動画制作・動画マーケティング専門メディア「VIDEO SQUARE(ビデオスクエア)」

動画制作・動画マーケティングに関するノウハウや事例などを紹介するニュースメディア

観光プロモーション動画で他の観光地と差別化しよう!制作のポイントは?

トランクの上に乗った猫

地方を活性化させる方法のひとつが観光地への観光客の誘致です。観光地や観光施設の魅力を訴求するツールのひとつとして、動画を活用する自治体や企業が増えています。この記事では、観光プロモーションに動画を活用するメリットや制作する際のポイントについて詳しく紹介します。

観光プロモーションに動画を活用するメリット

観光プロモーションに動画を活用することにはさまざまなメリットがあります。ここでは主な3つのメリットについて解説します。

観光地の雰囲気や空気感まで伝えられる

メリットの1つ目は、動画は音と映像で視聴者を引きつけられることです。動画は紙の媒体と比べると圧倒的な情報量があり、画像や文字だけでは伝えきれない観光地の雰囲気や空気感をよりリアルに伝えることができます。美しい自然や街並みなどを豊かな映像で視聴者に訴求することができるため、結果としてパンフレットなどの紙の媒体よりも強く印象に残りやすいのです。実際に、さまざまな情報収集のために旅行前に観光候補地の動画を見る方も多いのではないでしょうか。そのため、魅力的で情報の詰まった動画を用意しておくことは観光客誘致のためには非常に大切です。

いろんな媒体で利用できる

2つ目のメリットは、動画は汎用性が高く特にSNSとの相性が抜群なことです。観光プロモーション動画をひとつ制作しておけば、自社サイトはもちろん、YouTubeやTwitter、InstagramといったSNSをはじめ、さまざまな媒体にも活用可能です。特にSNSは世界中に多くの利用者がおり、圧倒的な発信力があります。より多くの視聴者に「この動画を拡散したい」と思ってもらえるような魅力的でユニークな動画であれば、それだけ動画は広がりやすくなります。また、動画をアップする際に説明文やキーワードも入力しておくなどのSEO対策も行っておくとさらに効果的です。自社サイトやSNSに動画をアップすることで、世界中に情報を拡散できる可能性が広がるともいえます。

外国人でも理解できる

3つ目のメリットは、動画はパンフレットやチラシのような文字情報メインの媒体と違って、言語に依存せず、世界中の人に情報を伝えられることです。日本を訪れる海外旅行者の数は年々増加傾向にあり、海外から日本に訪れる旅行者の多くはインターネット上で情報を検索しています。言語を問わず視覚と聴覚に豊富な情報を届けられる動画であれば、日本語がわからない外国人であっても、おおよその内容が理解できます。すべての情報をあらゆる言語に翻訳するのは大変な作業です。しかし、動画であればそのような手間をかけることなく、むしろ文字より効果的に観光地の魅力を伝えられ、肝心の集客にもつなげやすいといえます。

観光プロモーション動画を制作する際のポイント

観光プロモーション動画を活用するメリットを踏まえたところで、具体的に動画を制作する際に意識したい3つのポイントについて解説します。

ターゲット層を絞り込む

まず、観光プロモーション動画を制作する際には、ターゲットの絞り込みが重要です。たとえば、若い女性グループを狙うのか、あるいは熟年の夫婦や子ども連れのファミリーに訴求したいのかなど、ターゲットによって動画内容を工夫する必要があります。より多くの人に訴求しようとどのターゲットにも当てはまるような無難な内容にすると、かえって訴求点がぼやけてしまい、印象に残らない動画となってしまうおそれがあります。より効果を高めるプロモーション動画に仕上げるためには、最初にターゲットをきちんと絞り込むことが大切です。ファミリー層のようにターゲットが複数いる場合は、旅行先について決定権を持っていることの多い主婦層に焦点を当てた内容にするのもひとつの方法です。

独自の魅力をアピールする

観光プロモーション動画では、そこだけにしかない独自の魅力をアピールして他の観光地との違いを明確にすることも大切です。多くの自治体や企業が動画による観光プロモーションに力を入れており、インターネット上には多くの動画がアップされています。その中から自分たちの動画を見てもらい、興味を持ってもらうためには、そこだけでしか味わえないことや体験できないこと、目新しいことなどをアピールすることが肝心です。地元の人たちにとっては見慣れているものでも、観光客には新鮮に映るものもあるかもしれません。そういった素材を集めて動画に集約できると、他の観光地との差別化につながり、集客効果も期待できます。

