保険業界向け・動画の制作ポイントと活用すべき理由

保険のプロモーション動画、保険商品の紹介動画、保険会社の社内研修用の動画など、保険業界で動画を制作することは様々なメリットがあります。今回は保険の動画の制作ポイントや制作すべき動画の種類を紹介します。

人事・HR交流会 #02

人事同士で繋がる交流会@東京・六本木<Crevo・JHR共同主催>

日時

2024/5/23(木)19:00 ~ 21:00

保険業界で動画を活用すべき理由

若年層にとって、スマートフォンやPCを利用して動画を視聴することは、生活の一部になっている人も多く、広く浸透しています。そのため、若年層へのアプローチには動画はなくてはならない手法になっています。

一方保険業界は、若年層をターゲットにプロモーションを強化しようという動きがあります。両者の状況をふまえると、保険商品のプロモーションにおいて動画を活用することで大きなメリットが出る可能性が高いことがわかります。積極的な動画活用は若年層との接点を増やすきっかけにもなります。

保険業界で動画を活用するメリット

保険業界で動画を活用することでどのようなメリットがあるのでしょうか。ここでは、保険業界ならではの動画活用メリットを紹介します。

視聴者に保険知識をわかりやすく伝えられる

保険商品のアピールの難しさは、商品の複雑な仕組みにあります。保険商品は、専門性が高く、専門用語が多く使われています。馴染みの薄い方が見聞きするとまるで習ったことのない他言語を聞いているように感じられることも少なくありません。

一方、保険商品を購入するうえでは、契約内容をしっかりと理解しておくことはとても重要です。この相反する状況を打破するためには、明確な商品紹介が必要なのですが、文字情報や口頭のみでは、専門性が高い保険商品をわかりやすく説明することには限界があります。

聞いている側も理解がしづらいと途中で購入意欲も薄れてしまいます。そこで動画を活用し、仕組みをインフォグラフィックで視覚的に説明したり、専門用語を字幕で補足したりすることで、視聴者にわかりやすく伝えることができます

効率的な営業活動につながる

保険商品においては、契約に際して多くの問い合わせがあり、企業側はその対応に追われることも少なくありません。購入する側からすれば、契約前の不安や疑問は事前に解消しておきたいのと思うのが自然です。

そこで、事前に動画を用意して、質問特集や商品の説明を行うことでよくある問い合わせへの対応の時間を削減することができます。そして、今までそれらの問い合わせに費やしていた時間を他の業務に費やすことができるため、より効率的な営業活動を行うことができます。さらに、問い合わせの対応に必要な人件費の削減にもつながりますので、有益な対策といえるでしょう。

<関連サービス>営業ツールの動画制作・映像制作

他社との差別化につながる

保険業界にはさまざまな会社があり、商品も豊富なため、購入者側にとってその区別をつけることは一苦労です。企業側の立場に立つと、自社の保険商品に興味を持ってもらい、注力してもらう必要があるため、いかに他社と自社商品を差別化させるかが重要となります。

オリジナリティのある動画は、一目見ただけで保険会社や商品を他社と差別化させることでき、視聴者の印象に残すことができます

社内教育の充実にもつながる

保険商品の知識を得たいと考えるのは、お客様だけではありません。多数ある商品のひとつひとつをきちんと説明するためには、しっかりと社員自身が理解を深めておく必要があります。

動画で必要な知識を伝えることで、文字テキストや図表だけで情報を伝えることとは異なり、視覚的によりわかりやすく商品を理解できますし、どのようにお客様へ説明すればよいかもわかるので、社内教育の効率化にもつながります。

保険業界で制作すべき動画

保険業界で動画を制作するならどのような内容が最適なのでしょうか。動画で制作すべき保険コンテンツは以下の4つが考えられます。

保険商品のプロモーション動画

各保険会社の商品に「どのような違いがあるのかわからない」という顧客も少なくありません。また、商品も豊富にあるため、新たな商品を営業だけで知ってもらうのは難しいです。

プロモーション動画を有効活用し認知度を上げることや視覚的に理解してもらうことで顧客の不安を払拭できるでしょう。

保険商品の紹介動画

保険業界が抱える課題の一つに、商品内容のわかりにくさが挙げられます。資料だけでは理解しにくい部分があり、「プラン内容がよくわからなかった」と契約にいたらないことは少なくありません。

