動画制作のプロに依頼するメリット!マーケティングへの効果

動画制作のプロに依頼するメリット!マーケティングへの効果

ソーシャルメディアの普及により、企業が動画をマーケティングツールとして活用する例が増えています。予算などの理由から、企業によっては動画を社内制作している場合もあるかもしれません。しかし、クオリティが高くない中途半端なものを発信してしまうことで企業のブランドイメージを損なってしまうおそれもあります。この記事では、企業の動画制作をプロに頼むメリットや社内制作する場合との違いについて解説します。

動画制作のニーズが高まっている

ソーシャルメディアの普及により、企業のコミュニケーション方法は大きく進化しています。従来のようにマスメディアを通じて情報発信すると言う手法だけでなく、企業のソーシャルメディア上での情報発信が可能となり、双方向のやり取りも行われています。月に100万人単位で閲覧されることもある企業のウェブサイトの重要性は今後も高まっていくと言えるでしょう。多くの人たちに企業の魅力や商品について知ってもらうには、ソーシャルメディアやウェブサイトと相性がよく、また一瞬で興味喚起させるような動画コンテンツが必要です。

すでに、動画を使ったウェブマーケティングを実践していると言う企業の担当者も多いことでしょう。初心者でも使える動画編集ソフトやアプリが開発されたことから趣味で動画の編集をする人も増え、さらにスマートフォンでも簡単に動画が撮影できるようになっています。コスト意識も相まって、自社で制作したプロモーション動画をソーシャルメディアなどへアップするといったケースも増えています。

しかし、いくら便利なソフトやアプリがあっても、画像制作と比較すると動画の編集にはやはり高度な専門知識とスキルが必要です。初心者が手がけるとどうしても編集が不十分になってしまうことが多いと言えるでしょう。また、ノウハウがないままに撮影された動画は、視聴者にとっては単調で面白みに欠ける仕上がりとなりがちです。せっかく興味を持って視聴してくれた人たちをかえって落胆させる結果にもなりかねません。さらに、慣れない動画編集作業は思いのほか時間を要します。そのため、効率的にハイクオリティの動画を制作したいと考える企業の担当者のあいだでは、動画制作を外部のプロに発注すると言う方法が主流になっています。

プロに動画制作を依頼するメリットは?

ここからは、プロに動画制作を依頼する際のメリットについて詳しく説明していきます。同じ素材でも、撮影技法、編集技術、演出力によって仕上がりが変わってきます。

高い完成度

たとえば、人物や物などを撮る場合、素人が撮影するとどうしても同じアングルで漠然とカメラを回し続けると言うことになりがちです。その点、プロには演出と言う要素が加わります。どうすれば素材が最も生きるかと言う要素が加わります。どうすれば素材が最も生きるかと言う観点でさまざまなアングルから撮影し、普通では思いつかないような着眼点で撮影を行っていきます。そうすることで、単にさらりとカッコいいだけではなく、訴求力に優れた印象的な動画に仕上げられます。演出効果のコツを熟知しているため、最後まで視聴者を飽きさせない魅力的な動画を作り出せるのです。

マーケティング効果への期待

せっかく動画を制作してウェブサイトなどにアップする以上、より多くの人に最後まで視聴してもらいたいものです。動画はあくまでマーケティングツールです。動画を視聴してもらうことで、訴求したい点への理解促進、企業に対する好感度の醸成、最終的には商品の購入などの成果につながることが大切です。

世の中はさまざまな情報であふれており、多くの人たちが日々忙しく過ごしています。視聴し始めても、その動画が興味を惹く内容でなければすぐに観るのをやめてしまうでしょう。その点、プロの動画であれば最初から最後まで飽きさせないための演出がなされています。それによってコンバージョンに結びつきやすいため、高いマーケティング効果を期待できます。

スピーディな納品

動画を社内制作する場合、やはり気になるのが工数です。多くの場合、企業のマーケティング部門や広報部門では、動画制作の専任担当者は置いていないでしょう。多少動画の編集に明るい担当者が、本来の主担当業務の合間を縫って、撮影や編集作業を行っていると言う場合もあるのではないでしょうか。慣れない編集作業に時間をとられるあまり、本来の業務のクオリティが下がってしまっては本末転倒です。その点、プロに制作を任せれば、自身の工数を割くこともなく、スピーディにハイクオリティな動画を納品してもらえます。

