動画制作・動画マーケティング専門メディア「VIDEO SQUARE(ビデオスクエア)」

動画制作・動画マーケティングに関するノウハウや事例などを紹介するニュースメディア

お客様が思わず立ち止まってしまう!インストア動画制作で押さえるべきポイント

インストア動画のワンシーン

店舗内で流す映像である「インストア動画」には、顧客の興味を引いて購買行動を促す効果があります。この記事では、インストア動画のメリットや制作する際のポイントについて解説していきます。

インストア動画とは

動画を制作する前に、まずはインストア動画とはどのようなものなのかを知ることが大切です。ここでは、インストア動画の特徴と役割について詳しく説明していきます。

インストア動画の特徴

インストア動画は、販売促進や商品の説明を目的としたオフラインの店頭で流す動画です。すでに購買意欲があり店舗を訪れているお客様に対して、大型画面でキャンペーン告知を行ったり、タブレット端末で商品を紹介したりするなど、目的や店舗の状況に合わせたさまざまな活用法があります。

インストア動画の役割

インストア動画の役割の一つとして、来店したお客様に動画を通して情報を伝えることで購買行動を促すことが挙げられます。来店していても購入する商品を決めていないお客様も多く、インストア動画が購入のきっかけとなることは珍しくありません。動画には音声があったり映像が動いたりと視覚的に訴求力があるため、従来のPOPやポスターよりも注目度が高くなる傾向にあります。そのため、店頭のセールス力を高めるのに効果的なのです。

インストア動画のメリットと活用シーン

インストア動画に高い訴求力があるとわかっても、具体的なメリットや活用シーンがわからなければ制作に一歩ふみ出せないかもしれません。そこで、ここではインストア動画のメリットと活用シーンについて詳しく説明していきます。

インストア動画のメリット

インストア動画のメリットに、まずお客様の興味をひくことができる点が挙げられます。店舗には商品やサービスに関する情報があふれておりチラシやポスターだけでは新しい情報であっても埋もれてしまうしてしまう恐れがあります。一方、インストア動画であればお客様の足を止めることができ、情報を的確に伝えられる可能性が高まります。また、買い物中は話しかけられたくないというお客様に対しても、お客様側のタイミングで視聴することができるインストア動画は受け入れられやすい点もメリットといえるでしょう。

インストア動画の活用シーン

続いて、インストア動画の活用シーンを見ていきましょう。インストア動画は店頭で商品の特徴や使い方を説明する際のPOPとして活用することが可能です。また、インストア動画はキャンペーンや企業の告知に活用することもできます。さらに、店舗入り口のサイネージでは、店内への誘導に利用することもできるでしょう。サイネージは基本的に面積が大きいため、人目を引く広告効果が期待できます。

インストア動画を制作依頼するポイント

インストア動画を作る際には、制作するうえで押さえておきたいポイントを理解しておくことが大切です。ここでは、押さえておきたい大切なポイントを3つ解説していきます。

店舗に合わせたテイスト

インストア動画は少なからず店舗の空間を支配するものです。そのため、動画を空間の一部として捉えて、店舗の雰囲気やイメージに合わせたものを制作することが重要です。広告効果を狙って目立つことばかりを意識すると、店舗の雰囲気にそぐわずに逆効果になりかねないので注意しましょう。店舗の内装で使用されている色を考慮したり、店舗のどこにディスプレーを置くかをよく考えたりすることがポイントです。お店の雰囲気がポップなら動画も明るく楽しそうなものにしたり、上品な雰囲気なら色や音声を抑え気味にしたりといった工夫があります。

思わず立ち止まってしまうような演出

通常、店舗にいるお客様は買い物に忙しく、動画を視聴するためだけに買い物の手を休めることは少ないです。だからこそお客様に動画を視聴してもらうためには、ストーリー性やテンポの良さが大切となります。効果的なのは動画の冒頭で興味を引く表現を使うなど、お客様が思わず立ち止まって動画の続きを見たくなるような演出です。音声も効果的に活用し、買い物の妨げにならないよう考慮しつつ、注意を引かせられる演出を行うことがポイントです。ただし、立ち止まらせることのみに注力するのは得策とはいえません。立ち止まらせた後、続きを見てもらえるような内容にすることも忘れないようにしましょう。

短時間で伝わるわかりやすさ

動画を制作するうえで、ストーリーのわかりやすさは大切です。インパクト重視で目立たせることに注力し過ぎた動画では、目を引くことはあっても的確に情報を伝えられないので避けるべきです。また、動画の内容が視聴者に伝わるかは、視認性・可読性・視認秒数なども関係してきます。そのため、店内でのお客様の動きも考慮する必要があります。インストア動画の制作では、このようにさまざまな角度から動画について考えることが大切なのです。

インストア動画の事例紹介

昭和シェル石油「九州店舗給油機サイネージ用」動画

出典:Crevo制作実績

「昭和シェル」九州店舗給油機のサイネージ動画では、動画の冒頭に注目しましょう。「皆さん!給油だけで満足していませんか?」という呼びかけをしており、視聴者の注意を動画に向ける効果があります。また、効果音も有効的に活用しており、洗車される車の声も入れることで押し付け感がなく、自然に洗車の必要性を訴求しています。

スキンケア美容家電「LUNA mini2」プロモーション動画

出典:Crevo制作実績

スキンケア美容家電「LUNA mini2」の動画では、ナレーションを使わず、スタイリッシュなBGMを活用することで雰囲気のある作品に仕上げています。仕事で忙しい女性を主人公にしており、親しみやすさも演出しているのが特徴です。映像はメインに洗顔シーンを映しており、商品を使用することで効果的に洗顔ができることをアニメーションも交えながら説明しています。動画は全体的に気品があり、働く女性からの好感度が高くなるよう工夫されています。

名古屋市役所「納税の手続き紹介」動画

出典:Crevo制作実績

名古屋市役所のデジタルサイネージで放映された「納税の手続き紹介」動画です。役所関係の手続きは慣れない人にとっては難しく感じるものですが、このサイネージ動画では手続きが簡単であることを強調し、視聴者の不安を取り除くことに注力しています。また、一般的には堅い印象になったり、難しい説明になりがちな納税の動画を、遊び心あるRPGゲーム風にしている点にも工夫が見られます。親近感がわきやすいことは、インストア動画やサイネージ動画を制作するうえで重要です。ゲーム風にすることで最後まで視聴される工夫もなされています。

店舗に合わせたテイストがインストア動画のポイント

お店の雰囲気やテイストに合った動画を制作することが、インストア動画制作時では大きなポイントとなります。お客様が思わず立ち止まってしまう動画を制作したいなら、プロの力を借りてみましょう。制作実績が豊富なプロに依頼すれば店舗の雰囲気を大きく変えられるような、クオリティの高い作品ができます。動画制作サービスのCrevo(クレボ)でもインストア動画の制作を手がけておりますので、ぜひご相談ください。インストア動画を戦略的に利用し、店舗のセールス力を高めていきましょう。

動画制作におすすめのCrevo

Crevoのプロデューサー

VIDEO SQUAREを運営するCrevo(クレボ)では、数多くの動画制作・映像制作にたずさわっています。国内外約5,000名のクリエイターネットワークを活かし、ご依頼ごとに最適な専属チームを作ります。また、はじめての動画制作でも安心のサポート体制が整っています。動画制作・映像制作ご検討の方はぜひお問い合わせください!

Crevoの関連サービス

デジタルサイネージの動画制作・映像制作

販促・キャンペーンの制作実績

関連記事