動画制作・動画マーケティング専門メディア「VIDEO SQUARE(ビデオスクエア)」

動画制作・動画マーケティングに関するノウハウや事例などを紹介するニュースメディア

動画プロモーションとは?メリットとデメリット、活用方法や事例を紹介

動画プロモーションは今やマーケティングの定番の手法になっています。この記事では、動画プロモーションを活用するメリットや活用方法を用途別に実例を交えながら詳しく紹介します。

動画プロモーションとは

まずは、動画プロモーションの定義について説明します。動画プロモーションとは、「動画を活用して広告宣伝活動をおこなうこと」です。

“文字を読んで理解する”など、観る人の能動的なアクションが求められる静止画と比べて、受動的な人にも届きやすいことから、近年、動画プロモーションを活用する企業が増えています。また、インターネットの普及によって視聴者にとって動画が身近な存在になったことも、動画プロモーションが増えている理由です。

動画プロモーションのメリット

短時間で多くの情報をアピールできる

動画プロモーションのメリットは、短時間で多くの情報をアピールできることです。

動画は一度の情報だけで視聴者側の文章を読む手間を省くことができるので、視聴者は情報を瞬時に理解しやすくなります。短時間で内容の濃い情報を得られるため、発信する企業としては自社の魅力をアピールしやすいのです。

細かなニュアンスや雰囲気まで伝えられる

文字や画像では伝えきれないような細かなニュアンスや雰囲気まで伝えられる点もメリットです。

そのため、類似商品があった場合には動画を活用することで差別化しやすくなるでしょう。ほかの商品では伝えきれていないような、音や商品の使い方、消費者の声などは動画にすることで雰囲気をあわせて伝えることが可能です。

視覚と聴覚の両方に訴えかけられる

動画は、視覚と聴覚の両方に訴えかけることができるので視聴者の記憶に残りやすいというメリットもあります。

視覚は字幕のテロップを強調したい場所で挿入することがいいでしょう。聴覚に訴えかけるためには、自社商品やお店のイメージに合わせたBGMを動画内に加えることで自分たちが持ってもらいたいイメージを相手に与えることにもつなげることができるでしょう。

明るい親しみやすいイメージや落ち着いた高級感のある雰囲気など、その商品に合わせたBGMが大切になります。音を通して、相手の印象に残りやすくなります。その結果、購買という行動につながっていく効果も期待できます。

SNSで拡散されやすい

プロモーション動画は、文字や静止画といったシンプルなものに比べて、視聴者の記憶に残りやすいです。

視聴者に強いインパクトを与えることで、SNSで拡散され“バズる”可能性があります。その結果として、フォロワー数が増えたり、自社の認知度が上がるといった効果が期待できるでしょう。視聴者の感性をくすぶることで、思わぬ宣伝効果を生むこともあるのが大きなのメリットです。

情報量が多い

効果的なプロモーションをするためには、限られた空間でより多くの情報をユーザーに提供することが大事です。

テキストのみの広告の場合、情報を詰め込みすぎると読み手に飽きられてしまうため、最低限の言葉で宣伝しなければなりません。一方で、動画を活用したプロモーションなら、短い時間で多くの情報を伝えられるのがメリットです。動画になると文字や画像に音声も加わるため、視覚と聴覚の両方で訴えかけることができます。

何度でも使える

動画の制作は手間がかかる一方で、一度作れば何度でも使うことができるのはメリットです。

対面営業やオンラインだけでなく、イベントや展示館でも使えるでしょう。繰り返し使えるということは、プロモーションするためのツールに困る必要がなく、新たに広告などを作成するといった手間や時間もかからずに済むこともメリットといえるでしょう。

動画プロモーションのデメリット

動画プロモーションの活用にはメリットだけでなく、企業にとってデメリットもあることを理解しておかなければなりません。ここでは、特に注意すべき2つのポイントと、それぞれの対策について詳しく紹介します。

技術力が必要になる

社内に動画制作のノウハウがなく、取り組むためのハードルが高いことはデメリットの一つです。

初心者が調べながら制作しても「動画のクオリティが低い」「目的と演出がかみ合わない」といったことが起こるでしょう。そのため、時間をかけて動画制作をしたにもかかわらず、予想していた効果が見込めないといったケースも少なくありません。自社で動画を作るのは高い技術力が必要なため、制作会社に外部委託することをおすすめします。

悪印象を与えてしまうことも

動画プロモーションの効果はその質によって大きく左右されます。メリットの一つに「SNSで拡散されやすい」ことを挙げましたが、これは悪いケースにも当てはまります。

クオリティの低い動画や不適切な内容を含む動画は、視聴者に悪い印象を与えてしまい、拡散されてしまえば予期せぬダメージになることもあるでしょう。それを防ぐためにも、質の高い動画を制作できるプロに依頼するのがベターです。

動画プロモーションの活用方法

プロモーション動画をユーザーに視聴してもらうための媒体はさまざまです。ここでは、制作したプロモーション動画が集客につながる有効的な8つの活用方法を紹介します。

YouTube(ユーチューブ)

