動画制作・動画マーケティング専門メディア「VIDEO SQUARE(ビデオスクエア)」

動画制作・動画マーケティングに関するノウハウや事例などを紹介するニュースメディア

訪日インバウンド対策の人気動画事例!世界に届ける日本の魅力

外国人旅行客

観光目的で日本を訪れる外国人が増えるなか、集客のためにインバウンド動画を活用しようと考えている自治体や団体が増えています。インバウンド客を増やすために、地元の魅力をわかりやすく動画でまとめて全世界に配信することは有効な手法のひとつといえるでしょう。ただ、動画にあるメリットや特徴をしっかり理解していなければ印象に残る動画にすることはできません。この記事では、インバウンド集客に動画を活用するメリットなどについて、地域別の実際の活用事例を交えながら詳しく紹介します。

インバウンド集客に動画が向いている理由

動画は、ネットを通じて世界中に発信することができるので、インバウンド集客に効果を期待できます。動画のメリットとして、言葉に依存する必要がなく映像や文字、さらには音楽を合わせることで魅力を伝えることができます。写真と文字などの静止画に比べると、届けることのできる情報量も多いという特徴があるのです。インバウンドで日本を訪れる外国人旅行客は、それぞれ母国も違うので使用する言語も異なります。そのため、パンフレットで多言語に合わせて制作するのは大変ですが、動画であればその心配もありません。動画は、視覚的な訴求力があるため、字幕やナレーションが母国語ではない場合でも、文字のみの訴求と比較すると、より幅広い国籍の視聴者に向けたコンテンツの理解促進につなげることができます。

そのほかの理由として、動画を見ることであたかも自分がその場所に行ったかのような疑似体験を提供できることがあげられます。つまり、動画内で美しい自然やできたての食事などの映像を流すことによって、自分が実際に体験したような気持ちになってもらうことができます。より、リアルにその土地の良さや魅力を伝えることができるので、実際に足を運んでもらえる可能性も高まるでしょう。

また、動画は世界中の人たちに利用されているFacebookやTwitterによって拡散されやすいという特徴もあります。動画がリツイートされたりシェアされたりすることで、国籍問わずより多くの人に動画を見てもらえる機会が生まれます。さらに、SNSの媒体によっては自動再生機能もあるのでユーザーの目に留まりやすいという特徴もあります。拡散力の高いSNSと動画を組み合わせることでインバウンドの集客を期待できるツールになるのです。

地域別のインバウンド向け動画活用事例

ここからは、各自治体において制作されたインバウンド向けの活用例を紹介します。

東北6県「TOHOKU JAPAN 日本東北」

出典:fieldcasterjapan

この動画は、東北6県が共同で制作した海外に魅力を伝えるプロモーション動画です。特徴は、震災から復興しつつある東北の魅力をありのまま発信していることです。あえて過度な編集は加えず、映像のクオリティで勝負することで、自分も訪れてみたいと感じてもらうことができ、結果的に集客効果を高めているといえるでしょう。

豊かなで壮大な自然風景を中心に、外国人が好むような日本らしさを感じられる伝統工芸品も紹介されています。海外向けの発信という目的があるので、あえてナレーションは入れずに、ゆったりとした音楽で見せるような構成になっているのも特徴です。

秋田県「秋田犬ツーリズム」

出典:Akita inu Tourism

この動画は、大館市、北秋田市、小坂町の秋田県内の3市町が連携して発足した「秋田犬ツーリズム」の動画になります。3市町ではインバウンド集客に向けて秋田犬を核とした情報発信を世界に向けて積極的に行っており、自然や伝統工芸など地域の魅力も同時に発信しているのが特徴です。

秋田犬は、フィギュアスケートのザギトワ選手に贈られたことで世界的に認知度が高まっています。秋田犬を動画で紹介することで、秋田犬とふれあい体験ができる施設への集客などに効果を期待できます。

福島県「LAST SAMURAI in AIZU」

出典:VISIT FUKUSHIMA

この動画は、福島県が制作した「LAST SAMURAI in AIZU」の動画になります。福島県では、プロモーションサイト「I PLAY FUKUSHIMA」を開設し、外国人観光客の集客に努めています。このほかにも、「SAKURA HEAVEN」「POWDER SNOW」「SAMURAI SPIRIT」など、さまざまなジャンルの動画を配信しています。それにより、幅広いニーズに応えられるよう動画のバリエーションを多く配信しているのも特徴です。

また、動画の特徴は字幕をすべて英語にしていることが挙げられます。さらに、音が出せない環境でも視聴できるように字幕を積極的に活用しているのも特徴になります。音を出せなくても、魅力的な絶景や剣道の体験の様子などを映像と字幕で感じてもらえるような工夫がされているのです。

新潟県「魚沼市観光PV ~四季総集編~」

出典:「素のチカラ、魚沼。」 pure uonuma

「魚沼市観光PV ~四季総集編〜」を制作した新潟県魚沼市では、地域の魅力を伝えるために、春・夏・秋・冬の4種類のPVを制作することで四季の美しさを表現しているのです。魚沼市は地元の四季を通して地元の魅力を海外にアピールし、それぞれの季節に魚沼市を訪れる魅力を発信しています。

