動画制作・動画マーケティング専門メディア「VIDEO SQUARE(ビデオスクエア)」

動画制作・動画マーケティングに関するノウハウや事例などを紹介するニュースメディア

動画で求職者の心を掴む!採用に活用するメリットや事例を紹介

採用動画のワンシーン

企業の採用活動において自社にマッチした人材を採用するためには、いかに自社の魅力をわかりやすく伝え、求職者の心を掴むかが重要になります。そのために効果的な方法の一つとして注目されているのが、動画を活用した採用活動です。この記事では、採用活動に動画を活用するメリットや事例などを紹介します。

多くの企業が採用に動画を活用する背景と目的とは

企業が成長するためには、優秀な人材の確保が欠かせません。しかし、希望する人材がなかなか集まらない、採用してもすぐに辞めてしまうなど、さまざまな課題を抱えている企業も多いのではないでしょうか。スマートフォンの普及に伴い、求職者が就職活動をするにあたって、ネットで情報収集したり、YouTubeなどで企業名を検索したりすることが珍しくなくなってきました。このような背景の中、優秀な人材に自社の存在を知ってもらい、魅力をわかりやすく伝えるために採用活動に動画を活用する企業が増えています。

採用に動画を活用するメリット・効果

動画には、写真や文字では伝えきれない情報を届けられるという特徴があります。ここでは、採用活動に動画を活用するメリットや効果について紹介します。

リアルな会社の雰囲気を伝えられる

パンフレットなど紙の資料だけで求職者の興味を引くのは簡単なことではありません。他社の会社案内との違いが感じられず、一度目を通しただけで終わってしまう可能性もあります。しかし、動画を活用すれば、文字や画像、口頭での説明だけでは表現しきれない細かなニュアンスまで伝えることができます。たとえば、実際の職場の風景や働いている社員の様子などを知ってもらうことが可能です。リアルな会社の雰囲気を伝えることで、会社に対する理解をより深めてもらうことができるでしょう。

企業・求職者のミスマッチを防げる

企業サイトや求人サイトに掲載されている企業理念や業務内容を読んでも、実際にどんな仕事をするのかは理解しにくいものです。特に働いたことのない新卒者の場合には、採用担当者から口頭で説明を受けても働くイメージは持ちにくいでしょう。そこで効果を発揮するのが動画です。動画を活用して、先輩社員がいきいきと働いている姿を見せることで、自分が入社して働いている姿をイメージしやすくなります。入社後のミスマッチを防いで、離職率を下げることにもつながります。

多くの求職者に認知してもらえる

優秀な人材を採用するためには、多くの求職者に自社の存在を認知してもらう必要があります。就職活動を行うにあたって、スマホで情報収集する求職者が増えている中、ネットを利用した告知は見逃せません。動画を制作すれば、自社サイトや求人サイトだけでなく、TwitterやFacebookなどのSNS、YouTubeなどにも掲載することができます。多くの求職者の目に触れることで認知度を高めることができ、優秀な人材の応募も期待できるでしょう。また、結果として宣伝や採用活動にかかるコストや労力の削減にもつなげることができます。

他社との差別化につながる

パンフレットに掲載されている画像や文字だけでは、他社との違いをひと目で理解してもらうのは難しかもしれません。しかし、会社のリアルな雰囲気まで届けられるような動画を制作すれば、他社との違いを明確に伝えることができます。また、動画であれば、さまざまな表現が可能です。自社ならではのユニークな動画を制作して、求職者の共感を得ることができれば、他社との大きな差別化につなげることもできます。

採用動画の種類

一口に採用動画といっても、その内容はターゲットや目的によって違ってきます。ここでは、採用動画の主な種類や活用事例について紹介します。

会社紹介

会社紹介の動画は、商品・サービスの内容や会社の歴史、売り上げなど会社の情報を提供するためのものです。求職者に視聴してもらうことで、会社の全体像を理解してもらうことが可能です。会社紹介動画を自社サイトだけでなく、YouTubeなどにも掲載すれば商品やサービスをアピールすることができます。

社長・社員インタビュー

社長・社員インタビュー動画は、社長からのメッセージや実際に働いている社員の生の声を紹介したもので、多くの採用動画に取り入れられています。社長メッセージによって、会社の目指す方向性を知ってもらうことができます。また、社員インタビューで社員が体験したリアルなエピソードや会社の雰囲気を伝えることで、より求職者の興味を引くことが可能です。

業務風景

業務風景の動画は、店舗やオフィスなど職場の様子を紹介したものです。実際に店舗でどんな接客をしているか、オフィスでどんな業務をしているかを動画に盛り込むことで、職場の雰囲気を理解してもらうことができます。求職者は、よりリアルに自分が働いている姿をイメージできるようになるため、ミスマッチを防ぐ効果も期待できます。

