動画制作・動画マーケティング専門メディア「VIDEO SQUARE(ビデオスクエア)」

動画制作・動画マーケティングに関するノウハウや事例などを紹介するニュースメディア

企業担当者必見!プロモーションビデオの幅広い用途と事例を解説

PR

「プロモーションビデオ」というとどんな動画を連想されますか?ミュージックビデオをイメージする人も多いのではないでしょうか。しかし、実際にはその用途は音楽業界だけにとどまりません。

この記事では、プロモーションビデオの幅広い用途について実例と制作を依頼する際のポイントも交えながら紹介します。

プロモーションビデオとは

プロモーションビデオとは、広義の意味では宣伝・販売促進用のビデオのことを意味します。歌手が新曲をリリースするときの宣伝用のミュージックビデオを指すことも多いです。しかし、実際にはプロモーションビデオの用途は幅広く、商品や企業、ゲームの紹介など非常に幅広いコンテンツに活用されているのです。

映像を通じてプロモーションすることで、文字や画像のみの訴求と比べると直感的に伝えたい情報が伝わりやすく、高い宣伝効果が期待できます。

プロモーションビデオの用途

プロモーションビデオに具体的にどのような用途があるのかについて紹介していきます。

音楽のプロモーションビデオ

まず、楽曲紹介のビデオがあげられます。歌手が新曲をリリースするタイミングで発表されることが多く、販売促進を主たる目的としています。

音楽業界では曲の世界観を表現するうえでプロモーションビデオは重要な役割を果たしています。歌手自体を知らなくても、テレビやSNS上で偶然目にしたプロモーションビデオがヒットのきっかけになることも少なくありません。

観光のプロモーションビデオ

プロモーションビデオは観光地の誘致にも使われています。多くの市区町村や観光協会が主体となり、各地の魅力を盛り込んだプロモーションビデオの制作に力を入れています。映像によって、画像や文字情報だけでは共有しきれないその土地の雰囲気や空気感をリアルに訴求することが可能になり、言語に依存しないのでインバウンドにも効果的です。

訴求力を高めるために、映像を親しみやすい歌にのせたり、その観光地にしかないユニークなスポットを紹介したりする動画も増えています。短編映画仕立てにして、ほかのプロモーション動画との差別化を図る方法も有効です。

企業・商品のプロモーションビデオ

企業がプロモーションビデオを自社のプロモーションに活用することは、珍しくありません。企業がプロモーションビデオを制作する主な目的は、自社のブランドイメージの訴求や具体的なサービスや商品の紹介です。自社の認知拡大や販売促進につなげやすくなります。

プロモーションビデオは、自社サイトに掲載されたり、広告として配信される他にも、新商品の発表イベントで使われたり、営業時ツールとして顧客の説明に使われたりすることもあります。企業の採用活動においても、こうしたプロモーションビデオが活用されています。

教育機関のプロモーションビデオ

教育機関でも、学校の認知拡大や学生の誘致のために制作するケースが増えています。少子化の影響もあり、知名度の高い大学でも、プロモーションビデオの制作に注力していることが多いです。学校単位で制作することもあれば、学生数の多い大学では、学部単位で制作する場合もあります。

教育機関の場合は実際の学校の施設や設備を紹介したり、学生を紹介したりすることで、入学後の姿をイメージしやすくするストーリーを取り入れているケースが多いです。

イベントのプロモーションビデオ

イベントのプロモーションの一環としてプロモーションビデオが制作されることもあります。映像を通じてイベントのコンセプトを具現化してSNSやウェブサイトに掲載し、視聴者にイベントに興味を持ってもらうことを目的としています。

たとえば、革新性を表現するのにモーショングラフィックを活用したり、和太鼓を取り入れて世界に向けて日本のイベントであることを強調したりといった工夫が見られます。

団体のプロモーションビデオ

協同組合や一般社団法人などの団体がプロモーションビデオを制作するケースも増えています。こうした団体の場合は、営利目的よりも団体そのものや行っている活動の認知拡大のために制作されるケースが多いです。

