動画制作・動画マーケティング専門メディア VIDEO SQUARE『ビデオ スクエア』

動画制作・動画マーケティングに関するノウハウや事例などを紹介するニュースメディア

高い教育効果を低コストで実現!教育研修で動画活用がオススメな4つの理由

高い教育効果を低コストで実現!教育研修で動画活用がオススメな4つの理由

現在、多くの企業や教育現場で動画を使った研修や教育が実施されるようになっています。なぜさまざまな現場で動画が活用されるようになったのでしょうか。動画による教育研修には「情報がわかりやすい」「繰り返し視聴できる」「教育レベルを均一にできる」「コストを抑えられる」という4つのメリットがあるからです。この記事では、動画活用によるメリットを詳しく解説していきます。

教育研修の動画はさまざまな場所で活用されている

最近では、多くの企業や学校の社内研修、セミナー、ガイダンスなどに動画が活用されています。例えば、企業の新入社員研修や、年に一度の全社会議などでは、経営者のインタビュー動画を放映することで社員の士気を高め、共通の目標意識を持つよう促すという活用方法もあります。

教育研修で動画の活用がオススメな4つの理由

冒頭で動画活用がおすすめの理由を4つ述べましたが、それぞれのメリットについて、具体例を交えながらひとつずつ詳しく説明していきます。

情報がわかりやすい

動画が持つメリットのひとつに、情報がわかりやすいことがあります。例えば、文字・音声・画像・図などが一体となって情報を伝えられるということ以外にも、それぞれの要素に動きを加えることもできるので、情報のわかりやすさが増します。また、動画は見ることに加えて、音声や動きで理解することができるので、静止画と文字だけの解説よりもわかりやすいという特徴があります。

繰り返し視聴できる

動画の良さは、繰り返し視聴できる点にもあります。例えば、あるセミナーに参加し、その場でメモを取りながら話を聞いていると、その時は理解したつもりになっても、振り返った時に詳細に思い出すことは難しいです。しかし、動画を撮影すれば、何度でも視聴者が見たいシーンを観ることができますし、相手にも同じ動画を見せることができるので、詳しいことを相手に伝えることも簡単になります。つまり、動画であることで何回でもわからない点・気になった点を繰り返し視聴して理解を深めることができます。

教育レベルを均一にできる

情報と同じように、教育レベルの格差もあります。教えるのが上手な講師と教えるのが苦手な講師もいます。動画は、この教育レベルの格差を無くすことができます。同じ講師の講座を動画でオンライン視聴できることになれば、どこにいてもどんな時間でも視聴者は均一の指導を受けることができます。企業においても同じです。全国に店舗を持つ企業でも、全店舗にポイントを絞った動画を配布すればすべての店舗で同じ指導を提供することができます。つまり、複数名の講師による教育ではなく、ひとつの同じ動画ですべての社員の教育を行うので教育のレベルを均一にできるようになります。

コストを抑えられる

動画やウェブが発達する前には、社内の研修を行う際には、研修担当者が全国各地を飛び回って同じような話を全員にしてまわらなければならず、移動代やセミナーの会場代など研修自体の運用コストが大幅にかかっていました。しかし、現在はウェブも普及したことで、動画で講義や研修の動画を撮影すれば、後はオンラインで各店舗にその動画を配信することで、全国・全世界どこにいても同じ指導をすることができます。これにより、セミナー会場の場所代といったセミナー運営費が大幅に抑えることができるようになりました。

教育研修に動画を活用した具体例

動画はセミナーや展示会などのさまざまなシーンに活用できますが、ここでは教育研修での効果的な動画活用例について、動画制作サービスのCrevo(クレボ)の制作実績を参考に、より詳しく具体例を交えて解説していきます。

