動画制作・動画マーケティング専門メディア「VIDEO SQUARE(ビデオスクエア)」

動画制作・動画マーケティングに関するノウハウや事例などを紹介するニュースメディア

動画マーケティングで動物を出演させるメリットや注意点とは?

笑顔の犬

動画マーケティングにおいて、各企業が趣向を凝らし、日々さまざまなコンテンツ制作に励んでいます。多くの人の目を引き、興味をもってもらうためには、動画に動物を出演させるのもその手法のひとつです。この記事では、動物を出演させている動画にみられる共通点や動物を登場させるメリットや参考事例を紹介します。

動物を出演させる動画の特徴

動物を出演させている動画は、数多くあります。たとえば、新商品のプロモーションや企業のブランディングなど、さまざまな動画で動物がキャストとして起用されています。それらの動画に共通するのは、商品の特徴や訴求したいメッセージに合った特徴をもっている動物やイメージに親和性の動物を採用しているという点です。動画のメッセージをよりわかりやすく訴求するために、実写ではなくアニメーション動画のキャラクターとして動物を登場させているケースもあります。

動画で動物を出演させるメリット

動画に動物を出演させることには、人物を起用した時とは違うメリットがあります。ここでは、企業にとって付加価値の高い3つのメリットについて説明します。

視聴者の印象に残りやすい

動物を動画に登場させるひとつ目のメリットが、視聴者の印象に残りやすいことです。犬や猫などの見た目やしぐさが愛らしい動物の動きは、つい目で追いたくなってしまいます。また、動物の特性は知られていない部分も多く、人間が驚くほど高い知能をもつ動物や不思議な行動をとるユニークな動物を出演させて、視聴者の興味を引くことも可能です。動物をきっかけにして視聴者に動画の印象を強く残すことができれば、最後まで動画を視聴してもらえる可能性も高まり、消費やサービスの認知度アップにもつながります。

エンゲージメント率向上につながる

2つ目のメリットが、エンゲージメント率の向上につながることです。一般的に、電化製品などテクノロジー系の商品の場合、特徴や機能を理解してもらうのが難しく、説明動画を作っても単調なストーリーになってしまい、最後まで視聴されないというケースも少なくありません。このように説明が難しいカテゴリーの商品でも、動画に動物を出演させることで視聴者が動画により興味をもつ場合があります。さらに、動画の視聴数が増えるだけでなく、動物に対する興味や関心から動画に対するコメントや質問が届くなど、エンゲージメント率向上にもつながりやすくなり、結果的に商品の購入につながる可能性を高めることもできます。エンゲージメント率とは、視聴者がどのくらい動画に反応を示したかを表す評価軸であり、動画の質的な効果を測定するうえでの指標のひとつとなります。

幅広いターゲット層に訴求できる

3つ目のメリットが、幅広いターゲット層に訴求できる点です。動物は子どもから高齢者まであらゆる世代に親近感をもってもらいやすく、性別に偏りも少ないといえます。最初に興味をもってもらう入り口としては有効です。結果として、男女問わず幅広い世代に商品やサービスを認知してもらいやすく、好感をもってもらえる可能性も高くなります。多くの人に認知してもらい、さらに好印象を残すことができれば、肝心の売上の向上にもつながります。

動物を出演させている動画事例

動物を出演させている動画事例は多くありますが、その中でも特に参考になる事例3つ紹介します。

本の情報サイト「好書好日」

出演:Crevo制作実績

ひとつ目は、動画制作サービスのCrevo(クレボ)が制作した、本の情報サイト「好書好日」のサービスサイト紹介動画です。色味を抑えた素朴で優しい雰囲気のアニメーション動画で、ウェブサイトにも登場する白い猫が「気分で本をえらぶ」というコンセプトを表現するのに一役買っています。猫の特性ともいえる好奇心の強さ、気になるものを前足で触るしぐさを取り入れ、目の前の本に興味をもった猫が前足で触って本を倒します。そして、猫が倒した本から「味わう、笑う泣く、旅する、恋する」などの気分を表すキーワードが飛び出してくる演出が印象的です。ユーザーの好奇心を刺激する「好書好日」と猫の特性がマッチした動画になっています。

「まずはここから!むねハムの乳がん’’かんたん’’セルフチェック」

出典:Crevo制作実績

2つ目に紹介するのも、Crevoが手がけた乳がんのセルフチェックの啓蒙動画です。より視聴者に興味をもっていただけるように、関西弁を喋るかわいいハムスターのキャラクターが案内役を務めます。ハムスターの特徴である膨らんだほっぺたを左右の胸に見立て、乳がんのセルフチェックのポイントややり方について詳しく説明するという遊び心のある動画です。愛らしいハムスターを全面的に押し出し、コミカルな演出も加えることによって、面倒というイメージのある乳がんのセルフチェックのハードルを下げることに成功しています。

