報量を増やしてメリットを強調しすぎると、商品の理解は進むものの、押しが強い印象を受けやすいので注意が必要です。逆に、おしゃれで洗練されているCMは商品情報が少ないですが、会社の印象を残すことにつながります。たとえば、HuluのテレビCM動画は情報量のバランスが絶妙です。

出典:Crevo制作実績

アニメーションのインパクトがありながらも最小限の説明に抑えているため、全体的にうるさくなくすっきりと見られるのが特徴です。テレビCMのブランディングをするならイメージに合ったタレントなどを起用し、ポスターやチラシをテレビCMと併用して相乗効果を狙うことも大切です。何を重視するかによって、動画の雰囲気は大きく変わることを覚えておきましょう。

セールス・実演販売

商品やサービスの購入につなげることを目的とする動画は、文字だけでは伝わりきらない、商品を使用しているイメージが想像させられるものを目指すことがポイントです。商品を購入することで得られるメリットを訴求したり、ターゲット別に訴求ポイントを変えたりして、さまざまな角度から魅力をアピールしましょう。他社より優れているところを具体的に示すことで差別化を図り、自社商品の購買欲を高めます。大日本印刷の家計簿アプリ「レシーピ!」の動画は、簡単に家計簿がつけられることを具体的なやり方とともに紹介している例です。

出典:Crevo制作実績

子どもを起用することで、さらにアプリの利用が容易であることを強調しています。

企画からサポートしてくれる動画制作会社を選ぼう

動画制作においては、「動画制作の企画で考えるべき5つのポイント」や「用途別で見る動画制作の企画を成功させるコツ」で紹介したことに加えて「商品サービス購入に導く工夫」「SEO対策」も重要なポイントとなります。こういった専門的な分野も動画の企画には必要となりますが、初心者にとっては難しいと感じられるかもしれません。訴求力の高い動画を制作するためには、プロに依頼し、一緒に作っていく進め方がおすすめです。

Crevoの関連サービス

採用動画制作

テレビCM・プロモーション動画制作

商品説明・商品紹介動画制作

サービス紹介動画制作

関連記事