動画制作・動画マーケティング専門メディア VIDEO SQUARE『ビデオ スクエア』

動画制作・動画マーケティングに関するノウハウや事例などを紹介するニュースメディア

テレビとウェブの違いとは?マーケティングを成功へと導くCM動画

テレビとウェブの違いとは?マーケティングを成功へと導くCM動画

CM動画といえば、これまではテレビコマーシャルが中心でした。しかし、ネットでもCM動画を流せる媒体が増えてきました。この記事では、テレビCMとウェブCMの違いについて紹介していきます。

CM動画とは

ここでは、CM動画のメリット、テレビCMとウェブCMとの違いについて説明します。

CM動画のメリット

CM動画には、紙媒体の広告とは異なるさまざまなメリットがあります。まず、動画は短い尺にたくさんの情報を盛り込むことができるので、幅広くアピールできるというメリットがあります。写真と文章では伝えられないような細かなニュアンスも、視聴者に直感的に伝えることができます。たくさんの情報を伝わりやすいかたちで視聴者に届けることができるのが、CM動画の優れた点といえるでしょう。

動画は、視覚と聴覚の両方にアピールできるので、あまり考えなくても直感的に感じることができるという特徴もあります。印象にも残りやすく、作り方次第で、一度見たら忘れられないような強い印象を与えることも可能です。また、媒体も多く、たくさんの人の目に触れやすいというメリットもあります。

テレビCMとウェブCMの違い

テレビCMとウェブCMの違いとしては、いくつかの点が挙げられます。まず、ウェブCMには多種多様な媒体があるという点です。テレビCMの場合、広告の媒体はテレビだけです。一方、ウェブCMはYouTubeや、Facebook、Twitter、Instagramなど、さまざまな媒体を利用することができます。広告の尺にも違いがあり、一般的にテレビCM1本の長さは15秒または30秒くらいが基本で、とても短いのが特徴です。一方、ウェブCMの場合は、長時間の動画を作ることも可能です。

ウェブCMは、テレビCMよりも掲載料金が安いという違いもあります。テレビCMは一般的に、掲載コストが高いという特徴があります。また、ウェブCMにはターゲティングが可能な媒体も多く、視聴回数を測定することもできるので、より効果的なものに改良していくことができるのもメリットでしょう。

ウェブCMの主な媒体

ウェブCMの主な媒体としては、主に5つあります。

「YouTube TrueView インストリーム動画広告」は、YouTubeで動画コンテンツが始まる前に流れたり、途中に挿入されたりする動画広告です。「Facebook 動画広告」は、Facebookユーザーのニュースフィードに掲載される動画広告を指します。「Instagram 動画広告」は、Instagramのフィードに内に掲載される動画広告、「Twitter 動画広告」は、Twitterのタイムライン内に掲載される動画広告のことを指します。

さらに、話題を呼んでいるものとして「TikTok(ティックトック)」があります。これは、ショート動画スマホアプリで、音楽付きの動画を投稿することができます。主に若年層に人気があり、ここにもウェブCMを出すことが可能です。

CM動画を制作依頼する際に決めるべき点

ここでは、CM動画を制作する際にあらかじめ決めておくべき点としてはどんなものがあるのかを説明します。

どのメディアに掲載するかを決める

まず、ウェブCMをどの媒体に掲載するのか選定することが重要です。掲載する媒体によって最適な動画の尺や内容、仕様が異なってくるからです。ウェブCMは媒体がとても多いので、どの媒体を選ぶかで取るべき戦略が違います。たとえば、スマートフォンで見られることが多いウェブCMであれば、無音再生にも配慮して制作しなければなりません。自社商品・サービスと相性が良い媒体を選び、その媒体にふさわしい動画はどのようなものなのかを調べ、最も効果が出やすい動画を作ることが大切です。

誰に伝えるかターゲットを決める

訴求できる良い動画を作るには、ターゲット設定が欠かせません。同じ商品・サービスを扱っていても、ターゲットを誰にするかで動画の内容がまったく変わってくるからです。効果的なCM動画を制作するためには、ターゲットを明確にすることが非常に重要です。ターゲットが絞り込まれておらず、あいまいなままだと、作る動画も訴求ポイントがわかりにくいぼやけたものになりがちです。そのような動画では、視聴者にメッセージが伝わらないCM動画になってしまいます。

