動画制作・動画マーケティング専門メディア「VIDEO SQUARE(ビデオスクエア)」

動画制作・動画マーケティングに関するノウハウや事例などを紹介するニュースメディア

5秒がCMの鍵?YouTube動画広告でスキップされないポイントとは

5秒がCMの鍵

YouTubeの動画広告には、視聴者が5秒後にスキップできる「TrueView広告」と呼ばれるタイプがあります。スキップは視聴者にとってはありがたい機能であるものの、広告主にとっては視聴完了率を下げてしまう可能性もある機能でもあります。対策するには、この機能やシステムを理解している必要があります。そこでこの記事では、TrueView広告の仕組みや動画事例を紹介し、動画をスキップされないポイントについて解説していきます。

5秒後にスキップができるTrueView広告の仕組みとは

TrueView広告とは、YouTube動画広告のフォーマットのうちのひとつであり、動画本編の再生前に表示されるものです。強制的に広告が表示されるものの、興味がなければ視聴者は広告が開始されてから5秒後にスキップできます。この仕組みは広告主にとってメリットがないと思うかもしれません。しかし、広告を出した側へのコストは、視聴者が30秒以上視聴する、もしくは動画をクリックするアクションを起こした場合において発生します。つまり、すぐにスキップされた場合には広告費は発生しません。戦略的に利用すれば、費用対効果の高い広告を打つことが可能となります。

TrueView広告の5秒CMに対する視聴者の反応について

視聴者のほとんどは広告を見たいわけではないため、5秒後にスキップされることが多いのが現状です。そのため、TrueView広告を制作する際は、いかに5秒後にスキップされないかを考える必要があります。広告主としては、こうした視聴者の反応を逆手にとった動画を制作することが求められます。アイデア次第では、動画本編より広告動画のほうが面白いと思わせることも可能となるでしょう。

視聴者に5秒後にスキップされないためのポイント

アイデアがあればスキップされないとはいうものの、きちんとポイントを押さえておく必要があります。ここでは、5秒後にスキップされないためには何に気をつけるべきかについて、4つの視点から解説します。

動画の冒頭でインパクトを与える

5秒でスキップされることが多いため、動画の冒頭でポイントとなる要素を含めることがひとつのカギとなります。興味を持ってもらいやすくするためには、たとえば、インパクトのあるBGM・音楽を活用したり、視聴者に問いかけるようなメッセージを冒頭で取り入れたりすることが有効です。TrueView広告は、場合によってはYouTube動画を見るたびに流れるものになります。何度も同じインパクトある広告を目にすることで、視聴者の印象に強く残し、認知拡大につなげることも可能となります。

ストーリー性を持たせる

5秒後にも続きを見てもらう方法として、ストーリー性を持たせる方法も役立ちます。「この先どうなるのか?」「ラストが気になる」と視聴者に思わせるようなストーリーにすることで、広告視聴完了率が上がる可能性が高くなります。ここで考えるべきは、最初の5秒間でどのように内容で惹きつけるか、5秒後のストーリー展開はどうするかという点です。ドラマ仕立てにする手法や、自分ごとのように思わせる内容にするなど、さまざまな見せ方が考えられるでしょう。

バンパー広告も積極的に活用する

YouTube動画広告には、TrueView広告のほかにも「バンパー広告」があります。バンパー広告の特徴は、6秒間スキップができない点です。つまり、視聴者は強制的に広告を見せられる形をとりますが、その時間は短いのです。広告動画を強制されると、一般的に視聴者は良い気持ちを持ちません。しかし、6秒という短い時間だとそのようなマイナスの感情は和らぎやすくなります。また、視聴者が自らスキップボタンをクリックしなくて済むので、視聴者側の利便性も高いです。5秒間だけでは視聴者の興味を引けない、もしくはアピールできない場合には、バンパー広告も検討してみると良いでしょう。

5秒以内で伝えたい内容にふれる

5秒後にスキップされるのなら、スキップが前提で動画を作るやり方もあります。最初の5秒以内に伝えたいことを凝縮させることで、視聴者に印象付けることが可能となります。5秒以内にすべての情報を網羅することは難しくても、重要な内容にふれることは大切です。その際は5秒以内に、商品やサービスの魅力をいかにテンポよく伝えられるかが重要となります。また、認知度拡大を重視する場合は、企業やブランドなどのロゴやサウンドロゴ、サービスや商品名といった情報を冒頭に持ってくることでも効果が期待できるでしょう。

