動画制作・動画マーケティング専門メディア「VIDEO SQUARE(ビデオスクエア)」

動画制作・動画マーケティングに関するノウハウや事例などを紹介するニュースメディア

【医療業界向け】プロモーションで動画を活用するメリットと注意点

病院の待合室

医療業界においても、プロモーションは大切な役割を果たします。とりわけ、動画を使ったプロモーションは、伝達効率の高さや情報量の多さなどから、マーケティングの手法として注目を集めています。この記事では、医療業界で動画を活用するメリットやポイント、注意点などを解説し、医療業界におけるプロモーション動画の事例も紹介します。

医療業界で動画は主にどんなシーンで使われるのか

医療業界では、医療機器を納入先の研究機関や病院に対して紹介する際に、動画が使われることが多いという特徴があります。文章や画像、イラストよりも、動画のほうが製品の使用感や魅力を伝えやすく、マーケティングに適しているからです。また、学会での発表やプレゼンテーションにも動画は活躍し、自分の研究への理解を相手に促すのに役立てられることが多いです。さらに、患者向けに設備の紹介や術式の解説において動画が活用されることもあります。このように、医療業界ではさまざまなシーンで動画を活用できます。

医療業界で動画を活用するメリット

とりわけ医療業界で、なぜ動画活用が最適なのでしょうか。ここでは、医療業界における動画のメリットを2つ紹介します。

業界特有の専門的な内容でもわかりやすく伝えられる

医療分野について知識が浅い一般の患者にとっては、医師の口頭説明だけでは専門的な内容はイメージがしづらい傾向にあります。治療の方針などは自分に直接関係があるため関心が高い一方で、説明が理解できないことが患者のストレスになることは珍しくありません。そのような場合、動画を活用することでわかりやすく伝えられ、患者に納得してもらいながら治療を進めることが可能となるでしょう。また、医師などの医療関係者をターゲットにする場合でも、動画だと知識が吸収されやすくなります。医師とはいえ医療機器や新薬などは日々進化を続けており、情報のアップデートが必要なため、動画は医師の理解促進につながります。

患者に安心感を与えられる

病院の雰囲気は、パンフレットなどではどうしてもイメージしづらい部分があります。そこで、病院の施設を紹介する動画を発信することで、患者に病院の雰囲気をよりリアルに伝えることができます。また、アニメーションを動画の中に盛り込むことで、ポイントを訴求し、より視聴者のイメージを具体化させることができます。動画活用で他院との差別化を明確にすることで、患者の病院選びに貢献し、集患効果も期待できます。とりわけ、入院予定患者は病院に対して不安を抱えていることが少なくありません。施設や入院設備など具体的な内容も動画に組み込むことで、潜在的な患者に安心感を与えられるようになります。

医療業界での動画の活用事例

実際にはどのような動画が医療業界では活用されているのでしょうか。ここでは、動画制作サービスのCrevo(クレボ)が制作した、医療業界での動画の活用事例を4つ紹介していきます。

クリニック紹介動画「エマーブル歯科・矯正歯科クリニック」

出典:Crevo制作実績

本動画では、歯並びに自信のない女性のストーリーを軸にして、エマーブル歯科・矯正歯科クリニックの魅力を伝えています。歯科治療のネガティブなイメージを払拭するために、動画の見せ方に工夫がなされています。たとえば、緑を基調とした優しい色合いのアニメーションと女性のナレーションが、動画全体の雰囲気を爽やかにしています。ストーリーの中には、訴求ポイントである「短期間での矯正」「リーズナルブルな価格」などのキーワードが盛りこまれています。さらに、「健康な歯」「きれいな歯並び」「素敵な笑顔」などの視聴者が共感しやすいフレーズも入っているため、視聴者の「行ってみたい!」という行動喚起につなげています。

研究紹介動画「IIIS(国際統合睡眠医科学研究機構)」

出典:Crevo制作実績

IIIS(国際統合睡眠医科学研究機構)の研究紹介動画では、IIISでどのように睡眠に関する謎を研究しているのかを丁寧に解説しています。日本語を母国語としない方の視聴を想定し、英語のナレーションを利用するのはもちろんのこと、アニメーションを使って直感的な理解を促しているのが特徴です。また、本動画はホームページでの掲載を想定して制作されおり、拡散性を狙っているというよりも、じっくりと視聴者に研究の成果などを伝えることに特化しています。

