動画制作・動画マーケティング専門メディア「VIDEO SQUARE(ビデオスクエア)」

動画制作・動画マーケティングに関するノウハウや事例などを紹介するニュースメディア

ドラコンやE.T.も登場?大切な人と過ごしたくなる厳選クリスマス動画

2019年クリスマス

こんにちは!VIDEO SQUARE編集長です。

もうすぐ、令和初のクリスマスがやってきますね!皆さんはどんなクリスマスを過ごす予定ですか?

今回の記事では、2019年の海外発クリスマス動画を厳選して5本お届けします。VIDEO SQUAREからの少し早めのクリスマスプレゼントになればうれしいです!

クリスマスプレゼントの大切さを思い出させてくれるドラゴンのエドガー

出典:John Lewis & Partners

イギリスの百貨店チェーン「John Lewis & Partners」は映画のワンシーンのようなクリスマス広告動画を公開しています。

イギリス人著者のルーシー・フェザーさんの著書「Excitable Edgar」に登場するドラゴンのエドガーと女の子のストーリーです。エドガーは興奮をすると、鼻から炎を出してしまう癖があり、周りからけむたがられてしまいます。

ある日、町のクリスマスツリーのお披露目の集会があり、エドガーと女の子は楽しみにしていました。エドガーは細心の注意を払っていたものの、炎を出してしまい、クリスマスツリーを燃やしてしまいます。自分のしてしまったことに罪悪感を感じ、その日からエドガーは家に引きこもってしまいます。

何とか元気を取り戻してほしい女の子は、あるアイデアを思いつき、そのお陰でエドガーは女の子と町の人たちと楽しいクリスマスのひとときを過ごすことができるのです。それはエドガーにしかできない特別なプレゼントでした。最後には、「Show them how much you care(大事な人に、自分にとってどれだけ大切か伝えよう)」というメッセージで動画は締めくくられます。

クリスマスプレゼントの買い物に賑わう百貨店らしさが垣間見られる、プレゼントの贈る大切さが伝わってくる1本になっています。大事な人であればあるほど、悩むクリスマスプレゼントですが、自分にとってどれだけその人が大切なのか伝えるためにプレゼントがあるという優しい気持ちを思い出せてくれる動画になっています。

E.T.が今年のクリスマス帰ってきた!技術は進歩しても変わらない友情

出典:Xfinity

アメリカのネット回線サービスや動画配信サービスを手がける「Xfinity」は、「A Holiday Reunion(休暇中の再会)」というタイトルのショートフィルムを公開しました。

スティーブン・スピルバーグ監督代表作「E.T.」の主人公が37年ぶりに、当時少年だったエリオットに会いに地球へ帰ってきたのです。エリオットはすっかり大人になり、父親として4人家族で暮らしているところにE.T.がやってきます。当時から技術が進歩し、エリオットも少年から父親になり、環境は変わったものの、二人の友情は変わらずにあります。最後には、「Reconnect for the holidays(休暇は家族に会いに行こう)」というメッセージとE.T.とエリオット家族との家族写真にほっこりする1本となっています。

動画内では、家族団らんで動画配信サービスの映画を楽しむ姿も描かれており、「つながろう」というメッセージに「Xfinity」の提供サービスが重なります。再会を通してつながる大切さが、E.T.を通してよりファンタジックに描かれています。筆者は「E.T.」は一番好きな映画なので、今回のエリオットとE.T.の37年ぶりの再会にはとても感動しました!

クリスマスならではの父親の優しい嘘と娘の大人な気遣い

出典:Bouygues Telecom

フランスの通信会社「Bouygues Telecom」は、クリスマスだからこそ生まれた父親と娘のやりとりを描いた動画を公開しています。

ある日、女の子はサンタクロースにつながる電話番号を母親からもらうシーンから始まります。「本当にサンタさんにつながった!」と、女の子は嬉しさを隠しきれません。その日から彼女はことがあるごとにサンタクロースに電話をかけつづけます。実は、父親が電話の相手なのですが、父親は娘に悟られないように一生懸命サンタクロースのマネをして電話口で話します。

女の子が楽しみにしていたクリスマス当日も、父親の携帯電話には娘からの電話がかかってきます。電話に出ると、「お父さん、メリークリスマス」と聞こえ、後ろを振り向くと娘が待っているのです。娘は、電話の相手が父親であることをある時から気づいていながらも、クリスマス当日まではいわなかったのです。

「A Noël, partagez ce qui compte vraiment(クリスマスは、本当に大切なものを共有しよう)」というメッセージで、電話を通して時間を共有した娘と父親のやりとりを印象づけています。

通信会社だからこそ、共有することの大切さを伝えた1本です。どんな場所でも電話にはサンタクロースとして出る父親の優しい嘘と、クリスマス当日までは父親であることを知っていたことを伝えない娘の気遣いに心が温まります。

2匹の蜂を通して描く自分を信じることの大切さ

出典:Erste Group

オーストリアの総合金融機関「Erste Group」による2匹の蜂を主人公にした3DCGアニメーションで描かれたクリスマス広告動画です。

翼が小さいことで、空を飛べずに悩む蜂のハナが主人公です。飛べないことに落ち込みながらも、飛びたいという想いが強く、ハナは決して諦めません。ハナの友達も常に支えながら毎日を過ごします。そして、クリスマスのある日、ハナはクリスマスプレゼントを友達にもらい、お礼としてほっぺにキスをすると、2匹に魔法がかかり飛べるようになるのです。「#believeinlove(#愛を信じよう)」「#believeinchristmas(#クリスマスの魔法を信じよう)」「#believeinyourself(#自分を信じよう)」の3つのハッシュタグで優しく動画は終わります。

諦めずに自分を信じ続けることで無謀だと思えることも叶えられるという力強いメッセージが感じます。

遠距離恋愛中の男性カップルに訪れたクリスマス

出典:Anzara – Video Production

イギリスの動画制作会社「Anzara」の制作したクリスマス動画「Made For You(あなたのために)」です。

遠距離恋愛をしている男性カップルが主人公です。ビデオ電話を通して頻繁に連絡を取り合うものの、離れていることでどこか寂しさを感じる二人がいます。

そんなある日実家でクリスマスを過ごしているところに、彼がサプライズで現れ、嬉しさを噛みしめる二人が描かれ、「MERRY CHRISTMAS from Anzara(メリークリスマス Anzaraより)」というシンプルなメッセージで動画は締まります。

「あなたのために」というタイトルの本動画は、全ての人にとって素敵なクリスマスでありますようにというシンプルだけどまっすぐなメッセージを感じます。

素敵な2019年のクリスマスをお過ごしください

イギリス・アメリカ・フランス・オーストリアの4カ国のクリスマス動画を5本紹介させていただきました!「クリスマス」という家族や大切な人たちが集まる時期に合わせてメッセージを発信することで、より多くの視聴者共感してもらえるのではないかと思います。

皆さまにとっても素敵なクリスマスになることを願っています!

動画制作サービスのCrevo

Crevoのプロデューサー

VIDEO SQUAREを運営するCrevo(クレボ)では、国内外約5,000名が登録している独自のクリエイターネットワークを生かして、数多くの動画制作・映像制作にたずさわっています。動画制作・映像制作ご検討の方はぜひお問い合わせください!

Crevoで動画制作・映像制作がしたくなったら…

・無料相談・お見積りはこちら

・資料ダウンロードはこちら

関連記事