5秒を鍵とするの動画制作においての注意点

TrueView広告を制作するうえで、気をつけておきたいこともあります。ここでは、2つの注意点について詳しく紹介していきます。

5秒という時間にとらわれすぎない

5秒後のスキップを意識しすぎてしまうと、5秒以降の内容やストーリーが雑になる可能性があるので注意が必要です。何秒の動画であっても視聴者にとって有益な情報を発信するという意識を常に持ちながら、ストーリーや内容を考えることが重要です。また、インパクトある動画を作るにあたり、スキップボタンをうまく取り入れる方法もあります。たとえば、スキップボタンを広告の一部として活用し、広告全体をスキップボタン込みの映像とするなどのやり方もあるでしょう。YouTubeの広告システムを逆手に取ることで、ユニークでスキップされづらい動画広告を制作することもできます。

動画冒頭でいきなり売り込まない

あまりにも強く5秒以内に商品やサービスをアピールしようとすると、支離滅裂なコンテンツを入れ込んでしまうと、視聴者に敬遠される恐れが出ます。その結果、ブランドイメージの低下にもつながるため、動画冒頭では極力売り込まずに、あくまで「興味をひかせる」という視点を重要視しながら内容を考えることがポイントです。視聴者の多くには、宣伝臭が強いものにあまり興味をひかない傾向があります。広告が逆に商品へのネガティブなイメージにつながらないよう注意しましょう。

視聴者の興味をひいているYouTube動画広告事例

ここで、視聴者の興味をひいているYouTube動画広告の事例をチェックしましょう。動画制作サービスのCrevo(クレボ)による、4つの動画広告を紹介します。

動画配信サービス「dTV(ディーティービー)」

出典:Crevo制作実績

動画配信サービス「dTV(ディーティービー)」の広告用動画は、アニメを見逃してしまったと落胆するOLのやりとりのシーンからはじまります。続いて、「アニメ大好きOLあるある劇場」とタイトルを映し、これから何がはじまるのかと続きが気になる導線を作っています。1分の尺がある動画でも思わず最後まで見てしまう、つかみのあるアニメーション動画となっています。

九州の光インターネットサービス「BBIQ(ビビック)」

出典:Crevo制作実績

九州の光インターネットサービス「BBIQ(ビビック)」のテレビCM用動画では、BBIQのキャラクターのコネクトくん、うさぴー、キュッティの3匹が主役です。彼らの顔のアップと「BBIQ!」というリズムの良いかけ声が印象的な動画で、思わず最後まで見てしまうアップテンポなアニメーション動画です。テレビCM向けのプロモーション動画ではありますが、冒頭に演出がなされている点で参考になります。同じフレーズを連呼することで印象付けることにも成功し、15秒の短い時間でもしっかりと存在感を放っています。

宅配クリーニングのリナビス

出典:Crevo制作実績

宅配クリーニングの「リナビス」の動画では、冒頭で「リナビスはおせっかいです」というメッセージをナレーションで伝え、「どうおせっかいなのだろう」と視聴者の興味をひいています。職人の作業している様子を映像で伝えたり、温かみのあるナレーションと音楽をうまく活用したりして、おせっかいの内容を自然と伝えています。宣伝臭を極力抑え、ストーリーにひき込む構成が大いに参考になるでしょう。

5秒でCM視聴者の興味をひこう

TrueView広告においては、視聴者にスキップされる可能性があることを理解する必要があります。そのうえで、続きを見てもらえる内容を考えることが重要です。成功する動画を求めているのなら、実績のあるプロに依頼することで道が開けるでしょう。動画制作サービスのCrevoでもYouTube広告動画の制作を数多く手がけているので、相談してみてはいかがでしょうか。

動画制作サービスのCrevo

Crevoのプロデューサー
VIDEO SQUAREを運営するCrevo(クレボ)では、数多くの動画制作・映像制作にたずさわっています。国内外約5,000名のクリエイターネットワークを活かし、ご依頼ごとに最適な専属チームを作ります。また、はじめての動画制作でも安心のサポート体制が整っています。動画制作・映像制作ご検討の方はぜひお問い合わせください!

Crevoで動画制作・映像制作がしたくなったら…

・無料相談・お見積りはこちら

・資料ダウンロードはこちら

Crevoの関連サービス

YouTube(TrueView)広告の動画制作・映像制作

動画広告の動画制作・映像制作

関連記事

YouTubeのCM人気ランキングベスト10

YouTube動画広告の種類を徹底解説

効果を上げたいなら必読!YouTube動画広告メリットと制作のポイント

関連記事