アプリ機能紹介動画「Dr.JOYのシフト機能」

出典:Crevo制作実績

医療従事者向けアプリ「Dr.JOY」のシフト機能紹介動画では、最初に夜勤や代理勤務の多い医療業界の課題点を上げたうえで、Dr.JOYを紹介するストーリー構成になっています。当直や外勤、オンコールなど、さまざまなシチュエーションでも活用できることをアピールしながら、ピクトグラムテイストでサービスが簡単に操作できる点やシンプルさをわかりやすく伝えています。訴求ポイントとして初期費用やランニングコストも不要である点に触れており、1分半に満たない短時間の動画の中で、サービスの魅力を端的に伝えています。

サービス紹介動画「クリプラ」

出典:Crevo制作実績

医療従事者向けアプリである「クリプラ」のサービス紹介動画は、直感的で簡単な操作で利用できるという、サービスの訴求ポイントをしっかり強調しているのが特徴です。電子カルテという画期的なサービスを強調するため、紙を食べるヤギのキャラクターを登場させるなど、親しみやすい演出や優しい印象を与えていることにも注目です。全体的に表現や説明に無駄がなく、完成度が高い動画に仕上がっています。また、動画の最後では視聴者に向けてメッセージが発信されており、サービスの説明をする以外の訴求方法も利用されています。

医療業界向け動画制作を依頼するときのポイント

動画制作会社に医療関係の動画を依頼するとき、気をつけておくべきことがいくつかあります。ここでは、2つのポイントにしぼり、押さえておきたい点を解説します。

動画の雰囲気にもこだわる

医療については、堅いイメージや難しいイメージを持つ人は少なくありません。また、病院では不安を抱えながら順番待ちをしている患者も少なくありません。そのため、動画の内容は親しみやすい信頼できる印象付けができるように担当者と打ちあわせをすることが重要です。動画作りのキーワードは「安心感」であり、これは病院に求められる要素と同じです。特に、病院内で流す動画の場合は、雰囲気にこだわった演出や構成を心がけていきましょう。視聴環境によっては音声を流せないこともあるので、字幕を入れるなどの工夫も求められます。

専門家や関係者にも出演を依頼しておく

動画で医療機器や手術方法を紹介する場合などは、視聴者に信頼を与えることも大切となります。そのため、積極的に専門家や関係者にも出演を依頼し、専門知識を説明してもらうことも必要となるケースがあります。本人が出演する際は、できるだけ台本を用意するのではなく、自身の口から語ってもらうようにお願いしましょう。わざとらしさが出てしまうと、視聴者がコンテンツに集中しづらくなり、信頼を与えることが難しくなってしまう可能性もあります。コンテンツに合わせた自然に見える演出を心がけることがポイントです。

医療業界向け動画制作を依頼するときの注意点

医療の情報を発信する際は、ガイドラインやコンプライアンスを考慮する必要があります。普段何気なく使っていたり、すでに認知度が高い言葉であったりしても、医療系の動画広告として流す上では使用できない言葉や表現があることに留意しましょう。そのため、事前に薬事法や医療広告ガイドラインなどの規定を確認しておくことが大切です。もしも規定に対して不安があれば、専門家に協力してもらうことを検討しましょう。法律もガイドラインも改訂することがあるので、以前は問題ない表記でも、現在は使用不可のものもあるので気をつける必要があります。

医療業界でも積極的に動画を活用しよう

医療業界でも動画を活用することによって、一見すると難しい専門的な内容もわかりやすく相手に伝えられるようになります。動画制作サービスのCrevoでも医療業界のサービス紹介などの動画制作を豊富に手がけております。医療関係の動画制作を検討しているのなら、ぜひCrevoを選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

動画制作サービスのCrevo

Crevoのプロデューサー
VIDEO SQUAREを運営するCrevo(クレボ)では、数多くの動画制作・映像制作にたずさわっています。国内外約5,000名のクリエイターネットワークを活かし、ご依頼ごとに最適な専属チームを作ります。また、はじめての動画制作でも安心のサポート体制が整っています。動画制作・映像制作ご検討の方はぜひお問い合わせください!

Crevoで動画制作・映像制作がしたくなったら…

・無料相談・お見積りはこちら

・資料ダウンロードはこちら

Crevoの関連サービス

アニメーション動画制作・映像制作

実写動画制作・映像制作

会社・学校・施設紹介の動画制作・映像制作

関連記事