動画制作・動画マーケティング専門メディア VIDEO SQUARE『ビデオ スクエア』

動画制作・動画マーケティングに関するノウハウや事例などを紹介するニュースメディア

SNSとの相性抜群!キャンペーン動画を活用してイベントを盛り上げる方法

SNSとの相性抜群!キャンペーン動画を活用してイベントを盛り上げる方法

新商品を販売する際などに実施されるユーザー参加型のキャンペーンは、企業にとってユーザーとの接点を増やせる貴重な機会です。より多くの参加者が集まることで話題となり、商品やサービスに興味を持ってくれる人の輪も広がります。キャンペーンを盛り上げるには、SNSとの相性がいい動画が便利です。この記事では、キャンペーンに動画を活用するメリットや具体的な活用方法について解説していきます。

キャンペーンに動画を活用するメリット

キャンペーンに動画を活用することのメリットは多くあります。ここでは、主に期待できる2つのメリットについて解説します。

クリックの手間がかからない

キャンペーンに動画を活用するメリットのひとつが、まずユーザーにとって簡単に知りたい情報にたどり着けるということです。インターネットの普及によって、世の中にはありとあらゆる情報が溢れています。そのため、ユーザーはできるだけ短時間で自分にとって有益となる情報かそうでないかを判断し、処理していく傾向にあります。つまり、知りたい情報にたどり着くまでに時間がかかるコンテンツにはストレスを感じやすく、たとえ見たい情報であっても途中で離脱してしまう場合もあるのです。

その点、動画であれば、キャンペーンの詳細を確認するためのクリックが不要であり、ページを開けば自動的に再生されます。ユーザーとしては、何もしなくてもキャンペーンの情報が入ってくるため、そのまま最後まで動画を視聴してもらえる可能性が高まります。

素早く情報を伝えられる

メリットの2つ目が、情報伝達力が高いということです。キャンペーンの内容によっては、文字情報だけでは内容を伝えきれない場合もあります。その点、動画では動きや音声、言葉などを組み合わせて説明できるので、少し複雑な内容であっても短時間でスムーズに伝えやすいのです。さらに、優れた表現力によって、ユーザーの興味を引くような魅力的なキャンペーンが行えるということもあります。しかし、尺が長いキャンペーン動画は好まれません。できるだけ数十秒以内にし、「どうしても伝えたいことだけ」をキャッチーな表現にまとめましょう。

キャンペーン施策における動画活用方法

まず、企業のウェブサイトにキャンペーン用の特設サイトを新設し、動画の再生画面を大きく表示しましょう。普段から企業のウェブサイトを訪問してくれているユーザーであればそれで十分ですが、参加者の幅を広げるためには、TwitterやInstagramなどのSNSも積極的に活用することが重要です。また、YouTubeに動画をアップしておくことで、YouTube検索によるキャンペーン参加も見込めます。できるだけ利用者の多いSNSと連携させて、キャンペーン動画の視聴や特設サイトへの誘導を促しましょう。

ただし、キャンペーンの主な対象者が企業の場合には、注意が必要です。企業によっては職場でYouTube動画が視聴できないよう制限をかけているケースがあるためです。ターゲットが限定されている場合は、特定の業種や企業に対して広告配信できるオフィスターゲティングを活用することで、より効率的に動画を告知できる場合もあります。

キャンペーン告知動画を制作する際のポイント

キャンペーン告知動画を制作する際には、共感・驚き・発見の3要素が織り込まれるように意識しましょう。動画にこの3つの要素を入れることで、視聴者から「自分に有用な情報だ」と感じてもらえる可能性が高まります。キャンペーンそのものを「自分のこと・仲間内のこと」として認識してもらうためには欠かせない要素であり、SNSで拡散させるためにも必要です。キャンペーン内容を「自分ごと」だと感じた視聴者が、SNS上で「自分の言葉」で、キャンペーンについて発信、拡散していってくれます。拡散の輪が大きくなることで世の中に認知され、結果として思った以上の高い反響が得られる場合もあります。

