テレビCMとウェブCMの違いとは?ウェブCM制作のコツや費用相場を事例つきで紹介!

CM動画といえば、これまではテレビCMが中心でした。しかし、動画メディアやSNSの普及に伴い、ウェブCMはより存在感を増しています。この記事では、テレビCMとウェブCMの違いやウェブCMの特徴について紹介していきます。

人事・HR交流会 #02

人事同士で繋がる交流会@東京・六本木<Crevo・JHR共同主催>

日時

2024/5/23(木)19:00 ~ 21:00

ウェブCMとは

ウェブCMとは、名前の通りウェブ上、特にYouTubeなどの動画メディアや、TwitterやInstagram、FacebookなどのSNS上で見られる広告です。

スマートフォンの普及に伴い、ウェブCMは一般的なものとなりました。特に、ウェブCMは費用面などでハードルがテレビCMと比べても低く、動画マーケティングの比重をよりウェブCMに割くようになった企業も多くなっています。

ウェブCMとテレビCMの2つの違い

ここからは、ウェブCMとテレビCMの違いを大きく2つに分けて紹介します。

①視聴される媒体の違い

テレビCMはテレビのみを通じて視聴されるのに対し、ウェブCMは多種多様な媒体で視聴されます。代表的なのは、YouTubeなどの動画メディアやTwitter、Instagram、FacebookなどのSNSです。

さらに、サイトの検索結果に表示されるものや動画の前に挿入されるものなど、一つの媒体の中でも様々な配信形式があります。

<関連記事>YouTube広告とは?広告の種類から活用するメリットまで徹底解説!

②配信の目的の違い

ウェブCMは、テレビCMに比べ年齢・性別・興味関心などでより細かくターゲティングを行うことができます。さらに、追加説明をテキストで行ったり、リンクを貼ったりして、CMに興味を持った人に追加の情報提供を行うことも可能です。また、1分以上の長尺動画を作ることもできます。

このため、ウェブCMは、商品・サービスにすでにある程度関心がありそうな人に向けて情報提供を行い、実際に購買へつなげることを目的として配信される場合が多くなります。

それに対し、テレビCMでは、ウェブよりも幅広い層に視聴されることが多く、配信できるのはCM動画単体のみです。さらに、一本あたりの尺も短く、必然的に情報量も少なくなります。そのため、短時間で商品・サービスへの興味・関心を喚起することを目的として制作・配信されます。

ウェブCMの3つのメリット!テレビCMにはない特徴は?

ウェブCMには、様々なメリットがあります。ここでは3つに分けてご紹介します。

①ターゲティングしやすい

ウェブCMは、動画サイトやSNSが持っているユーザーの情報を利用できるため、テレビCMよりもさらに細かいターゲティングが可能です。

例えば、YouTube動画広告のターゲティングの場合、年齢、性別、地域などの大まかな情報だけでなく、子供の有無や収入、細かい興味関心などでユーザーを絞って広告を配信することができます。

②SNS等で拡散されやすい

ウェブ上で配信されるウェブCMは、SNS上でシェアされて拡散されやすい点もメリットです。

動画は、視覚と聴覚の双方に訴えかけることができるため、感情を喚起しやすいという特徴があります。中でも、ウェブCMは短い時間で内容を理解できるため、流れが速いSNSでもシェアしてもらいやすいと言えるでしょう。

共感を呼ぶストーリーや面白いアイデアで、見た人が誰かに教えたくなるウェブCMを制作しましょう。

③予算の融通がききやすい

ウェブCMの場合は、出稿料に融通がききやすい点もメリットと言えます。

多くの動画メディアやSNSでは、1インプレッションごとに広告費が設定されている場合が多く、低予算からでも出稿することができます。

そのため、本格的に広告出稿を行う前にテスト的に配信することも可能です。

<関連記事>YouTubeの広告料と仕組みとは?低予算でも出稿できる!

