動画制作・動画マーケティング専門メディア「VIDEO SQUARE(ビデオスクエア)」

動画制作・動画マーケティングに関するノウハウや事例などを紹介するニュースメディア

動画広告の種類と効果は?チラシ広告やテレビCMとの違いを徹底比較

動画広告を配信するスマホとパソコン

売上や集客につなげるために、マーケティングで動画広告をはじめてみたいと考えている企業も多いのではないでしょうか。インターネットの特性上、爆発的に広まる可能性がある動画広告は、ネット社会の現代においてビジネスの発展につながるカギとなりえます。この記事では、動画広告の効果やほかの広告媒体との違いについて詳しく紹介します。

動画広告の効果と他の広告との違い

動画広告にはどのような効果があり、ほかの広告とはどういった点が違うのでしょうか。ここでは、動画広告の特徴について説明していきます。

動画広告の効果

動画広告の効果には、画像と違い動きがあるので注目されやすい点が挙げられます。広告があふれている状況の中で少しでも人の目に止まるためには、視覚や聴覚に訴えかける見せ方にすることでより視聴者の記憶に残りやすくなります。そして、写真と文字だけでは伝えきれない、雰囲気や使い勝手といった情報もリアルに表現できるのが動画広告のメリットであるといえます。

他の広告との違い

宣伝方法は動画以外にもたくさんあります。では、動画広告を宣伝で活用するメリットはどのような部分にあるのでしょうか。動画とほかの広告媒体との違いについて見ていきましょう。

紙媒体

チラシやフリーペーパーなどの紙媒体と動画広告には大きな違いがあります。動画広告の場合は、媒体によってはユーザーの属性や興味などで細かくセグメントして広告を届けられるのが特徴です。また、動画では視聴されたか、視聴完了率はどのくらいかなどの詳細な効果測定ができるため、マーケティングで次の一手を打ちやすいのも特徴に挙げられます。紙媒体の場合、広告が読まれたか明確なデータが見えず、ユーザーの行動もわかりづらいのが難点といえます。そのため、何部刷るべきか予測を立てにくく、余計なコストが発生する恐れなども出てきます。

テレビCM

同じく映像を使うテレビCMと動画広告の大きな違いは、動画広告での場合は広告を視聴できる場所や時間を限定されない点があげられます。動画はちょっとしたスキマ時間に視聴できるので、場所や時間に縛られずにターゲット層に届けやすい環境があることが特徴です。また、テレビをあまり見ない若いユーザーにもアプローチが可能で、若者向けの広告を打ちたい場合も戦略的に動画を活用することができます。さらに、動画広告では広告から購入や資料請求に直接つなげられる可能性が高く、詳細な効果測定ができるのもメリットとなっています。

動画広告の事例

動画広告とほかの広告との違いがわかったところで、訴求力が高い3つの動画広告事例を見ていきましょう。ここでは、動画制作サービスのCrevo(クレボ)で制作した事例を紹介していきます。

宅配クリーニング「リナビス」

出典:Crevo制作実績

宅配クリーニング「リナビス」の広告用動画では、サービスの軸となる「おせっかい」をキーワードにストーリーが展開されます。「ボタンつけ」「ほつれ修理」「シミ抜き」「9カ月保管」など、通常は有料サービスとなるようなものを、リナビスでは無料で行われていることを端的に伝えています。40秒足らずという短い動画ながらも、視聴者にサービスの質が高いことを訴求しています。リナビスならではの温かさが感じられる1本です。

オンライン英会話「レアジョブ」

出典:Crevo制作実績

オンライン英会話「レアジョブ」の広告用動画は、30秒に満たない短時間の中で、実際にオンライン英会話を受けているシーンを紹介しています。動画の冒頭部分では「1日25分の英会話が人生を変える。」というキャッチフレーズで訴求しており、視聴者の関心をひいています。これにより、視聴者は続き気になり、スキップされる可能性を下げています。冒頭部分の難関であるスキップをクリアし、視聴者の関心をつなげている成功例です。

マンツーマン英会話「ロゼッタストーン・ラーニングセンター」

出典:Crevo制作実績

マンツーマン英会話「ロゼッタストーン・ラーニングセンター」のウェブ広告向け動画は、ラッパーのDOTAMAさんをキャストに迎えた話題性と、カタカナ英語が多用されている日本に警鐘を鳴らす構成が特徴です。冒頭部分ではカタカナ英語を多用する社員のやりとりで視聴者の興味をひきつけ、DOTAMAさんのラップにつながります。1分30秒以上という比較的長い動画広告ですが、全体的に笑いや共感など感情を刺激する要素が多く、時間を感じさせず集中して視聴できるよう工夫されています。

訴求力の高い動画広告を制作しよう

動画広告の効果は、動画の種類や構成、クオリティによって大きく異なります。動画広告は訴求力のある手段であるものの、動画にすれば期待する効果が得られるわけではありません。自社のマーケティング戦略に合い、視聴者の行動に影響を与えられる動画を作るには、制作のノウハウが必要な場合があります。目標とする指標につながる動画を手に入れるためには、制作実績と動画の質に定評があるプロに頼るのがおすすめです。他社よりも一歩先に行く動画広告とともに、ビジネスを有利に進めていきましょう。

動画制作におすすめのCrevo

Crevoのプロデューサー

VIDEO SQUAREを運営するCrevo(クレボ)では、数多くの動画制作・映像制作にたずさわっています。国内外約5,000名のクリエイターネットワークを活かし、ご依頼ごとに最適な専属チームを作ります。また、はじめての動画制作でも安心のサポート体制が整っています。動画制作・映像制作ご検討の方はぜひお問い合わせください!

Crevoで動画制作・映像制作がしたくなったら…

・無料相談・お見積りはこちら

・資料ダウンロードはこちら

 Crevoの関連サービス

動画広告の動画制作・映像制作

関連記事