動画コンテンツを見てもらうことで、顧客はスムーズに保険商品やプランの理解促進が期待できるでしょう。

保険の知識を学べる動画

保険の重要性を感じていても、専門用語やシステムがわからず、難しい印象を持っている顧客も少なくありません。

ですので、基本的な保険の種類や違い、それぞれの保証内容などを動画で伝えると良いでしょう。ユーザーに寄り添った動画を制作することで、自社を身近に感じてもらえるだけでなく、問い合わせや契約にもつながります

社内研修用の動画

保険業界で働くためには専門的な知識だけでなく、自社のプランについても覚える必要があります。また、さまざまな種類の保険に関する知識を持っておかなければなりません。

社内の研修で使用できる動画を制作していると社員育成をしやすくなるでしょう。また、トップ営業マンの営業方法など、スキルアップを図った動画コンテンツの制作もおすすめです。

保険業界の動画の制作を依頼するときのポイント

動画を制作する場合は、自社内で完結することはなかなか難しく、多くの場合専門の制作会社へ協力を頼むことになります。ここでは、制作会社に保険分野での動画制作を依頼するときのポイントを紹介します。

複数パターンの動画を制作する

保険商品は幅広い商品ラインアップがあります。これらの商品はそれぞれにターゲット顧客や対象となるライフステージが異なっているため、ひとつの動画ですべての商品を説明することは難しいことです。ひとつの動画にまとめようとすると情報量が多くなりすぎて、動画が長くなったり、本来伝えたいことがぼやけてしまったりします。

保険商品では、ポイントを絞ってシリーズ動画として制作するなどの工夫を行います。また、同じ商品でもターゲットや利用シーンに合わせていくつかのパターンを制作することで、幅広いターゲットにアプローチできます。

難しい専門用語は噛み砕いて説明する

保険業界において専門用語はたくさんあります。動画で専門用語を使用するときは、可能なかぎり噛み砕いてわかりやすい表現を意識するようにすると、視聴者も理解しやすくなります。

表現の工夫をする

保険業界はどうしても「堅い」「難しい」といった印象があります。その上、専門用語が使われてわかりにくいとなると購入検討者の購入意欲も下がってしまう可能性があります。それらを回避ためには、数字やデータをインフォグラフィックスで視覚的にわかりやすく表現するといった表現手法を採用するなど表現の工夫をすることが大切になります。インパクトのある表現手法は、動画を見る人を飽きさせず、メッセージやコンセプトをしっかりと伝えることができます。

インタラクティブ動画にする

インタラクティブ動画は、動画コンテンツ内でクリックボタンを設けることで視聴者にアクションを促すものです。

スマートフォンは「ながら見」をしている視聴環境が多く、集中して動画を見てもらうことは大変なことです。しかし、操作性のある動画は記憶に残りやすく、コンバージョン獲得にもつながるでしょう。また、“ワクワク感”や“面白さ”を視聴者が感じればSNSで自然とシェアされていくため、認知度の向上にも貢献します。

パーソナライズド動画にする

パードナライズド動画は、動画の内容を視聴者ひとり一人に最適化されたものです。

一般的な動画は、誰が視聴しても同じ内容が再生されます。それに対してパーソナライズド動画は、視聴者の属性や購買行動などに合わせた内容が流れます。自分のために作られた動画だと感じるため、離脱率を低く抑えられるでしょう。ただし、セキュリティ面に問題があると個人情報の流出につながるため注意が必要です。

<関連記事>パーソナライズド動画とは?メリットや活用法、事例を解説!

保険業界での動画の活用事例

保険業界では動画をどのように使うことで、よりわかりやすいアプローチになっているのでしょうか。ここでは、保険業界での動画の活用事例を紹介します。

<関連サービス>Crevo(クレボ)の動画制作・映像制作実績

けがの損害保険「ライトネッと」

出典:Crevo制作実績

けがの損害保険「ライトネッと」のプロモーション動画は、動画制作サービスのCrevo(クレボ)がシネアド向けに制作しました。「シネアド」とは、映画館で上映前に流れるプロモーション動画のことです。映画の上映を楽しみにしている視聴者を前提としているため、細かな商品内容を紹介するのではなく、家族全員に対して安全への注意喚起をしつつ、万が一の備えが大切であるというメッセージを中心に伝えることで視聴者の印象に残る動画に仕上げています。身近な事故である自動車事故による高額な賠償額例が具体的に提示することで、保険の必要性を感じてもらい、視聴者の保険加入促進につなげています。

