動画制作・動画マーケティング専門メディア VIDEO SQUARE『ビデオ スクエア』

動画制作・動画マーケティングに関するノウハウや事例などを紹介するニュースメディア

この会社に入りたい!そう思わせる新卒採用動画を制作するためのポイントは?

この会社に入りたい!そう思わせる新卒採用動画を制作するためのポイントは

企業が成長するうえで必要なことのひとつに、優秀な人材の確保が挙げられます。一方で、人口減少や少子高齢化の影響で、就職活動でも就活生有利の売り手市場が続いていて、優秀な人材の確保は各社において大きな課題にもなっています。そのため、ひとりでも多くの優秀な人材を確保するため、新卒採用で工夫を凝らした動画を活用する企業も増えています。この記事では、新卒採用に動画を活用するメリットや制作する際のポイントを紹介します。

新卒採用に動画を活用するメリット

新卒採用で動画を活用することには多くのメリットがあります。実際に動画制作を行う際には、このメリットを理解しておくだけで、動画の効果を上げることが可能です。そのためここからは、新卒採用に動画を活用するメリットについて、大きく4つに分けて説明していきます。

多くの学生に届けられる

動画の大きな特徴のひとつに、多くの人に届けられるというメリットがあります。たとえば、会社案内のパンフレットなどでは、届けられるターゲットの学生の範囲も限られてきます。また、会社説明会や企業が学校を訪問するなど、直接就活生と会って企業の採用活動を行う方法では、どうしても情報を届けられる人数も限られてしまいます。

しかし、動画を活用することで就活生がウェブに接続する環境さえあれば、地方の学生など多くのターゲットに情報を発信することができます。文字ではなく動画なので、社員の雰囲気や人柄などもリアルに伝えることができます。そのため、直接会って話すことに近い親近感も与えることができるメリットもあります。加えて、動画はYouTubeやSNSなどにも活用することができるので、不特定多数の学生へ、情報をリーチすることも可能になります。

志望意欲を高められる

2つ目のメリットは、志望意欲を高められることが挙げられます。優秀な人材を確保するために必要不可欠なのは、自社に興味を持ってもらい、入社への意欲を高めることです。自社に対して一切興味を持ってもらっていない状況では、どれだけ話をしても就活生の心には響きにくいですし、実際に入社試験を受けてもらえる可能性も低いです。そのため、就活生にどうしても自社に入りたいと思ってもらえるように、採用活動の段階から就活生の心に火をつけることが重要です。

そのためには、自社の強み・企業理念・実際に働く社員のメッセージなど、動画を使ったプロモーションによって文字では伝わりづらい熱量を届けることが重要です。そして、動画で社員のインタビューや社内の風景などを伝えることによって、自分が入社して仕事をしている姿をイメージしてもらいましょう。それによって入社意欲を高められる効果を期待できます。さらに、動画は社員の表情や雰囲気・熱意を伝えることに適しているので、熱いメッセージを動画で届けてみましょう。

ミスマッチを防げる

3つ目に、企業と就活生側のミスマッチを防ぐ効果を期待できます。実際に新入社員として採用しても、新入社員側が思い描いていた仕事内容と実際の仕事内容などに開きがあれば、せっかく労力をかけて採用したにもかかわらず、すぐに退社してしまうおそれもあります。それを防ぐためにも、採用の段階から動画で仕事の良い面だけを切り取るのではなく、職場のリアルな状況をきちんと伝えることが重要です。それにより、仕事の厳しさや泥臭さなども理解してもらうことができ、採用のミスマッチを防ぐ効果も期待できます。しっかりと理解を深めたうえで自社を選んでもらうことで、入社後すぐに辞めてしまうようなこともなくなり、結果として採用コストの削減にもつながります。

