動画制作・動画マーケティング専門メディア VIDEO SQUARE『ビデオ スクエア』

動画制作・動画マーケティングに関するノウハウや事例などを紹介するニュースメディア

効果を上げたいなら必読!YouTube動画広告メリットと制作のポイント

効果を上げたいなら必読!YouTube動画広告メリットと制作のポイント

若い人のみにとどまらず、YouTubeで動画を視聴するユーザーは年々増えています。そのため、企業側もYouTubeを活用したマーケティングを積極的に始めている傾向があります。YouTubeでうまく広告配信をすることができれば、企業にとっても認知度や売上の向上に向けて、高い効果を期待できるのです。この記事では、YouTube動画広告のメリットや、実際に制作する際の注意点やポイントについて詳しく紹介します。

YouTube動画広告のメリット

実際にYouTubeでの動画広告を検討する際には、広告を出すことによるメリットを考えておく必要があります。ここからは、YouTube動画広告のメリットについて大きく4つに分けて説明します。

利用者数が多い

1つ目の特徴は、YouTubeは国内ユーザーが非常に多い媒体である点です。YouTubeの視聴者数は国内で6,200万人まで伸びており、テレビに匹敵するメディアに成長しています。つまり、YouTubeの視聴者数が多いということは、それだけ届けられるユーザー数も多いので、企業の宣伝や広告を出す媒体として高い効果を期待することができます。

ターゲティングがしやすい

2つ目の特徴として、YouTubeはユーザーの細かい情報を把握できる点にあります。把握できる情報としては、ユーザーの「年齢」「性別」「地域」「好み」「キーワード」「視聴デバイス」などです。これらの情報を知ったうえで、自社商品についての紹介動画などの配信が行えるので、自社が届けたい相手へ効率よく情報を伝えることができます。ユーザーを細かくターゲティングできるため、狙ったターゲットに対して、効率的にリーチしやすい環境が整っています。

リマーケティングができる

3つ目は、リマーケティングができることです。リマーケティングとは、Googleの機能で、一度ウェブサイトを訪れたものの、何かしらの理由でサイトから離脱したユーザーを追いかけてそのウェブサイトへの再訪を促すような機能です。Googleのグループ企業でもあるYouTubeにも同様の機能が備わっていて、自分のサイトを訪問したことがある人に再アプローチすることが可能です。自社の商品・サービスに興味をもった人に対する再アプローチであることから、コンバージョンにつながりやすい傾向にあります。

ウェブマーケティングと連携しやすい

4つ目には、ウェブマーケティングとの連携です。YouTubeで配信する動画広告の中に、自社サイトなどのリンクを埋め込むことも可能なので、直接自社サイトに誘導することができます。そのため、テレビCMなどと比べると、動画を見て興味を持ったユーザーは、そのまますぐにウェブサイトを訪問してもらう可能性が高まるので、高い反応率を期待できます。また、広告にもさまざまな種類があるので、かけられる費用や、かけた費用による売上の成果など、重視するポイントによって選べるのも魅力です。

YouTube動画広告制作のポイント

実際に、YouTube動画広告を制作しようと考えた際に、気をつけるべきポイントがあります。ここからは、制作における注意点やポイントに絞って説明していきます。

マーケティングの目的を明確にする

重要なポイントとして、動画を配信する目的を明確にすることです。たとえば、商品の認知度アップが目的なのか、無料体験キャンペーンに導くことが目的なのかなど、目的を明確化しましょう。目的によって動画の内容も見せ方も変わってくるので、まずは、マーケティングの目的・動画を配信する目的を明確化することが重要です。目的があいまいなまま制作を進めてしまうと、訴求点もぼやけてしまい、ユーザーの胸に響きにくい動画になってしまうことがあるので、注意が必要です。

視聴者にどんな行動を促すのかを明確にする

動画を届けたいターゲットを明確にすることも重要です。ターゲットを絞り込むと、自ずと動画の内容も、どのようなコンテンツにすればいいのかという点も見えやすくなるので、情報を届けたいターゲットを明確化しましょう。加えて、ターゲットの性別や年齢、バックグラウンドなどを詳しく設定することで、より伝えたい情報を伝えたい人にしっかり届けることが可能になります

続きを見たいと思わせる

これは動画のポイントにもなりますが、最初の数秒で相手の心を掴むような構成が重要です。数多くある動画の中から選んで再生をしてもらっているので、ユーザーの興味も移りやすいです。たとえば、動画の中でクライマックス部分に最も見てほしい内容、届けたい情報があったとします。その場合に、視聴者は最後まできっと見てくれるだろうと考えて、工夫をせずにそのまま動画を配信してしまうのは危険です。届けたい部分までたどり着かずに途中で離脱されてしまっては、伝えたい情報を相手に届けられません。それを防ぐためには動画の構成が重要になります。

本当に伝えたい部分が後半にあったとしても、動画の最初に伝えたい内容をあえて入れてしまう方法も効果的です。イメージ的には映画の予告のようなつくりで、最初に興味をひくような内容があってから、実際の本編がスタートするような構成にします。そして、後半からクライマックスに近づいていくと、最初に出てきたシーンがまた出てくることで、全体的に辻褄(つじつま)が合ったり、動画の内容をさらに深く理解できたりすることにもつなげられます。

このように、後半や最後まで見てくれるだろうという考え方ではなく、特に伝えたい部分を最初に持ってくるなどの工夫が必要です。最初の数秒で相手の心を掴み、最後まで見たいと思ってもらえる動画を制作することを心がけましょう。

高い効果が期待できるYouTube動画広告を活用しよう

これまで述べてきたように、YouTubeは利用者も多く、情報を届けたいユーザーを詳細に分析することができるなどのメリットが多数あります。そのため、高い広告効果を期待できます。一方で、人気の高い広告媒体であるため、他社との差別化は必須です。ポイントとなる、動画の最初の数秒でユーザーの心を掴むような動画の制作は、初めて動画制作をする人にはむずかしい部分もあるでしょう。そこでおすすめなのが、動画制作会社に依頼することです。動画制作サービスのCrevo(クレボ)では、豊富な実績や経験がありますので、一度相談してみてはいかがでしょうか。

動画制作におすすめのCrevo

Crevoメンバー

VIDEO SQUAREを運営するCrevo(クレボ)では、数多くの動画制作・映像制作にたずさわっています。国内外約5,000名のクリエイターネットワークを活かし、ご依頼ごとに最適な専属チームを作ります。また、はじめての動画制作でも安心のサポート体制が整っています。動画制作・映像制作ご検討の方はぜひお問い合わせください!

Crevoの関連サービス

YouTube(True View)広告の動画制作・映像制作

関連記事

YouTubeで動画を上位表示させたい!知っておきたいSEOのポイント

 ・YouTube動画広告の種類を徹底解説

YouTubeのCM人気ランキングベスト10

関連記事