ウェブCMを成功させる3つのポイント

ここでは、ウェブCMを成功させるために押さえておくべき3つのポイントを紹介します。

①ターゲットを明確にする

効果的なウェブCMを制作するためには、ターゲットを明確にすることが非常に重要です。

ターゲットが絞り込まれておらず、あいまいなままだと、作る動画も訴求ポイントがわかりにくいぼやけたものになりがちです。そのような動画では、視聴者にメッセージが伝わらないCM動画になってしまいます。

特に、ウェブCMは細かいターゲティングが可能なので、できるだけ詳細にターゲットを決めていきましょう。

②ウェブCMのゴールを明確にする

ウェブCMは、制作して終わりということでは決してありません。制作した後も、さらに効果を高めるために最適化を図っていくことがとても大切です。

そのためには、そのウェブCMで最終的にどんな成果を目指すのか、ゴールを明確にする必要があります。動画を観てもらった後、視聴者にどんな行動を起こしてほしいのか、動画を制作する目的を明確に意識しましょう。

③ターゲットや目的に合った媒体を選ぶ

掲載する媒体によって最適な動画の尺や内容、ユーザー層は異なります。そのため、ウェブCMをどの媒体に掲載するのか、ターゲットや目的に応じて決定することが大切です。

特に、ウェブCMは媒体がとても多いため、どの媒体を選ぶかで取るべき戦略が違います。たとえば、スマートフォンで見られることが多いウェブCMであれば、無音再生にも配慮して制作しなければなりません。

自社商品・サービスと相性が良い媒体を選び、その媒体にふさわしい動画はどのようなものなのかを調べ、最も効果が出やすい動画を作ることが大切です。

効果的なウェブCMを制作しよう

ウェブCMの効果は、動画の質や内容に大きく左右されます。質や内容が優れた動画であれば、大きな成果を生み出すことができるでしょう。

売り上げにつながる良いウェブCMを制作するためには、さまざまな専門知識や技術が必要になります。自社で一から勉強し作り上げるのは至難の技といえるでしょう。スピーディに成果の上がる動画を作りたいなら、制作実績が豊富なプロに頼むのがおすすめです。

動画制作サービスのCrevo(クレボ)なら、多くの制作実績があるので、さまざまな要望に応えてもらい、納得のいく動画を制作することができます。

CrevoでウェブCMを制作するメリット

ここからは、Crevo(クレボ)でウェブCMを制作するメリットをご紹介します。

数多くの動画・映像制作の実績を活かした、幅広い映像表現が可能

アニメーション動画、実写動画、実写とアニメーションを組み合わせた動画など、ご要望に合わせた表現方法で動画制作・映像制作ができるのはCrevoの大きな強みです。

洗練されたイメージの企業ブランディング動画からコミカルなYouTube広告向け動画までイメージに合うイラストやテイストで用途を考慮した動画・映像を制作することができます。興味を喚起するストーリーで、最後までご視聴いただけるプランをご提案します。

スマートフォンでの視聴を考慮した動画制作

5Gの到来が近づき、スマートフォンでの動画視聴も一般的になってきました。スマートフォンでの視聴を想定した動画を制作する場合、視聴者の目線が画面中央に集まりやるなど、様々な工夫が必要になります。

Crevoでは、豊富なウェブCM制作実績を活かし、スマートフォンでの視聴に適した動画を制作します。また、スマートフォンユーザーにとっての見やすさを重視し、横長ではなく縦長動画や正方形動画での制作も可能です。

情報量が多く、印象に残りやすい演出が可能

ウェブサイトに静止画のバナー広告を掲載した場合と比べて動画は動きがあり、視界に入りやすく印象に残りやすい傾向にあります。また、バナーの場合は訴求できる情報量が限られている一方で、動画の場合は短い尺でも伝えられる情報量が多くなります。

言葉では伝わりづらい商品・サービスでも、利用シーンやを独自の差別化ポイントをテンポよく紹介することで、魅力を視覚的にわかりやすく伝えることができます。

CrevoのウェブCM制作実績

以下からは、動画制作サービスCrevo(クレボ)で実際に制作した、ウェブCM動画の事例をいくつか紹介します。

YouTube広告動画「Story Writer」


出典:Crevo制作実績

動画の種類実写動画
長さ・尺15~30秒
費用レンジ300万~

旅・お出かけを中心としたショートムービーコミュニティ「Story Writer」のアプリ紹介動画です。実際にアプリを使ってお出かけを楽しむ日常を切り取って見せることでアプリの魅力を訴求し、ダウンロード促進につなげています。

