動画制作・動画マーケティング専門メディア VIDEO SQUARE『ビデオ スクエア』

動画制作・動画マーケティングに関するノウハウや事例などを紹介するニュースメディア

5分でわかる!動画をBtoCマーケティングに活用するメリットと活用事例

5分でわかる!動画をBtoCマーケティングに活用するメリットと活用事例

商品やサービスの販売促進といったBtoC(Business to Customer)の一般消費者向けマーケティングに、動画を活用したいと考えている方も多いのではないでしょうか。BtoCマーケティングにはさまざまな手法があり、動画活用はその中の一つです。そこで、この記事では、動画を活用するメリットと動画を制作する際のポイントについて紹介していきます。

動画を活用したBtoCマーケティングとは

すでにBtoCマーケティングを実施していても、動画を使ってのマーケティングを行ったことがないという方もいるのではないでしょうか。ここでは、動画を使ったBtoCマーケティングの基礎や役割について説明していきます。

BtoBマーケティングとの違い

マーケティング手法には、BtoB(Business to Business)というものもあります。BtoCとの違いとして挙げられるのは、BtoCマーケティングのターゲットは個人の一般消費者であり、企業などではない点です。個人と企業などの違いは、個人の場合は商品やサービスの検討期間が短く、すぐに購入してもらいやすい傾向があります。例えば、日用使いの商品やサービスでは、スピーディーに購入されることが多い傾向にあります。また、個人の顧客はブランドの認知度が購買行動に影響しやすい点もBtoBとの違いです。このため、BtoBでのマーケティング手法は、必ずしもBtoCに応用できるわけではありません。

動画の役割

前述のような特徴のあるBtoCマーケティングでは、とりわけ企業や商品・サービスの認知度を高めることがポイントで、それらを理解あるいは共感してもらうことが大切となります。この理解・共感を促進するのが、BtoCマーケティングに求められる動画の役割の一つなのです。

また、動画ではテキストや写真のみと比べてメリハリをつけて情報を伝えることができ、よくあるお客様からのお問い合わせ内容を盛り込むことで、オンライン販売の割合を高めることもできます。オンライン販売の割合が高くなった分、電話対応の負荷が減るという効果も期待できるので、動画はビジネスにおいては有用なツールといえるでしょう。

動画を活用するメリット

BtoCマーケティングで動画を活用するメリットとして押さえておきたいのは、まず商品の価値や利点をわかりやすく訴求できる点です。視覚と聴覚に訴えかける動画は、1分間で3,600ページ分の情報量に匹敵するといわれています。(MAG BOXIL調べ)テキストだけの情報と比べると、動画は視聴者にとって簡単に情報へアクセスできます。尺が短くても多くの情報を素早く届けることができるので、購買行動の促進につなげられます。また、動画の強みとして、音と映像を使ってアピールすることでターゲットの興味を引きやすいことも挙げられます。情報が溢れている今日において、いかに顧客の目を留められるかは重要なポイントです。動画を使って他の情報と差別化を図ることは、ビジネスを成功させるための重要な要素となります。

動画の活用シーン

BtoCマーケティングで動画を活用するシーンとして、主に「テレビCM」「自社ウェブサイト」「SNS・動画投稿サイト」「店頭」があります。動画広告は動画投稿サイトなどでよく見られるもので、基本的に動画を視聴することに抵抗がない方々に向けたものになります。視聴者が再生ボタンをクリックすることなく再生が始まるので、画面に注目する機会が必然的に多くなるのが特徴です。ウェブサイトへの掲載は、単調になりがちな商品やサービスのページにメリハリを生み、かつわかりやすく情報を伝えることに優れています。また、SNSはBtoCとの親和性が高く、個人のつながりで情報が伝播されるメリットがあります。さらに、店頭で動画を流すと顧客の商品などへの理解が深まり、購入に結びつきやすくなることが多いです。

