動画制作・動画マーケティング専門メディア「VIDEO SQUARE(ビデオスクエア)」

動画制作・動画マーケティングに関するノウハウや事例などを紹介するニュースメディア

動画制作のポイントとは?プロに依頼するときの注意点も解説

近年、動画を積極的に活用する企業が増えています。企業紹介や商品プロモーションなど様々な使用シーンがあります。文字だけではわかりにくいことも、動画ならうまく伝えられるうえに、ひと目でわかるのも動画の大きなメリットです。ここでは、動画制作をするうえでのポイントについて解説します。さらに、動画制作をプロに依頼することのメリットについても見ていきます。

動画制作で押さえておくべきポイント

動画制作では、ポイントをおさえることが情報をわかりやすく魅力的に伝えられることにつながります。では、実際にどのようなことに注意して制作していけばよいのか、具体的なポイントを紹介していきます。

ターゲットを明確にする

動画制作で大事になるポイントとしては、ターゲットを明確に想定することが挙げられます。ターゲットとは、その動画で最も訴求したい顧客のことです。ターゲットを明確にすることで、動画制作時のコンテンツの詳細な策定ができるようになります。その結果として、伝えたい情報を伝えたい人にしっかり届けることが可能です。

ターゲットを想定する際には、ターゲットの性別、年齢、バックグラウンドなどを詳しく設定します。多数の人を集団としてイメージするのではなく、一人の人についてできるだけ具体的にイメージするのがコツです。

最初の5秒を重視する

動画では、最初の掴みが非常に重要になります。YouTubeでは5秒で動画広告をスキップできてしまうのです。そのため、スキップできない最初の5秒で、いかに見ている人の心を掴むことができるかが重要となってきます。5秒間にいかにターゲットに刺さる映像を映すか、ターゲットの心に響く言葉をのせるかで、動画の効果が変わってきます。非常に短い時間にどれだけ効果的な情報をコンパクトに入れ込めるかが鍵といえるでしょう。

全体の長さを1分以内にする

動画は、長くても1分以内にまとめるのがポイントです。伝えたいことが多ければ多いほど、動画は長くなってしまいがちです。しかし、見る側の視点に立ってみると、動画が長ければ長いほど、飽きてしまって途中で見るのをやめてしまいます。スマホなどで動画を見る人は、わずかな隙間時間を利用して動画を見るケースも少なくありません長い動画をじっくり見ている人は少なく、ましてや企業のPR動画ではなおさら短くしなければ、見てもらうことができません。

動画制作を自分で行う上で考えられる懸念点とは

企業がPR活動に割ける予算には限りがあるので、動画制作を自分で行うケースは少なくありません。しかし、ノウハウの少ない人が制作する際には、いくつかの懸念点が考えられます。

新鮮さに欠ける

知識や経験が乏しい状態で動画制作をすると、新鮮さや奇抜さのない動画になる可能性が高くなります。動画制作自体は、アプリなどを使えば誰でも簡単に作成できます。しかし、初心者にとって効果的な動画を制作するというのはハードルが高いといえます。

たとえば、動画を広告として制作する場合、宣伝効果が高く費用対効果の高い動画を制作するためには、コツが必要です。しかし、経験のない人が制作すると、企業や商品、サービスの情報をただ盛り込むだけの動画になりがちです。そうなると、ほかの動画に埋もれて視聴されなくなる可能性が高くなってしまいます。

クオリティが低い

より本格的な動画を制作したいと思ったら、撮影に必要な専門機材やアニメーションの作成に必要なソフトなどを用意する必要があります。しかし、予算が少ない状況では、それらに費用をかけることがむずかしくなります。機能の制限されたフリーソフトや安い機材でも動画は制作できますが、どうしても音声・映像の質が低くなってしまいます。せっかく作るのであれば、クオリティの高い動画を作りたいものですが、そのためにはコストをかけなければなりません。今後何回作るかわからないのに、コストをかけたくないという考えがクオリティを下げてしまう要因です。

動画制作をプロに依頼するメリット

質のいい動画を作成するためには、多少コストや時間をかけてもプロに依頼するのがおすすめです。ここでは、プロに依頼するメリットを紹介していきます。

映像の質が高い

動画制作をプロに依頼するメリットとしては、映像のクオリティが第一に挙げられます。カメラひとつ取っても、一般的に使用されているカメラと撮影で使用されるプロ用のカメラでは、画質や性能が全く異なるので、映像の質に差が出ます。加えて、プロは照明やマイクなどの機材も持っており、いろいろな機材を駆使する技術もあるのが特徴です。優れた機材を使って、よりクオリティの高い動画を制作してくれるのがプロの良さといえるでしょう。

企画や構成に無駄がない

動画制作のノウハウがないと、企画や構成に無駄が出ることが多々あります。余計な部分を盛り込んでしまったり、肝心な部分が足りていなかったりしては、良い動画を作れません。経験が浅い人が作った動画は、やみくもに情報を羅列しがちで、見る人にわかりにくい動画になりがちです。この点、プロに依頼すると、情報をシンプルかつ適切に構成してくれますし、そういったサポートもしてくれます。

