動画制作・動画マーケティング専門メディア VIDEO SQUARE『ビデオ スクエア』

動画制作・動画マーケティングに関するノウハウや事例などを紹介するニュースメディア

Twitter動画広告のメリットとは?マーケティング活用事例を紹介!

Twitter動画広告のメリットとは?マーケティング活用事例を紹介!

情報収集の手段として、Twitter(ツイッター)を活用するユーザーが増えています。Twitterが動画広告の媒体としても見逃せないものになっている中で、どのようなTwitter動画広告が効果的なのでしょうか。この記事では、Twitterならではの広告効果や、動画広告をTwitter上で展開するメリット、広告用動画を制作する際の注意点について紹介します。

Twitterの動画広告の特徴

若年層にリーチできる

スマートフォンの普及が進むにつれて外出先でも手軽に利用できるTwitterは、多くのユーザーに利用される便利なメディアになっています。Twitterのユーザー数は全世界で約3億2,800万人といわれています。日本国内においては約4,500万人いるという調査結果があります。(Social Media Lab調べ)

ユーザー層で見ると、若年層の利用に大きく偏っていて、10代から20代の若年層では、50%前後の利用率になっています。この若年層は学生を中心とした層となっていて、学生のみでみるとTwitter利用率は85%にもなります。(Webコンサルタント.jp調べ)

注目したいのは、10代から20代の若年層ユーザーは普段の会話をするようにTwitterを利用したコミュニケーションをとり、20代のユーザーは情報収集としてTwitterメインにしているという傾向にあります。このことから、Twitter広告は若年層へのアプローチによる効果が高いのではと予測することができます。また、全フォロワーに対して投稿が届くので多数へのアプローチができ、リツイートによってさらにフォロワーの枠を超えた不特定多数へのリーチに展開できます。

3種類の広告掲載が可能

Twitter広告の種類はいくつかあり、「プロモアカウント」はおすすめユーザー欄やアカウント検索画面に、「プロモツイート」はタイムライン上に、「プロモトレンド」はTwitter上のファーストビューにそれぞれ表示することができます。

Twitter動画広告のメリット

動画広告には媒体によって異なるメリットがあります。ここでは、Twitter広告だからこそ得ることができるメリットについて説明します。

2次拡散が期待できる

Twitterはさまざまなフォロワーがいて、各々に感じたことや見聞きしたできごとなどを「ツイート」としてを通して発信したり、観覧したりすることができます。そのやり方の中に「リツイート」というものがあります。Twitter広告では、このリツイートが大きな拡散を期待できる機能になります。

広告をみたユーザーが、その内容をリツイートしてさらに多くの人の目に触れると、またそこから拡散されていくという拡散現象が期待できます。2次拡散から3次拡散、4次拡散と広がりを見せれば見せるほど大きな効果を見込むことができます。

Twitterの広告費は、最初の1次ユーザーへのアプローチにのみチャージされますので、2次拡散以降のリーチに関しては一切広告費がかかりません。これはメリットの一つです。

リーチ力が高い

Twitter広告には、ターゲティングをする機能があります。一般的にTwitterでは、自分の興味があるものや関心事を話題にすることが多く、ツイートの中でしばしばその言葉が出てきます。そこで、Twitter広告の機能であるキーワードターゲティングを行うと、リスティング広告などではリーチしにくいユーザーへも広告を配信することができます。

Twitterでは、本人だけでなくその周りの友人やつながっている人たちが、今現在話題にしている内容が数多くやり取りされています。そのため、趣味趣向が認識されやすいといわれています。細かいターゲティングを行うことで、Twitterでしかリーチできない層へもアプローチが可能になります。

Twitter動画広告を制作依頼する際のポイント

できるだけ多くの潜在ユーザーへリーチするためには、ユーザーがツイートで話題にあげたい動画広告やリツイートしたくなるものを制作することが大切です。どのような点に着目して動画広告の制作を行えばよいのでしょうか。Twitter動画広告を制作する際のポイントについて説明します。

ターゲット層に合わせる

最初に確定しておきたいのが、どのようなユーザー層をターゲットにするかという点です。Twitter動画広告は、とても細かなターゲティング設定が可能になっています。そのため、しっかりとしたターゲットを定めることが重要になります。

Twitter動画広告の効果を上げるためには、ユーザー層をTwitterのターゲティング設定の細かさにあわせて絞り込んだうえで、そのターゲット層に合わせた内容を決めていきます。Twitterは情報の流れが早く、ターゲット層と内容が合っていない場合は、まったく見てもらうことなく、タイムラインから流れてしまう可能性もあります。

最初の数秒で視聴者の心をつかむ

Twitterでは、膨大な量のツイートがタイムラインを占めています。その膨大なツイートの中からユーザーは自分が興味を持ったもののみを見ることになります。では、動画の場合はどのようにして興味があるかを判断するのでしょうか。

多くの場合は動画の冒頭で決まります。ユーザーが興味を引く画像や情報などが最初に現れなければ、動画を見続けることはありません。また、リツイートされるにはさらにハードルが高くなります。冒頭でのシーンでどれだけ視聴者の興味をひけるかがTwitterでは大きな分岐点となりますので、制作の際には最初の数秒を大切にしたストーリー作りがポイントになります。

字幕を上手く活用する

スマートフォンでTwitterを利用している人は、ほとんどが外出先などや移動中の電車の中などで見ることになります。その場合、スマートフォンの音声はオフにしています。この状態で動画を見たとしたらどうでしょうか。大切なメッセージは、音声だけだと伝わりません。

そこで大事なのが字幕を利用することです。字幕は音声のない環境であっても情報を伝えられますし、耳で聞くよりも目で見たほうが、情報が認識されやすくなります。Twitter動画広告では、音声がなくても十分に情報が伝わるように字幕をうまく使うことがポイントです。

Twitterの動画広告の事例紹介

動画制作サービスCrevo(クレボ)では、さまざまな動画広告を制作していますが、その中には、Twitter広告のための動画も数多くあります。リツイートの効果でさらなる拡散が期待できる効果的なTwitter広告用動画がどのようなものかの事例を紹介します。

スマホゲーム「荒野行動」プロモーション動画

出典:Crevo制作実績

スマホゲーム「荒野行動」のプロモーション動画です。冒頭の女子高生の真剣な表情で視聴者の興味をひき、15秒という短い尺の中でゲームの臨場感を伝えるインパクトの強い動画になっています。また、音がなくても理解できるように実際に、女子高生がゲームに熱中している姿を視覚的に表現することでゲームの面白さを表現しています。

Twitterの特性を踏まえた動画広告はプロに依頼しよう!

Twitterの動画広告を制作する場合には、Twitterならではの特徴をふまえて、上手に潜在ユーザーへのリーチができるような動画広告を考えていくことが大切です。特に、リツイートによって制作された広告は拡散されると、想定していた効果を上回るプロモーションができます。

しかし実際には、Twitterの特性を踏まえ効果につながる動画を制作するには、さまざまなポイントがあります。それらをひとつひとつ組み込み、まとめ上げていくには制作の経験が必要になります。

効果的なTwitter動画広告を制作したいのでしたら、制作実績が豊富なプロに頼むのがおすすめです。CrevoでもTwitter動画広告の制作の経験があります。プロの持つノウハウでパフォーマンスのよい動画広告を制作しましょう。

Crevoの関連サービス

Twitter広告の動画制作・映像制作

関連記事