動画制作・動画マーケティング専門メディア「VIDEO SQUARE(ビデオスクエア)」

動画制作・動画マーケティングに関するノウハウや事例などを紹介するニュースメディア

保険商品をわかりやすく伝えよう!動画を活用するメリットを徹底解説

保険商品の計算のイメージ

さまざまな商品が動画でアピールされていますが、その中でも保険商品は動画でのアピールに最適です。保険商品は内容が異なる商品が豊富にあるため、顧客はその商品がどういったものであるのか、その特徴は何かといった情報が必要になります。動画を活用して差別化を図ることで特徴を明確に伝えることができます。この記事では、保険商品を取り扱った動画の種類や事例を紹介していきます。

保険商品を取り扱った動画の種類

最初に、保険商品を取り扱った動画の種類について紹介します。保険商品を取り扱った動画には何を情報として提供するか、誰に視聴してもらうことを考えて制作されているかによって、いくつかの種類があります。

社員教育向け動画

保険商品の内容は複雑でわかりにくいとよく聞きます。このような商品の場合は、それを販売する社員自体が内容を理解し、顧客にわかりやすく説明できなければなりません。そこで、社員向けの教育に動画は活用できます。

社員は、他の商品との差がどういったものなのか、それによって契約者はどのようなメリットを受けられるのか、保険料はどういうしくみになっているかといった質問を顧客から受けることがあります。そのとき、商品情報を社員が正しく理解しておくためには、常日頃から商品知識を見つけておくことが必要です。新しい商品が出るたびに社員を集めて教育をしていたのでは非効率です。eラーニングの形式にして、効率的に情報共有ができるように動画を活用しているケースもあります。

顧客向け動画

顧客向けの動画では、わかりやすさを注意しながら制作します。保険商品に関する説明動画は自社のウェブサイトに掲載することで、その商品を取り扱っていること、その商品にどのような特徴があるかをアピールできます。また、テレビCMでも動画を活用している会社もあります。普段の生活の中で、保険商品がもたらすメリットを動画の中で見せることで、保険商品への興味を促すことが目的です。保険商品はあまりに詳細まで説明すると尺が長くなってしまうため、ポイントとなる要素を簡潔に説明している動画が多くみられます。

保険商品で動画を活用するメリット

ここでは、保険商品で動画を活用するメリットを紹介します。

商品内容を理解しやすい

保険商品は各社からたくさんの種類が販売されています。同じ保険会社のなかであっても多数の商品があります。そのため、違いをすぐに理解するのは困難を極めます。それぞれの商品について、パンフレットで内容を見ることはできます。しかし、パンフレットだと隅から隅まですべての文章を読んで、中身を理解しなければなりません。これも骨が折れる作業であるばかりか、理解するのに時間がかかってしまいます。動画では、グラフや表を利用してビジュアルで簡潔にわかりやすく伝えることが可能です。視聴者にとっても理解がしやすく短期間で理解を深めることができる動画での商品紹介がおすすめです。

よくある問い合わせ件数の減少につながる

保険商品は何らかの不安や疑問が残ってしまうと契約までたどり着くことはできません。契約をしたあとでも問い合わせが多く、カスタマーセンターでは常に多くの方の対応をしています。実際に対応するのはカスタマーセンターだけでなく、顧客担当者もその対象となります。顧客からの保険商品に関する問い合わせが多いと対応におわれてしまい、ほかの対応ができないというケースがうまれてしまいます。保険商品の説明動画をウェブサイトに掲載しておくことで、よくある問い合わせ件数を減らすことができます。

必要性を感じてもらえる

保険商品は、もしものためにという備え的な部分が多いものです。そのため、顧客にはその必要性を感じてもらうことが必要です。ではどのようにいいのでしょうか。実際に起きるまでもしもの時がイメージできないのでは意味がありません。どういったときに役にたつかの具体的にシーンを訴求することでより保険の重要性を感じてもらうことができます。

