動画制作のポイントとは?プロに依頼するときの注意点も解説

動画制作のポイントとは?プロに依頼するときの注意点も解説

近年、動画を積極的に活用する企業が増えています。企業紹介や商品プロモーションなど様々な使用シーンがあります。文字だけではわかりにくいことも、動画ならうまく伝えられるうえに、ひと目でわかるのも動画の大きなメリットです。ここでは、動画制作をするうえでのポイントについて解説します。さらに、動画制作をプロに依頼することのメリットについても見ていきます。

動画制作で最低限押さえておくべきポイント

スマホと時間動画制作では、ポイントをおさえることが情報をわかりやすく魅力的に伝えられることにつながります。では、実際にどのようなことに注意して制作していけばよいのか、具体的なポイントを紹介していきます。

ターゲットを明確にする

動画制作で大事になるポイントとしては、ターゲットを明確に想定することが挙げられます。ターゲットとは、その動画で最も訴求したい顧客のことです。ターゲットを明確にすることで、動画制作時のコンテンツの詳細な策定ができるようになります。その結果として、伝えたい情報を伝えたい人にしっかり届けることが可能です。

ターゲットを想定する際には、ターゲットの性別、年齢、バックグラウンドなどを詳しく設定します。多数の人を集団としてイメージするのではなく、一人の人についてできるだけ具体的にイメージするのがコツです。

最初の5秒を重視する

動画では、最初の掴みが非常に重要になります。YouTubeでは5秒で動画広告をスキップできてしまうのです。そのため、スキップできない最初の5秒で、いかに見ている人の心を掴むことができるかが重要となってきます。5秒間にいかにターゲットに刺さる映像を映すか、ターゲットの心に響く言葉をのせるかで、動画の効果が変わってきます。非常に短い時間にどれだけ効果的な情報をコンパクトに入れ込めるかが鍵と言えるでしょう。

全体の長さを1分以内にする

動画は、長くても1分以内にまとめるのがポイントです。伝えたいことが多ければ多いほど、動画は長くなってしまいがちです。しかし、見る側の視点に立ってみると、動画が長ければ長いほど、飽きてしまって途中で見るのをやめてしまいます。スマホなどで動画を見る人は、わずかな隙間時間を利用して動画を見るケースも少なくありません。長い動画をじっくり見ている人は少なく、ましてや企業のPR動画ではなおさら短くしなければ、見てもらうことができません。

動画制作を自分で行う上で考えられる懸念点とは

動画制作に悩む女性企業がPR活動に割ける予算には限りがあるので、動画制作を自分で行うケースは少なくありません。しかし、ノウハウの少ない人が制作する際には、いくつかの懸念点が考えられます。

新鮮さに欠ける

知識や経験が乏しい状態で動画制作をすると、新鮮さや奇抜さのない動画になる可能性が高くなります。動画制作自体は、アプリなどを使えば誰でも簡単に作成できます。しかし、初心者にとって効果的な動画を制作するというのはハードルが高いと言えます。

たとえば、動画を広告として制作する場合、宣伝効果が高く費用対効果の高い動画を制作するためには、コツが必要です。しかし、経験のない人が制作すると、企業や商品、サービスの情報をただ盛り込むだけの動画になりがちです。そうなると、ほかの動画に埋もれて視聴されなくなる可能性が高くなってしまいます。

クオリティが低い

より本格的な動画を制作したいと思ったら、専門機材やソフトなどを用意する必要があります。しかし、予算が少ない状況では、ソフトなどに費用をかけることがむずかしくなります。機能の制限されたフリーソフトや安い機材でも動画は制作できますが、どうしても音声・映像の質が低くなってしまいます。せっかく作るのであれば、きれいな動画を作りたいものですが、そのためにはコストをかけなければなりません。今後何回作るかわからないのに、コストをかけたくないと言う考えがクオリティを下げてしまう要因です。

プロに動画制作を依頼するメリット

質のいい動画を作成するためには、多少コストや時間をかけてもプロに依頼するのがおすすめです。ここでは、プロに依頼するメリットを紹介していきます。

映像の質が高い

動画制作をプロに依頼するメリットとしては、映像のクオリティが第一に挙げられます。カメラひとつ取っても、一般的に使用されているカメラとプロ用のカメラでは、画質や性能が全く異なるので、映像の質に差が出ます。加えて、プロは照明やマイクなどの機材も持っており、いろいろな機材を駆使する技術もあるのが特徴です。優れた機材を使って、よりクオリティの高い動画を制作してくれるのがプロの良さと言えるでしょう。

