啓蒙動画「弱視見逃し防止」

東京慈恵会医科大学

動画制作の背景

「弱視見逃し防止」の啓蒙を目的した啓蒙動画です。3歳以下の子どもを持つ母親に対して、3歳児検診で実施される視力検査の重要性や検査結果結果が弱視であった時に放置した場合の危険性を啓蒙する動画です。

ストーリー

弱視の子どもは50人に1人います。その一方で、3歳児検診ではほとんどのケースで見逃されてしまう現実があります。見逃しの大きな原因は、家庭検診の難しさにあります。しかしながら、弱視は早期発見すれば治療することができます。正しい3歳児検診を受けましょう。

3歳児検診でほとんどが見逃されてしまう弱視 視力発達の感受性 家庭検診の難しさ すべての子どもへ、正しい3歳児検診を。

制作のポイント

「STOP!弱視見逃し」と冒頭で注意喚起を行うことで、動画のメッセージをストレートに伝えています。視界発達の感受性をグラフで表現することで視覚的にわかりやすく説明しています。子どもを持つ両親、特に母親に動画を見ていただけるように、柔らかく、優しいトーンにすることで女性に受け入れられやすいテイストに仕上げてします。弱視の現状を伝えつつ、弱視は早期発見すれば治療することができるというポジティブなメッセージを残すことで、視聴者の不安を取り除き寄り添いながらも、同時に検診を推奨することで啓蒙に繋げています。

東京慈恵会医科大学

学校法人慈恵大学は、東京慈恵会医科大学、慈恵第三看護専門学校、慈恵柏看護専門学校、そして附属病院を運営しています。 監修:東京慈恵会医科大学 総合医科学研究センター 先端医療情報技術研究部 協力:前橋ミナミ眼科 日本眼科学会認定・眼科専門医 板倉麻理子様

動画制作・映像制作をご検討の方
まずはお気軽にご相談ください!

Crevo 03-5784-2901 (受付時間/平日10:00~19:00)