まずは、YouTubeに自社のチャンネルを作って動画を掲載する方法です。

プロモーション動画を定期的に更新することでユーザーへの認知度アップにつながり、ファン作りが期待できます。また、過去の動画も一覧からすべて見られるので、見やすさという点では利点といえるでしょう。ただし、YouTubeは毎日たくさんの動画が更新されており、埋もれてしまう可能性があります。解決策として、SNSを上手に活用しながらPRすることをおすすめします。

Facebook(フェイスブック)

国内で約2,600万人が利用するFacebookでの投稿も動画プロモーションの活用方法の一つです。

Facebookは20~40代のユーザーが多く、SNSのなかでは比較的年齢層が高めなのが特徴です。また、原則として実名での登録なので、ユーザー情報の信頼性が高いこともあり各社がプロモーションを行っています。また、「いいね」した投稿は友だちにも通知されるため、コンテンツが拡散されやすいのも特徴です。

Instagram(インスタグラム)

10~20代の若い女性を中心に人気のInstagramも、動画プロモーションの活用に向いているメディアです。

特に、女性をターゲットにした商品やサービスを扱っている企業に適しているでしょう。Instagramでは写真と動画の両方を活用した視覚的な訴求ができるため、海外ユーザーへもアプローチできるのは魅力です。

LINE(ライン)

国内だけでも8,300万人のユーザーを誇るLINEを活用した動画マーケティングも有効です。

LINEは登録者の8割以上が毎日利用しているほど、アクティブユーザーが多いのが特徴。LINEで動画を掲載する方法は企業アカウント内での配信と、LINE動画広告の2つです。特にLINEで動画広告を出す場合、LINE NEWSやタイムライン、LINEマンガなど豊富な配信先があることが魅力です。そのため、新規ユーザーを獲得しやすいメリットがあります。

TikTok(ティックトック)

15~60秒のショート動画を手軽に制作・投稿できるTikTokは若年層を中心に人気の高いSNSです。

中高生をはじめとした若年層にリーチできるため、プロモーション動画を利用したSNSマーケティングとしてTilTokを活用する企業は増え続けています。また、TikTokは動画に特化したSNSであるため、他のSNSよりもユーザーが動画を視聴する傾向にあります

自社のWebサイト

自社のWebサイトに制作した動画を埋め込むことも活用方法の一つでしょう。

自社サイトにプロモーション動画そのものを埋め込むだけでなく、YouTubeに掲載したプロモーション動画を埋め込む方法もあります。自社のWebサイトですので、YouTubeに掲載して埋もれる心配はないものの、自社のWebサイトの集客力がなければ、プロモーションとして成り立たない懸念はあります。

イベント、展示会

オンライン・オフラインのイベントや展示会などでプロモーション動画を活用する方法もあります。

自社のブースなどで、制作した動画を流すことで効率的な宣伝が可能です。動画の内容だけでなく音楽やナレーションなどを工夫することで、人目を惹きやすくなるでしょう。通常の展示会からオンラインでのイベントまで幅広く活用できることも動画のメリットです。ただし、あくまでも参加者にしか見てもらえないため、広く拡散されることは期待できません。

OOH広告

駅前などに設置される街頭ビジョンからラッピングカー、駅構内や電車内で流れるデジタルサイネージ、タクシーに乗ってるときに流れる動画まで、屋外に設置された広告をOOH(アウト・オブ・ホーム)広告と呼びます。

広告を設置する場所によってターゲットを絞れる点がメリットです。また、OOH広告が通勤や通行エリアにあれば、広告の印象が残りやすくなります。

動画プロモーションの活用事例

動画を使った販促においていくつかのポイントがあります。ここでは、実際に動画プロモーションを活用する方法について具体例を挙げながら詳しく説明します。

<関連サービス>Crevo(クレボ)の動画制作・映像制作実績

企業ブランディング動画

動画プロモーションは、企業のブランディングを高めるのに活用することができます。具体的な企業プロモーション動画の活用方法と事例について見ていきましょう。

活用方法

動画には訴求力が高いという特徴があるので、企業のブランディングやプロモーションに活用できます。インターネットの普及によって、さまざまな企業の広告がネット上に掲載されています。そのなかで、オリジナリティにあふれた動画を制作することができれば、自社ならではのイメージを視聴者に訴求することができるのです。消費者が商品やサービスの購入を行う場合には、商品が持つ機能面や費用面だけではなく企業自体のブランドへの共感も鍵になります。つまり、企業の信頼感があるのかどうかも重要になるのです。

そのため、自社の理念やビジョンを広く発信することも大切になります。消費者が自社商品のビジョンや理念に共感することで、リピーターとして今後の購買効果も期待できるでしょう。そのためには、クオリティの高い動画の制作が必要になるのです。

ブランディング動画「ワインすき!」

出典:Crevo制作実績

この動画は、動画制作サービスのCrevo(クレボ)の制作したブランドサイト「ワインすき!」のブランディング動画です。女性の主人公を中心に、「ワインをもっと気軽に、もっと自由に楽しんでもらいたい」というサイトコンセプトを反映し、「ワインすき!」の世界観を表現し、ブランディングにつなげています。