たとえば、医療サービスに関する内容であれば、親しみやすいタッチのアニメーションを使ってサービス内容を体系的に説明すると効果的です。どういう方が対象であり、どんなサービスを受けられるのかがわかりやすく伝わるので、紙媒体の説明よりも視聴者に安心感と信頼感を与えることができます。

アプリ・ゲームのプロモーションビデオ

アプリ・ゲームのプロモーションビデオでは、ゲームやアプリのリリースにあわせて販売促進を目的として制作される、「ティザー広告」があります。アプリ・ゲームのプロモーションビデオでは、ゲームやアプリ独自の世界観を短い尺で表現することに注力しています。

プロモーションビデオの動画事例

プロモーションビデオがさまざまな分野で活用されていることを理解したところで、ここからは実際のプロモーションビデオの事例を3つ紹介します。いずれも動画制作サービスのCrevo(クレボ)が手がけた動画となっています。

商品のプロモーションビデオ「LUNA mini2」

出典:Crevo制作実績

スキンケア美容家電「LUNA mini2」のプロモーション動画です。店頭での放映も想定し、「LUNA mini2」の世界観も感じられるように実写映像メインで制作しています。働く女性をターゲットに、洗顔を短時間でより効果的に行える商品を訴求しています。

商品の機能説明にはわかりやすいアニメーションが取り入れられており、動画で商品の特徴やメリットを理解することができます。

大学のプロモーションビデオ「杏林大学総合政策学部」

出典:Crevo制作実績

教育機関のプロモーションビデオのユニークな事例です。急速に変化する社会に対応できる課題解決型の人材を養成するという学部の目的を、RPGに見立てた動画で表現しています。

魔王リアルシャカーイを倒そうと試みるものの、装備が足りず逃げ出してしまう勇者が主人公です。現代社会では、複数の学びを組み合わせることで、養われる複合的な視点が必要だということが押しつけ感なく伝わります。キャッチーでオリジナリティのある世界観を作り上げることで、視聴者に興味を持たせ、認知拡大を図っています。

ゲームのプロモーションビデオ「荒野行動」

出典:Crevo制作実績

スマホゲーム「荒野行動」のプロモーションビデオです。

若者をターゲットとしているため、あえてバトルの場を身近な学校に置きかえています。バトルの臨場感を訴求しながらも、舞台を学校にすることでターゲットに親近感をもってもらいやすい見せ方になっています。

プロモーションビデオを制作する際のポイント

プロモーションビデオを制作する際のポイントは、まず目的を明確化することです。目的が定まっていないとターゲットも明確になりませんし、それに見合った見せ方も定まりづらくなります。

潜在顧客に広く商品を知ってもらいたい場合は、SNSで拡散されやすいユニークなコンテンツ型の動画が相性良いかもしれません。商品の製造工程やこだわりを訴求したいのであればドキュメンタリー風の動画にしてみるのも一手です。また、動画にストーリー性を持たせ、視聴者に「最後まで見たい」「もっと見たい」と思わせる工夫をすることも大切です。

プロモーションビデオを自社のプロモーションに取り入れよう

プロモーションビデオには幅広い用途があり、企業でも積極的に活用していくことが望まれます。動画制作サービスのCrevoでも、企業用のプロモーションビデオの制作を数多く手がけています。プロモーションビデオの制作を検討している場合は、ぜひご相談ください!

動画制作サービスのCrevo

Crevoのプロデューサー
VIDEO SQUAREを運営するCrevo(クレボ)では、数多くの動画制作・映像制作にたずさわっています。国内外約5,000名のクリエイターネットワークを活かし、ご依頼ごとに最適な専属チームを作ります。また、はじめての動画制作でも安心のサポート体制が整っています。動画制作・映像制作ご検討の方はぜひお問い合わせください!

Crevoで動画制作・映像制作がしたくなったら…

・無料相談・お見積りはこちら

・資料ダウンロードはこちら

Crevoの関連サービス

アニメーション動画制作・映像制作

実写動画制作・映像制作

 

関連記事