【成功事例4選】タクシー広告動画の成功事例を紹介 | 適している業界や成果を上げるためのコツについて解説します。


本記事では、タクシー広告動画の「成功事例」「適している業界」について解説します。タクシー広告動画で成果を上げるためのコツについて紹介します。「タクシー広告動画の成功事例を知りたい方」「タクシー広告動画で成果を上げるコツについて知りたい方」に向けた記事になります。

お役立ち資料集

人事・HR交流会 #02

人事同士で繋がる交流会@東京・六本木<Crevo・JHR共同主催>

日時

2024/5/23(木)19:00 ~ 21:00

タクシー広告動画の成功事例

タクシーを利用した動画広告は、多くの企業にとって有効なマーケティング手法として注目されています。その中でも、タクシー利用者の属性を把握し、効果的なターゲティングを行った事例をいくつか紹介します。

 

タクシー広告動画制作「splashtop(スプラッシュトップ)」(Crevo制作実績)


出典:Crevo制作実績

動画の種類実写動画
長さ・尺15~30秒
費用レンジ100~299万円

本動画は、タクシー広告やWebサイトへの掲載による認知度向上を目的に制作されました。動画の内容は、テレワークを手軽に導入できるsplashtopを活用し、「働く場所に縛られ、大切なことを諦めているすべての人にsplashtopを届けたい」というメッセージを伝えるストーリーです。制作のポイントは、社員の実体験をもとに、サービスの利便性をわかりやすく訴求している動画です。

ブランディング動画タクシー配車アプリ「DiDi(ディディ)」昔話篇(Crevo制作実績)


出典:Crevo制作実績

動画の種類アニメーション動画
長さ・尺30~60秒
費用レンジ100~299万円

この動画は、Youtube広告・タクシー広告・SNS広告などに使用するために制作されました。動画の内容は、DiDiのイラストトンマナ(トーン&マナー)を踏襲しつつも、Crevoの強みであるアニメーションを活かして、DiDiを使う昔話の主人公のユーモラスなストーリーを描いています。シンデレラやウサギとカメなど、昔話に登場するキャラクターを複数パターン作成し、バラエティ豊かなキャラクターを作り上げました。

タクシー広告用動画採用管理プラットフォーム「HERPATS」(Crevo実績)


出典:Crevo制作実績

動画の種類実写動画
長さ・尺15~30秒
費用レンジ300万円~

「スクラム採用」を実現する採用管理プラットフォーム「HERP ATS」のキャブ広告動画です。本ビデオは、サービスの根幹をなす「スクラム採用」というコンセプトの認知拡大を目的に制作されました。このコンセプトを効果的に紹介するために、クリエイティブなビジュアルと意味のある言葉を取り入れ、人々の関心を引き、製品の高度な機能を訴求しています。
エネルギッシュなタイポグラフィや、主要な機能を簡潔に説明するアイコンなどのビジュアル要素によって、ターゲットがより親しみやすいコンテンツに仕上がっています。
また、従来の採用手法と比べたスクラム採用の優位性を、一般的な「ウォーターフォール型」採用手法との比較で示すことも、このビデオの狙いです。さらに、本題に入り、製品の特徴を興味深く、魅力的に紹介するような脚本を作成しました。
このほか、サービスの先進性を強く印象づけるSNS広告動画「宣言篇」も制作しました。制作のポイントは、オフィスをロケーションとすることが多いタクシー広告動画の特性を考慮し、競合他社との差別化を図るために、「パウダールーム」という設定で撮影を行ったことです。サービスのキーワードである「スクラム採用」をフィーチャーした上で、ユニークかつ顕著に視聴者を会話に引き込むには最適な環境でした。
第一印象ですぐに当社のサービスだとわかるように、ダイナミックなビジュアルとサウンド、明るい色やフォントで注意を引くようにしました。

タクシー広告動画 「サブタレCM動画」


タクシー広告(CM)で放映している広告動画です。この動画はソングもオリジナルで作成しています。「サブタレ」はコスパ最強のサブスク型タレントキャスティングです。

効果が出やすい業種やサービス

タクシーの動画広告は、どのような企業やサービスと相性が良いのでしょうか。具体的に見ていきましょう。

BtoB企業や幅広い業界を対象したサービスに向いている

実際にタクシー広告を見たことがある方は、BtoB企業のCMが多いと感じたことがあるのではないでしょうか。タクシー広告はオールターゲット広告ではありませんが、特にBtoBサービスに向いています。タクシーに乗る人の多くは、富裕層や経営者などの「決裁権を持っている方」の傾向があります。

