動画制作・動画マーケティング専門メディア「VIDEO SQUARE(ビデオスクエア)」

動画制作・動画マーケティングに関するノウハウや事例などを紹介するニュースメディア

BtoB企業にもおすすめ!効果の高いPR動画制作のポイントと活用事例

レシーピ!

企業ブランディングや新商品の認知度向上のためにPR動画(プロモーション動画)を活用する企業が増えています。ぜひ自社でもPR動画を制作したいと考えている担当者は多いのではないでしょうか。この記事では、PR動画の役割やメリットについて詳しく解説します。さらに、効果的なPR動画を制作するためのポイントについても紹介します。

PR動画とは

PR動画とは、企業ブランディングや販売促進を目的としたプロモーション動画のことです。ここからは、PR動画の役割やメリットについて解説します。

PR動画の役割

着実に企業の売り上げを増やし、業績を伸ばしていくためには、より多くのターゲットに企業活動や商品、サービスについて認知してもらうことが必要です。価値を理解してもらったうえで、さらに共感してもらうという流れが重要になります。この流れを促進するのが、PR動画の役割です。流れをしっかりと構築することによって、多くの新規ターゲットを獲得でき、既存ターゲットには企業の商品をリピート購入してもらいやすくなります。継続的に企業と関わりを持ってくれるユーザーの層が、より厚く強固なものになっていくことで、結果として企業の業績も安定しやすくなります。

PR動画のメリット

いくら優れた商品やサービスを取り扱っていても、その良さが伝わらなければターゲットには振り向いてもらえません。さらに、伝え方にも工夫が必要です。インターネットの普及によって情報が溢れている現状においては、いかに短い時間でターゲットの興味をひきつけるかという点が重要です。ユーザーは最初の数秒で、その情報が自分にとって有益なものかどうかを取捨選択しています。動画であれば、視覚と聴覚の両方に働きかけられるので、より短い時間でさまざまな情報をわかりやすく伝えられます。多種多様な表現方法が可能な動画を活用することで、ターゲットを購買行動へと誘導できる可能性も高まるでしょう。

PR動画の活用場面

動画の汎用性は高く、PR動画も一度制作しておくことで、さまざまな場面で活用できます。まず、動画はウェブサイトやSNSと相性が抜群です。PR動画のアップによって企業のウェブサイト訪問者数をアップさせたり、SNSのフォロワーを増やしたりするのにも役立ちます。動画広告として活用することもできます。また、各種展示会やセミナーなどのイベントで流し、来場者や参加者の興味をひいたり、理解を促したりするという方法もあります。あるいは、販売店の店頭で流しておくというやり方も有効です。ターゲットの理解醸成に加えて、本社とのブランド統一感も生まれやすくなりますし、販売店スタッフの意識向上も狙えるでしょう。

PR動画制作を依頼するときのポイント

PR動画の必要性について理解したうえで、制作会社にPR動画の制作を依頼する際の注意点について解説します。狙い通りの仕上がりにするためには、次の4つのポイントに気をつけることが大切です。

ゴールを設定する

まずは、PR動画を制作することの目的を明確化することです。動画を一本制作するためには、予算の確保だけでなく、出演者や撮影場所の交渉、スケジュール調整など、さまざまな準備が必要になります。そのため、動画を制作するだけで達成感を感じてしまいがちですが、動画はあくまでもツールです。動画を制作することによって、どんな目的を達成したいのかというゴールイメージを明確にしましょう。また、担当者が心の中で思い描くだけではなく、きちんと明文化して数値目標を用意することも大切です。ゴールイメージが抽象的だったり曖昧だったりすると、制作方針がぶれてしまいます。結果として、効果につながりにくい動画になってしまう場合もあります。

「誰に」「なにを」PRするのかを明確にする

目標が決まったら、さらに「誰に」「なにを」PRするものなのかも明確にしましょう。あらゆる情報が溢れている現状においては、万人受けするような動画ではターゲットの心に刺さりにくいでしょう。動画を視聴してもらいたいターゲット層を絞り込み、ターゲットへの訴求力が高い内容にしていくことが大切です。さらに、「いつ」「どこで」視聴される可能性の高い動画であるかを意識することも必要です。悩む場合は、他社の動画をベンチマークしてみるといいでしょう。効果を生んでいる動画には、学ぶべきポイントやヒントが多くあります。また、求めるイメージに近い動画を関係者や制作会社などと共有することで、ゴールイメージにズレが生じにくくなります。

