動画制作・動画マーケティング専門メディア「VIDEO SQUARE(ビデオスクエア)」

動画制作・動画マーケティングに関するノウハウや事例などを紹介するニュースメディア

SNSで話題!TEPCO速報のPR動画「あなたの見守りたい人は誰ですか?」

駄菓子屋さんで話す高校生とおばあちゃん

こんにちは!VIDEO SQUARE編集長です。
「YouTube広告で初めてスキップせずに全部見た」「こういう広告がもっと増えたらな」と、最近ある動画広告が話題になっています。筆者も最後まで思わず見てしまい、じーんとしてしまいました。それは「TEPCO速報」の動画広告です。今回は、そんな注目の動画広告の魅力について見ていきたいと思います。

「TEPO速報」とは

今回の動画でポイントとなる「TEPCO速報」とはどんなサービスなのでしょうか。「TEPCO速報」は、東京電力ホールディングスが手がける、停電・雨雲・雷雲・地震情報をプッシュ通知でお知らせするアプリになっています。では、早速話題の動画を見てみましょう!

「変わらないこと篇」

出典:東京電力ホールディングス株式会社

中学校の卒業をきっかけに疎遠になった2人の女子高校生のお話です。2人は中学生の頃はよく近所の駄菓子屋さんに足を運んでいました。そこには、いつも見守ってくれるおばあちゃんがいました。高校生になった2人は違う高校に進学し、一緒に駄菓子屋さんに行くこともおばあちゃんに会うこともなくなり、駄菓子屋さんも閉店してしまいます。そんなある日、悪天候をきっかけに2人の街で停電が発生します。ふとおばあちゃんのことが心配になった女子高生は、急いで駄菓子屋さんに向かうとそこには同じことを考えていた仲良かった友人がいました。疎遠になってしまっていたと寂しさを感じていた女子高生でしたが、そこには変わらずに接してくれる友人とおばあちゃんがいました。そして、最後に「あなたの見守りたい人は誰ですか?」というメッセージと、変わらずにいた2人に会えた嬉しさを噛みしめる女子高生の姿で動画は終わります。

思わず最後まで見てしまうわけは

本動画は、なぜここまで視聴者の心に残る動画になったのでしょうか。ここでは、最後まで思わず見てしまうその背景について見ていきたいと思います。

続きが気になる最初の5秒

YouTube動画広告には、最初の5秒が流れた後にスキップできる「スキップ可能な動画広告(以前のTrueViewインストリーム広告)」があり、YouTube動画広告のメインともいえます。視聴者は、5秒見た後に続きを見るかスキップするか選択を委ねられます。そのため、いかに冒頭で視聴者の興味をひくことができるかが重要となります。

本動画は、2人の女子高生がすれ違うシーンから始まります。最初の5秒で、「2人がどんな関係だったのか気になる!」と視聴者が思わず続きが見たくなる演出がなされています。

懐かしさを感じる駄菓子屋さん

本動画では駄菓子屋さんがストーリーのポイントとなっています。今は少なくなった駄菓子屋さんを舞台にすることで、幼少期や青春期の思い出がよみがえり、懐かしさを感じる視聴者も多いのではないでしょうか。筆者の場合ですが、懐かしさを感じると忙しい毎日でもふっと肩の力が抜けて優しい気持ちになります。そんな気持ちになった視聴者も多かったのではないでしょうか。

おばあちゃんとの温かいやりとり

今回の動画では、「TEPCO速報」をきっかけに女子高校生2人とおばあちゃんが久しぶりの再会を果たします。中学生の頃は見守ってくれていたおばあちゃんのことが心配になり、見守りたくなる立場になった女子高校生2人が印象的です。その一方で、おばあちゃんから見ると2人は変わらず見守りたい存在でいます。「TEPCO速報」のサービスの軸である「大事な人を見守る」というメッセージがこの3人のやりとりから垣間見られます。そして、「あなたの見守りたい人は誰ですか?」というメッセージがより視聴者に響くのではないでしょうか。

筆者のおすすめ「似てない父娘篇」

本動画「変わらないこと篇」は「TEPCO速報」のウェブムービーシリーズの5つ目のストーリーとなっています。そんな中、筆者のおすすめは「似てない父娘篇」です。

出典:東京電力ホールディングス株式会社

似てない父娘のお話です。お互いの似てない部分が紹介される中、ひとつだけ似ているのが雷が嫌いなところでした。ある日、悪天候で大きな雷が鳴り、「TEPCO速報」で雷雲が近づいていることを2人は知ります。そこで、娘から心配のメッセージが父に届き笑顔になる父がいます。筆者はそんな娘への父の返信にウルっときてしまいました。詳しくは、ぜひ動画をご覧ください!

似てなくても見守りたい存在は一緒

本動画でも、「変わらないこと篇」と同じく最初の5秒にストーリーの魅力があります。幼少期の娘と父の雷を怖がる姿がそっくりなのです。そして、娘が大人になってからも、父が年を重ねてもその姿は同じなのでした。また、雷が鳴り、お互いの心配をするシーンから性格は似てなくてもお互いのことが心配なことは一緒なのだというメッセージが「TEPCO速報」の通知から垣間見られます。

視聴者に考えるきっかけを与えられるストーリーを

2018年2月に「すれ違い篇」が公開されてから、「おまじない篇」「素直な自分篇」「似てない父娘篇」「変わらないこと篇」と公開されています。恋人、母娘、友人、父娘と立場は違っても全ての動画では、「あなたの見守りたい人は誰ですか?」というメッセージが共通しています。

「TEPCO速報」のプロモーションはもちろんのことながら、自分によって見守りたい人は誰なのか考えるきっかけを作るストーリーになっています。一方的にサービスの魅力を伝えるだけでなく、なにか視聴者で考えるきっかけを与えられる動画はこれからも視聴者の心に残るのではないでしょうか。

動画制作におすすめのCrevo

Crevoのプロデューサー
VIDEO SQUAREを運営するCrevo(クレボ)では、数多くの動画制作・映像制作にたずさわっています。国内外約5,000名のクリエイターネットワークを活かし、ご依頼ごとに最適な専属チームを作ります。また、はじめての動画制作でも安心のサポート体制が整っています。動画制作・映像制作ご検討の方はぜひお問い合わせください!

Crevoで動画制作・映像制作がしたくなったら…

・無料相談・お見積りはこちら

・資料ダウンロードはこちら

Crevoの関連サービス

YouTube(True View)広告の動画制作・映像制作

関連記事

YouTubeのCM人気ランキングベスト10

機内安全ビデオで「魅せる」企業ブランディング

関連記事