 CMのゴールを明確にする

CM動画は、制作して終わりということでは決してありません。制作した後も、さらに効果を高めるために最適化を図っていくことがとても大切です。そのためには、そのCM動画で最終的にどんな成果を目指すのか、ゴールを明確にする必要があります。動画を観てもらった後、視聴者にどんな行動を起こしてほしいのか、動画を制作する目的を明確に意識しましょう。そして、実際の成果をチェックしながら必要な修正を加え、より良い動画に仕上げていく作業が不可欠です。

CM動画の事例紹介

ここでは、動画制作サービスCrevo(クレボ)で実際に制作した、CM動画の事例をいくつか紹介します。

オンライン動画配信サービス「Hulu」テレビCM用動画

出典:Crevo制作実績

オンライン動画配信サービス「Hulu」のテレビCM用動画です。子どもたちとその家族の無限のエネルギーを表現するために、キャラクターの動きにこだわって制作されました。Huluで家族がハッピーになるというコンセプトが、キャラクターの動きや表情で端的に描かれており、とてもわかりやすい動画になっています。ポップな色彩も目を引きやすく、短い時間の中でサービスを印象づけるのに大きく役立っているといえるでしょう。子どもも思わずじっくり観てしまうような、とても楽しい動画に仕上がっています。

女性ダンスボーカルグループ「SPECIAL NIGHT」コンセプトムービー

出典:Crevo制作実績

女性ダンスボーカルグループのコンセプトムービーです。まだグループメンバーが決まっていないという状態で制作された動画であるため、メンバー女性はシルエットで表現されています。この演出が、未知のものへ期待をふくらませ、今後のデビューを心待ちにするというワクワク感を出すことに成功しています。ポップな色彩と軽快なダンス音楽にのせて活動コンセプトをテンポ良くアピールし、明るく楽しそうな画面構成で、最後まで視聴者を引きつける魅力的な動画です。

カードゲーム「Blade Rondo 〜Night Theater〜」プロモーション動画

出典:Crevo制作実績

6秒の短いバンパー広告です。バンパー広告は、スキップができない動画広告のことを指します。6秒というごく限られた短い時間の中で、視聴者に印象づけなければなりません。このプロモーション動画は、神秘的な世界観を動画を使って効果的に演出し、視聴者をぐっとゲームの世界に引き込んでいます。ゲームの鍵となる7本の剣を見せることでゲームの特徴をコンパクトにアピールするとともに、最後にゲームの名前を出してしっかり印象づけています。短い時間でも簡潔かつインパクトに残る映像に仕上げ、視聴者の興味を引くような工夫がなされています。

ストーリー性のあるCM動画は実績のある制作会社へ

CM動画の効果は、動画の質や内容に大きく左右されます。質や内容が優れた動画であれば、大きな成果を生み出すことができるでしょう。売り上げにつながる良いCM動画を制作するためには、さまざまな専門知識や技術が必要になります。自社で一から勉強し作り上げるのは至難の技といえるでしょう。スピーディに成果の上がる動画を作りたいなら、制作実績が豊富なプロに頼むのがおすすめです。動画制作サービスのCrevo(クレボ)なら、多くの制作実績があるので、さまざまな要望に応えてもらい、納得のいく動画を制作することができます。

動画制作におすすめのCrevo

Crevoメンバー

VIDEO SQUAREを運営するCrevo(クレボ)では、数多くの動画制作・映像制作にたずさわっています。国内外約5,000名のクリエイターネットワークを活かし、ご依頼ごとに最適な専属チームを作ります。また、はじめての動画制作でも安心のサポート体制が整っています。動画制作・映像制作ご検討の方はぜひお問い合わせください!

Crevoの関連サービス

ウェブCMの動画制作・映像制作

テレビCM・プロモーションの動画制作・映像制作

関連記事