動画制作・動画マーケティング専門メディア「VIDEO SQUARE(ビデオスクエア)」

動画制作・動画マーケティングに関するノウハウや事例などを紹介するニュースメディア

視聴者を増やして効果を上げる!動画の再生回数を増やすためのポイントは?

動画の再生回数

動画は見てもらってこそ、価値が発揮されるといえます。そのため、動画の効果を上げるためには視聴者数を増やすことが重要です。この記事では、視聴者数を増やすためのポイントを解説し、動画の効果はどうすれば上がるのかについても詳しく説明していきます。

動画をマーケティングに活用することで得られる効果

マーケティングの方法は多種多様ですが、なぜ多くの企業は動画を利用するのでしょうか。ここでは、動画の活用で得られるマーケティング効果について説明していきます。

多くの情報が伝わる

人は基本的に動くものに反応するため、動画はテキストや画像よりも注目されやすいのが特徴です。動画の場合は短時間で多くの情報を伝えられるため、何かを伝達する手段としては優れています。1分の動画はウェブサイト3,600ページ分相当の情報量と同じくらいとされていることからも、いかに動画が宣伝に向いているかがわかるでしょう。(※btrax調べ)動画には、視覚情報のほか、音や時間軸といったテキストや画像では表現しづらい要素が含まれています。動画を効果的に使えば複雑な内容でもわかりやすく伝えることができ、視聴者の商品やサービスに関する理解が容易に深めることができます。

共感が得られる

動画は画像や文字に比べて信頼感を与えたり、説得力をもって説明しやすい特徴があります。映像で登場人物が悲しい表情をすると視聴者も悲しい気持ちになることがありますが、それは視聴側が登場人物に共感したからだといえます。視聴者の感情に作用して企業やブランドと感情的なつながりを生みやすいのが、動画のもつ効果のひとつなのです。購買行動には感情が関与することもあるため、動画という共感を呼び起こすツールを上手に活用することが、マーケティング成功のカギを握ります。

記憶に残る

視覚と聴覚の両方に訴えかえる動画は、画像や文字に比べて記憶に残りやすいことも魅力のひとつでしょう。アメリカ国立訓練研究所による「ラーニングピラミッド」理論によると、視聴覚を刺激した際の記憶定着率は記事コンテンツの2倍になるというデータがあります。つまり、商品やサービスの認知度を向上させる手段として、動画は読むことよりも効果が高く、マーケティング効果を高めることができます。繰り返し視聴されればさらに視聴者の記憶に残るため、何度も見たくなるような動画を制作することが望まれます。

動画の視聴者数を増やして効果を上げよう

動画の視聴者数が増えれば、マーケティングの効果を上げやすくなります。どのように視聴者数を増やすかがポイントとなります。そこでここでは、視聴者数や再生回数の増やすポイントを3つの観点から説明します。

視聴データに沿って効果的な配信を行う

動画は制作して終わりというものではなく、配信して視聴者に見てもらってはじめてマーケティング効果が生まれるものです。そのため、まずはYouTubeやFacebook、自社サイトなど、どのような媒体に動画を載せるかを検討することが大切です。プラットフォームによっては短時間の動画が最適だったり、逆に少々長くてもストーリー仕立てで続きを見たくなるようなものが効果的だったりと、制作すべき動画の種類は変わってきます。また「再生回数」「動画掲載サイトの滞在時間」「コンバージョン率」などのデータもしっかりと把握することが重要です。ただし、掲載先によっては再生回数のカウントの仕方が異なることもあるので注意しましょう。それぞれのプラットフォームの特徴をよく知ることが、効果を最大限引き出すためのポイントとなります。

動画SEOを行う

YouTubeにはGoogleなどの検索エンジンと同様の検索機能があるので、動画SEO対策も再生回数を伸ばす重要なカギとなります。動画SEOの重要なポイントは「タイトル」「動画の説明」「タグ」「サムネイル」です。SEO対策の基本は、その動画で伝えたいことをひとことで表せる重要キーワードをいくつかに絞り込み、上手にタイトルや動画の説明などに入れることです。タグにももちろんキーワードを貼りますが、貼りすぎるとタグスパム扱いとなり、削除対象になり得るので注意しましょう。タグは20個以内が適正といわれています。

