動画制作・動画マーケティング専門メディア「VIDEO SQUARE(ビデオスクエア)」

動画制作・動画マーケティングに関するノウハウや事例などを紹介するニュースメディア

思いをリアルに伝えたいなら!インタビュー動画の活用シーンと制作のコツ

インタビュー動画

会社の紹介をする際に、思いを伝えるためにインタビュー動画の制作を検討している企業の担当者も多いのではないでしょうか。実際に、商品紹介の動画にお客様のインタビューやリクルート動画に社員のインタビューを掲載することで、思いをリアルに伝えることができます。そのためには、コツやメリットを考慮してインタビュー動画を制作することが重要です。この記事では、インタビュー動画の活用シーンや動画制作のコツについて、実例を交えながら詳しく紹介します。

インタビュー動画の活用シーン

インタビュー動画は、有効に活用することのできるシーンがさまざまあります。ここでは、活用シーンについて詳しく見ていきましょう。

ユーザーインタビューで購買意欲を高める

インタビュー動画で一般的に多く使われるのは、お客様の声を集めたものでしょう。実際に商品を購入して使っている人の声というのは、これから同じ商品を買おうか悩んでいる人の参考になる情報です。これまでは、ユーザーがサービスサイトやランディングページを見て商品がほしいと思っても「ページに書かれている内容は信憑性があるのか」「自分でも使いこなせるか」などの不安を感じることも多かったでしょう。

実際に商品やサービスを利用したユーザーの生の声を動画としてサービスサイトに掲載することで、視聴者の不安が解消され、結果的に購買意欲を高める効果を期待できるでしょう。

社員インタビューで求職者とのマッチングを図る

採用向けに、社員インタビューを動画で載せることも有効的です。動画にすることで、仕事のやりがいや魅力、働いている社員のタイプや社内の様子、雰囲気などをリアルに伝えることができます。それにより、入社した後にイメージと違ったというミスマッチを防ぐことができ、求めている人材との親和性の高い募集につなげることができるでしょう。

そして、結果的に採用コストのダウンも期待できます。たとえば、文字だけで社風を表現するのは難しいですが、動画であれば社員の雰囲気を映像を通して伝えることができるので、会社選びのうえで重要な要素である社風を伝えることが可能です。最終的には、求職者の入社意欲を高める効果も期待できます。

経営者インタビューでブランディング効果を高める

会社の将来のビジョンは、文字のみではなかなか伝わりにくいものです。そこで、経営者のインタビュー動画を制作することで、サービスに対する思いや熱量をストレートに伝えることができます。それによって、会社としての理念やビジョンを伝えることにもつながるため、ブランディングを高める効果も期待できるでしょう。経営者の熱いメッセージを届けることができれば、社員からの信頼を得られる可能性が高まります。

インタビュー動画制作のコツ

インタビュー動画は企業の思いを伝えるのに有効的であるとはいえ、制作する際に気をつけるべき点がいくつかあります。ここからは、実際にインタビュー動画を制作する際に大切になるコツについて実例を交えながら詳しく見ていきましょう。

事前にインタビュー内容を決めておく

インタビュー動画を制作する際には、事前にインタビュー内容を決めておくことが大切です。動画を制作する目的として、あらかじめ視聴者に伝えたいメッセージや持ってほしい印象があるはずなので、それらをふまえて内容を決めておきましょう。そのうえで、インタビューを受ける人に質問する内容を事前に伝えておくことでインタビューもスムーズに進められます。

実際にインタビュー動画を撮影する場合には、答える相手が緊張して本来は伝えたかった内容を伝えられない場合も多くあります。そこで、事前に「このような内容の質問をしますよ」と伝えておくことで相手も的確な答えを準備してくれるでしょう。インタビュー中の緊張をほぐすためには、答えがスムーズに出てこない場合でも撮影後に編集できる旨を伝えておいたり、撮影前に世間話で親近感を高めたりするのも有効です。

