動画制作・動画マーケティング専門メディア「VIDEO SQUARE(ビデオスクエア)」

動画制作・動画マーケティングに関するノウハウや事例などを紹介するニュースメディア

成立率アップ!クラウドファンディングにおいて動画を活用するメリットとは

クラウドファンディング

経営にとって最重要課題のひとつである資金調達にはさまざまな方法があります。その方法のひとつがクラウドファンディングです。クラウドファンディングの成立率を上げるための方法として、動画を活用することが挙げられます。この記事では、クラウドファンディングにおいて動画を活用すべき理由やメリットなどを紹介します。

クラウドファンディングで動画を活用する必要性

クラウドファンディング(crowd funding)とは、インターネットを通じて不特定多数の人に資金提供を呼びかけ、その趣旨に賛同した人から資金を集めるという方法です。そのため、クラウドファンディングで目標金額を達成するためには、その事業に対する想いや背景を伝え、できるだけ多くの方から応援されることが重要になります。また、実際に資金を集め、そのあと、どのようなことに使う予定なのかの具体的なイメージも伝える必要があります。実際にその場にいる方に対してプレゼンテーションを行うわけではないため、どのように伝えるかが重要となります。そのため、わかりやすくプロジェクト内容を伝えられるという面で動画の活用があります。

クラウドファンディングで動画を活用するメリット

不特定多数の相手に想いを伝える必要があるクラウドファンディングで、より効果的に内容を伝えるために使われている動画ですが、どのようなメリットがあるのでしょうか。クラウドファンディングにおいて動画を活用するメリットを紹介します。

動画と相性が良く視聴者の心を掴みやすい

クラウドファンディングでは、どのように想いを伝えるかということがとても大切です。プレゼンテーションを行い、自分の気持ちを伝えることが多いクラウドファンディングでは、多くの情報を魅力に見せることができる動画ととても相性が良いといえます。サイトで文字と画像だけで内容を掲載したときに比べて、動画を通じて視聴者に向けて話しかけることでより想いをじかに伝えることができます。大切なのは、プロジェクトの内容をいかに魅力的に見せるかということです。魅力的な表現は、視聴者の心に響きやすいというメリットがあります。そのためには、プロジェクト内容に合わせて心に響くオリジナルな表現をすることが重要です。

短時間で多くの情報を伝えられる

クラウドファンディングでプレゼンテーションをするとき、熱意があるが故に、ついあれもこれもと内容を盛り込みたくなります。文字や口頭だけでこれらを伝えようとすると、何を一番いいたいのかがわからなくなったり、情報が多すぎて逆に魅力が伝わらなかったりします。商品やサービスの魅力が伝わりきらないと、結果的に投資をしてもらえなくなります。動画は、文字や口頭に比べて短時間で多くの情報量を伝えることができ、インパクトもあるため、視聴者の記憶に残りやすいものになります。

海外に向けて発信できる

クラウドファンディングの協力を呼びかける相手は日本人だけではありません。国内の対象者はもちろん、海外の方もその対象にすることで、より多くの方から投資をもらえる可能性があります。動画に英語字幕を追加することで、海外の人に向けても簡単に発信することが可能になり、呼びかけられる方の幅がぐっと広がります。

クラウドファンディングで活用できる動画事例

実際には、どのようなクラウドファンディングで使われているのでしょうか。

次世代コーヒーマグ「The KOPI mug」

出典:machi-ya crowdfunding

事例として、マグカップ「The KOPI mug」のクラウドファンディングの動画を紹介します。この動画では、クラウドファンディングの資金でどのようなものを作るか、それをどのように利用するかのイメージを動画で紹介しています。実際のマグカップがでてきますので、自分が何に投資をするのかひと目でわかります。また、英語ナレーションに日本語字幕を追加することで、英語圏のみならず、日本の方にも理解できるような見せ方になっています。

クラウドファンディング用の動画制制作のポイント

クラウドファンディングで使う動画は、どのように制作すればいいのでしょうか。ここでは、制作会社にクラウドファンディング用の動画制作を依頼するときのポイントを紹介します。