汎用性が高い

4つ目のメリットには、費用対効果が高いことがあります。新卒採用動画を制作することで、その動画を自社サイトや採用サイト・動画サイト・SNSなどに幅広い媒体に利用することができます。パンフレットでは、採用サイト毎に文字の量を調整したり見出しを変えたりと、汎用性に欠けてしまうデメリットがあります。そのため、動画はパンフレットなどよりも高い汎用性を期待できます。また、動画は文字に比べてインタビューや社内の雰囲気など、会社の文字で表現しきれない魅力を直感的に伝えることに適しています。これまで述べてきたように、動画は優秀な人材の確保・早期退職の防止などの効果も期待できるため、結果としてコスト的なメリットも大きくなりやすいともいえます。

新卒採用動画を制作する際のポイント

ここからは、実際に新卒採用動画を制作しようと考えた際に、気をつけるべきポイントについて説明していきます。これまでのメリットを頭に置きつつ、動画の効果がより高まるようポイントを参考にしてください。ここでは、大きく3つのポイントに分けて説明していきます。

採用したい人材像を明確にする

自社にとって最適な人材を採用するためには、大前提として求める人材像を明確にすることが重要です。求める人物像が不明確であれば、どの層に届けるべき動画なのかが定まりません。一方で、求める人物像がはっきりしてくると、自ずと動画で盛り込むべき内容が決まるようになります。そのため、まずは自社にとってどのような人材が必要なのかターゲットを明確にしましょう。そして、採用したい人材像を明確にしたうえで、伝えたいメッセージや動画コンテンツの内容を見極めていくことが重要です。

 企業の本音や裏側を伝える

採用においてはミスマッチを防ぐことも重要なポイントになります。採用段階では、自社の良いところばかりを説明するのではなく、仕事の厳しさや泥臭さなどを伝えることも必要です。そのため、採用動画では、企業の本音や裏側を伝えることも重要であると意識しておきましょう。デジタルネイティブ世代は、情報が溢れているのが当たり前の環境で育ってきました。そのため、あまりに企業の広告色が強いものは嫌う傾向にもあります。ただ良い面だけに訴求した動画を流すだけでは、学生の心に響かないおそれがあるので注意が必要です。企業の本音や裏側を伝えたうえで、自社に入りたいと思ってもらえるような動画を意識しましょう。

人にスポットをあてる

新卒採用動画を制作する際には、「人」にスポットを当てた内容を動画に盛り込むと就活生に印象に残りやすくなります。企業の製品や仕事内容について、就活生が関心を持っていることはもちろんですが、それよりも人の心に届くのは、実際に働いている人の表情や仕事ぶりではないでしょうか。自分が入社したらどんな職場でどのような仕事をするのか、就活生は動画を見ながらそのようなことを考えるものです。

具体的には、社員が仕事に真剣に取り組んでいる姿や、製品を完成させて仲間と喜びを共感している姿に視聴者は共感を覚えやすいです。また、苦労しながらも成長していく新入社員の姿も感動を呼びやすく、就活生に企業により親近感をもってもらいやすくなります。

新卒採用動画で自社を選ぶべき理由をアピールしよう

人材不足も相まって、新卒採用に動画を活用する企業も増えています。そのため、就活生に強く訴求できる動画にするためには、ほかの会社ではなく自社を選んでもらうための理由を明確にアピールすることがポイントです。ウェブで同業他社との比較が容易にできる時代だからこそ、他社と差別化できるような、より効果の高い動画を制作することが重要です。

クオリティーの高い動画を制作したいと考えている企業には、動画制作会社に依頼することをおすすめします。新卒採用動画の制作なども行っている動画制作サービスのCrevo(クレボ)では、制作までの過程から丁寧にヒアリングを行い、企業に対して最適な動画制作を行っています。より動画の効果を高めるためには、採用動画の経験が豊富なプロに依頼するのがおすすめです。ぜひ一度相談してみてはいかがでしょうか。

動画制作におすすめのCrevo

Crevoメンバー

VIDEO SQUAREを運営するCrevo(クレボ)では、数多くの動画制作・映像制作にたずさわっています。国内外約5,000名のクリエイターネットワークを活かし、ご依頼ごとに最適な専属チームを作ります。また、はじめての動画制作でも安心のサポート体制が整っています。動画制作・映像制作ご検討の方はぜひお問い合わせください!

Crevoの関連サービス

採用・リクルートの動画制作・映像制作

関連記事