動画制作・動画マーケティング専門メディア「VIDEO SQUARE(ビデオスクエア)」

動画制作・動画マーケティングに関するノウハウや事例などを紹介するニュースメディア

動画広告はどう変わる?動画広告市場を徹底解説

動画イメージ

紙媒体中心だった広告市場は動画閲覧の環境が整うにつれて、ネットを介した市場へと移行してきました。それに伴い広告コンテンツも変化しています。特に動画による広告は注目され続け、市場も急激な成長が見られます。この記事では、動画広告市場の現状と予測について紹介します。

動画広告市場

2019年も折り返し地点にさしかかり、市場も2020年に向けて動き出そうとしています。ここでは動画広告市場について、2019年がどのようになるか予想されているか、また市場の成長にどのように影響を与えているかについて説明します。

前年比25%の伸び予想

さまざまな媒体を通じて動画が配信されるようになってきたことから、2018年の動画広告市場は、1,843億円という大規模な市場になっています。これは前年対比134%という急成長ぶりです。(※サイバーエージェント調べ)このような急成長の背景には、商品やサービスのブランディングでの動画広告の活用があります。企業がマーケティング戦略に合わせて広告を配信するにあたり、動画を利用することが増え、それに伴い媒体も増えてきました。また、フォーマットのバリエーションからアピールポイントをより明確にする動画の制作も可能になっています。このような状況にあって2018年は、企業が動画広告をおこなうことが一般的な選択肢となり、より効果の高い広告として動画広告が注目されるようになっていったのです。そして、さらに125%成長し、2019年は2,312億円に到達と予想されています。

 スマホ向けが全体の87%に?

動画広告の市場を見ると特にモバイルにおける動画広告の規模が大きく拡大しています。サイバーエージェントの調査によると2018年のモバイル動画広告の市場規模は、前年対比143%の1,563億円です。これは動画広告市場全体の85%をモバイル動画広告が占めていることになります。スマホ向けの動画広告市場の拡大には、SNSの急激な広がりと生活の中にSNSが浸透してきたことが大きく起因しています。SNSは動画広告の媒体として定着し、その動画広告をスマートフォンで見るという流れができあがっています。さらにスマートフォンアプリのプロモーションが動画広告で行われていることも市場を拡大させる要因です。そして、2019年にはさらにその割合が増え、88%の割合を占めると予想されています。

主役はインストリーム広告とインフィード広告

動画広告には、どのタイミングでどこに掲載されるかによって種類が異なります。例えばインストリーム広告は、動画コンテンツの間に挿入されて表示され、インフィード広告は、コンテンツの途中に表示されます。メディアの広告枠にバナー広告として掲載されているインバナー広告に比べて、視聴者の視聴タイミングで動画が展開されるインストリーム広告やインフィード広告は、動画広告の効果が高いということから多くの企業で採用され、動画広告の主役になっています。そのため、これらの出稿がそれぞれ4割前後を占めており、この傾向は2019年も続くことが予想されます。

動画広告市場が急成長する理由

ここにきて急激に動画広告が伸びているのはなぜでしょうか。広告全体の市場背景だけでなく、さまざまな要因が動画広告の成長を後押ししています。動画広告の急成長の理由について説明します。

スマホの普及

スマホなどのモバイルデバイスが普及したことによって、いつでもどこでも動画が視聴できるようになりました。このことは動画広告市場にとってはポジティブな追い風になっています。タブレット端末やスマホは年々画面サイズも大きくなり、高画質化も進んでいます。インターネット利用動向に関する調査を行うニールセン デジタルの調査によると、49歳以下は70%以上の人が月に1回以上YouTubeを利用していることがわかっています。これは若年層に限ったことではなく、50歳以上でも28%の増加率で有料動画アプリの利用者が増えています。この環境の変化に合わせて動画広告市場も拡大しているといえます。

