動画制作・動画マーケティング専門メディア「VIDEO SQUARE(ビデオスクエア)」

動画制作・動画マーケティングに関するノウハウや事例などを紹介するニュースメディア

ブランディングには動画が効果的?動画を活用するメリットと成功のポイント

ギャル2人組

企業の商品やサービスのブランディングを高めるための手法のひとつが「動画」の活用です。実際に多くの企業がブランディング動画を制作し、商品やサービスの好意度や認知度の向上につなげています。この記事では、企業のマーケティング担当者であれば知っておきたいブランディング動画の概要やメリットについて詳しく紹介します。

ブランディング動画とは

ブランディング動画とは、視聴者に企業の商品やサービスに対して信頼や安心感を持ってもらうことを目的とした動画であり、直接的に販促を狙うものではありません。ブランディング動画にこうあるべきといったひな形はなく、企業が視聴者にどんな印象を与えたいかによってブランディング動画の内容や見せ方は異なります。

ブランディングで動画を活用する理由

ブランディングとは、対象に対する価値観やイメージのことであり、目に見えて形があるわけでありません。こうした抽象的な概念を文字や画像だけで伝えるのは難しく、魅力が十分に伝わらなかった結果、ブランディングに失敗してしまう可能性もあります。一度ブランディングに失敗した商品やサービスには、ネガティブなイメージがついてしまうケースがあり、そうなると販売活動においてもネガティブな影響を与えてしまう可能性があります。その点、多くの要素を盛り込むことができ、さらに直感的に伝えられる動画は、ブランディングを訴求するのに適しています。内容や見せ方には細心の注意を払う必要がありますが、動画にすることで視聴者もより理解しやすくなります。

ブランディング動画のメリット

ブランディング動画を活用することで期待できる4つのメリットについて紹介します。

視覚・聴覚の両方に訴えかけられる

まず、動画は静止画の文字や画像と異なり、動きがあるため豊かな表現が可能です。また、文字や画像では、視覚を通じての訴求しかできません。一方、動画では、視覚と聴覚の両方に訴えかけることができるため、表現の自由度の幅が広がります。映像に適した音楽・BGM・ナレーションを加えることで視聴者を動画の世界に引き込みやすくなります。

SNSなどでの拡散も狙いやすい

次に、動画はSNSとの相性も抜群です。視聴者に面白いと思ってもらえるような企業独自のユニークな動画を制作したことで、SNSで爆発的に拡散された例も多くあります。世界中にユーザーがいるSNSで拡散されることで、より多くの人に動画を見てもらうことができれば、商品やサービスの認知度向上にもつながります。特に、視聴者を引き込みやすいのはストーリー性のある動画です。さらに、共感や感動を得ることができた動画は拡散されやすくなります。

短時間で情報を伝えられる

そして、短い時間でメッセージを訴求できるのも動画ならではの強みです。文字情報だけでは、商品やサービスの魅力を伝え、さらに正しく理解してもらうには、読み手はじっくり時間をかけて読む必要があり、時間がかかる場合があります。しかし、動画であれば動きのある画像と音の両方から訴求ができるため、より短い時間で豊富な情報を届けられます。言葉で具体的に表現しにくい付加価値やコンセプトについても、直感的に伝えることが可能です。

BtoB企業でも活用しやすい

動画はBtoB企業にとっても便利なツールです。BtoB企業では、無形商材や精密機器といった複雑な説明を要する商品やサービスも扱うこともありますが、動画はそれらの説明にも適しています。動画であれば、文字情報や口頭での説明だけでは伝えにくい無形商材や精密機器などの特徴やユーザーベネフィットを直感的にわかりやすく伝えることが可能です。

ブランディング動画の事例

ブランディング動画について深く理解するためには、事例を研究することも大事です。この記事では、動画制作サービスのCrevo(クレボ)が手がけたブランディング動画の事例を4つほど紹介します。

マンツーマン英会話「ロゼッタストーン・ラーニングセンター」

「ロゼッタストーン・ラーニングセンター」の紹介動画です。

出典:Crevo制作実績

冒頭でギャル2人が登場し、いわゆるギャル語という独特な日本語を話して視聴者に強いインパクトを与えます。しかし、実はそのうちのひとりは流ちょうな英語を話すバイリンガルだったというオチで視聴者を裏切るストーリー構成です。日本語の使い方が独特なギャルでも、ネイティブ並みの英語を習得できるという演出によって、誰でも英語をマスターできることを効果的に訴求しています。