背景にも気を配る

インタビュー動画を撮影する際には、背景にも気を配ることが大切です。たとえば、社員のインタビューの場合にはあえて社内の雰囲気が伝わるように、いつものデスクで撮影することで視聴者は自身の働く姿をよりリアルに想像することができます。そして、実際の社内の雰囲気や臨場感などを伝えられるのです。

また、インタビュー動画は単調になりがちなので、何箇所かの場所で撮影するなど映像に変化を持たせて飽きさせないようにすることが必要です。常にデスクでのインタビューではなく、外で撮影したり店頭で撮影したりするなど、背景に変化を持たせるよう工夫しましょう。

テロップを効果的に使用する

インタビュー動画では、テロップの使い方も重要です。注意すべき点は、発言を一言一句すべて文字にすればいいわけではないことです。たとえば、インタビューの内容の中で強調させたい部分だけテロップを使用したり、文字のデザインを変えたりすることが重要です。そうすることで、メッセージをより効果的に強調して伝えることができます。

インタビュー動画の事例

ここからは、動画制作サービスのCrevo(クレボ)が実際に制作したインタビュー動画の事例を見ていきましょう。

採用向けインタビュー動画「KDDIエボルバ」

出典:Crevo制作実績

この動画は、株式会社KDDIエボルバの採用向けインタビュー動画です。動画の特徴は、バックグラウンドが異なる3人の社員のインタビューを入れていることが挙げられます。具体的には、現役のミュージシャンや元調理師、ワーキングマザーの3人の社員の姿を通してリアルな会社の魅力を紹介しているのです。インタビュー動画にすることで、働いている場所の様子がわかるだけではなく、その会社の雰囲気もインタビューに答えている表情から感じ取ることができるでしょう。また、インタビューの合間に従業員のプライベートの雰囲気を流すことで、よりリアルに働いたときのイメージをすることが可能です。

事例紹介動画「マネーフォワード クラウド経費」

出典:Crevo制作実績

この動画は、経費精算システム「マネーフォワード クラウド経費」の事例紹介動画になります。動画の特徴は、サービスを利用した際のイメージが湧きやすい点です。実際にサービスを利用している企業の生の声をインタビュー形式で紹介することで、具体的なシーンや現場のイメージが湧きやすくなっているといえるでしょう。構成自体がユーザー目線に立ったもので、どのような内容の話を聞けば動画を見た人がサービスを購入したいと感じるかなどを考えた構成になっています。

オープニングムービー「働き方を考えるカンファレンス 2018」

出典:Crevo制作実績

一般社団法人at Will Work主催の「働き方を考えるカンファレンス2018」のオープニングムービーでは、働き方を考えることが生活の一部であることを視覚的に表現しているのが特徴です。テーマである働き方に対する想いをインタビューで紹介して、日常の働くシーンに盛り込むことによって、それをうまく表現しています。また、この動画はカンファレンスで重要になる幕開けを飾るために使われたものです。序盤でいかに観客をテーマに引き込むかに注力し、インタビュー形式が採用されました。イベントに出席した人のモチベーションを上げるためにもインタビュー動画は有効です。

臨場感のあるインタビュー動画を制作しよう

インタビュー動画は、臨場感やテロップの使い方など多くのポイントを踏まえたうえで制作するのが重要になります。さらに、背景にこだわったり相手の効果的な答えを拾ったりするためには、インタビュアーとしての経験も重要になってくるのです。そこでおすすめなのが、インタビュー動画の制作実績が豊富なプロに頼むことです。動画の実例でも紹介した、動画制作などを行うCrevoでは、紹介した以外にも豊富なインタビュー動画の制作実績があります。まずは、どのような動画を制作してみたいのか相談してみてはいかがでしょうか。

動画制作におすすめのCrevo

VIDEO SQUAREを運営するCrevo(クレボ)では、数多くの動画制作・映像制作にたずさわっています。国内外約5,000名のクリエイターネットワークを活かし、ご依頼ごとに最適な専属チームを作ります。また、はじめての動画制作でも安心のサポート体制が整っています。動画制作・映像制作ご検討の方はぜひお問い合わせください!

 Crevoの関連サービス

インタビュー・お客様の声の動画制作・映像制作

関連記事