各社の媒体資料によると、大規模なオフィスビルにタクシー専用スタンドを設置しており、利用者の多くはビジネスシーンに関わる人たちであり、BtoBビジネスのターゲットに近いユーザーはタクシー広告に接する機会が多く「最もタクシーサービスを利用しやすい人たち」と位置づけられます。「BtoBへの訴求力が強いターゲット意識広告」といえます。

高単価の商品やサービスに向いている

高単価の商品や高単価のサービスを提供する企業との相性も良いです。前述したように、タクシー利用者の多くは、可処分所得の高い経営者などの意思決定権を持つビジネスパーソンとなっています。そのため、タクシーサイネージは、高単価な商品やサービス(不動産、金融サービス、高級ブランドなど)のターゲット層にリーチすることができます。

さらに、タクシーサイネージの普及と更新に伴い、搭載されるサイネージの画面サイズは大きくなっており、広告メッセージを流すためのプラットフォームとして非常に有効です。画面サイズが大きくなることで、ブランドの世界観を効果的にアピールすることができ、ターゲットの注目を集め、ミッションや商品・サービスを効率的に伝える機会を与え、ブランドの認知度や知名度を高めることができます。

さらに、よりインパクトのあるビジュアルに加え、キャブサイネージにサウンドデザインやアニメーションを用いることで、魅力的な体験が生まれ、ブランドのメッセージの効果を高めることができます。

タクシー動画広告で成果を上げるための施策

タクシー動画広告で成果を上げるためには、ユーザーの心に届く魅力的な広告にするためのポイントを押さえながら、自社の強みや特徴を整理しておくことが大切です。実際に制作会社に発注する場合でも、より良い広告にするための知識を持つことが重要です。ここでは、タクシー動画広告を制作する際に気をつけたいポイントをご紹介します。

タクシー広告動画で成果を上げるための4つのポイント

  • ターゲット設定を明確にする
  • 飽きない動画制作が必要
  • 配信環境を事前にリサーチする
  • SNS媒体を活用した告知が重要

ターゲット設定を明確にする

映像に限らず、自社の商材の価値は、広告を出す前に必ず確認する必要があります。自社の強みや魅力を明確にすることで、それを求めるターゲットユーザーを明確にすることが可能です。そしてユーザーのニーズや課題を分析し、商材の魅力やどのような課題・問題を解決するのかが伝わるような映像内容にすることです。

ターゲットユーザーの嗜好や目的を理解することは、動画広告の内容や形態・プロモーション方法を決定する際の助けとなります。そのため、さらに研究を進めることが不可欠です。ユーザーが広告に遭遇する可能性の高い活動や地域を具体的に調査することは有益といえます。さらに、ユーザーの日常生活を考慮し、広告を出すタイミングを最適化することが必要です。

タクシーは地域によって乗客の層が異なるので、最も見られやすい場所に絞って映像を配信するのが効率的です。

飽きない動画制作が必要

タクシーの動画広告は、静かに移動する車内でじっくり見られるというメリットがありますが、ユーザーからすると広告をスキップすることができないので、内容によってはストレスになることもあります。広告には視聴者を飽きさせないような意味深で魅力的なストーリーを持たせることが重要です。

スマートフォンよりも大きいタブレットの画面で見ることを意識し、通常のネット広告よりもクリエイティブに気を配れば、見る人に良い印象を与えることができます。

説得力のあるストーリーテリングや目を引くビジュアル・グラフィック・BGM・練られた効果音などのクリエイティブな要素を活用し、起動時に視聴者の注意を引くことで、長く見てもらえるような高品質の動画広告を構築できます。

配信環境を事前にリサーチする

タクシー動画広告の配信環境は、タクシー会社によってさまざまです。媒体によっては音声がない場合もありますし、音声機能があってもタブレットから音声が流れないように設定されている場合もあります。タクシー会社のタブレットや、広告を出したい広告会社が音声付き配信に対応しているかどうか、事前に調査しておくことをおすすめします。