制作会社によっては、伝えたい情報を的確に伝えるためにはどんな構成にしたらよいか、企画のアドバイスをしてくれることもあります。映像を最後まで観てもらうために起承転結のあるストーリーを組み立てるなど、見てもらうための工夫を教えてくれるでしょう。

高レベルな編集が可能である

プロは、編集力も違います。誰でも利用できるようなフリーソフトと比べると、プロ用の映像編集ソフトは機能が豊富にあるのが特徴です。エフェクトやテロップなどで、訴求力のある編集が可能になります。動画をつないだり、ズレの修正などが難しかったりする作業も、スキルの高いプロであれば、安心して任せられます。自分で編集をして、うっかり大事なデータを破損するという心配もありません。

<関連記事>動画制作会社・動画制作サービスの選び方のポイント【初心者必読!】

動画制作はフリーランスにも依頼できる

クラウドソーシングなどを通して、フリーランスのクリエイターに動画制作を依頼することも可能です。特定のクリエイターを知っていれば、SNSなどで直接連絡することもできるでしょう。
フリーランスに動画制作を依頼するメリットは、制作会社に比べると費用を安く抑えられることです。制作会社では動画制作に多くのスタッフが携わっており、1本の動画だけでも人件費は馬鹿になりません。一方、フリーランスのクリエイターは基本的にすべての作業を1人で行います。別で声優にセリフの吹き込みを依頼する場合などもありますが、制作会社よりは大幅にコストカットできるでしょう。また、細かい調整を指示しやすいこともフリーランスのメリットの一つです。多くの人間が関わっている制作会社よりも、単独で制作しているフリーランスのほうがスケジュールを調整しやすく、ある程度融通がききます。
ただし、フリーランスに動画制作を依頼するデメリットも知っておく必要があります。コストが抑えられる分、フリーランスでは動画のクオリティが保証されていません。場合によっては、完成まで至らない可能性もあるでしょう。マーケティングを動画制作の主眼とするのであれば、プロの制作会社に依頼するのが無難です。

動画制作を依頼する前に準備しておくべきこと

動画制作を成功させるためには、依頼の前に準備を整えておくことが大切です。多岐にわたる準備の内容を押さえ、制作会社にイメージ通りの動画を制作してもらいましょう。ここからは、動画制作を依頼する前に準備しておくべきことについて解説します。

動画制作の目的・予算・納期を決める

動画制作の目的と予算、そして納期は必ず決めておかなくてはならないポイントです。認知拡大や集客など、目的によって動画制作の方向性は大きく変わります。例えば、集客が目的なら商品やサービスの内容をしっかりと理解してもらうことが重要です。一方、認知拡大を目指すのであれば、会社や商品の名前を強調する戦略が効果的です。また、予算も動画の質や内容を左右する要因となります。予算に比べて求めるものが大きすぎれば制作費が予算を上回る場合もあるため、事前によく検討しておきましょう。そして、修正などの工程も含めて納期をあらかじめ決めておくことも大切です。商品の説明会やリリースなどに合わせて動画を発表したい場合、あらかじめ制作会社に期日を伝えておきましょう。

参考動画を探す

制作してほしいイメージに近い参考動画があれば、話がスムーズに進みやすくなります。そのため、依頼する前にどのような動画を求めるのか、実際の事例から探してみましょう。依頼先の制作会社がイメージに近い実績動画を公開していなければ、他の会社の実績から探しても問題ありません。なお、テレビや映画と同じようなクオリティのアニメーション動画を制作するためには膨大な費用がかかります。制作会社に提示する参考動画は、予算に見合った現実的な範囲で探すようにしてください。

メインの配信媒体を決める

テレビやYoutube、SNSなど、動画の配信媒体は数多くあります。配信媒体によって、動画の内容や長さ、撮影機材などが変わってくるため、メインの媒体を前もって決めておくと話がまとまりやすいです。同時に、動画の長さも大体で決めておけば、予算やメッセージの数が見通しやすくなるでしょう。

KPIを設定する

KPIとは、最終的な目標とする具体的な数値のことです。具体的な数値を設定する項目としては、広告のクリック数や再生数、視聴者数などが挙げられます。これらの項目で具体的な目標を決めておけば、制作会社も効果的な戦略を立てやすくなります。

商品やサービスの資料を用意する

動画で紹介する商品やサービスの資料は、なるべく豊富に用意しておくのがポイントです。念のために提供した情報が、動画制作において思わぬ武器になる可能性もあります。会社案内や営業で使うプレゼンの資料など、動画制作に役立ちそうな情報は漏らさず提供するとよいでしょう。

