動画制作・動画マーケティング専門メディア「VIDEO SQUARE(ビデオスクエア)」

動画制作・動画マーケティングに関するノウハウや事例などを紹介するニュースメディア

【アパレル業界向け】動画を活用するメリットや注意点とは

アパレルのイメージ

アパレル業界において、動画マーケティングの活用が進んでいます。購入検討者が実店舗で実際に自分が着てみて確認していたイメージを、ECサイトなどの動画を視聴することでイメージができるようになり、そのまますぐに購入へ誘導できるという便利さがその要因です。この記事では、アパレル業界で動画を活用するメリットや事例を紹介します。

アパレル業界での動画の利用シーン

アパレル業界は、動画活用との相性が良い業界です。視聴者に自分が着たときのイメージやほかの色との比較などをよりリアルにイメージさせることができます。アパレル業界では動画をECサイトに掲載して、そのまま購入へ誘導することができます。多くのアパレルのサイトやカタログでは、写真と商品説明文を使って商品を説明していますが、商品イメージを伝えるうえで限界があります。そこで、静止画に変わって動画を利用することで、動いているイメージを伝え、より一層実際に着たときの自分のイメージへつなげやすくなるのです。アパレルのECサイトだけでなく、InstagramなどのSNS動画広告でも同じ動画が利用できるので、視聴者の目にとまりやすくなります。

アパレル業界で動画を活用するメリット

実際に動画を活用することでどのようなメリットがあるのでしょうか。ここでは、アパレル業界で動画を活用するメリットを紹介します。

商品の着用イメージが湧きやすい

アパレル商品は、商品単体の写真よりもモデルが着用している写真のほうがイメージが湧きやすくなります。さらに写真や文字で商品を紹介するよりも、動画のほうがより多くの情報を届けることができます。例えば、その洋服を実際に着ているモデルが、町を歩く様子は町のあちこちの背景において、どのように映し出されるのか、風がなびくと服はどうなるのか、歩いたときはどうだろうといったさまざまな状況を見て情報として認識することができます。また、実際に商品を着用している様子を発信することで視聴者自身が着用したときのイメージを持つことができるのも大きなメリットです。

顧客ロイヤルティの向上につながる

アパレルは商品自体が気に入っても、今自分が持っているほかの商品との組み合わせはどうなるのかなど気になるポイントはたくさんあります。動画では商品のスタイリングをシーン別に複数紹介することで着用したときに役立つ情報をわかりやすく伝えることができるので、商品に対して愛着を持ってもらえる可能性が高くなります。商品が気に入ると顧客ロイヤリティが向上しますので、売上アップにつながります。また、すでに購入している視聴者の着回しテクニックなどを動画を通じて紹介すると、未購入の視聴者にさらに多くの情報を提供することになり購入の後押しをしてくれます。

ECサイト・SNSとの親和性が高い

ECサイトでは、テキストだけでなく、写真や音声・BGMを活用することができます。その中でも動画は、商品の説明を行うのに最適な手法です。動画での説明は、より視聴者の興味を引く内容を盛り込むことができます。また、SNSでもプロモーションを行うことで拡散を狙うこともできますが、そこで動画を使うとよりインパクトが強くなります。SNSの中でも特にInstagramを活用する企業が増えているのは、動画との親和性が高いため、自然に動画を使ったアピールができるからです。

アパレル業界での動画事例

ここでは、実際にどのような動画がアパレル業界で使われているかを見ていきます。

子供服通販サイト「devirock」

出典:Crevo制作実績

子供服の通販サイトである「devirock」では、商品と価格をテンポよく伝える動画でこの通販サイトの良さをアピールしています。動画制作サービスのCrevo(クレボ)が制作しました。元気に動く子ども達は、自然に子供服の着用イメージや着心地の良さを訴求しているので、視聴者は購入後のイメージがわきやすくなります。動画の最後では、ブランドロゴをしっかりと見せているので、ブランドの印象もはっきりと残るような構成になっています。

制作会社にアパレル業界の動画制作を依頼するときのポイント

多くの動画は、制作会社に依頼し、制作していきます。ここでは、制作会社にアパレル業界の動画制作を依頼するときのポイントを紹介します。

動画の掲載先を明確にする

動画は、ECサイトだけでなく、SNSでも活用することができます。そのため動画を制作する際には、まず、どこに掲載するものなのかをはっきりとさせておくことが重要です。制作した動画をECサイトに掲載するか、SNSに掲載するかによって内容は大きく変わります。最適なサイズも異なりますし、尺も変わってきます。掲載する場所の特性を把握し、最適なフォーマットの動画を制作するように依頼することが大切です。そのため、まず目的や動画の掲載先を決めておく必要があるのです。

インタラクティブ動画をうまく活用する

インタラクティブ動画はアパレル業界にとってはとても有効な手法です。インタラクティブ動画とは、動画内にクリックやタップできる仕掛けを組み込んだものを指しています。アパレル動画においても、インタラクティブの仕掛けを使って、商品をタップしたら購入ページに遷移できる仕組みを構築することもできます。

インフルエンサーなどモデルを起用する

アパレルの動画では、どのようなモデルを起用するかは着用イメージを左右するポイントとなります。動画にモデルを起用する場合、インフルエンサーなど影響力のある人物を採用することで、購入にもつなげやすくなることもあります。では、インフルエンサーを選ぶ際にはどのようなことをポイントにすればいいのでしょうか。インフルエンサーはそのままブランドイメージを作りかねません。ですので、商品の世界観、アパレルのブランドイメージなどとマッチする人物であるかどうかを、キャストを起用するかの核にしておく必要があります。

関連商品への誘導も行う

動画を制作する際には、メイン商品だけでなく、メイン商品と相性の良い小物類などの関連商品も一緒に訴求することができます。それによって、メイン商品と似たようなものをすでに持っていたとしても、その関連商品へ誘導することができます。メイン商品を購入するような場合であれば、関連商品へ合わせて誘導することで、アップセルにつながることも期待できます。

動画でアパレルの商品を訴求しよう

アパレル業界では、購入を促進するうえで着用イメージが重要となり、動画活用は相性が良い業界であるといえます。動画制作サービスのCrevoでも、アパレル分野での動画制作を手がけていますので、ニーズにあわせたさまざまな提案が可能です。動画制作をご検討の際は、ぜひご相談ください。

動画制作サービスのCrevo

Crevoのプロデューサー
VIDEO SQUAREを運営するCrevo(クレボ)では、数多くの動画制作・映像制作にたずさわっています。国内外約5,000名のクリエイターネットワークを活かし、ご依頼ごとに最適な専属チームを作ります。また、はじめての動画制作でも安心のサポート体制が整っています。動画制作・映像制作ご検討の方はぜひお問い合わせください!

Crevoで動画制作・映像制作がしたくなったら…

・無料相談・お見積りはこちら

・資料ダウンロードはこちら

Crevoの関連サービス

商品説明・紹介の動画制作・映像制作

関連記事