電子書籍配信サイト「めちゃコミック」

出典:めちゃコミック[めちゃコミ]【公式】

3つ目が、電子書籍配信サイト「めちゃコミック」の紹介動画です。テレビCMでも人気のめちゃ犬と猫とのコラボレーションが愛らしく、癒やされる2匹の共演に思わず最後まで動画を見てしまいます。めちゃ犬はコミックが大好きという設定で、しっかりとスマホで漫画を楽しんでいるめちゃ犬に対し、漫画よりもおもちゃに関心をもつ猫の姿が対照的です。動画の後半では、実際の漫画のシーンも紹介されており、動画を見た人がきちんと漫画の続きを読みたくなるように誘導されています。

制作会社に動物を出演させる動画制作を依頼するときのポイント

制作会社に動物を出演させる動画の制作を依頼するうえでは、意識しておくべきポイントがあります。ここでは、3つのポイントに絞って説明します。

出演させる動物の特性を理解しておく

まず、出演させる動物の特性をよく理解し、本当にその動画にマッチしているのかという点を熟考することです。動物が登場する動画はすでに世の中にたくさんあるため、単に愛らしい動物を登場させれば注目されるというわけではありません。大事なのは、出演させる動物の見た目の特徴や習性などの特性を理解し、動物のイメージと商品のイメージに親和性があるかという点です。双方のイメージがうまく組み合わさりそうであれば、動画にその動物を登場させる意味があります。そして、その際には、できるだけその動物だけがもつ特徴を生かすような魅力的な演出方法を考えてみることが大切です。

実写にこだわらない

次に、実写にこだわらないことも大切です。もちろん臨場感が出るのは本物の動物ですが、猛獣や希少性の高い動物などを実際に登場させるのは困難です。また、制作したい動画のイメージを実現するためであっても、習性を無視して動物に負担のかかる撮影を行うことは避けましょう。本物の動物の起用が難しい場合は、実写にこだわらずアニメーション手法を取り入れるのもひとつです。アニメーションの場合でも、テイストによって動物の印象が大きく変わります。動画の中でその動物のどんな特徴を全面的に見せたいかなど、実現したいイメージを制作会社にしっかり伝えることが大事です。

動物がセリフを喋るシーンも取り入れる

最後に、動物にセリフを与えてみるという演出も時に効果的です。その動物にマッチするセリフを考えておき、ナレーションで実際に動物が喋っているような演出を加えることで、多くの視聴者が興味を引く可能性があります。その際には、声のトーンや喋り方を動物の雰囲気や特徴に応じて工夫するのがポイントです。たとえば、愛らしい子犬であれば、あどけない子どもの声や女性の高い声がよく合います。逆に、可愛いウサギの声が渋くて落ち着いているなど、あえてギャップをもたせることで印象を残すという手法もあります。

動画で動物を出演させるときの注意点

動画に動物を出演させるにあたっては、動物の習性を理解したうえで慎重に進めていく必要があります。動物は人間の言葉を理解することができません。飼い主が近くで見守っているとしても、大勢の知らない人がいる撮影場所に連れてこられたことによって、動物がパニック状態になってしまう場合もあります。結果として、撮影中に鳴き続ける、逃走しようとするなど、予期せぬ動きをする可能性もあり、撮影がスムーズに進まないというケースも想定されます。そのため、動物を出演させる場合は、余裕をもって撮影時間を確保しておくことが肝心です。撮影する環境やスタッフの人数、機材の物音など、動物のストレスにつながることには十分留意し、できるだけ動物に負担をかけない手法で撮影を行うようにしましょう。

動物の特性を理解してから動画に出演させよう

動物をうまく動画に登場させられれば、視聴者の印象に残りやすくエンゲージメント率向上にもつながる動画に仕上がる可能性が高まります。ただし、撮影にあたっては動物の特性を理解し、できるだけストレスにならない撮影を心掛けることが大切です。動画制作サービスのCrevoでも、動物を用いた動画の制作も手掛けており、撮影のポイントも熟知しています。動画に動物を出演させたい場合は、ぜひCrevoに相談してみてはいかがでしょうか。

動画制作サービスのCrevo

Crevoのプロデューサー
VIDEO SQUAREを運営するCrevo(クレボ)では、数多くの動画制作・映像制作にたずさわっています。国内外約5,000名のクリエイターネットワークを活かし、ご依頼ごとに最適な専属チームを作ります。また、はじめての動画制作でも安心のサポート体制が整っています。動画制作・映像制作ご検討の方はぜひお問い合わせください!

Crevoで動画制作・映像制作がしたくなったら…

・無料相談・お見積りはこちら

・資料ダウンロードはこちら

Crevoの関連サービス

アニメーション動画制作・映像制作

実写動画制作・映像制作

関連記事