企画や構成に無駄がない

動画制作のノウハウがないと、企画や構成に無駄が出ることが多々あります。余計な部分を盛り込んでしまったり、肝心な部分が足りていなかったりしては、良い動画を作れません。経験が浅い人が作った動画は、やみくもに情報を羅列しがちで、見る人にわかりにくい動画になりがちです。この点、プロに依頼すると、情報をシンプルかつ適切に構成してくれますし、そういったサポートもしてくれます。

制作会社によっては、伝えたい情報を的確に伝えるためにはどんな構成にしたらよいか、企画のアドバイスをしてくれることもあります。映像を最後まで観てもらうために起承転結のあるストーリーを組み立てるなど、見てもらうための工夫を教えてくれるでしょう。

高レベルな編集が可能である

プロは、編集力も違います。誰でも利用できるようなフリーソフトと比べると、プロ用の映像編集ソフトは機能が豊富にあるのが特徴です。エフェクトやテロップなどで、訴求力のある編集が可能になります。動画をつないだり、ズレの修正などが難しかったりする作業も、スキルの高いプロであれば、安心して任せられます。自分で編集をして、うっかり大事なデータを破損すると言う心配もありません。

動画制作を依頼するときに注意するポイント

製作時のポイントいざ動画制作をプロに依頼するときには、どのようなことに注意すればいいのでしょうか。ここでは、動画制作を依頼するときの注意するポイントをお伝えします。

動画の骨子を決める

どのような動画を作りたいのか、明確に決めておくことが何よりも大事です。品質や予算、動画の内容については前もってはっきり決めておきましょう。これが数ある制作会社を選ぶ基準にもなるからです。予算はいくらか、納期はいつまでか、誰に何を伝えたいのかをまず基本情報として決めます。次に、動画に入れ込む情報量はどれくらいかも設定します。登場人物やナレーションもあわせてプロに依頼できる場合があるので、検討しておきましょう。

得意分野は何か確認する

制作会社によって、それぞれ得意分野と言うものがあります。納得のいく動画を制作してもらうには、自分たちが作りたい動画の目的・イメージと、制作会社の得意分野とが合っているかどうかをチェックすることも大切です。その会社の制作実績などを調べて、どんなジャンル、どんな雰囲気の動画を得意としているのか見てみましょう。作りたいイメージに近い動画の見本が見つかれば、それを伝えて依頼するとスムーズです。希望のイメージに近く、目的を実現してくれるような会社に依頼することをおすすめします。

見積もりの内訳を確認する

見積もり額の内訳については、最初に確認しておきましょう。なぜなら、制作に入る前に費用をしっかり確認しておかないと、予想外の追加料金を払うことになるケースもあるからです。そうならないためにも、見積額にはどのような内容が含まれているのかを、きちんと確認しておくことをおすすめします。たとえば、編集時に利用するロゴの作成・画像のデータ料、修正などには別途費用がかかる場合も少なくありません。あとでトラブルにならないように、事前に確認を取っておくこと大切です。

制作実績が豊富なCrevo

動画制作をプロに依頼するメリットはたくさんあります。おすすめの動画制作サービスを提供する会社ののつと1つとして、Crevo(クレボ)があります。Crevoでは、サービス紹介、YouTube広告、SNS動画広告、TVCMなど高品質な動画制作が可能です。Crevoには、業界、ジャンル、シーンを問わず、豊富な制作実績があります。

5,000人以上のクリエイターの中から最適な人を選び、企画から納品までしっかりサポートする体制が整っているので、はじめて利用する人でも安心です。たとえば、視覚的に情報を伝えるインフォグラフィックス表現が得意なクリエイターに依頼すれば、パッと見てわかりやすく、訴求力が強い動画を制作することが可能です。気になる料金については、独自の動画制作プラットフォームを利用することで、低価格での制作を実現します。

クオリティの高い動画制作はプロに依頼しよう

動画は誰でも比較的簡単に作れますが、使う機材やソフト、企画力や編集力などでは、やはりプロの作ったものに軍配が上がります。プロに動画制作を依頼することで、画質がきれいで訴求力があり、コストに見合った動画を作ることが可能です。

関連記事