<関連サービス>300万円以上の動画制作・映像制作

ブランディング動画 タクシー配車アプリ「DiDi(ディディ)」昔話篇


出典:Crevo制作実績

動画の種類アニメーション動画
長さ・尺30~60秒
費用レンジ100~299万

タクシー配車プラットフォーム「DiDi」のCM動画です。Crevoの強みであるアニメーションを活かしながらDiDiのイラストトンマナを踏襲している点がポイントです。 シンデレラやウサギと亀など昔話のキャラクターを複数パターン制作し、バラエティーに富んだものにしました。

<関連サービス>100~299万円の動画制作・映像制作

ウェブ広告・テレビCM用動画「テレ東BIZ」


出典:Crevo制作実績

動画の種類アニメーション動画
長さ・尺30~60秒
費用レンジ100~299万

アプリのリニューアルに際し、追加されたコンテンツや機能を視覚的にわかりやすく伝えています。テレビ東京の人気アナウンサー、田中瞳さんのナレーションにあわせて、ご本人をデフォルメしたキャラを作成しました。 親しみやすく明るい雰囲気になりました。

<関連サービス>100~299万円の動画制作・映像制作

動画制作におすすめのCrevo

VIDEO SQUAREを運営するCrevo(クレボ)では、数多くの動画制作・映像制作に携わっています。国内外約10,000名のクリエイターネットワークを活かし、ご依頼ごとに最適な専属チームを作ります。また、はじめての動画制作でも安心のサポート体制が整っています。動画制作・映像制作ご検討の方はぜひお問い合わせください!
Crevoの公式サイトはこちら

Crevoで動画制作・映像制作がしたくなったら…

・無料相談・お見積りはこちら

・資料ダウンロードはこちら

Crevoの関連サービス

アニメーション動画制作・映像制作

動画広告の動画制作・映像制作

ウェブCMの動画制作・映像制作

テレビCM・プロモーションの動画制作・映像制作

執筆者

VIDEOSQUARE編集部
VIDEOSQUARE編集部
VIDEOSQUAREは、「動画制作・映像制作」「動画マーケティング」「動画活用」「動画トレンド」などに関連したトピックを取り扱うオウンドメディアです。業界トップクラスである2,000社10,000件の動画制作実績から培ったノウハウとビジネス理解力で高い企画力を低価格で提供できる動画制作会社、「Crevo株式会社(クレボ)」が運営しています。

サービス・商品紹介動画の関連記事

広告・PR動画の関連記事

幅広い表現を活用した動画制作・映像制作


動画制作の目的や課題、予算、コンセプトなどに合わせて最適な表現方法をご提案します。

人事同士で繋がる交流会@東京・六本木<Crevo・JHR共同主催>

人事・HR交流会 #02

日時

2024/5/23(木)19:00 ~ 21:00

人事同士で繋がる交流会@東京・六本木<Crevo・JHR共同主催>

日時

2024/5/23(木)19:00 ~ 21:00

人事・HR交流会 #02

動画制作・映像制作をご検討の方
まずはお気軽にご相談ください!

050-1742-3575(受付時間/平日10:00~19:00)

動画制作・映像制作のCrevoとは
動画制作会社Crevo(クレボ)は2,000社10,000件以上のアニメーション・実写動画を制作してきた実績をもとに低価格・高品質な動画でお客様のビジネス課題の解決にコミットします。パートナー企業とも連携をし、動画を掲載する先のLPやサイト設計・ユーザーを集客するための広告運用までサポート可能です。また、全体的なプロジェクト総予算の配分見直しを行った上で、企画段階からの制作も、YouTube動画編集を部分的に依頼したいなどの一部業務のご依頼も可能です。
サービス紹介、アプリ紹介、YouTube広告、SNS動画、TVCM、インタビュー、展示会、採用、学校紹介、会社紹介、ブランディング、マニュアル動画を制作するために最適なクリエイターをアサインしてプロジェクトチームを作り、適切な価格で制作いたします。