ストーリー性をもたせる

また、視聴者を飽きさせないためには、ストーリー性も重要です。小説でも、読み手を飽きさせないようにするために、次の展開が気になるように工夫されています。動画も同様です。たとえば、視聴者に負担にならない程度の謎や疑問を投げかけることで、最後まで視聴してもらえる可能性が高まります。ただし、小説と動画が違うのは、動画の場合は視聴者が必ずしも冒頭から視聴してくれるとは限らないことです。できるだけ、どの部分から視聴してもその先が気になるような見せ方にしましょう。視聴者の興味を引き、期待を裏切ることなく満足させられた動画は、その後も印象に残りやすくなります。担当者には、客観的な視点も必要です。制作会社に制作を依頼する際には、自分が視聴者だったらその動画楽しめるか、どう感じるかという視点を忘れずに、打ち合わせを進めていきましょう。

話題性を意識する

PR動画を制作する際には、話題性も狙いましょう。話題性のある動画は、SNSなどで拡散されやすく、やり方によっては期待以上の大きな反響につながる場合もあります。まずは、友人や知人に思わず口コミしたくなるような魅力的な動画を制作することです。SNS上での拡散の輪が広がれば、テレビなどのマスメディアで取り上げられる可能性も高くなります。結果として、コストをかけずに大々的な宣伝効果が得られる場合もあります。

PR動画の事例紹介

効果の高い動画を制作するには、具体的な事例があるとよりわかりやすいでしょう。ここからは、動画制作サービスのCrevo(クレボ)で制作した、PR動画を3つ紹介します。

家計簿アプリ「レシーピ!」紹介動画

出典:Crevo制作実績

レシートから簡単に家計簿が自動生成できる家計簿アプリ「レシーピ!」の紹介動画です。メインターゲットは家計を管理していることが多い母親などの大人ですが、あえて主人公をかわいい女の子にすることで、3つのメリットを生んでいます。

ターゲットが動画に好感を抱きやすくなること、子ども目線での紹介によって宣伝感が薄まっていること、そしてアプリの操作が簡単であることも訴求できています。

「マルイのラクチンきれいパンツ」商品紹介動画

出典:Crevo制作実績

「マルイのラクチンきれいパンツ」のPR動画を紹介します。小柄、細身、太めという体型の異なる3人がそろってショッピングに出かけ、マルイのラクチンきれいパンツを試着するというストーリーです。楽しく商品を選んだ後で、それぞれが似合うパンツを履いて試着室から現れます。何気ない買い物風景のように見せつつ、商品ラインナップの豊富さ、あらゆる体型の人を対象にしているという2点を同時にアピールしています。

スマホゲーム「荒野行動」SNS用プロモーション動画(学校編)

出典:Crevo制作実績

3本目は、人気のスマホゲーム「荒野行動」のSNSプロモーション動画です。制服姿の学生たちが、授業や部活で使うアイテムを駆使して、校内でバトルを繰り広げるというストーリーです。戦闘ゲームの臨場感を学校という相反するイメージの場所と融合させるという演出が斬新で、視聴者の印象に残りやすくなっています。また、ゲームの世界に入り込むほど夢中になっている姿を通して、ゲームの面白さもストレートに伝わってきます。

PR動画の実績豊富な制作会社に相談しよう

これまで述べたように、PR動画はストーリー性や話題性を意識することが重要です。しかし、世の中にはあらゆる動画が溢れかえっています。効果的なPR動画を作るコツについて頭では理解していても、実際に目の肥えた視聴者に見たいと思わせるような動画を作るのは簡単ではありません。特に、PR動画の場合はクオリティも重要です。悩む場合は、無理に自社制作するのではなく、PR動画の制作実績が豊富な制作会社に外注するのがおすすめです。たとえば、Crevoでは850社以上の動画制作実績があり、PR動画においても高いノウハウを保有しています。動画制作サービスのCrevo(クレボ)のような信頼できる制作会社を活用して、質の高いPR動画を制作してみてはいかがでしょうか。

動画制作におすすめのCrevo

Crevoのプロデューサー

VIDEO SQUAREを運営するCrevo(クレボ)では、数多くの動画制作・映像制作にたずさわっています。国内外約5,000名のクリエイターネットワークを活かし、ご依頼ごとに最適な専属チームを作ります。また、はじめての動画制作でも安心のサポート体制が整っています。動画制作・映像制作ご検討の方はぜひお問い合わせください!

Crevoの関連サービス

テレビCM・プロモーションの動画制作・映像制作

ブランディングの動画制作・映像制作

関連記事