※本商品の新規販売はすでに終了しております。

日本生命「学資保険」

出典:日本生命チャンネル

日本生命の「学資保険」の商品紹介動画は、モノクロのシンプルな表現にすることでコンテンツに集中できる見せ方になっている点が特徴的です。学資保険は、保護者が子どもたちの未来を考えて入る保険です。そのため「学資保険」の具体的な価格よりも、概念をわかりやすく視覚的に説明することに注力しています。そして、ハンドアニメーションを活用することで、動画全体がやわらかいイメージになっています。

アクサ生命保険「あなたが100歳になるまでに日本で起こること」

 

出典:AXA〈アクサ〉公式チャンネル

アクサ生命保険は、長寿化による「人生100年時代」という言葉を主としたブランディング動画で他社との差別化を図っています。人生100年時代を迎えさまざまな新たな課題が社会現象として注目されている中、変化していく社会の中でどのように人生を楽しみ、生き生きと過ごしていくかが大切になってくるというストーリー展開は、老若男女を問わず気になるポイントをついています。どのような備えをするのか、どのように過ごしていくのかなどに含みを持たせ、それらを一緒に考えていこうというアクサ生命保険のメッセージが感じられます。

保険業界でも動画を制作して活用しよう

保険業界での動画活用は、視聴者に商品知識をわかりやすく伝えることができるという大きなメリットがあります。動画を通して、簡潔にメッセージを伝えられることは大きな効果を生み出します。動画制作サービスのCrevoでも、保険分野での動画制作を手がけているので、ぜひ検討してみてはどうでしょう。

動画制作・映像制作におすすめのCrevo

VIDEO SQUAREを運営するCrevo(クレボ)では、数多くの動画制作・映像制作にたずさわっています。国内外約10,000名のクリエイターネットワークを活かし、ご依頼ごとに最適な専属チームを作ります。また、はじめての動画制作でも安心のサポート体制が整っています。動画制作・映像制作ご検討の方はぜひお問い合わせください!

Crevoの公式サイトはこちら

Crevoで動画制作・映像制作がしたくなったら…

・無料相談・お見積りはこちら

・資料ダウンロードはこちら

Crevoの関連サービス

会社・学校・施設紹介の動画制作・映像制作

商品説明・紹介の動画制作・映像制作

サービス紹介の動画制作・映像制作

アプリ紹介の動画制作・映像制作

執筆者

VIDEOSQUARE編集部
VIDEOSQUARE編集部
VIDEOSQUAREは、「動画制作・映像制作」「動画マーケティング」「動画活用」「動画トレンド」などに関連したトピックを取り扱うオウンドメディアです。業界トップクラスである2,000社10,000件の動画制作実績から培ったノウハウとビジネス理解力で高い企画力を低価格で提供できる動画制作会社、「Crevo株式会社(クレボ)」が運営しています。

サービス・商品紹介動画の関連記事

広告・PR動画の関連記事

幅広い表現を活用した動画制作・映像制作


動画制作の目的や課題、予算、コンセプトなどに合わせて最適な表現方法をご提案します。

人事同士で繋がる交流会@東京・六本木<Crevo・JHR共同主催>

人事・HR交流会 #02

日時

2024/5/23(木)19:00 ~ 21:00

人事同士で繋がる交流会@東京・六本木<Crevo・JHR共同主催>

日時

2024/5/23(木)19:00 ~ 21:00

人事・HR交流会 #02

動画制作・映像制作をご検討の方
まずはお気軽にご相談ください!

050-1742-3575(受付時間/平日10:00~19:00)

動画制作・映像制作のCrevoとは
動画制作会社Crevo(クレボ)は2,000社10,000件以上のアニメーション・実写動画を制作してきた実績をもとに低価格・高品質な動画でお客様のビジネス課題の解決にコミットします。パートナー企業とも連携をし、動画を掲載する先のLPやサイト設計・ユーザーを集客するための広告運用までサポート可能です。また、全体的なプロジェクト総予算の配分見直しを行った上で、企画段階からの制作も、YouTube動画編集を部分的に依頼したいなどの一部業務のご依頼も可能です。
サービス紹介、アプリ紹介、YouTube広告、SNS動画、TVCM、インタビュー、展示会、採用、学校紹介、会社紹介、ブランディング、マニュアル動画を制作するために最適なクリエイターをアサインしてプロジェクトチームを作り、適切な価格で制作いたします。