動画制作・動画マーケティング専門メディア VIDEO SQUARE『ビデオ スクエア』

動画制作・動画マーケティングに関するノウハウや事例などを紹介するニュースメディア

LPのコンバージョンを上げたいなら!動画を埋め込む効果と注意点とは?

スマホとPC

LP(ランディングページ)というと、目立つようにデザインされたイメージ画像や、キャッチーなコピーが掲載されている印象があるのではないでしょうか。しかし、そのようなものばかりではなく、動画が埋めこまれたLPも増えてきています。そこでこの記事では、LPへの動画埋め込みでCV(コンバージョン)率アップが期待できる理由や、動画を埋め込む際の注意点などについて解説します。

LPへの動画埋め込みでCV率アップが期待できる理由

LPに動画を埋め込むことで、なぜCV率アップが期待できるのでしょうか。ここでは、LPに動画を埋め込むことで起こる3つのプラス効果について説明します。

ページでの滞在時間を伸ばすことができる

LPに動画を埋め込むことで、通常の画像を活用したページよりもサイトに訪れたユーザーの目をひきやすくなります。動画が視聴されれば、ページの滞在時間も長くなり、さらに直帰率や離脱率を低減させる効果も期待できます。このように、マーケティングにおいてLPに動画を設置することは、二重にも三重にもプラスとなるのです。滞在時間が長くなることのメリットに、同じページ内のほかの情報にも視聴者の目が向く機会が増えることがあげられます。そして、視聴者の興味喚起につなげることができるため、マーケティングにはぜひ取り入れたいものとなっています。

多くの情報を届けられる

1分の動画は、ウェブページ3,600枚分の情報量と同程度とされるほど、動画は文字や画像よりも多くの情報を届けられます。(※btrax調べ)動画は音声や視覚的インパクト、時間軸といった多様な要素から構成されているので、商品のメリットや使い方などこちら側が伝えたいことを短時間で伝達できます。また、映像は記憶に残りやすいというメリットもあるので、積極的に活用していきたいツールです。

使用感などのイメージが伝わりやすい

文章を読むだけではなかなかイメージしにくい商品の使用感や効果なども、動画であれば的確に伝えることが可能となります。情報がきちんと伝わればユーザーに購入後のイメージを持ってもらいやすくなるので、CV率のアップが期待できるでしょう。また、動画の登場人物は動いたり、感情を表現したりすることから、視聴者は感情を寄せやすくなります。つまり、動画で紹介された商品は、その快適さや便利さが共感されやすいため、高い訴求力が期待できます。LPを訪れるユーザーがどういう目的を持っているのかを調査し、より訴求力の高い内容で動画を制作しましょう。

LPに動画を埋め込む際の注意点

LPに動画を埋め込むだけで急にCV率が上がるわけではなく、ポイントを押さえないと思うようなマーケティング効果を発揮しないでしょう。動画をLPに埋め込む際にはいくつか注意点があるので、しっかりと押さえることが大切です。ここでは、LPへの動画の埋め込みで気をつけておきたい4点について解説します。

ファーストビューで目に入るようにする

動画を設置する場所としては、サイトを訪問した人が最初に目にできるようファーストビュー内に設置することがポイントです。そうすれば注目率も高まり、動画をクリックしてもらえる可能性が高まります。逆にいうと、ファーストビュー内に動画がなければ動画の存在に気づかず、動画を通して商品・サービスを表現することが難しくなります。ファーストビューはパソコンとスマートフォンでは若干違いがあるので、それぞれの表示範囲や特徴を理解したうえで動画を埋め込む位置を決めましょう。スマートフォンは多くの場合、縦型動画が好まれるため、メインの視聴媒体は押さえておきたいポイントです。

 広告ではなく情報を提供する

LPまで来ている人はすでに商品に興味がある可能性が高いため、広告的な動画よりも別の付加価値を付けたほうが好印象を与えられます。たとえば、製造工程や商品を利用するメリット、使い方など、ユーザーが必要とする情報を提供することがポイントです。また、LPに設置する動画はバイラル性を求める必要がないため、インパクトのあるテイストである必要ありません。さらに、自動再生機能をオフにすることも重要です。宣伝したいがあまり自動再生に設定すると、視聴環境によっては音が迷惑になるケースなどが生じるでしょう。動画の再生にはデータも消費しますし、視聴者によっては不快に感じて直帰率が上がってしまうかもしれません。商品やサービスに対する悪感情を抱かれないためにも、宣伝を押し付ける見せ方は控えることが大切です。

