動画制作・動画マーケティング専門メディア VIDEO SQUARE『ビデオ スクエア』

動画制作・動画マーケティングに関するノウハウや事例などを紹介するニュースメディア

なぜLINE動画広告が注目されているのか?特徴とメリットを徹底解説

なぜLINE動画広告が注目されているのか?特徴とメリットを徹底解説

動画広告を配信できるメディアには、動画配信サイトやSNSなどさまざまなものがあります。その中でも注目を集めているのが「LINE動画広告」です。この記事では、LINEにおける動画広告の特徴や、マーケティングに活用するメリットを紹介していきます。

LINE動画広告の特徴

LINE動画広告の特徴としてまず挙げられるのは、LINE自体の「ユーザー数が多い」ということです。LINEは日本国内だけでも7,900万人も登録している巨大なサービスです。(※LINE調べ)日本においては、登録者の8割以上が毎日LINEを利用しているほど、アクティブユーザーが多いという特徴もあります。また、コミュニケーションアプリからだけでなく、関連アプリでも広告配信ができるという強みがあるのも、LINEで動画広告を出す理由と言えるでしょう。LINE NEWSやLINEタイムライン、LINEマンガ、LINE BLOGなど、豊富な配信先があるのが魅力です。

LINE動画広告のメリット

LINEの動画広告には、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。ここでは、LINEの広告動画が持つメリットを3つの視点から詳しく解説していきます。

ターゲティングと配信先が選択できる

前述のように、LINEにはさまざまな関連アプリがあります。それにより、年齢や性別などでターゲティングできるメリットがあります。たとえば、若年層にアプローチしたい場合は、その世代がより多く利用する「LINEマンガ」に動画広告を掲載すれば、高い訴求効果を得られやすいでしょう。また、エンターテインメントへの感度が高い人にアプローチをしたい場合は、有名人も多く利用している「LINE BLOG」に動画を掲載するのが最適です。このように、配信先を選択することで、より確実にマーケティングへとつながる広告配信が可能となります。

新規ユーザーを獲得しやすい

LINEは、そのユーザー数が多いことからもわかるように、ほかのSNSは利用せずにLINEのみを利用しているユーザーが多いという特徴があります。LINEのみを使っている人の割合は全体のおよそ17%に上り、Twitterだけ(約6%)やFacebookだけ(約6%)、およびこれら複数のSNSを利用しているユーザーと比較しても、LINEのみというユーザーが1番多いのです。(※LINE調べ)そのため、LINEにも動画広告を掲載することで、新規ユーザーを獲得しやすくなる可能性は高くなるといえるでしょう。すでにほかのSNSに動画広告を出している場合で、マーケティング効果に伸びを感じられない場合は、LINEに動画広告を打つことで打開策を見出せる可能性もあります。

LINE@と連携できる

LINEに動画広告を打つメリットは、顧客を新しく獲得することだけではなく、獲得した顧客を育成できる点にもあります。たとえば、クーポンの発行ができたり、個別にLINEを使ってトークできたりする「LINE@」と提携することも可能なのです。そのほかにも、LINE@ではメッセージをユーザーに一斉配信したり、ユーザーのタイムライン上に宣伝などを投稿したりできる機能もあります。このため、動画広告で得た顧客とコミュニケーションをより密に取ることができるようになり、一人ひとりのユーザーに対して効果の高いマーケティング戦略を取ることが可能になるのです。

LINE動画広告の配信先

LINE動画広告の配信先には、さまざまな場所があります。ここでは、とりわけ動画広告を掲載するにあたり訴求効果の高い配信先を4つ厳選し、それぞれの長所や特徴について説明していきます。

タイムライン

タイムラインはコミュニケーションアプリとしての「LINE」の中にあり、SNSの役割を果たしているものです。タイムラインを訪れるユーザーは、基本的に「いいね」や「共有」、「クリック」といった行為に慣れているため、動画広告を掲載したときには広告への高い反応が期待できるでしょう。タイムラインを見るユーザーが行う上記のようなエンゲージメントは、実に半数以上もあるとLINEによって発表されています。

LINE NEWS

タイムラインと同じように「LINE」内にあるLINE NEWSは、ホットなニュースや占い、天気予報といった、ユーザーに関心が高い情報を配信しているサービスです。有料記事もあるものの、多くは基本的に無料となっています。LINE NEWSの月間アクティブユーザーは、実に6,000万人以上と言われています。さらに、動画広告を打つ場合には、200媒体以上もあるアカウントメディアの記事一覧ページにおいて配信することが可能なので、動画広告の効果は必然的に高いものになるでしょう。LINE NEWSは、カテゴリが細かく分かれているのも特徴で、ユーザーの関心と動画広告の方向性が一致したときには、より良い訴求効果を期待できるでしょう。

LINEマンガ

LINEマンガはスマートフォン向けマンガアプリのことで、200以上もの作品が毎日無料で読めるのが魅力です。このアプリの特徴は、20代の利用が全体の35%と多くを占めている点です。そのため、若年層向けの広告の配信先としては特におすすめの掲載先といえるでしょう。LINEマンガは、スマートフォン向けマンガアプリのダウンロード数や月間アクティブユーザー数、利用時間などで1位に輝いた実績を持っています。習慣として毎日利用するユーザーも多いため、動画広告の掲載先としては優れた選択肢といえます。

LINE BLOG

LINE BLOGは、著名なアーティストや芸能人が多く利用しているのが特徴のブログサービスです。とりわけ、女性の利用者が多くなっているため、女性向けの動画広告を考えている場合には最適な掲載先といえます。LINE BLOGはLINE公式アカウントと連携されており、ブログが更新されるとLINEでメッセージが配信されるメリットがあります。また、タイムラインのフィードに自動投稿されるのも、押さえておきたいLINE BLOGの特性です。

配信先の特徴を踏まえてLINE動画広告を配信しよう

動画で広告効果を上げたいのなら、LINEの特性をよく理解するほか、すでにLINE動画広告の実績が豊富なプロに依頼するのがおすすめです。プロに相談すれば、ポイントをしっかりと押さえた訴求力の高いマーケティング動画を制作できることでしょう。LINEの動画広告で最適なマーケティングを行い、新規ユーザーの獲得および既存の顧客の育成を積極的に行っていきましょう。

Crevoの関連サービス

WebCMの動画制作・映像制作

関連記事