保険商品を取り扱った動画事例

実際にどのような動画が制作されているのでしょうか。ここでは、具体的にイメージができるいくつかの事例を紹介します。

けがの損害保険「ライトネッと」

出典:Crevo制作実績

「ライトネッと」の動画では万が一に備えて保管に加入することの重要性を伝えています。基本となる保険商品の特徴に加え、賠償責任保障をオプションで選べるメリットを伝えています。この動画は、動画制作サービスのCrevo(クレボ)が制作したもので、アニメーション手法を採用して、わかりやすく内容を説明する動画になっています。

(※本商品の新規販売はすでに終了しております。)

自動車保険「アクサダイレクト」

出典:AXA〈アクサ〉公式チャンネル

自動車保険の「アクサダイレクト」は、自動車を使っている生活における一面を切り取ったシーン訴求動画で、商品の必要性を表現しています。天体観測にでかけた二人のストーリー仕立ての動画は、「アクサダイレクト」が必要となるシーンをメインで盛り込むことで、メッセージを打ち出しています。自動車保険の必要性を感じてもらうような見せ方に加え、認知拡大にも貢献している事例となっています。

 制作会社に保険商品を取り扱った動画の制作を依頼するときのポイント

保険会社の動画の多くは、制作会社に依頼して制作します。ここでは、制作会社に保険商品を取り扱った動画の制作を依頼するときのポイントを紹介します。

商品ごとに動画をわける

動画が長すぎると、視聴者は一度に理解しきれません。ましてや、同じような商品説明が続くと飽きてくるばかりか、違いのポイントが見えづらくなります。そのため、保険商品ごとに動画をわけるといったことが重要になります。1本の動画では、ひとつのポイントを説明し、尺が伸びすぎないようにしましょう。1本の動画の目安は、1分から3分程度が最適です。

ストーリー性も意識する

保険商品は、普段の生活の中で、その必要性を実感します。そのためストーリーで保険に加入する大切さを伝えることで、視聴者の心に響きやすくなります。保険商品の価値を、ストーリー性を意識して伝えることができれば、単なる商品紹介動画ではなく、印象に残る動画にすることができます。

わかりやすい表現を意識する

保険商品の説明では、数字を盛り込むことも多くなります。数字をそのまま見せては理解が難しいだけでなく、インパクトにも欠けてしまいます。数字を表すときには、インフォグラフィクスを採用するなどわかりやすい表現を意識するようにしましょう。インフォグラフィクスとは、情報やデータを視覚的に表現する手法のことです。情報を簡単に理解させたいときに有効な表現手法になります。

ウェブサイトに最適な動画を制作する

保険商品に関する動画の多くは、企業のウェブサイトで利用されています。そのため、ウェブサイトで利用するように最適化した動画を制作することを意識する必要があります。動画の長さや品質、音声などさまざまなことをトータルで考えていくことが大切です。

保険商品を動画で紹介し差別化を図ろう

複雑な保険商品を簡単な文章や言葉だけで説明するのは大変です。保険商品を動画で紹介することで、視聴者に保険に加入するメリットをわかりやすく伝えることができます。動画制作には、さまざまな手法やポイントがあります。動画制作サービスのCrevo(クレボ)でも、保険商品を取り扱った動画の制作も手がけているので、ぜひ依頼を検討してみてはいかがでしょうか。

動画制作サービスのCrevo

Crevoのプロデューサー
VIDEO SQUAREを運営するCrevo(クレボ)では、数多くの動画制作・映像制作にたずさわっています。国内外約5,000名のクリエイターネットワークを活かし、ご依頼ごとに最適な専属チームを作ります。また、はじめての動画制作でも安心のサポート体制が整っています。動画制作・映像制作ご検討の方はぜひお問い合わせください!

Crevoで動画制作・映像制作がしたくなったら…

・無料相談・お見積りはこちら

・資料ダウンロードはこちら

Crevoの関連サービス

商品説明・紹介の動画制作・映像制作

サービス紹介の動画制作・映像制作

 

関連記事