続いて、動画が視聴される環境などの文脈的な要素を考慮し、検討を始めることが重要です。たとえば音声がない場合、音声がなくても内容が理解できるように、見やすいサイズでメッセージを流すなどのパターンを用意する必要があります。

SNS媒体を活用した告知が重要

タクシー広告の成果を上げるためにはSNS媒体を活用した告知が重要です。

FacebookやTwitterを使った告知

FacebookやTwitterで告知するのはとても効果的です。投稿を見た人にFacebookやTwitterでシェアしてもらい、改めて当社への認知を高めてもらうことが可能です。このような二次的な効果を狙うことで、既存のお客様のネットワークの可能性をさらに引き出すことができるので、とても重要だといえます。

成功するマーケティング戦略を策定する上で、リピーターを生み出すのに役立つ告知や発表にソーシャルメディアの活用は不可欠です。

YouTubeを使った告知

もう一つの方法は、同じ動画を使ったYouTube広告の配信です。YouTube広告は、ある程度ターゲットを絞ることができ、少ない費用で出稿できるためおすすめです。動画広告のパフォーマンスを詳細に分析することで、マーケティング担当者は必要に応じてキャンペーンを調整し、成果を最大化することができます。

さらに、YouTube広告はプリント広告やテレビCMよりもはるかに低コストで出稿することが可能です。そのため、上記のような施策も含めて総合的に検討することで、マーケティング活動に活かせます。

タクシー広告を出稿する流れ

ここでは、タクシー広告の入稿手順と掲載までの流れについて説明します。

ターゲットに合った配信会社を選ぶ
タクシー広告を配信する会社を決めるにあたって、現在、広告を配信している会社は2社あります。お客様の利用目的に応じて、広告配信会社を検討されることをお勧めします。両社を慎重に評価・調査した結果、広告キャンペーンの目的を達成できる可能性が最も高いのはどちらかが最適な選択となります。

予算・リーチ・ターゲット市場・希望する結果などを考慮することは、十分な情報に基づいた決定をする上で非常に重要です。

プランや配信エリアを決める

タクシー広告を配信している代表的な会社は「TOKYO PRIME」と「GROWTH」の2社です。各社とも配信エリアや特徴が異なります。TOKYO PRIMEは、全国12都市で展開され、全国で61,500台、東京では約25,000台、月間リーチ(全国)31,000,000人のサイネージ設置実績を誇ります。

もう一社のGROWTHは、東京エリア(23区、武蔵野地区、三鷹地区)と全国5都市(札幌、名古屋、京都、滋賀、横浜)でサービスを展開しています。東京エリアでは、12,500台のタクシーにGROWTHが搭載され、月間約8,200,000人の方が利用しています。

企業審査を受ける

タクシー広告は、公共空間におけるメディア広告をめぐるさまざまな規制により、テレビコマーシャルや交通広告と同様の企業審査が行われます。タクシー広告の内容は、業界標準や利用規約を遵守したものでなければ承認されません。さらに、すべての広告は、お客様に楽しい体験を提供する高品質でなければならないでしょう。

そのため、タクシー広告にご興味のある企業の方は、ぜひ一度、問い合わせてみることをおすすめします。

空き枠状況を確認する

「TOKYO PRIME」「GROWTH」どちらのタクシー広告も、広告会社を通じて空席状況を確認することができます。東京エリアでは空きがありませんが、エントリー制を活用しており、4月~9月の2広告については1月上旬頃、10月~3月の2広告については8月上旬頃、事前にエントリーを受け付けています。

東京プライムアンドグロースが提供する広告枠は需要が高いため、早めにエントリーすることが大きなメリットになります。プレエントリーしておくと、空きが出る前から応募を検討することができ、有利になります。時期や地域が決まっている場合は、1月上旬や8月上旬のプレエントリーを検討するとよいでしょう。

空き枠の仮押さえをする

タクシー広告の特徴として、仮予約が可能であることがあげられます。ただし、「TOKYO PRIME」「GROWTH」ともに、有効期限は仮予約申し込み日から5営業日で、それ以降は未消化の仮予約は自動的にキャンセルされます。TOKYO PRIME」については、仮予約の回数に上限はございません。また、1台のタクシーに対して複数の仮予約を行うことができます。