ストーリー性を持たせる

観光プロモーション動画を制作する際には、ストーリー性に重きを置くことも大切です。観光プロモーション動画制作においてありがちな失敗が、つい観光地や名産品を紹介することばかりに意識が向いてしまい、視聴者からすると広告的な動画になってしまうことです。広告色が強すぎる動画は、視聴者から敬遠される傾向にあります。動画にストーリー性を持たせることは広告的な要素を薄められるうえに、他の観光地との差別化にもなります。たとえば、短編映画やドラマのような動画にすると注目が集まりやすく、やり方によってはシリーズ化することも可能です。

観光プロモーション動画の紹介事例

具体的な事例があるとさらに理解が深まります。ここでは、観光プロモーション動画の事例を3つほど紹介します。

<関連サービス>Crevo(クレボ)の動画制作・映像制作実績

宮崎県日向市「ヒュー!日向でおじさんサーフィンデビュー」

出典:hyugacityoffice

宮崎県日向市の魅力を伝えるストーリー仕立ての観光プロモーション動画です。心も身体も癒される場所であることを伝えるために、上司にも部下にも家庭にも気を使い疲れ気味の中間管理職の中年男性3名を主人公に設定しています。地元のグルメを味わったり海を眺めたりすることによって次第に彼らの表情が自然にリラックスしていく、共感を誘う動画に仕上がっています。また、中年男性のイメージからは遠いサーフィンを初体験するという意外性のある展開で視聴者を引きつけ、サーフタウン日向市の魅力も存分に訴求されている点も秀逸です。

【松山市公式観光PR動画】松山・砥部・東温 New ツーリズム|四国瀬戸内松山」

出典:【松山市公式】観光PRチャンネル – matsuyama-sightseeing

松山市・東温市・砥部町を巡る一泊二日の周遊コースを紹介している動画です。家族で観光地を回っている様子を映すことで柔らかい雰囲気の動画になり、温かな空気が伝わってきます。自然、観光スポット、食や伝統工芸を網羅した見ごたえのある動画になっています。

福井県 越前町「ECHIZEN COLORS」

出典:Tourism Echizen JAPAN Channel

ドローンを駆使して、福井県越前町の四季の魅力を伝える観光プロモーション動画です。ドローンによる空中からのスケールの大きな撮影で、越前町が誇る雄大な自然や食の豊かさといった独自の魅力を存分にアピールしています。色彩豊かな映像が視聴者を魅了し、夏バージョンでは、日中はもちろん夜まで美しい海の映像は映画を見ているようです。さらに、随所にマリンスポーツや夜釣りを楽しむ観光客の姿が登場し、視聴者自身が訪れて楽しむ姿をイメージできる動画になっています。

観光プロモーション動画が得意な制作会社に依頼しよう

費用対効果の高い宣伝ができることから、観光プロモーション動画を活用する自治体や企業は年々増加傾向にあります。多くの動画の中から見られる動画になるためには、他の観光地との違いをアピールすることでより魅力を際立たせることができます。また、動画を見ることで観光地に行きたいと思ってもらえる視聴者を惹きつけられる要素を盛り込むことが重要です。これらを満たし、肝心の集客につながる動画を制作するためには、観光プロモーション動画の実績が豊富な制作会社に依頼するのが望ましいといえます。国内外約8,000名のクリエイターをそろえるCrevo(クレボ)には、さまざまなニーズに合った動画を制作する環境が整っています。

動画制作・映像制作サービスのCrevo

VIDEO SQUAREを運営する動画制作会社Crevo(クレボ)では、国内外約8,000名が登録している独自のクリエイターネットワークを生かして、数多くの動画制作・映像制作にたずさわっています。動画制作・映像制作ご検討の方はぜひお問い合わせください!

Crevoの公式サイトはこちら

Crevoで動画制作・映像制作がしたくなったら…

・無料相談・お見積りはこちら

・資料ダウンロードはこちら

Crevoの関連サービス

サービス紹介の動画制作・映像制作

商品説明・紹介の動画制作・映像制作

会社・学校・施設紹介の動画制作・映像制作

インバウンド向け動画の動画制作・映像制作

 

関連記事