動画制作における基本的な流れ

動画制作は、基本的に「企画」「絵コンテ作成」「撮影(アニメ制作)」「編集・MA」といった流れで行われます。動画制作の全体像を把握するために、基本的な流れを押さえておきましょう。ここからは、それぞれの工程について簡単に解説します。
まず、企画の段階で行われるのは動画の企画案の作成です。クライアントのヒアリングを通して、制作会社は動画のターゲットや目的、含めるべきメッセージなどを抽出します。そのうえで、動画のコンセプトや制作スケジュールなどの具体的な企画を立てていきます。企画が完成したら、次に取りかかるのが絵コンテの作成です。絵コンテ作成では、動画で使う映像のカットやセリフを細かく決めていきます。クライアントと打ち合わせながら、動画のもととなる台本を仕上げていきます。次に行うのが、実写であれば撮影、アニメーションであればアニメ制作です。撮影やアニメ制作が完了したら、動画の編集とMAを行います。MAとは、編集が終わった動画に効果音やナレーションなどを加え、音響を仕上げる作業のことです。編集とMAが済んだら、クライアントチェック後に動画を納品します。なお、ここで紹介した流れはあくまでも一例であり、制作する動画の内容や依頼する会社によっては異なる可能性もあるので注意してください。

<関連記事>動画制作の流れとは?ポイントについて解説!

動画制作を依頼する場合の料金相場

動画制作にかかる費用は、長さやクオリティなどによって大きく変わるので一概には言えません。ここで紹介する数字はあくまでも目安なので、動画制作を依頼する前に必要な料金は必ず確かめておきましょう。動画制作の費用は、依頼するのが制作会社かフリーランスかによって大きな違いがあります。制作会社に依頼した場合、シンプルな動画であれば50万円以下に抑えることも可能です。ただし、とことんクオリティにこだわるのであれば300万円以上かかることもあります。求める動画によって、コストは幅広く変動すると覚えておきましょう。一方、フリーランスに依頼した場合は5~15万円程度が料金の相場となります。制作会社に比べてコストは安いものの、制作してもらえる映像の種類は限られます。

<関連記事>動画制作の費用相場はいくら?企業の動画制作を外注した場合の費用詳細は?

動画制作を依頼するときに注意するポイント

いざ動画制作をプロに依頼するときには、どのようなことに注意すればいいのでしょうか。ここでは、動画制作を依頼するときの注意するポイントをお伝えします。

動画の骨子を決める

どのような動画を作りたいのか、明確に決めておくことが何よりも大事です。品質や予算、動画の内容については前もってはっきり決めておきましょう。これが数ある制作会社を選ぶ基準にもなるからです。予算はいくらか、納期はいつまでか、誰に何を伝えたいのかをまず基本情報として決めます。次に、動画に入れ込む情報量はどれくらいかも設定します。登場人物やナレーションもあわせてプロに依頼できる場合があるので、検討しておきましょう。

得意分野は何か確認する

制作会社によって、それぞれ得意分野というものがあります。納得のいく動画を制作してもらうには、自分たちが作りたい動画の目的・イメージと、制作会社の得意分野とが合っているかどうかをチェックすることも大切です。アニメーションを得意とする制作会社もいれば、実写での撮影を強みとする制作会社もいます。その会社の制作実績などを調べて、どんなジャンル、どんな雰囲気の動画を得意としているのか見てみましょう。作りたいイメージに近い動画の見本が見つかれば、それを伝えて依頼するとスムーズです。希望のイメージに近く、目的を実現してくれるような会社に依頼することをおすすめします。

見積もりの内訳を確認する

見積もり額の内訳については、最初に確認しておきましょう。なぜなら、制作に入る前に費用をしっかり確認しておかないと、予想外の追加料金を払うことになるケースもあるからです。そうならないためにも、見積額にはどのような内容が含まれているのかを、きちんと確認しておくことをおすすめします。たとえば、編集時に利用するロゴの作成・画像のデータ料、修正などには別途費用がかかる場合も少なくありません。あとでトラブルにならないように、事前に確認を取っておくことが大切です。

準備を整えてから動画制作を依頼しよう

動画制作では、制作会社などに依頼する前にしっかりと準備を整えておくことが重要です。動画の目的やターゲット、制作にかけられる予算や期間などを伝えたうえで、効果的な動画を制作してもらうとよいでしょう。動画制作はフリーランスに依頼することもできますが、どうしてもクオリティに不安が残ります。動画で確かな成果を上げたいのであれば、制作会社に依頼するのがおすすめです。

動画制作・映像制作実績が豊富なCrevo

VIDEO SQUAREを運営するCrevo(クレボ)では、国内外約8,000名が登録している独自のクリエイターネットワークを生かして、数多くの動画制作・映像制作にたずさわっています。動画制作・映像制作ご検討の方はぜひお問い合わせください!

Crevoの公式サイトはこちら

Crevoで動画制作・映像制作がしたくなったら…

・無料相談・お見積りはこちら

・資料ダウンロードはこちら

Crevoの関連サービス

アニメーション動画制作・映像制作

実写動画制作・映像制作

関連記事