ブランドサイト「ワインすき!」

ブランドサイト「ワインすき!」の紹介動画です。

出典:Crevo制作実績

若い女性を主人公にして、ひとりやカップル、女子会、パーティなどさまざまなシチュエーションでワインを楽しむ様子がお洒落なBGMに合わせてテンポよく紹介されています。最初から最後まで明るく親近感のある映像に仕上げ、「ワインをもっと気軽に、もっと自由に楽しんでもらいたい」とするサイトコンセプトを上手に表現しています。

Huawei Japan

Huawei Japanのブランディング動画です。

出典:Crevo制作実績

若い青年を主人公に、より良い世界を実現するために、外国人のメンバーと仕事で奮闘する姿が描かれています。イベントでの放映を想定したインナーブランディング向け動画として制作されたもので、映画のようなストーリー性があるため、視聴者の共感を誘いやすい見せ方になっています。青年は日本が世界に誇る伝統と技術の「匠」の象徴的存在であり、彼の活躍する姿を通して日本の「匠」の力を訴求する力作です。

ポリリンホワイトニング施術サービス「ミュゼホワイトニング」

出典:Crevo制作実績

若い女性を中心に関心が高いホワイトニングのメリットを、「ミュゼホワイトニング」の世界観に合った女性キャラクターを起用してテンポよく伝えています。1本の歯から行えることや痛みがないこと、治療は短時間で済むことなど、「ミュゼホワイトニング」ならではのサービスを端的に訴求し、他社との差別化にも貢献しています。女性キャラクターがメインとなりますが、最後に男性でも使用できる旨も説明しており、短い動画ながら視聴者が知りたいポイントを網羅しています。

ブランディング動画を成功させるためのポイント

最後に、ブランディング動画を成功させるために必要な3つのポイントについて紹介します。

共感・感動を誘う内容を意識する

ブランディング動画では、いかに視聴者の感情に働きかけ、共感や感動を誘うことができるかが重要になります。共感を誘うためには、視聴者が興味を抱きやすいストーリー性のある動画を制作しましょう。動画の世界観にマッチしたBGMを選ぶセンスも必要です。ただし、内容に対して誇張しすぎた演出を行うと、かえって視聴者がしらけてしまう危険性もあります。視聴者に「無理やり感動させようとしている」、「わざとらしい」などと嫌悪感を抱かれてしまうとブランディングにはかえって逆効果です。

自社の商品・サービスの価値を把握する

作り手が、自社の商品やサービスの価値をしっかりと理解できているかという点も重要です。一般的に、長すぎる動画は敬遠される傾向にあります。そのため、あらかじめ他社と比較したときに差別化できるポイントを明確にしたうえで、優先的に動画に盛り込むべき要素を選抜する必要があります。自社の商品やサービスの特徴や強みを把握できていないと要素の取捨選択がスムーズに行えないうえ、ブランディングの成功にもつながりづらくなります。

動画のコンセプトを明確にする

最後に、コンセプトを決めておくことも大事です。ブランディング動画では、最終的に視聴者に何を伝えたいのかという大まかな軸を決めておく必要があります。動画の軸となるコンセプトが定まれば、おのずとストーリーや要素のアイディアも生まれやすくなります。たとえば、自社のサービスにおいて「安心して使える、手軽に始められる」ことを伝えたい場合には、アニメーションを用いてわかりやすく訴求するといった方法が効果的です。

動画を活用してブランディングを成功させよう

ブランディング動画においては、他社との差別化を意識したうえで、視聴者の感動や共感を誘うような動画を制作することがポイントです。動画制作サービスのCrevoでは、企業向けのブランディング動画の制作を多数手がけています。ブランディング動画に興味があり制作してみたいという場合は、ぜひCrevoに相談してみてはいかがでしょうか。

動画制作サービスのCrevo

Crevoのプロデューサー
VIDEO SQUAREを運営するCrevo(クレボ)では、数多くの動画制作・映像制作にたずさわっています。国内外約5,000名のクリエイターネットワークを活かし、ご依頼ごとに最適な専属チームを作ります。また、はじめての動画制作でも安心のサポート体制が整っています。動画制作・映像制作ご検討の方はぜひお問い合わせください!

Crevoで動画制作・映像制作がしたくなったら…

・無料相談・お見積りはこちら

・資料ダウンロードはこちら

Crevoの関連サービス

ブランディングの動画制作・映像制作

関連記事

インナーブランディングに動画を活用する企業が増えている理由とは?

関連記事