複数のキャンペーンを予定されている場合に最適な選択肢となります。適用される規制の詳細については、広告会社までお問い合わせください。

動画広告の審査を受ける

前項の業種別検査で説明したように、クリエイティブ映像メディアも検査の対象となります。他の映像メディアと同様、細かい規定が存在します。これは一見難しそうですが、関係者の安全を確保するために、乗り物でのクリエイティブな映像を適切に審査するための不可欠なプロセスの一部なのです。

また、車内以外でも、コンテンツ制作者は、コンテンツが想定される視聴者に適しているか・ソースに忠実であるか・年齢に適しているかなど、関連するすべての規制を理解することが重要です。また、著作権や商標権の侵害がないか・事実誤認がないかなど、業界標準を守らなければ、審査で落とされる可能性があります。

申し込みをおこなう

応募は広告会社を通じて行うことができます。TOKYO PRIMEとGROWTHにはそれぞれ独自の応募フォーマットがありますので、応募の都度、フォーマットを確認する必要があります。また、広告の費用と掲載期間についても、費用対効果を考え露出を最大化するために、提出前に考慮する必要があります。

入稿をおこなう

各タクシー会社が規定する入稿フォーマットに沿って、入稿用資料を作成します。その後、指定された広告会社を通じて入稿手続きを行います。

掲載をスタートする

タクシー広告「TOKYO PRIME」「GROWTH」は月曜日からの配信となり、掲載期間は1週間以上が目安です。掲載期間を考慮した場合、変則的な開始日(例:火曜日から3日間)は受付不可となっているので注意しましょう。

まとめ

今回は、タクシー広告動画の成功事例を紹介しつつ、向いている業種や成果を上げるコツを解説しました。タクシー広告は、経済的に余裕のある人(富裕層)や経営者に向けて情報を届けることができるメディアです。経営者層へのアプローチ、BtoBサービスの認知度向上、高単価商品の認知拡大などを目指すなら、ぜひタクシー広告の導入を検討したいところです。

意思決定権を持つ企業(法人)や経営層にどうアプローチするか、悩んでいる企業も多いのではないでしょうか。タクシー広告では、目的地に応じた乗客のターゲティングや、特定の地域を訪れる可能性のある人に向けた動的なメッセージの作成も可能です。
「経営者へのアプローチに悩んでいる」「法人営業を効率的に行いたい」「高単価商品の認知を広げたい」など、そんな方はタクシー広告を検討してみてはいかがでしょうか。

執筆者

VIDEOSQUARE編集部
VIDEOSQUARE編集部
VIDEOSQUAREは、「動画制作・映像制作」「動画マーケティング」「動画活用」「動画トレンド」などに関連したトピックを取り扱うオウンドメディアです。業界トップクラスである2,000社10,000件の動画制作実績から培ったノウハウとビジネス理解力で高い企画力を低価格で提供できる動画制作会社、「Crevo株式会社(クレボ)」が運営しています。

サービス・商品紹介動画の関連記事

広告・PR動画の関連記事

幅広い表現を活用した動画制作・映像制作


動画制作の目的や課題、予算、コンセプトなどに合わせて最適な表現方法をご提案します。

人事同士で繋がる交流会@東京・六本木<Crevo・JHR共同主催>

人事・HR交流会 #02

日時

2024/5/23(木)19:00 ~ 21:00

人事同士で繋がる交流会@東京・六本木<Crevo・JHR共同主催>

日時

2024/5/23(木)19:00 ~ 21:00

人事・HR交流会 #02

動画制作・映像制作をご検討の方
まずはお気軽にご相談ください!

050-1742-3575(受付時間/平日10:00~19:00)

動画制作・映像制作のCrevoとは
動画制作会社Crevo(クレボ)は2,000社10,000件以上のアニメーション・実写動画を制作してきた実績をもとに低価格・高品質な動画でお客様のビジネス課題の解決にコミットします。パートナー企業とも連携をし、動画を掲載する先のLPやサイト設計・ユーザーを集客するための広告運用までサポート可能です。また、全体的なプロジェクト総予算の配分見直しを行った上で、企画段階からの制作も、YouTube動画編集を部分的に依頼したいなどの一部業務のご依頼も可能です。
サービス紹介、アプリ紹介、YouTube広告、SNS動画、TVCM、インタビュー、展示会、採用、学校紹介、会社紹介、ブランディング、マニュアル動画を制作するために最適なクリエイターをアサインしてプロジェクトチームを作り、適切な価格で制作いたします。