売り場スタッフ向け研修用動画

出典:Crevo制作実績

この動画は、パルコで働くスタッフ向け「パルコが目指す24時間接客」研修用の動画です。この動画は新入社員の教育でも使えるほか、すでに働いているスタッフにも使えるような汎用性の高い内容になっています。実際に企業の集客にウェブを活用していこうというのは口で説明しても、理解するのは難しい面もあります。しかし、この動画のようにイラストを使って、お店の入り口はひとつではないことを視覚的に見せることで、よりイメージが湧きやすく、音声やナレーションも効果的に使うことで、視聴者であるスタッフのやる気を高める効果も期待できます。この他にも、実際に働く時の実務マニュアルを動画で制作することで、新入社員に業務の手順などを効率よく説明することもできます。

商品マニュアル

出典:Crevo制作実績

この動画は、「ステンレス製結束バンドの専用工具」の使用方法を説明した動画です。この商品の使い方の説明も、説明書などの文字で見るより、動画で見たほうが具体的なイメージが湧きやすくなります。加えて、人に教えてもらうのもいいのですが、もしも1人の時に使い方がわからなくなってしまった場合、動画だとそのシーンをもう一度視聴することができるので、商品の使い方マニュアルは動画にすることで、より理解が深まります。

営業マニュアル

営業のレベルを均一化するためには、社内のトップセールスマンに同行し、その人の持つスキルなどを体感するという方法もありますが、そのためには時間やコストもかかります。何度も繰り返し同行することも厳しいでしょう。そこで、その営業のマニュアルを動画で作ればその悩みを解決することができます。トップセールスマンの営業ノウハウを動画にして教育すれば、セールスのレベルを均一化して営業レベルを上げることも可能になります。

教育研修用の動画は自作と動画制作サービス利用のどちらがよい?

実際に教育研修用の動画を制作しようと思った場合の選択肢は大きく分けて2つになります。1つは自社で作る。そしてもう1つは、動画制作サービスに依頼する方法です。この2つの方法のメリットやデメリットについて説明します。

動画を自社制作する

まず1つ目の、社内で使う動画を自社制作する場合のメリットとしては、低コストで制作できることにあります。自社の社員を使って動画を作るので、コストを抑えることができます。一方で、デメリットは、本来の仕事に注力するはずの社員が、動画制作をしなければいけなくなるので、社員の仕事量のバランスが崩れてしまう可能性があります。さらに、自社制作だとコストは安く済みますが、担当の社員が動画のプロでは無い場合、動画のクオリティが低くなってしまう場合もあります。

動画制作会社を利用する

動画制作サービスに依頼した場合のメリットは、豊富な事例から最適な表現方法などのノウハウを元に制作できることにあります。動画制作の専門家なので効率的に高品質の動画を短期間で作れますし、素材や表現バリエーションが豊富です。

一方でデメリットは、自社制作と比べると手間がかかるケースがあることです。打ち合わせから内容のすり合わせまで、お互いにイメージを共有する必要があります。しかし、クオリティの高い自社だけのオリジナル教育動画が欲しいのであれば動画制作会社を利用することをおすすめします。

教育研修に動画活用を検討してみよう

これまで述べてきたように、教育研修に動画を使うメリットは数多くあります。加えて、多くの企業や教育機関が教育研修に動画を活用して高い効果をあげています。ぜひみなさんも、一度教育研修に動画を取り入れてみてはいかがでしょうか。動画の制作などを行う動画制作サービスのCrevo(クレボ)でも教育研修用の動画の制作実績がありますので、ぜひお気軽にご相談ください。

動画制作におすすめのCrevo

Crevoメンバー

VIDEO SQUAREを運営するCrevo(クレボ)では、数多くの動画制作・映像制作にたずさわっています。国内外約5,000名のクリエイターネットワークを活かし、ご依頼ごとに最適な専属チームを作ります。また、はじめての動画制作でも安心のサポート体制が整っています。動画制作・映像制作ご検討の方はぜひお問い合わせください!

Crevoの関連サービス

マニュアル・HowToの動画制作・映像制作

関連記事