動画制作・動画マーケティング専門メディア VIDEO SQUARE『ビデオ スクエア』

動画制作・動画マーケティングに関するノウハウや事例などを紹介するニュースメディア

コンテンツを再利用!画像を動画化してマーケティングに活用するメリット

画像が動画化するイメージ

多くの企業が動画を活用したマーケティングを展開しています。今までテキストを中心にしてきたアプローチから画像を使うようになり、さらに動画へと変わっていくことで、視聴者へのインパクトは強くなりました。画像を動画化することで、コストや手間を抑えながら効果の高いマーケティングが可能になります。この記事では、画像を動画化するメリットや動画化する際のポイントについて紹介します。

画像を動画化するメリット

動画・映像を使ったマーケティングには、視聴者の興味を引きつける力があります。バナー画像などの静止画は色味の使い方などの見せ方を工夫することで目につくものにはなりますが、表現の幅に限界があります。また、動きのある動画と比較すると、視聴者の印象に残りやすいのは静止画よりは動画であるといえます。動画を制作する場合、すでに保有している画像を利用することもできます。ここでは、画像を利用して動画化することのメリットについて説明します。

 印象に残りやすい

インターネットが発達してきたことで、通信環境が改善され、動画がサクサクと見ることができるようになりました。これによって、抑える必要のあった情報量を通信環境が許す限り最大限に利用したマーケティングが行えるようになりました。動画の大きなメリットとしてあげられるのが、この情報量の豊富さです。動画は、映像を目で見て音や言葉を耳で聞くという、視覚と聴覚の両方から情報を得ることができます。

画像やテキストだけでは、ひとつの情報源になりますので、多くの情報を得ることが難しく、たとえ同量の情報を得ようとしても、多くの時間をかけなければならなくなります。さらに、画像だけでは伝えづらい細かなニュアンスは、動画であれば具体的に表現することができますので効果的なマーケティングにつながります。動画により、情報量を大幅に増やせるため、より印象に残りやすく自社のブランディングにつながりやすいといえます。

視聴者を飽きさせない

画像とテキストのみの説明による見せ方では、視聴者はテキストをしっかりと読み、その情報のサポート的な要素として画像を見るといった行動を取ります。これは、すぐに情報が欲しいと思っている場合には視聴者にとって効率が悪く、時間もかかります。その結果、見たり読んだりする行為を中断し、途中で離脱してしまう可能性があります。

画像を動画化することで、視聴者は視覚と聴覚を使い、短時間でほしい情報にたどりつくことができ、飽きずに情報を得られます。これにより、視聴者の離脱を防ぐことにつながりますので、企業が伝えたかったメッセージを視聴者にしっかりと伝えることができます。

画像を動画化する際のポイント

では、どのように画像を動画化していけばいいのでしょうか。質の良い画像を持っているので活かしたいと考えても、単に画像を並べてスライドショーのように見せただけでは動画としてインパクトを与えるのは難しいでしょう。画像を動画化するときには、押さえておきたいポイントがいくつかあります。それらのポイントを押さえることで、しっかりとメッセージを視聴者に伝えることができます。ここでは、画像を動画化して効果の高い動画を制作する際のポイントについて説明します。

ターゲットを絞り込む

動画を制作するときには、どのような視聴者がどのような目的で動画を見るかを考えることが大切です。さまざまなタイミングで目にすることが多い動画ですから、不特定多数に視聴されることが考えられます。ですが、だからといって不特定多数向けに動画を制作するとアピールしたいポイントを押さえることができなくなります。

より効果的にユーザーにアピールするためには、目的に合わせた動画を制作します。目的が複数ある場合は、それぞれに合わせて制作することになります。目的を細分化するとアピールしたい内容の表現方法も変わってきますので、視聴者にピンポイントにメッセージを伝えることができます。効果の高い動画を制作するには、ターゲットの絞り込みは大変重要なポイントです。ターゲットに合わせて、複数の動画でメッセージを送るように考えて制作に取り組むようにします。

