動画制作・動画マーケティング専門メディア「VIDEO SQUARE(ビデオスクエア)」

動画制作・動画マーケティングに関するノウハウや事例などを紹介するニュースメディア

タクシー利用者にアピールしよう!タクシーで動画広告を流すメリットとは?

乗客を乗せるタクシー

タクシーや電車などでの移動中に、つい車内広告に目がいってしまったという方も多いのではないでしょうか。中でも、タクシーの車内で流れる動画に注目が集まっています。この記事では、移動手段のひとつであることと、動画という目につきやすい広告であることの両方のメリットを活かせる、タクシー広告用動画のメリットや事例を紹介します。

タクシーで流れる車内動画の目的と仕組みとは

タクシー車内で配信される動画広告は、乗客が目的地まで移動する間に動画広告を見てもらうことを目的としています。乗車時間も限られていますので、乗客がタクシーの車内にある広告に注目する時間も状況によって異なります。そのため、どのように視線を広告に向けるかが重要になります。そういった点から見ると、静止画やテキストの広告に比べて動画は視聴者に印象が強く残るので、タクシー内での広告として有効だといえます。

では、どのようにして動画を流すのでしょうか。最もよく使われているのが、タブレット端末を使ったものです。タクシーは絶えず動いているので、映像を映し出すデバイスにかかる負担も大きくなります。しかし、強固で使い勝手の良いタブレットであればコストパフォーマンスもよく、タクシーの中でもクオリティを下げずに映像を映し出すことができます。タブレット端末は、乗客が座るタクシーの後部座席から見える位置に設置されます。タブレットの画面で、乗客に動画を見てもらう仕組みになっています。

タクシーで動画を流すメリット

タクシーで動画を流すメリットはどこにあるのでしょうか。さまざまな広告手法がある中で、タクシー車内で見るからこそのメリットがあります。

じっくりと見られやすい

電車やバスなどの交通手段の場合は必ずしも乗客が座っているとは限りませんが、タクシーの場合は、必ず乗客は座っています。そのため、動画をじっくり見てもらえる可能性が高くなります。また、乗車中は手がふさがっていることが少ないことも有利に働きます。広告を見た後に、気になる情報はすぐにメモを取ったり、スマホで検索したりすることもできます。このように、流れる動画をしっかりと見せる環境が整っていることがメリットのひとつです。

パーソナルな空間で動画を見てもらいやすい

車内広告が流れるタブレット端末は後頭部席から見える場所に設置されており、視界が遮られることがないのは動画を見る環境に適しているといえます。また、もともと動画を見ようと前向きな意思がなかったとしても、自然と動画が目に留まりやすい環境でもあります。その上、タクシーはパーソナルな環境なので音声を流すことができ、音声付きでの訴求が期待できます。音が聞こえることで、より動画に気づいてもらいやすくなりますし、動画の内容もストレートに伝えることができます。

インバウンドにも訴求ができる

タクシーの利用者の中には、普段の交通手段としてだけでなく、観光などで利用する場合もあります。特に近年ではインバウンド旅行者の利用が急激に増えています。海外からのインバウンド旅行者向けには、端末に翻訳機能を搭載することで、有効に活用することができます。言葉をそれぞれ訳して表記したり、音声データにしたりすることはインバウンド対策では大変有効です。その上、動画は言葉がわからなくても、映像で情報を伝えることが可能です。翻訳機能がない場合であっても、映像だけで理解できる広告展開も考えられます。さらに、動画の中でインバウンド旅行者を意識して文字を多言語で表記すれば、より一層多くの利用者の目にとまります。

タクシー用の広告動画事例

では、実際にどういったタクシー動画広告があるのでしょうか。より鮮明なイメージを作るために、ここでは、タクシーの動画広告事例を紹介します。

人材育成サービス「shouin(しょういん)」

出典:Crevo制作実績

動画制作サービスのCrevo(クレボ)の制作した人材育成サービス「shouin(しょういん)」のサービス紹介動画では新人、店長、本社スタッフという立場の異なる3者の視点から、提供するサービスについて説明されています。視聴者のサービスの理解を促進することにこだわり、それぞれがどのような点に魅力を感じるかをわかりやすく明確に伝えています。

採用支援ツール「engage(エンゲージ)」

出典:engage [エンゲージ]

これは何だろうと、つい目が釘付けになってしまうアメコミ風のテイストが印象的な本動画は、サラリーマンの移動手段として活用が多いタクシーだからこそより一層のインパクトを与えことができます。採用支援ツールのプロモーションにはぴったりの環境といえます。映像の中に出てくる2人の駆け引きを、思わず見入ってしまい、セリフをしっかりと読んでしまうほどに、入りこめるストーリー展開が特徴になっています。

スキマ時間でおトクな体験ができるアプリ「タイムバンク」

出典:タイムバンク運営事務局

タクシーの中で見せる動画広告では、降車してからも印象に残るキーフレーズが大きなインパクトを与えます。スキマ時間でおトクな体験ができるアプリ「タイムバンク」のタクシー広告用動画では、「他人にあわせて生きる時間」「好きな時間を取り戻す」という印象に残るキーフレーズが使われています。時間の節約のための利用も多いタクシーだからこそ乗客にとって身近に感じるニーズとしての見せ方に特徴があります。

 タクシーで流す動画の制作するときのポイント

タクシーという独特な空間の中で流す動画はどのようなものが効果的なのでしょうか。タクシー用広告動画を制作する際に、動画制作会社に依頼する時に気にしておきたいポイントを紹介します。

ターゲットと配信エリアを決めておく

広告の対象となるターゲットに関しては、タクシーにおいてもしっかりと考えておかなければなりません。タクシーはエリアによって乗客層が異なりますので、ターゲットとする視聴者がどのエリアでよく利用するかを事前に調査しておくことも大切です。まずターゲットを事前に明確にし、そのターゲットが多くいるエリアで配信するという方法でより効率的な広告配信を狙います。たとえば、富裕層をターゲットにするのであれば、富裕層がよくタクシーを利用するエリアを回っているタクシーで配信することでより動画の効果を見込める可能性が高いです。

動画を活用してタクシーでも自社の商品を宣伝しよう

タクシーの車内では、商品やサービスを動画を使って紹介する場としてとても良い場所です。動画を配信することで、利用者に自社の商品をしっかりとアピールすることができます。動画制作サービスのCrevoでも、タクシー用の広告動画を制作しています。ぜひ、ご検討の際はご相談ください!

動画制作におすすめのCrevo

Crevoのプロデューサー

VIDEO SQUAREを運営するCrevo(クレボ)では、数多くの動画制作・映像制作にたずさわっています。国内外約5,000名のクリエイターネットワークを活かし、ご依頼ごとに最適な専属チームを作ります。また、はじめての動画制作でも安心のサポート体制が整っています。動画制作・映像制作ご検討の方はぜひお問い合わせください!

Crevoで動画制作・映像制作がしたくなったら…

・無料相談・お見積りはこちら

・資料ダウンロードはこちら

Crevoの関連サービス

デジタルサイネージの動画制作・映像制作

関連記事

デジタルサイネージ動画はこう作る!メリットや制作事例を徹底紹介

関連記事