コンテンツの動画化

動画には写真やテキストに比べると短時間で大量の情報を届けられるというメリットがあります。そのため、メディアや情報サイトだけでなく、自社サイトのコンテンツやランディングページのコンテンツでも多くの動画が使われサイト全体の動画化が進んでいます。画像やテキストでは伝えきれない詳細の情報や商品価値、受けるメリットなどは、映像を通して視聴者によりインパクトを与えることができます。アメリカ国立訓練研究所の「ラーニングピラミッド」理論では、人の記憶の定着率はテキストの10%に比べ動画は20%と2倍になっています。視聴者が動画を見ることで記憶に残りやすくなるだけでなく、アクションにもつながりやすいことから、動画によるコンテンツ配信を行う企業は増え、それに合わせて広告の動画化も進んでいます。

5Gの導入

2019年4月10日、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルの4キャリアに対して5G電波の割当が行われました。2020年には5Gを利用したサービスが開始される予定です。5Gは動画業界にとって、影響力のある技術導入です。第5世代移動通信システムである5Gにより、4Gと比較してデータ通信容量が1,000倍、通信速度が100倍になることから、今後の市場に影響を与えると予測されています。現在の4Gでも多くの動画はストレスなく視聴することができます。5Gになるとさらにその上のレベルになりますので、より高度な技術や複雑な動画の見せ方も可能になってきます。大容量で高速の通信である5Gによって、動画広告市場はさらに大きく飛躍すると考えられています。

2020年の動画広告市場予測

今後動画広告市場はどのように変わっていくのでしょうか。さまざまな技術や環境が整う2020年の動画広告市場はこれまで以上に大きな飛躍をすることが予測できます。市場規模や環境などの今後の予測について説明します。

市場規模は2,900億円

国内動画広告市場の成長予想は、現在の状況と同様にインストリーム広告とインフィード広告が引き続き大きくけん引し、さらなる成長へとつなぎ、2,900億円と予想されています。3年前の2017年の1,374億円と比べると2倍の市場規模へと大きく成長することが予想されています。

スマホ向けが9割

視聴媒体はどうなるのでしょうか。5Gへの期待もあり、スマホ向けの動画広告がさらに増えることが予測できます。動画広告市場全体の約9割をスマホ向けの広告が占めるといわれていますので、ほぼスマホ向けといっても過言ではありません。また、視聴媒体でよりスムーズで高画質を期待していく視聴者のニーズをとらえて、広告フォーマットの選択肢も広がっていくことでしょう。

縦型フォーマットの増加

今やネット上での広告は、静止画と動画が混在している状態です。今後はさらに動画に重きをおくコンテンツが増え、それにあわせて媒体にも変化が見られます。TikTokやInstagramの「IGTV」などがその代表的なものといえます。今までは動画と静止画の両方を利用していましたが、動画のみを見る視聴者が増えていくことで、スマホ向けの広告フォーマットも変わっていきます。TikTokのように縦型専用のフォーマットも出てくることは容易に予測できますので、それに合わせた動画広告を制作していく必要があります。これらを考え合わせると、これまでの制作の方針に2019年以降には新たに縦型動画広告を組み込んでいかなければならないことになります。今後もこのような新しいフォーマットへの対応は増えていくことが予想されます。

ますます注目される動画広告市場

動画を見るという環境が整った2019年、次の世代として考えなければならないのは5Gの導入による新たな動画広告です。これらの市場の発展は、今後ますます動画広告が注目されることを予想させます。そうなると、より効果の高い動画広告にするための施策が必要となります。クオリティの高い動画やターゲットへのリーチは、制作実績が豊富なプロに頼むのがおすすめです。

動画制作におすすめのCrevo

Crevoのプロデューサー

VIDEO SQUAREを運営するCrevo(クレボ)では、数多くの動画制作・映像制作にたずさわっています。国内外約5,000名のクリエイターネットワークを活かし、ご依頼ごとに最適な専属チームを作ります。また、はじめての動画制作でも安心のサポート体制が整っています。動画制作・映像制作ご検討の方はぜひお問い合わせください!

Crevoで動画制作・映像制作がしたくなったら…

・無料相談・お見積りはこちら

・資料ダウンロードはこちら

関連記事