ナレーションは英語で字幕は日本語ということで、外国の人に向けて魚沼の魅力を発信すると同時に日本人に向けてもプロモーションする見せ方になっています。さらに、ナレーションにおいて、各地の様子を伝えるために地元の人たちの声を加えることで、その土地や人の魅力が伝わるように工夫がされています。映像全体もきれいに撮影されていて、動画を見た人が行ってみたいと感じてもらえるような工夫が詰まった動画といえるでしょう。

岡山県「DENIM NINJA in KURASHIKI」

出典:観光課倉敷市

この動画は、英語版の「DENIM NINJA in KURASHIKI」の動画です。「ジーンズの聖地」と呼ばれている岡山県倉敷市では、デニムをまとった「デニム忍者」が、謎を解きながら倉敷の魅力を伝える動画を制作しています。忍者は外国人に人気の高いコンテンツともいわれていて、忍者を出演させることで倉敷市に対する注目率を高めています。

忍者が倉敷各地の観光地を巡って、その土地のミステリーを探すというストーリーにすることで、最後まで興味を持ってもらえるような工夫がされています。また、忍者としての隠れみの術など遊び心のある要素を盛り込むことで飽きることなく見てもらえる映像になっています。BGMに加えて細かく効果音も入っているので、動画全体のテンポもよくスムーズに最後まで視聴することができます。

山陰「山陰 San’in」

出典:San’in JAPAN

この動画は、山陰の魅力を発信している山陰インバウンド機構が制作したPR動画「San’in, Japan 4K (Ultra HD) – 山陰」です。鳥取県と島根県の自然豊かで景勝地が豊富な観光地や、古くから伝わる民俗芸能などを動画で紹介しているのが特徴です。インバウンド誘致を行うとともに、民泊仲介サイト最大手であるAirbnbとも提携しているため、より集客効果を高めているといえます。

島根県「IZUMO 出雲」

出典:Izumo JAPAN

この動画は、島根県出雲市が制作したインバウンド向け観光PR動画「Izumo, Japan 4K (Ultra HD) – 出雲」です。動画の公開を開始してから、およそ2週間という短期間で550万回もの視聴回数となり注目されました。神聖な空気が漂う「出雲」の魅力を描いています。

愛媛県「Experience Ehime Japan」

出典:Experience Ehime Japan

この動画は、愛媛県が「Experience Ehime Japan」のキャンペーンを行うにあたって制作した動画です。制作を担当したのは外国人クリエーターで、外国人目線による動画を4本制作しています。愛媛県では、この動画を活用して韓国、台湾、シンガポール、オーストラリア、フランスに向けてキャンペーンを行っています。動画とキャンペーンを合わせることで、より高い集客効果を期待できるのではないでしょうか。

宮崎県「Pure Green KOBAYASHI」

出典:小林市公式チャンネル

この動画は、宮崎県小林市が制作したインバウンド向け観光PR動画「Pure Green Kobayashi-City Miyazaki, Japan 4K (Ultra HD) – 宮崎県小林市」です。この動画の特徴は、BGMに軽快な音楽を使用していることが挙げられます。それによって、見ているだけで気分が高揚し楽しい気分になる効果を期待できるでしょう。また、英語の字幕をつけてテンポよく小林市の魅力を紹介しているのも特徴です。

沖縄県「The Secret is Out」

出典:OKINAWA: The Secret is Out

この動画は、沖縄県が制作したドキュメンタリー動画「OKINAWA: The Secret is Out」になります。動画を制作することで沖縄の本質を世界中に伝えています。映画のキャストには、フランスをはじめ、アメリカやドイツ、中国など6カ国から「大切な人に秘密を持つ人」6組が選ばれました。外国人観光客が沖縄で過ごし、素直になれる様子をリアルに描き集客につなげられています。本動画では、アメリカ人のロニーさんが主人公です。65年間アメリカを出たことがないロニーさんですが、娘と沖縄県で過ごす様子を描くことで、沖縄県の魅力を外国人旅行客に訴求しています。

他の地域との違いをアピールできるインバウンド動画を作ろう

インバウンド集客に向けて、動画を活用する自治体や企業も増えているのが現状です。そのため、他の地域との違いを動画でどのようにアピールするのが重要になります。効果的に集客につながる動画を制作したいと考えた場合には制作実績が豊富なプロに依頼するのがおすすめです。動画制作サービスのCrevo(クレボ)では豊富なインバウンド動画の制作実績があります。まずは、どのような動画を制作したいのか相談してみてはいかがでしょうか。

動画制作におすすめのCrevo

CrevoのプロデューサーVIDEO SQUAREを運営するCrevo(クレボ)では、数多くの動画制作・映像制作にたずさわっています。国内外約5,000名のクリエイターネットワークを活かし、ご依頼ごとに最適な専属チームを作ります。また、はじめての動画制作でも安心のサポート体制が整っています。動画制作・映像制作ご検討の方はぜひお問い合わせください!

Crevoの関連サービス

YouTube(TrueView)動画広告制作

多言語動画・ローカライズド動画制作

関連記事

今盛り上がるインバウンド市場!訪日観光客向け動画制作の事例3選

関連記事