チャンネル・再生リストを作る

YouTubeで再生回数を増やすためには「チャンネル作成」や「再生リスト作成」を活用しましょう。チャンネルはYouTube内でホームページのような役割を果たすものです。ブランディングにもつなげることができるため、チャンネル登録を促進していきましょう。また、チャンネルを作れば動画へのアクションに対する効果測定ができ、PDCAサイクルを円滑に進めることが可能となります。視聴者と継続的な接点を作るためにも、しっかりとしたチャンネル作成は必要不可欠です。

再生リストの制作は、動画を整理してわかりやすく紹介するのに大変便利です。カテゴリごとに動画をまとめられるので、視聴者が興味のある動画にリーチしやすくなります。その結果、チャンネル登録につなげられるので、こちらもぜひ制作しておきましょう。たくさん動画がある場合にはいくつものカテゴリがあってしかるべきですが、それほど動画数がないのにカテゴリが多いと、あまり再生リストの良さを活かせているとはいえません。再生リストは細かく動画を分けるのではなく、できるだけ大きな枠組みでカテゴリを作って、その中に動画を当てはめていくことがポイントとなります。

動画の効果を上げるためのポイント

動画の効果を上げるためには、押さえておきたいいくつかのポイントがあります。ここでは3つに絞って解説します。

目的を明確にする

動画を制作して配信する際は、目的を明確にすることが重要です。「商品の認知度アップ」「企業のブランディング」「商品の販売促進」など動画制作の目的は様々です。目的が違えば動画の内容や配信方法が変わるので、まずはどういう目的で動画配信をするのかを明確にしていきましょう。

KPIを設定する

動画の効果を上げるためには、目標となる数値であるKPI(重要業績指数)を設定することが重要です。KPIには「視聴回数」「視聴者数」「コンバージョン数」などがあり、動画の目的に沿ったKPIを設定すると目標と現実のギャップを認識しやすくなります。このギャップは次の動画制作やマーケティング戦略を考えるうえで必要不可欠なものです。PDCAサイクルを回すためにも、KPIの設定と確認はきちんと行なっていきましょう。

解析結果をチェックして改善を行う

動画の効果を上げるためには、動画がどのように視聴されているかの解析結果をチェックして、KPIとの乖離に注目することが大事なポイントです。もしも乖離が見られた場合には、そこに何らかの問題があると考えられるので、課題を発見して改善策を行うのが動画の効果を上げるコツです。たとえば、視聴時間の平均が短く、最後まで動画を見てもらえない場合は、その動画のショートバージョンを作ることができます。視聴回数が少なければ、拡散性の高いプラットフォームへの掲載などが考えられるでしょう。

効果を上げるためには動画の内容にもこだわろう

動画を使ったマーケティングで高い効果を得るためには、SEO対策や効果測定の徹底のほかにも、動画の内容や質に関心を持つ必要があります。それぞれのプラットフォームに合う適切な動画は異なるので、制作時にはどの媒体に掲載するかもよく考えなければなりません。マーケティングを短期間で成功に導きたいなら、動画作りのポイントをきちんと理解しているプロに制作を依頼するのがおすすめです。効率的に動画の効果を上げる対策をとって、マーケティング戦略に役立てていきましょう。

動画制作におすすめのCrevo

CrevoのプロデューサーVIDEO SQUAREを運営するCrevo(クレボ)では、数多くの動画制作・映像制作にたずさわっています。国内外約5,000名のクリエイターネットワークを活かし、ご依頼ごとに最適な専属チームを作ります。また、はじめての動画制作でも安心のサポート体制が整っています。動画制作・映像制作ご検討の方はぜひお問い合わせください!

Crevoの関連サービス

アニメーション動画制作・映像制作

実写動画制作・映像制作

関連記事