簡潔で長すぎない動画にする

動画が長すぎると視聴者が飽きてしまい、CV率アップに対して逆効果になりかねないので、動画は30秒程度に収めることも押さえておきたいポイントです。動画全般にいえることとして、最初の5秒で視聴者を引き込むことが重要です。これはページに長く滞在させる目的があるLPに埋め込む動画でも同じで、はじめの5秒には特に力を入れて制作する必要があります。視覚効果や音、テロップなどを工夫して、動画の導入部分は魅力的になるように制作しましょう。

 購入ボタンや申込みボタンを動画の近くに設定する

LP内の動画を視聴してもらう目的はコンバージョンを獲得するためなので、動画内や動画の周辺に購入や申込みのための導入ボタンや申込みボタンを適切に設置することも非常に重要なポイントです。ボタンの大きさや色を工夫することで目にとまる機会が増えて、CV率が変わることもあります。また、ページのどこに設置するかも細心の注意を払って決めることが大切です。また、これらのボタンを設定する際はまず目立たせることを目標にし、ボタンの周りに雑多な要素を置かないようにします。どうしてもデザインの関係上ボタンの周りに余白などが作れないなら、ボタンの質感を変えたり、カーソルを重ねるとボタンが変化したりするような工夫をしましょう。

LPに動画を埋め込んだ事例紹介

LPに動画を埋め込んでCV率をアップさせるためには、具体的な動画のイメージをもつことが大切です。ここでは2つの事例を紹介し、LP掲載向け動画の魅力と効果について迫っていきます。

「SFAポンプ」

出典:Crevo制作実績

「SFAポンプ」の動画は、動画制作サービスのCrevo(クレボ)が制作した15秒の動画です。本動画は3DCGを使ってSFAポンプの汎用性の高さを簡潔に見せている事例であり、シンプルに製品の魅力が伝わってきます。冒頭のの2秒間で、「SFAポンプで水まわり問題解決!」とこの動画でいいたいことをキャッチフレーズで見せています。15秒という短さの中に製品の説明と宣伝が違和感なく織り込まれている点も、ポイントです。本動画は関心を引きつけるポイントをしっかりと押さえており、また構成がよく練られている動画といえます。LP内の動画のとなりには「お近くのSFA取り扱い見せを探す」と取扱店舗を探せる誘導画像が貼られています。このように、CV率を上げる工夫もきちんと行うことで、動画を通したCVの獲得につながりやすくなります。

自給電力サービス「MY自家消費セット」

出典:Crevo制作実績

自給電力サービス「MY自家消費セット」の動画も、Crevoの制作事例です。導入するコストメリットを、アニメーションと無駄を省いたナレーションでわかりやすく表現しているのが特徴です。設備を導入した場合の節税効果や企業イメージのアップなど、視聴者が知りたい情報をしっかりと盛り込んでいるにもかかわらず、全体的には押し付けるようなセールス色を抑えることに成功しています。LPでは動画が上のほうに掲載されているため人目に止まりやすいです。

LPの特徴をふまえた動画を埋め込もう

LPに埋め込む動画は、LPならではの特徴をふまえつつ制作する必要があります。CVに直結する可能性が高い動画だからこそ、できる限りの注意を払って制作することが重要です。自社で効果的なLP掲載向け動画を作れない場合は、実績が豊富な動画制作サービスに依頼してみましょう。細かなところにまでこだわって作られるプロのLP掲載向け動画には、高い訴求力が期待できます。動画を上手に活用しながらCV率を大きく上げて、マーケティングを成功させましょう。

動画制作におすすめのCrevo

Crevoメンバー

VIDEO SQUAREを運営するCrevo(クレボ)では、数多くの動画制作・映像制作にたずさわっています。国内外約5,000名のクリエイターネットワークを活かし、ご依頼ごとに最適な専属チームを作ります。また、はじめての動画制作でも安心のサポート体制が整っています。動画制作・映像制作ご検討の方はぜひお問い合わせください!

 Crevoの関連サービス

商品説明・紹介の動画制作・映像制作

サービス紹介の動画制作・映像制作

アプリ紹介の動画制作・映像制作

関連記事