キャンペーン動画を広めるためのSNS活用方法

キャンペーンを立ち上げたときだけでなく、キャンペーン中は継続してSNSの投稿を行い、盛況感を演出することも大切です。企業担当者として、SNS上で起きていることをしっかりと把握して、停滞気味と感じたときにはカンフル剤となるような投稿を行いましょう。参加者からの質問に答えるなど、インタラクティブな対応もSNSには必要です。随時新規投稿を行っていくことで、まだ参加していない人への告知にもなります。

また、キャンペーン終了後のフォローも肝心です。たとえば、キャンペーンを通して投稿された動画や写真などを編集して、数値実績と共に特設サイトで共有してみましょう。いかにキャンペーンが盛り上がったかという実績報告になり、参加者への感謝の気持ちの表明にもなります。フォローを通じて参加者とより一層絆を深められるだけでなく、感想などをアップしてもらうことによって終了後にも継続してSNSでの露出が図れる場合もあります。最大限の効果を引き出すためには、キャンペーン動画は、事前の告知に力を入れるだけではなく、キャンペーン中やキャンペーン後のことも踏まえて設計することが大切です。

Twitterでキャンペーン動画を利用するメリット

世の中にはさまざまなSNSがありますが、特にキャンペーン施策で活用するといいのがTwitterです。ここからは、Twitterがキャンペーンに向いている理由について解説します。

キャンペーン情報の拡散速度が高い

キャンペーンにTwitterを活用するメリットが、利用者数の多さと拡散力です。日本におけるTwitterの月間利用者数は、2018年10月時点で約4500万人です。(We Love Social調べ)1人で複数のアカウントを保有している場合もあるでしょうが、人口の約3分の1がTwitterを使っているということになります。Twitterと利用者数を比較されることが多いのがFacebookですが、日本でのFacebook利用者数は、2018年10月時点で約2800万人です。Twitterの利用者数はFacebookと比べても格段に多く、幅広い世代へキャンペーンを認知、参加してもらいやすいといえます。

匿名性であり、短いメッセージが主体のTwitterは誰でも気軽に投稿しやすく、リツイート機能もあるため、SNSの中でも拡散力が非常に高く、拡散速度に勢いがあるのが特徴です。新商品や期間限定商品キャンペーンとの相性も良いので、キャンペーン動画やキャンペーンに関する投稿による新規フォロワーの獲得も期待できます。

ハッシュタグでキーワード化できる

Twitterを活用するうえで、便利な機能が「ハッシュタグ」です。ハッシュタグとは、投稿の際に特定のキーワードを付けることができる機能です。キャンペーン名そのものや、キャペーンに関するワードなど、キャンペーンの内容や趣旨を端的なキーワードによって拡散できます。ハッシュタグは主にユーザー側が検索用に使うものですので、ハッシュタグを付けておくことによって、多くのユーザーがキャンペーンを知る機会を増やせます。また、担当者自身が自分たちのハッシュタグに、どれだけの投稿が集まっているかを分析するのにも便利です。検索されやすく、覚えてもらいやすくするためには、できるだけシンプルで短いキーワードにするのがポイントです。

動画を利用するからこそのキャンペーン設計も大切

キャンペーン動画は多くの人に視聴してもらうだけでなく、できるだけ印象に残すための工夫も必要です。日々さまざまな情報が流れてくる中で、動画をユーザーの記憶に残すためには、独自性が重要です。ユニークな発想と仕掛けがある動画は、SNSで拡散されやすく、話題に上がりやすくなります。結果として、想定以上の参加者でキャンペーンが大盛況となる場合もあります。せっかく動画を使ってキャンペーンを行うのであれば、プロに頼んで、拡散されやすいハイクオリティの高い動画を作るほうが効果的です。850社以上の動画を制作し、動画制作に高いノウハウを持つCrevoでは、数多くのキャンペーン動画も手掛けています。キャンペーン動画の制作を検討している場合は、実績のあるCrevoを利用してみてはいかがでしょうか。

Crevoの関連サービス

テレビCM・プロモーションの動画制作・映像制作

Twitter広告の動画制作・映像制作

関連記事