プロの腕の見せどころ!を現した事例

高い技術と演出力を持つプロだからこそ制作できたハイクオリティの動画事例を2つ紹介します。1つ目が、メルシャン株式会社の取り扱い老舗ワイナリーである「アルベール・ビショー」のブランドサイト掲載用動画です。

出典:Crevo制作実績

1831年に創立されたアルベール・ビショー社は、180年以上の歴史を誇るブルゴーニュの名門で、シャブリ、 コート・ド・ニュイ、コート・ド・ボーヌ、コート・シャロネーズ、ボージョレ地区に6つのワイン畑を所有します。まるで映画のような美しい映像を通して、画像や文章では決して伝えきれないブランドの重厚感や醸造者の生き生きとした姿が、臨場感たっぷりに伝わってきます。14分弱と長めの動画ですが、視聴者を飽きさせることなく、アルベール・ビショーの世界へ引き込んでいきます。現地に飛んで取材、撮影を敢行した言う力作です。

2つ目は、上記と全く異なる雰囲気の40秒ほどの動画です。オンラインで簡単に使用できる決済サービスPaidy(ペイディー)のコンセプトムービーです。

出典:Crevo制作実績

シンプルなアニメーションと複雑なアニメーションを交互に繰り返すことで、Paidyのサービスの使いやすさと、それを実現するための複雑なテクノロジーが表現されています。最先端の技術が駆使した視覚と聴覚への新鮮な刺激が心地よい秀作です。

ここで紹介した2つの動画は、Crevoが手がけたものです。クライアントニーズに合わせて、全く雰囲気の異なる動画に仕上げています。

動画制作サービスのCrevo

Crevo社員(毛利)

Crevo(クレボ)は2012年に設立された比較的新しい会社ですが、アニメーション、実写、3DCG、シネマグラフなど幅広い表現手法に対応可能なことから、すでに制作実績は業界・ジャンルを問わず850社を超えています。Crevoには3つの強みがあります。

1つ目は、Crevoには世界中に5,000人を超えるす豊富な動画クリエイターが揃っています。そのため、案件に合わせて最適なクリエイターをアサインすることができ、クライアントのニーズに沿った多様な表現を得意としています。

2つ目は、案件ごとに専属のディレクターをつけ、ニーズのヒアリング、企画、そして納品までを一貫してサポートします。納期や品質チェックを含めてしっかりと管理していくので、動画の外注が初めてと言う担当者の方でも安心して任せられるパートナーと言えるでしょう。

3つ目は、独自の動画制作プラットフォームを活用している点です。チャットベースでのタイムリーなやり取りはもちろん、細かい修正指示にも対応しやすくなっています。独自システムにより、ニーズに沿った動画が効率よく制作できることで、結果としてコストカットにもつながります。徹底した合理的な制作プロセスにより、ハイクオリティの動画をリーズナブルな価格で制作できると言うわけです。

動画制作はメリットが多いプロに依頼

マーケティングにおける動画の重要性、ニーズが高まっています。動画は画像と比べると求められるクオリティが高く、初心者が気軽な気持ちで手を出すことはあまりおすすめできません。クオリティの足りない動画を公開してしまうことで、視聴者に不満を与えるだけでなく、企業のブランドイメージを損なう場合もあります。

動画の制作は、高い企画力とノウハウを持つプロに任せるのが安心です。社内制作では難しかったハイレベルの動画をリーズナブルな価格で制作してもらえ、結果としてマーケティングの目標も達成しやすくなるでしょう。動画をひとつ作っておけば、テレビCM、動画広告、商品イベント、社内広報など、幅広い用途に長く活用できます。ひとつの動画が企業のブランドイメージにも大きく影響する時代です。

せっかくならば動画制作のプロに依頼して、視聴者の心に刺さるようなハイクオリティの動画を作ってみてはいかがでしょうか。

関連記事