BtoCマーケティング用の動画制作のポイント

効果的な動画を制作するのは、一朝一夕では難しいのが現実です。この段落では、BtoCマーケティング用の動画制作のポイントを3つに絞って解説していきます。

ゴールを設定する

BtoCマーケティングに使用する動画を制作する際には、その動画でどんな目的を達成するかというゴールを設定するのが重要です。ゴールとは、動画をどう作るのかではなく、その動画で何を達成したいのかの目標のことを指します。それが販売促進なのか、商品などへの理解や共感を促す目的なのかによって、動画の内容や見せ方は変わってきます。そのため、動画を企画する段階からゴールについて考えることが大切です。

「誰に」「なにを」訴求するのかを明確にする

BtoCでは、とりわけ「誰に」「なにを」訴求するのかを明確にすることが大切です。動画を視聴してもらうターゲットを設定し、アピールする内容を明らかにするのが、動画制作においては肝となります。ターゲットについては、ペルソナを設定するなど、できるだけ詳細に絞り込んで設定するのがポイントです。年齢や性別はもちろんのこと、既婚か未婚か、子どもはいるか、どの地域に住んでいるのかなど、さまざまな方向からターゲットをイメージしていきましょう。

ストーリー性をもたせる

BtoCマーケティング動画では、内容にストーリー性を持たせることも重要です。とりわけ、SNSや動画サイトに掲載する場合は、最初の数秒でのつかみが大きなポイントとなります。最初の数秒で興味を持たせることに成功させられれば、おのずと視聴し続けてくれるものです。また、同じストーリー性を持たせるにしても、視聴者を飽きさせないための工夫も重要です。1話完結型が良いのか、続きがあるように思わせるほうが良いのか、動画の内容や何を訴求したいのかとのバランスを考えて決めるようにしましょう。

BtoCマーケティングの動画事例紹介

ここで、BtoCマーケティングに適した動画の参考例を見ていきましょう。映像制作サービスのCrevo(クレボ)で制作された事例を3つ紹介していきます。

老人ホーム検索サイト「LIFULL介護」プロモーション動画

出典:Crevo制作実績

老人ホーム検索サイト「LIFULL介護」のプロモーション動画では、どの年代に訴求するかのターゲットを明確化しています。視聴者の多くは介護が必要な世代とその子ども世代であり、高齢者向けとして字幕がつけられています。登場人物の高齢女性は動画内でいくつかの希望を伝え、その望みが最後のシーンでかなっていることを思わせるストーリーとなっています。実際の利用シーンを再現しており、より視聴者が親しみを持ちやすくなるよう工夫されています。

家計簿アプリ「レシーピ!」紹介動画

出典:Crevo制作実績

家計簿アプリ「レシーピ!」のアプリ紹介動画では、30秒という短い時間の間に、レシーピ!がない生活とある生活の差をストーリーで明確に表しています。また、家計簿アプリを紹介する主人公が少女という意外性も、視聴者に関心を抱かせる効果を出しているといえます。女の子を使用している理由は、レシーピ!のサービスは手軽であることを示すためです。ターゲットを家計簿アプリを使用する世代に絞っているからこそ、ビジョンが明確な動画を作ることができるのです。

「スイッチ円定期預金」概要説明動画

出典:Crevo制作実績

「スイッチ円定期預金」の概要説明動画です。文字のみによる説明だと難しく感じる金融商品ですが、手書き風の優しいテイストのアニメーションを活用することで堅いイメージを和らげならわかりやすく商品を説明しています。

BtoCマーケティングに使用する動画は質にこだわろう

BtoCマーケティングに使用する動画は、その内容やクオリティによって成果が大きく異なります。そのため、単に動画を制作するだけでは、マーケティングを成功させることは難しいといえるでしょう。BtoCマーケティングを成功させるためには、実績が豊富で信頼できる制作会社に依頼するのがおすすめです。先ほど紹介した動画を制作したCrevoでも多くの制作実績があります。訴求力の高い動画を求めているなら、一度プロに相談してみましょう。BtoCマーケティングを活用し、より円滑なビジネスを実現していきましょう。

Crevoの関連サービス

商品説明・紹介の動画制作・映像制作

サービス紹介の動画制作・映像制作

アプリ紹介の動画制作・映像制作

ゲーム紹介の動画制作・映像制作

 

関連記事