今年も開催!ブランデッドムービーの祭典「Branded Shorts 2018」

BRANDED SHORTS

動画マーケティング市場が拡大しつつある昨今、ブランディングを目的とした企業のブランデッドムービーを目にする機会が増えてきました。ブランデッドムービーは単なる企業と顧客間のコミュニケーションとして利用されるだけではなく、エンターテインメント性や有益性を兼ね備えつつ、企業やブランドのメッセージを両立して届けるコンテンツとして注目を浴びています。

国際短編映画祭・ショートショート フィルムフェスティバル & アジア (SSFF & ASIA)では、2016年にブランデッドムービーに特化した部門「Branded Shorts」を設立。今年の「Branded Shorts 2018」では6月5日(火)より随時、上映とイベントが開催され、一般の方も無料でノミネート作品の上映会などに参加することができます。(※一部満席となっている回もございます。)

ブランデッドムービーとは?

上映作品「春」(『春』ホットペーパービューティー)

 

企業の動画活用と言えば動画広告のイメージが強いですが、ブランデッドムービーは動画を通し企業のイメージや世界観を伝えることでファンを増やし、ブランド力を向上させることに狙いをおいています。

ブランデッドムービーでは動画内に商品やサービスの直接的な宣伝は一切組み込まず、動画のストーリーを通して共感を得ることで、間接的に購入や認知拡大につなげているのが最大の特徴です。企業によっては動画をシリーズ化したり、有名映画監督を起用することで動画の質や注目度を上げる戦略を取る企業も少なくありません。

開催間近!無料で参加できるブランデッドムービーの祭典

Branded Shorts 2018審査員映画監督・吉田大八さん(中央)をはじめとするBranded Shorts 2018審査員

 

2018年6月5日(火)よりアンダーズ東京にて、一般の方に向けた作品の上映会「BRANDED SHORTS SCREENING」が開催されます。上映プログラムの予約は公式ホームページにて受付中です。

初開催から3年目を迎える今年は350作品以上のエントリーが世界中から集まり、その中から国際短編映画祭独自の基準を元に、合計28作品がノミネートされています。今年は「桐島、部活やめるってよ」(2012年)で第36回日本アカデミー賞最優秀作品賞・最優秀監督賞を受賞した映画監督の吉田大八さんをはじめとする全9名の審査員により最も優れたブランデッドムービー「Branded Shorts of the Year」が決定します。

他にも人気コラムニストの犬山紙子さんなど各界のゲストを招いた、ブランデッドムービーが持つストーリーテリングの力にフォーカスしたトークイベントや、ネスレ日本社が運営するWeb映画館「ネスレシアター」のショートフィルム「わかれうた」で監督を努めた女優の黒木瞳さんらを迎えたトークショーなども開催される予定です。

東京発のショートフィルムの祭典は他にも見どころがたくさん!

アジア最大級の国際短編映画祭、ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2018は今年記念すべき20周年を迎えます。アニバーサリーイヤーに相応しく、今年は世界130以上の国と地域から10,000本を超える過去最高の作品応募があったとこのこと。その中から厳選された上映作品には日本初公開となる第90回アカデミー賞短編実写部門受賞作品や、ジョージ・ルーカスをはじめとする世界の名監督が手がける短編映画も含まれています。

また20周年を記念して、今年は国内の映画祭では初めて設けられるVR部門「VR SHORTS」などの3部門を新設。フェスティバルアンバサダーであるLiLiCoさんによるスウェーデンとの国交150周年を記念した特別イベントの開催や、公式テーマソングをフェスティバルナビゲーターでもある人気アーティスト・三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEが出がけたりと話題が尽きない大注目の祭典となっています。

一部を除く全てのイベントは無料で参加できるので、ぜひ祭典の詳細をチェックして会場に足を運んでみてください。

「Branded Shorts 2018」詳細について

Branded  Shorts 公式ホームページ

各イベントの参加申し込みも上記サイトより受け付けております。

関連記事