何を伝えるのかを明確にする

動画は画像やテキストに比べ好き嫌いがはっきりと分かれるアプローチです。一度嫌いだと判断されるとその後もう一度見る可能性が低くなります。逆に好きなものは何度も見たり、ほかの人に紹介したりすることが多くなります。どんな視聴者からも好感をもたれる動画を制作することは難しいですが、自分たちが決めたターゲットに合わせた動画を制作することは可能です。

ターゲットが決まったら、そのターゲットに興味を持ってもらえる内容がどういったもので、それをどのように伝えるかをしっかりと検討し、伝える内容を明確にすることが大切です。そのうえで、ターゲットにした層に対してどのような表現方法を行うと最もインパクトを与え、しっかりとメッセージを伝えることができるかを考えていきます。伝える内容がはっきりしていて、その表現の方法、視聴者へのアプローチの仕方が明確であれば、伝えたいメッセージをはっきりと伝えることができ、視聴後もインプットされた状態がキープされやすくなることが考えられます。

ストーリー性を意識する

画像を動画化する場合に考えるのが、スライドショーにして複数の画像を見せる手法です。しかし、その際に普通にスライドショーにしたのでは動画には見えません。そのため、いくつかの工夫をする必要があります。ストーリーを考えるときには、動画を見終わった視聴者にどのような行動を起こしてほしいかを明確にイメージして、そこへ誘導するようにします。インパクトのある動画にするのであれば、スライドショーのような単調な映像にせず、モーショングラフィックでメリハリをつけることもポイントになります。

サウンドとスーパーにこだわる

動画制作においては、音がコンテンツ全体に影響を及ぼす場合があることにも注目する必要があります。映像には音が重要な演出の一部になっているからです。特に、画像を動画化する場合はBGMと字幕の入れ方によって、動画の印象が全く異なってきますので、丁寧な作業を心がけて制作を行いましょう。動画のストーリーができると、そこにどのようなBGMが流れれば自然なのかイメージします。

イメージしたBGMは、さまざまな音源から入手することができます。アップテンポな爽快感のあるBGMなのかヒーリング系の安心感のあるBGMなのかによって動画から受ける印象は変わります。また、ナレーションを入れるのか字幕にするかによっても受ける印象が違ってきます。動画の内容を決める段階で、サウンドとナレーション、字幕の入れ方についても事前に検討するのはとても大切なことです。

画像を活用した動画の事例紹介

実際にどのように画像を動画の中に活用できるのか、動画制作サービスのCrevo(クレボ)の制作事例を紹介します。

オフィス施設紹介動画「住友不動産」

出典:Crevo制作実績

住友不動産の手がけたベンチャー企業向けオフィス施設の紹介動画です。画像をベースにすることで、情報量が非常に多く、住友不動産の手がけるオフィス施設の幅広さを訴求しています。

画像を動画化して有効活用しよう

動画をイチから制作するのもいいですが、手間やコストを考えると、すでに保有している画像や、一度使ったことのある画像を再度利用してみることで面白い動画を制作できる場合があります。画像の動画化は、マーケティング素材を有効活用することになるだけでなく、より大きな影響を与えることも可能です。ただし、単純に画像をスライドショーにして見せたのでは動画化とはいえません。ストーリー性のある画像にBGMやナレーションをタイミング良く挿入する必要があり、素人には難易度が高めです。視聴者に伝えたいメッセージを確実に伝えるためには、実績が豊富なプロに依頼するのがおすすめです。動画制作サービスのCrevo(クレボ)でも、オリジナル画像を活用した動画・映像の制作も可能です。ぜひ、一度ご相談ください。

動画制作におすすめのCrevo

Crevoメンバー

VIDEO SQUAREを運営するCrevo(クレボ)では、数多くの動画制作・映像制作にたずさわっています。国内外約5,000名のクリエイターネットワークを活かし、ご依頼ごとに最適な専属チームを作ります。また、はじめての動画制作でも安心のサポート体制が整っています。動画制作・映像制作ご検討の方はぜひお問い合わせください!

Crevoの関連サービス

アニメーション動画制作・映像制作

実写動画制作・映像制作

関連記事