採用担当からのメッセージ

採用担当からのメッセージ動画は、「仕事内容」「求める人物像」「募集要項」などについて説明したものです。単に事務的な内容を伝えるだけでなく、採用担当者の思いを伝えることも重要になります。そのため、動画を制作する際には採用担当者の表情や雰囲気も大切なポイントです。求める人物像を明確化し、テーマに沿って撮影した動画を発信することで、自社が望む人材を確保できる可能性が高まります。

採用動画の事例

動画は表現の幅も広いため、採用動画にもさまざまなものがあります。ここでは、実際の採用動画はどんなものなのか、動作制作サービスのCrevo(クレボ)が制作を手がけた3つの会社の事例を紹介します。

株式会社KDDIエボルバ

出典:Crevo制作実績

株式会社KDDIエボルバはコンタクトセンターを中心としたBPO事業を展開しています。現役のミュージシャン、元調理師、ワーキングマザーのバックグラウンドが異なる3人の社員の声を通してリアルな会社の魅力を紹介するインタビュー動画です。視聴者が働く姿を具体的に想像しやすいよう工夫がされています。
司法書士法人A.I.グローバル

出典:Crevo制作実績

司法書士法人A.I.グローバルは、法律手続きの専門家グループです。「楽しく仕事をする」というメッセージを動画の軸にして、働きがいがある会社であることをアピールしています。また、ポップでメリハリのあるアニメーション動画にすることで、会社の風通しの良さや活発な意見交換が行われる社風を表現しています。他社とは違う印象を与えることで差別化を図り、企業の魅力をより明確に訴求する採用動画です。

魅力的な採用動画を制作する方法

採用活動に効果のある動画にするためには、求職者にとって魅力的でわかりやすい動画を制作する必要があります。スマホでも動画撮影ができるため、社内で採用動画を制作するのも不可能ではありません。しかし、社内で制作しようとすると手間や労力がかかりますし、満足のいくクオリティにならない可能性も否定できません。また、クオリティによっては、むしろ会社のマイナスイメージにもつながりかねません。

そのため、高品質な動画を制作するならプロに依頼するのがおすすめです。事例として紹介した採用動画を制作しているCrevoでも、初心者でも安心して制作を進められるようなサポート体制が整っています。

制作した採用動画の活用

採用動画を制作すれば、さまざまな方法で活用することができます。ここでは、制作した動画の活用方法について具体的に紹介します。

SNSによる拡散

動画の活用法としては、企業が運営しているYouTubeの公式ページに掲載するのがおすすめです。動画がTwitterやFacebookなどのSNSでシェアされることで、より多くの人に動画を見てもらえる可能性が高まるでしょう。魅力的な動画、面白い動画と評判になれば、一気に拡散されて視聴者数が大幅に増えることもあります。

企業の公式ウェブサイトへ掲載

採用動画ができあがったら、自社の公式ウェブサイトに掲載しましょう。求職者の多くは企業名で検索してどんな会社なのかを調べますので、採用動画を見てもらえる可能性が高まります。動画であれば、採用ページにある文字や画像だけのコンテンツでは理解しにくい情報をわかりやすく伝えることが可能です。

求人サイトへの掲載

動画を掲載できる求人サイトに採用動画を掲載するのもおすすめの方法です。視聴するのは求職者なので、高い効果が期待できるでしょう。ただし、求人サイトによっては、社長のインタビュー動画に特化するなど、掲載できる動画の種類や使い方が違ってきます。そのため、事前にどんな動画を掲載しているのかを確認しておくことが必要です。

採用活動に動画を活用しよう

採用活動に動画を活用すれば、文字や画像だけでは伝えきれない職場の雰囲気やサービス内容までもリアルに届けることができます。自分が入社後に働いている姿をイメージしやすくなることで、ミスマッチを防ぎ定着率のアップにもつながるでしょう。効果の高い採用動画にするためには、プロに依頼して高品質な動画を制作することが大切です。動画制作サービスを利用してクオリティの高い採用動画を制作し、優秀な人材確保につなげていきましょう。動画制作サービスのCrevo(クレボ)では数多くの採用向け動画の制作をしております。ぜひ一度ご相談ください。

動画制作におすすめのCrevo

Crevoのメンバー

VIDEO SQUAREを運営するCrevo(クレボ)では、数多くの動画制作・映像制作にたずさわっています。国内外約5,000名のクリエイターネットワークを活かし、ご依頼ごとに最適な専属チームを作ります。また、はじめての動画制作でも安心のサポート体制が整っています。動画制作・映像制作ご検討の方はぜひお問い合わせください!

Crevoの関連サービス

採用・リクルートの動画制作・映像制作

関連記事