商品・サービス販売促進動画

ここからは、商品やサービスの販売促進のために動画を活用する場合の方法や具体的な事例について説明します。

活用方法

企業が継続して売上を上げるためには、効果的なマーケティングが欠かせません。そのためには、動画が商品やサービスの価値訴求に貢献することができます。動画を制作する際は、徹底的にユーザーの視点に立つことが重要になります。そのうえで、ユーザーが必要だと感じる情報のリサーチとともに、どのような内容を聞いたら買いたいと思ってもらえるのかを徹底的に考えましょう。

ユーザーは商品の理念やビジョンに共感をすることができれば購買意欲が高まるといわれています。そのため、動画の豊富な表現手法を駆使して商品やサービスの魅力を伝えることが大切です。

販売促進動画「Poji」

出典:Crevo制作実績

この動画は、体幹筋サポーター「Poji(ポジ)」の販売促進動画になります。この動画の特徴は、動画の冒頭で視聴者に対して問題提起を行なっている点です。それによって、視聴者の興味がひきつけられ最後まで動画を見てもらえる可能性が高まります。数字での客観的なデータや3DCGを駆使したリアルな表現を通して、興味を引くような内容に仕上げられています。

観光プロモーション動画

ここからは、観光プロモーションのために動画を有効に活用する方法や具体的な事例について見ていきましょう。

活用方法

観光地をPRするためには、何といっても観光地の雰囲気やその土地ならではの雄大な自然を伝えることが重要です。観光地に人を呼ぶためには、行きたいと思ってもらうことも重要なのはもちろん、観光地を訪れた際に安心して楽しむことができると感じてもらうことも大切になるでしょう。特に、自分が行ったことのないような観光地の場合には、事前に情報を提供することで安心して旅行先に選んでもらえる可能性が高くなります。

その点、動画は最適です。観光地の雰囲気や景色、音などを視覚や聴覚に訴えかけることが可能です。視聴したユーザーに「この場所に行ってみたい」「安心して旅行ができそうだ」などと思ってもらえることにつながるでしょう。そのためには、ほかの観光地とは違う訴求ポイントを伝えることも重要になります。

インバウンド向け動画「福岡パルコ」

出典:Crevo制作実績

この動画は、福岡パルコのインバウンドに向けたプロモーション動画です。特徴は、ラーメンを調理しているシーンなどに和を感じさせるために、和太鼓のBGMを使用している点です。それによって、日本の印象をより感じられるように工夫がされています。また、店員さんの元気なかけ声なども動画に含まれているので、お店の雰囲気をより身近に感じられる内容になっています。

啓蒙動画

ここからは、啓蒙活動をするにあたって動画はどのような点でメリットになるのか、その具体的な活用事例と合わせて紹介します。

活用方法

啓蒙に関しては、物事の必要性や重要性を認識して記憶してもらうことが重要です。そのためには動画が高い効果を発揮します。具体的な方法としては、動画内でアニメやCGなどを駆使するといいでしょう。これらを使うことで、一見難しそうな内容もわかりやすく相手に伝えることができるようになるのです。

 東京慈恵会医科大学「弱視見逃し防止」

出典:Crevo制作実績

この動画は、東京慈恵会医科大学の「弱視見逃し防止」の啓蒙動画になります。動画の特徴は、弱視の子供に対して放置するのは危険だということについて、アニメを使ってわかりやすく伝えている点です。具体的には、3歳以下の子供を持つ母親に対してのメッセージ動画となっています。3歳児検診で実施される視力検査の重要性のほか、検査結果が弱視であった場合には放置するのは危険などの点について、わかりやすく啓蒙しているといえるでしょう。

目的を意識して動画プロモーションを実施しよう

動画プロモーションを行う際には、動画の活用方法や目的を意識して制作するのが重要です。そこで、制作実績が豊富なプロに頼むのがおすすめです。紹介した動画の制作なども行っている、動画制作サービスのCrevo(クレボ)では豊富な制作実績があります。数多くのプロモーション動画の制作も行なっているので、一度どのような動画を制作したいのか問い合わせてみてはいかがでしょうか。

動画制作・映像制作におすすめのCrevo

VIDEO SQUAREを運営するCrevo(クレボ)では、数多くの動画制作・映像制作にたずさわっています。国内外約10,000名のクリエイターネットワークを活かし、ご依頼ごとに最適な専属チームを作ります。また、はじめての動画制作でも安心のサポート体制が整っています。動画制作・映像制作ご検討の方はぜひお問い合わせください!

Crevoの公式サイトはこちら

Crevoで動画制作・映像制作がしたくなったら…

・無料相談・お見積りはこちら

・資料ダウンロードはこちら

Crevoの関連サービス

商品説明・紹介の動画制作・映像制作

サービス紹介の動画制作・映像制作

アプリ紹介の動画制作・映像制作

動画広告の動画制作・映像制作

関連記事

保険商品を動画で伝えるメリットを徹底解説!

インフォグラフィック動画で情報を視覚的に表現しよう!事例やメリットを解説

会社紹介動画を作る上でのポイント・作り方から事例紹介まで徹底解説! 

関連記事