事前にプラットフォームをリサーチしておく

クラウドファンディングサイトはいくつもあります。その多数あるサイトの中でどこに掲載するのかを事前に決めておきます。それによってどのような仕様にするかが決まります。また、プラットフォームによっては掲載するために審査に通過する必要がありますので、条件についても事前にリサーチをしておく必要があります。

ストーリー性を意識する

クラウドファンディングでは、いかに多くの人たちから共感を得ることができるかが重要なポイントとなります。多くの視聴者の心をつかむためには、ストーリー性のある動画で共感を誘う必要があるのです。ストーリーは、視聴者として対象にしている方が納得でき、引き込まれるものでなければなりません。例えば、「なぜプロジェクトを行うのか」「チームにはどんなメンバーがいるか」などを盛り込むことで、そのプロジェクトの背景が伝わり、プロジェクト自体がより視聴者に近いものになります。こういったことを考えながら動画内容を進めていきましょう。

プロジェクト内容に合わせて演出を決める

対象となるプロジェクトがどのようなものなのかによって、演出が変わります。動画の雰囲気はプロジェクト内容に合わせることが大切です。例えば、わかりやすさを重視したいなら実写だけでなく、アニメーション手法も取り入れることもできます。シンプルな内容であればストレートに表現すればよいですし、環境問題にとりくむものであれば、自然を感じさせる演出もよく利用されます。

SNSへの掲載も想定しておく

クラウドファンディングの動画は、クラウドファンディングサイトに掲載されることを基本にしていますが、より多くの方にプロジェクトを認知してもらうためには、クラウドファンディングサイトだけにとどめず、より広い方へアピールした方がより多くの資金を集められる可能性が高まります。SN活用もそのひとつの手法になります。そのため、SNSへの掲載も想定して、動画のサイズや長さを考えることも重要です。SNSへ掲載する際は、クラウドファンディングサイトへの誘導を行うことを忘れてはなりません。クラウドファンディングが実施されるのは、あくまでもクラウドファンディングサイトです。SNSで話題になったとしても投資が行われなければ目標を達成することができないので、サイトへの導線設計も意識することもポイントとなります。

クラウドファンディング用の動画制作の注意点

クラウドファンディング用の動画を制作するときにはどのようなことに注意をすればいいのでしょうか。クラウドファンディングの目的は、プロジェクトの資金を集めることにあります。そのため、どうしても資金の話になりがちです。しかし、実際に成功させるためには本来クラウドファンディングではどうあるべきかを考えなければなりません。

クラウドファンディングでは「応援・共感されること」が重要な要素になります。動画を見た視聴者が、面白い試みだと感じたり、応援したいと思わせたりすることで目的の達成に近づくことができます。そのため、投資をしてほしいことにメッセージが偏りすぎてしまうと、反感を買ったり、避けられたりしてしまいます。支援されるためにもセールス色の強い動画は避ける必要があります。

クラウドファンディングで動画を活用して成立率向上を狙おう

クラウドファンディングでの動画の活用は、視聴者の共感を誘いやすいですので、プレゼンテーションの手法のひとつとして利用してみるのはよいのではないでしょうか。クラウドファンディングサイトだけでなく、SNSなどでも活用してより多くの賛同を得ることで、目標達成に近づくことができます。動画制作サービスのCrevo(クレボ)でも、クラウドファンディング用の動画制作を手がけていますので、ぜひ依頼を検討してみてはいかがでしょうか。

動画制作サービスのCrevo

Crevoのプロデューサー
VIDEO SQUAREを運営するCrevo(クレボ)では、数多くの動画制作・映像制作にたずさわっています。国内外約5,000名のクリエイターネットワークを活かし、ご依頼ごとに最適な専属チームを作ります。また、はじめての動画制作でも安心のサポート体制が整っています。動画制作・映像制作ご検討の方はぜひお問い合わせください!

Crevoで動画制作・映像制作がしたくなったら…

・無料相談・お見積りはこちら

・資料ダウンロードはこちら

Crevoの関連サービス

商品説明・紹介の動画制作・映像制作

サービス紹介の動画制作・映像制作

営業ツールの動画制作・映像制作

関連記事